地球の交点と空白地帯 by モニカ・ムレイニー

A galaxy seems to rise like a sun through a natural sandstone arch in this digital composite. The galaxy is M31, the Great Galaxy in Andromeda. The image of the Andromeda Galaxy was taken using a Cassegrain 14.5" at f/8. --- Image by © Tony Hallas/Science Faction/Corbis
The image of the Andromeda Galaxy was taken using a Cassegrain 14.5″ at f/8. — Image by © Tony Hallas/Science Faction/Corbis

地球の交点と空白地帯 – part 2

モニカ・ムレイニーMONIKA MURANYI 2014-03

「ガイア・イフェクト(’THE GAIA EFFECT’クライオン・ブック)」著者

地球の息を呑むようなところに行ってさわやかなエネルギーに包まれて暖かく感じたり、美味しい空気に包まれたりしたことはありますか? それはポータルでしょうか? ポータルとは何でしょうか? 地球の交点と空白地帯とは何でしょうか? なぜ存在するのでしょうか? それもシステムの一環ですか? そうだとしたら、どうなっているのでしょう?

科学は常にときめきでした。特に相互連結が存在していること。ミクロからマクロまで、原子から宇宙まですべてが互いに繋がっているというのです。殆どの科学者はそれを認めています。ダイナミックで常に変化し続け、それがまた別の変化を生み出す。プレート・テクトニクス理論がその例です。プレート・テクトニクスは地球の地殻が大規模に移動することです。大陸の移動とプレート同士の接点では地震や火山の噴火、山の形成などが起こります。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。