不全感 by エックハルト・トール

エックハルト・トール

不全感

 

「頭がいい」という評価には、知恵や思慮分別が抜け落ちており、極めて危険で破壊的です。それが、今現在の人類の大半のマインドの在り方になっています。そこには高い善悪観(倫理)が内在していないので、科学技術の分野でそういう考え方(雰囲気)が高まり広まって、破壊的な結果を招いてきました。人間の進化の次の段階は、そのような考え方を克服することです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください