喜びのワンネス by アイシス

アイシス

喜びのワンネス

 

Rosalie Muir 2012-3-28

 

こんにちは、光の皆さん

今、大勢の人の感情が激しくなっています。それは、もっと高い次元と波動に入る前の癒しの最後のステージに関係しています。皆さんは、その波動に合わせようとしており、それは上手くいっています。

第1に、まだ引きづられる多くの問題があり、それは人間らしいところ(レベル)ですが、しがみついている限り、いわゆる問題というものは解決することができません、そのことを知っておいてください。問題はあなたのこめかみでうづいて病を引き起こしますが、今はまだそれがわかりません。背後にあるのです。振り返らず前を向いてください。鳥を真似してください。鳥は後ろを振り向きません。前だけを見て飛びます、皆さんも同じです。

羽根を伸ばして新生地球を楽しみにしていてください。今年皆さんの3次元的願望やその必要性は消え失せ、新しい人生の道を切り開いていきます。そのために皆さんはここにやって来たのです。ここで学び、母なるガイアと一緒にアセンションをしに来たのです。

第2に、神・女神にまつわる過去生のトラウマは、当時神に背いたと感じたものでしたが、神との繋がりが強すぎて、あなたなりに神の道を守ったことが原因で火あぶりにあい、あるいは追放されたりしたのです。そういうことがあったのです。知っているとは思いますが、今ではこういうことはありえません。当時の記録はあなたの潜在意識に残っているかと思うでしょう。神・女神は、今溶け合おうとしています、あなたという創造主になろうとしているのです・・・・

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

植物界グリーン・レイ&エメラルド・フレーム by メタトロン

 

 

大天使メタトロン

グリーン・レイ&エメラルド・フレームの

聖なる起動

 

James Tyberonn 2013-7-7

 

マスターの皆さん、こんにちは。メタトロン・ロード・オブ・ライトです。このメッセージを読む皆さんに無条件の愛でご挨拶します。

上昇した地球でグリーン・レイと聖なるエメラルド・フレーム(エメラルドの炎)がフル稼働していくことについて喜んでお話しましょう。はるか昔の光明の時代に予見された待ちに待った出来事です。輝きの時代には、地球はもっと多くの次元と繋がり、皆さんはこの上ない程幸せに地球の様々な王国(界)とコミュニケーションをしました。その輝きの時代には、皆さんは地球の動物、植物などの世界や元素と完全にはっきりした意識で会話できたのです。その時代はエメラルド次元の完全に広がった時代でした。その時が、戻ってきます! 

皆さんの多くがこのエメラルドの進化を進めアンカーするように再度声がかかっています。その時が近づいています。その時は、普通にはない、広範なコードを運ぶ3重の彗星エネルギーが痕跡を残します。コードを受け取ろうと長い間待って来ましたが、多くの人にとってそれは魂の約束であり聖なる契約です。新たな幕開け、新たな性質を身につけ新たな見方に立てる時です。

グリーン・レイ無限ゲートが動く

新生地球は12次元にまで拡大して来ました。今皆さんの12のチャクラは直接その各次元に繋がり、20のチャクラオムニアースのスペクトル内のサブ次元内部に繋がっています。

皆さんの意識は益々広大になっていきます。だから、論理的に言えば、皆さんの意識は地球のあらゆる他の生命形態をもカバーしていくということです。地球全体のアセンションが拡大すると、人間の周波数も拡大を起こします。地球全体の王国との距離が縮まり皆さんの意識に入るようになるということです。それが、パラダイムシフトです。すると、皆さんはガイアのあらゆる意識体とガイア内部に存在する意識体ともはっきり繋がることができるようになります。地球の共同創造者として、その一翼を担う存在に向かうためには繋がることが必要条件です。

地球がアセンションすると共に、チャクラを通じて次元に繋がり易くなります。新生地球元年の2013年のはじめに、 “新たになった” チャクラの最初の聖なるコードを受け取り、それがインストールされました。それが、グリーン・レイが活性化したことによって起きました。

8月には、エメラルド・フレームに穴が開いて、その中でグリーン・レイ無限ポータルが発生します。その開口が一番大きくなるのは、2013年8月12日から21日にかけてです。

