人と動物との共生 by ポラリスAB

人と動物との共生

 

このように他の動物に対する知識と理解力が増大すると、他の知的動物を飼育しその肉を消費する必要性について疑問を抱く人が多くなります。家畜動物の集団意識が進化すると、食料源として肉を提供するというそれまでの了解事項はもはや高い意識には合わなくなります。特に、ビーフ、ポーク、ラム、チキンの消費需要は低下するでしょう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください