宇宙船の生活 by ラナンダ

宇宙船内の生活

ラナンダ・クマラ  2013-10-16

 

地球の近隣に停泊する「光の銀河連合(GFL)」の巨大な“母船”ライトシップでの暮らしについてはほとんど情報がありません。

それらの宇宙船は3次元の視覚には捉えられず、レーダーでも捕捉出来ません。それは5次元の高い周波数で振動しているためです。また、もっと小さい“シャトル船”が数多くあります。“ビス・カー”(Vis Carsや中規模の様々な大きさの偵察機があり、大気中で正体不明の“UFOとして目撃されます。小型船はビス・カーと呼ばれ、4~6人乗りのファミリーカーで円盤型をしています。そのような宇宙船は、周波数を下げて見えるようにしています。そのような宇宙船は、プレアデスやシリウス、アークトゥルスなど様々なETが所有するもので、巨大な母船の飛行甲板から飛来してきます。

母船は本当に巨大です。プレアデス「ホワイト・ウィンド(The White Winds)」は円盤型ですが、直径は米国大陸東西にわたるほどで、甲板は47段(階)です。他の“光の宇宙船”は小さめですが、アシュター「フェニックス」は直径が数百マイルあります。このサイズの宇宙船での生活は、小ぶりの惑星での生活に似ています。シャトルやビス・カーは長距離飛行に必要です。

そのような宇宙船には、私たちの知っているような、船長が指揮を執るブリッジはありませんが、「コマンド・ポスト」(司令官室)という制限エリアから直接運航の指揮が下されます。船内で働く司令官とクルーは、自分の部屋またはコマンド・ポストのそばにある“コンパートメント”(部屋)と呼ぶところがあり、そこでゲストや最高司令官と会います。フェニックスのコマンド・ポストには、離れていますが通信部門があります。私、ラナンダは、その部署の責任者でありそのスペシャリストの女性司令官のミラレイ(MiraLeyからその話を聞きました。司令官には女性と男性がいて様々な惑星の出身です。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。