魂について by 大天使ミカエル

大天使ミカエル

魂について

 

Susan Elsa 2012 -1-16

 

 

大いなる創造主の魂をもつ皆さん

私は大天使ミカエルです。時々自分が誰か神が誰かさえ完全に忘れている時がありますね。こういう時は繋がっていないから、という意味ではありません。いつも繋がっているのです。しかし、かつて地球の社会がもっとスピリチュアルだった時は、もっと密接に繋がっていましたが、暗黒の時代になって、だんだん距離が空きました。 ザ・フォール(The Fall)” (訳注「人間の堕落」: 自分が誰かを忘れ2極的対立の物質世界に “落ちた”大昔の時代のこと) のことを指していると思っていますが、それは次元の降下、皆さんが3次元に舞い降り、波動を低くしたことですね。

そういうことが実際に起きましたが、それは、皆さんが自由意志を持ったからです。神は、実は、どんな魂をも傷つけません。まして、神自身や私たちでさえ損なうことはありません。どんな魂をも強制しません。これが自由意志の意味するところです。これが皆さんが持っている、これからも常に持ち続ける本当のパワーです。

今日皆さんにとって必要なことをお話ししたいと思います。2極性という正反対のエネルギーに関わる時にどうなるか、あなた全体はどうなるのかをお話しします。

には、スピリチュアル体にも肉体にも多くのボディのレイヤー(層)が記憶としてあります。肉体という存在は、全体の中のほんの小さな部分です。あなた自身の中のあなたは、大きな世界全体でそれ自体が宇宙そのものです。他の人が何をしようと、何を感じようと、何を経験しようと、あなたには関係なく、あなたにとって重要なことは、ずべてあなたである、自分自身のことである、ということだけなのです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。