マッチ所持者の特徴 by クライオン

cape_reinga_lighthouse-1920x1200

マッチ所持者の特徴

Lee Carroll 2011-7-2

カリフォルニア州 サクラメント

 

こんにちは、皆さん、クライオン・マグネティックサービスです。いつものようにオールドソウルが座っていますね。皆さんはスピリチュアルな性質と地球の性質を持っています。それが、二極性で、今は適切なのです。また、文字通りそれが今年、2011年に表われています。

この間お話しましたが、2011という数字は、「2」と「11」のエネルギーです。両方とも二極性を表しています。「11」はイルミネーションです。だから2011は、「二極性が照らされる」といえます。足すと4になり、仕組み及びガイアです。だから今年は、大きな課題が生じます。課題は集団にも個人にも生じます。

課題全体の意味は、共感や思い遣りを育むことです。地球がもっと思い遣り深くなると、地球のスピリチュアルな波動が増します。それが目指す地点です。だからこの会場にいるオールドソウルは、地球にいるという目標になります。ただ存在することではありません、ここにいる間に問題を解決することではありません。それについては、これからお話しましょう。

 

可能性

前に何度もお話しましたが、たとえ話をしていきます。またその話をするのには特別な意味があります。私のメッセージには表題があります。つけないこともありますが、その時は後でパートナーにつけてもらいます。今回は私がつけます。それは「マッチ所持者の特徴」です。今目の前に座っている人たちのことです。これを読んでいる人たちのことです。

地球にやってくる時には2つの問題があります。そこに座りながら2種類の問題を持っています。最初の問題は、あなた自身のことです。だから「AからBにどうやって行ったらよいのだろうか? 今よりよくなるにはどうしたらいいのだろう? もっと長生きするにはどうしたらいいか?」。「人生のドラマから抜けるには? もっと健康になるには?」などなど。2つ目は、「地球のために何をしているのか?」です。この2種類の疑問は対になっているわけではありません。2番目のは、オールドソウルのエネルギーを集約しないと分かりません。その人たちは長生きをし、何のためにここに来たのかを知りたいのです。ここに座っている人を一人ひとりインタビューしてみるなら、違った答えになるでしょう。しかし、2番目の質問がなかったら、ここにはいないでしょう。

そこで、一般的に、また結構具体的にやっていきましょう。皆さんが考えたこともないような概念をお教えします。オールドソウルの皆さんがなぜここにいるのか、ということです。特に今、皆さんがここにいる理由は闇の中で光を抱えるためです。ここで福音伝道をしたり、自分が思っている通りに他の人間を変えようとすることではありません。考え方や信念がその対象ではありません。地球の波動が問題なのです。純粋な波動によってだけ地球の波動は変わります。信念の問題ではありません。 ‘する’ ことではなく、 ‘いる’ こと、です。それが光で ‘いる’ ことです。というのも、キラキラして歩く時に、闇のものを変えるのです。

古いエネルギーのあった所で新しいエネルギーを身につける、それで周りが変わる、そう言ってもいいでしょう。それが、皆さんの目的そのものなのです。そこで、具体的に言ってみましょう。全体像から細かなものへと説明しましょう。最初は、先ずそのことを比喩で話します。皆さん、この会場にいる人たち、このメッセージを読んでいる人たち、あなた方のことは知っています。

神の性質の一つは、時間がないことです。この録音を聞いている、読んでいるとしたら、それが今です。私には時間はそういうものです。今私の目の前にいる人たちだけではありません。ここにいる古い魂たちは、直線的時間上の3次元にいる人たちです。きちんと生きることはその魂たちにとって死活問題です。私ではありません。だから、これを聞いている皆さんの可能性は、私には、皆さんがするであろう何かとして認知されます。ここにいる皆さんを知っています。これを聞いている人や読んでいる人を知っています。皆さんには分からないことでしょうけど。「クライオン、もし神が未来のことが言えないならば、どうして私がこれを聴いたり読んだりするだろうということが分かったのですか?」、そう言うでしょう。その答えは簡単です。皆さんがそうする可能性は、大変高いものだったからです。やはり、皆さんはそうしたのです。

私は今、約100人の人の前に座っています。皆さんがここに来る決心をしたのを知っていました。その人達がこの集まりを知る可能性を知っていました。たとえ皆さんが、昨日知ったとしてもです。私は知っていました。そのエネルギーの可能性は、今まで度々お話してきた量子のスープの中にあるものなのです。未来ではありません、可能性です。その可能性が、ここに無料招待され椅子に座る古い魂たちに、人生、課題をも持ってこさせるのです。チャネリングの内容までも決めさせるのです。皆さん、ここでどういうチャネリングの話をするのか、何をしようとするのかを実際に知る前に、皆さんが来て座るのを待ちます。だから、ここに来ていただきありがとうございます。今、地球の皆さんの時間です。

 

光と闇のたとえ

では、始めましょう。何度も喩えを使ってきました。闇の中を歩く人間と呼ぶ存在がこの部屋に集まっているとしましょう。ここでいう喩えは、スピリチュアルな闇です。人間は自分が誰か、なぜここにいるのか分かりません。神の創造的エネルギーの一部であることを知りません。与えられたものに従い、若いときに学んだ原則に従います。曲がり角で出会うことに神を感じます。神は一番の根源だと思う人もいれば、そう思わない人もいます。変化を経験しますが、変化以外何も分かりません。

一見闇の中で互いにぶつかり合っています。ぶつかって怒るものがいて、戦争が始まります。自分の知らないことが進行して、闇で生ずることがそれです。したがって、あなたとは別に常に何かが進行しています。常にそれは謎です。従って、ドラマ(悲劇)があります。従って、陰謀があり不信があります。闇の状態が戦争を生み出します。闇の状態が、分断と憎しみを生みます。闇の状態が恐怖と不安を生み出します。

まだ、喩えは続きますが、自分が誰かを知る者が闇の中にいます。この人がマッチを持つ者だと思うかもしれません。この人物が光を創る能力を持っているのです。小さいかもしれないですが、この人はマッチなのです。完全に暗い部屋でマッチを擦るのが面白いのです。光がついて薄明かりで誰でも見えます。闇の中で自分のマッチを持っている人は、それを点けようとします。理由は何か? 自分の精神性を学ぶためです、自分の成長を学び、マッチを点けて自分をよく見るためです。

だから、自分に光を向けてハイヤーセルフの手を取って自分が誰かを発見できるのです。だから、自分のマッチをするのです。マッチをつける中で、部屋の中もぼんやりではありますが照らし出すのです。突然人間たちはお互いを見ることが出来、それが気に入ります。家族を見ます! 恐怖はなくなります。自分の隣りにあるものは、相互理解と平和なのです。不信感はなくなっています。実際にその光がどこからくるのか探す人もいます。多くの人はそうしません。

マッチ所持者の光の特徴は、岬に立つ灯台に似ています。前にお話しましたね。灯台はたった一人で立っています。他のものが見ていようがいまいが光を照らしています。めいめいが人生の船という自分で選択する舵(かじ)を持っており、その自分の選択で安全に航行できるわけです。マッチを持った人はマッチを持ちながら他の人のためにマッチを灯してきましたが、それで周りの人たちにポジティブな影響を与えます。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。