また、4次元、8次元、9次元がこのエメラルド・レイ(エメラルド光線)によって形成されます。8次元と9次元は蘇ったエメラルド・フレームの穴によってトート(訳注:Thoth. 古代エジプトの神、人間を創った親に当たるET)の地球コードを完全に受け取り始めます。 

それが2013年の第8の月から始まり、第9の月の秋分に完了します。グリーン・レイの活性化はペルセウス座流星群で始まり、8月20日の満月にピークになります。(天体の動きは新生地球においてエネルギーシフトを起こすきっかけになり、それがニューパラダイムの仕組みの基本です)

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

アダマ・レムリア vs アトランティス

アダマ

From “TELOS”

 

ダイアン・ロビンス

 

テロスからご挨拶

 

私はアダマです。アセンデッド・マスター、カリフォルニア、シャスタ山の地下都市にあるテロスの高層です。地球の地下にある私の故郷から皆さんにお話しします。100万人の私たちは、地下で悠久の平和と繁栄のうちに暮らしています。

私たちは皆さんと同じ肉体の人間です。ただし、私たちの意識は永遠にして完全に健全な思考を持っているところが違います。したがって、同じ体で何千年も生きることが出来ます。私自身はこの体で600年以上になります。

私たちは、熱核戦争が勃発して地上が破壊される以前の12,000以上前、ここにやって来ました。地上で大きな困難と大惨事に直面し、地下に入って進化を続けようと決めました。私たちは地球のスピリチュアル・ヒエラルキーに、シャスタ山の地下内部の既存の洞窟を修復する許可を求めました。地上を撤退しなければならなくなった時に暫くの間修復の準備に入る許可を与えてもらえるよう訴えました。(訳注)「熱核戦争」: 後に続く記事を参照

戦争が始まろうとする頃、地球に広がる広大なトンネル網を行って地下の洞窟に避難するようスピリチュアル・ヒエラルキーから忠告を受けました。私たちはレムリアの人々全員を助けたいと思っていましたが、残された時間は25,000人を救う時間だけでした。私たちの残りの人たちは核爆発で死にました。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

アトランティスの乱気流・ビッグフット by セリア・フェン/メタトロン

「純粋種を保とうとする者によって虐げられ続けた状態が生じたと同時に、破壊的な威力が生まれ支配する者たちによってそれが使用された。ベリアルの子供たちは自動的に動くもの、遺伝子工学で生まれた『もの』(訳注:「以外のもの」)を従えさせ、仕えさせた。その『もの』は労働に使用され、土地を耕すため、労働者や職人の仕事をさせるために所有されたのだった。」

エドガー・ケーシー(Edgar Cayce)

今の乱気流とアトランティスの回帰

セリア・フェン 2013-5-20

 

現在のエネルギーは5月25日の月食が頂点ですがそれ以降開放感が訪れます。新たなエネルギーに乗って、「信じ」て人生が「流れる」ような気分になります。

でも、この強い否定的エネルギーがこんなに深いところから感じられるのはなぜでしょうか? これは、私たちの起源の「話し」に関わっており、だから私はトルコのアナトリアに来たのです。ここは、地球で記録上最も古い、地球の文明の街です。つまり、アトランティス後に人間が建設した最初の場所の一つです。(訳注:クライオン「知られざる歴史」そこでは、スター・ビーング(ET)がスターゲートを創ったり、地球に影響を与えるような空間を作って干渉されるようなことはなくなり、長い独自の文明を歩む旅が始まったのです。

そのようなことを目論んだ存在には、エジプト・ギザのシリウス、エーゲ海域のアンドロメダ、イラン・イラクのニビルなどでした。大天使ミカエルが私たちの起源を説明しているように、私たちは、聖なる計画、「アダム・カドモン」のテンプレートに従ってエロヒムの天使たちによって創造されました。創造の天使のチームの計画として、スターゲートを開いて私たち人間と交流を開始するためにチームを派遣したスター・ネーションにとって私たちもまた重大な関係がありました。

その中で、人間はレムリアのムーからアトランティスへと進化しました。この時に、スターゲートを通過するエネルギーは作為的なものになりエロヒムの創造のワークを奪おうという試みが始まりました。アトランティス人は、エロヒムにとっては忌まわしく嫌悪すべきDNAの実験工作を開始しハイブリッド人間という生き物を作りました。スター・ネーションのすべてがこの種の実験に関わっていたわけではないということを付け加えておきます。この実験は主に、ニビルのエネルギーによって行われたのです。

