パリ銃撃事件 by アダムス・セント・ジャーメイン

アダムス・セント・ジャーメイン

パリ銃撃事件

 

Geoffrey Hoppe 2015-11-14

 

アダムス: I Am that I Am、私はアダムス・ソブリン・ドメインです。パリ爆撃事件について話してほしいということですが、先ず、私がセント・ジャーメイン伯爵だった前回の人生(1710–1784)の時は、長年フランスで過ごしました。フランスは地球で最も楽しい所の一つで、今は人間ではありませんが、今でも楽しい所です。私は今は、いわゆるアセンデッド・マスターですが、いまだにフランスの人々には深い愛を抱き、その土地に愛着を持っています。しかし、また、今回の事件は、フランスやヨーロッパに留まらない、地球規模の問題であることは知っています。

今日はその問題について話します。でも、私は一方の側に偏ったりあっちかこっちか的見方はしません。この悲劇が起きた後すぐにパリにいて、この事件に影響を被った人たちすべての人に慰めや愛とサポートを行っています。パリに集中していますが、それだけでなく特に恐怖を感じる世界中の人、また今どうなっているのだろうと思う人、犠牲になられた人たち、テロリストのみならずすべての人にエネルギーを注いでいます。私には、多くの天使的存在がついて一緒です。その天使的存在はかつて地球に生きた存在で、今はその存在たちは向こうの世界から人間たちを手出すけするアセンデッドマスターです。

ですから、はっきり言いたいのは、私はフランスを非常に愛しています。フランスのすべてです。また、今、他の存在同様、私はこちらで地球全体と人間の役に立つためにこうしてお話ししています。

リンダ(・ホップ): 今年1月のセッションで、あなたは、2015年後半にあることが起きて、世界中のリーダーたちは地球の未来と本当の自由と平和について話し合う機会を持たざるを得なくなるだろうと言いました。1月にそう言っていましたね。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。