エロヒムは銀河的関係とスターゲートを閉鎖してそれに対処しました。その結果、人間は自分独自の道と時間で進化するようになったのです。誰も干渉することは許されませんでした。ですから私たち人間は、地球文明に向かうアトランティス後の長い旅を開始したのです。私たちの深部にある記憶には、アトランティスの断絶(崩壊)とスターゲート閉鎖というトラウマをいまだに抱えています。スター・ビーング(ET)が地球工学を使って実験を行い、地球を不安定化させた時に、地球を物理的に破壊する出来事が引き起こされたのです。

エロヒムは、地球はこの時点から「自由意志と選択」の法に従って彼女自身の運命を決めるように司令しました。

この長い旅で人間は、「自由に発展した文明」として再び銀河と繋がることが出来る程の自由を得るために、アトランティスの断絶(崩壊)というトラウマを開放する厳しい道程を歩かねばなりませんでした。エロヒムと天使たちは、私たちが一本立ちするまで何千年も私たちを導いてきました。私たちは何度もつまづきながら助けを求め、ポータルを設置したスター・ビーングが神であると想像しました。また、彼らが如何に人間を創造したか、数々の物語を作り上げようとしました。もちろん彼らは神でも創造主でもありませんでした。私たちと同じ存在であり銀河のファミリーです。私たちは夢や瞑想の中、静かで強力なスターゲートのこだまの中で繰り返し彼らに会って来ました。

今はしかし、2012年を超えてスターゲートは再び開き、人間はヒューマンエンジェルと銀河的人間として前進を始めています!スターゲートが開き、アトランティスのエネルギーは「開放」という形で人類の潜在意識から抜けました。だから今2つの変化が起きています。1つ目は闇と恐怖の古代アトランティスのエネルギーの解放です。2つ目は、銀河のグリッドに繋がりスターゲートの高次の意識と光との連結することです。もちろんそれが原因で一時的にエネルギーはかなり荒れて混沌とします。それも前に進むに従い治まるでしょう。

どうか、今は非常に荒れた時です。太陽フレアあり、磁気嵐が吹き荒れています。しかしそれも過ぎていき、すべてが良くなります。私たちは「過去」を癒し、「銀河の未来」に繋がっていきます!

© 2006-12 Celia Fenn and Starchild Global http://www.starchildglobal.com

nickverbelchuk

大天使メタトロン

サスカッチについて

J. Tyberonn 2013-8-25

 

こんにちはマスターの皆さん、私はメタトロンロード・オブ・ライトです! アセンションした新生地球元年のこの素晴らしい日に皆さんを歓迎します!

今日は特別なセッションです。ですから興味深い込み入ったこの問題について質問を受け付けます。

Q: 地球の「地下の空洞」には何者かが住んでいると言いましたが、その地下の住人にはイエティデヴィックはいるのですか?

メタトロン: いいえ、彼らは違います。その存在はいますが、インナーアースに入ったレムリア人や初期のアトランティス人ではありません。

Q: イエティについてお話してください。それは「ビッグフット」と同じですか?

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

アトランティス効果 by モニカ・ムレイ二―

ascension-from

アトランティス・シンドローム

オールドソウルのアトランティスの記憶は不正確です。アトランティスは、住んでいた島が沈んだり崩壊したりした結果の総称に過ぎません。殆どの島々が海に囲まれていたのは相応の理由がありました。今言ったように、その多くは火山でした。軟弱な島もあり、地震や津波が起きるとすぐに浸水しました。水には1500年から2000年のサイクルがあるので浸水が起きたでしょう。レムリア人はそういう所にいたと考えてください! そう思ったことはありますか? でもだからと言って、アトランティスそのものを軽視するつもりではありませんが、多くの人がそういう島々にいて沈み、それが大事件という思いとしてDNAの中に張り付いているのです。

高度なテクノロジーに関して、皆さんが“覚えている”高度なテクノロジーが何か、それを言いましょう。アトランティスのテクノロジーは今とは違います。それは、高度なマインド意識による思考のことです。それが当時のハイテクでした。レムリア時代と同じように島では皆が集まり島の波動を上げました。でも、機械や点滅する光を使うのではなく、意識によって物理現象を変えることが出来たのです。

~ クライオン「漠然としたアカシャ」

 

 アトランティス効果

Monika Muranyi

 

殆どの人はアトランティスは架空の大陸で、ギリシャ神の逆鱗に触れて海に沈んだと思っています。でも、それは違います。しかも、一度の出来事ではありません。そんなはずはない? いえ、大いにあるのです!

ローマ帝国やギリシャ、インカ、エジプト文明などの古代文明は農業や建築物や都市など今でもみられる風景を残しました。それとは反対に、アトランティスはレジェンドとして映画や文学のみに存在しています。でも、この神秘的な島がそんなにも素晴らしい社会文化を生み出し、非常に多くの人たちが自分はアトランティスにいたと思っている理由はどうしてでしょうか? 単なる思い込みではない、何かが他にあるのでしょうか? その答えは、もちろん、「そうです」。

多くのスピリチュアルな社会学者によれば、歴史上人類が自滅したのは4回です(現在は5回目の挑戦)。その間、実際に“アトランティス”で起きたような出来事が数回ありました。クライオンはアトランティスについてはっきりと説明していますが、見方が変わるかもしれません。

アトランティスを理解する際に重要なのは、レムリアという場所について知ることです。レムリアは地球で最初の文明だったと言われています。レムリア人が何千人もの人間の中にアカシャの種を蒔いた目的と理由は、また将来目覚められる日が来ると思っていたからです。地球でのカシャが定まり、レムリア社会の目的は達成され完了しました。そして、この島国を基盤にした社会が沈んだ後に、自然災害が続きました。

レムリア人に生まれた多くの人には共通する特徴があります。かつてレムリア人だった人たちは同じような考え方をする人たちと一緒になり、隔離した社会を創ろうとしました。かつてレムリア人だった人たちは、覚醒した都市を何度も何度も再建しようと挑戦しました。その度に、アトランティスという呼び名を思い出しました。直線状の人間の思考様式によって、様々なアトランティスの名は、私たちのアカシックレコードでは「1回だけのストーリー」と思われています。1回の出来事が細胞に刻まれるようになったのですが、それが「アトランティス効果」と言われるものです。 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

路上の光になる by 大天使ミカエル

images

路上の光になる

Ronna Herman LM-12- 2011

 

マスターの皆さん、今は、多くの特別な天の配財が動き出す、史上空前、稀にみる時だということを理解することが非常に重要です。光の探求者にとって聖なる遺産と自分の天賦の才や才能に踏み込む壮大な時です。滅多にない、一つの大きな時代から別の時代へと移行するこの時、宇宙の法によって、天使界とスピリチュアル・ヒエラルキーは、選ばれ、目覚めた者とベールを越えてコンタクすることが可能になります。皆さんは喜んでこの高度に進んだ存在たちと交流する意欲を持つ必要があります。その存在たちは、皆さんの自由意志に干渉することはありません。特別なマスターや天使、光の存在に意識を集中すると、彼らはたちどころに皆さんに気づいて、反応します。もっと強く誠実に、常に望めば望むほど、彼らの光の放射は皆さんに届きます。

皆さんのガーディアン・エンジェルガイド、教師たちは、皆さんが高い叡智の周波数を受け取れるよう一生懸命に手伝うでしょう。そのような叡智は、この変革期の混乱の世では決定的に重要なものです。この愛すべき存在たちは、太陽神経叢の光、最終的に聖なるハートチャクラの光を増幅させることによって皆さんの注意を引きつけるように尽力します。皆さんは、何世紀もの間、意識的にアセンデッドマスターや天使界とコミュニケーションができる招待状というものを待ち望んできました。また、彼らもこの時を辛抱強く待っていました。光の存在と再会することは、人間としての大きな進化の段階にいることなのです。再会するとすぐに自分の中で新しい気づきや力強い変容が起こり始めます。おおよそ、この人生に生まれる前にそのような特別な存在と一緒に働く契約(合意)を結んでいれば、先ず、ガイドと最初に繋がって交流の仕方を学ぶか、マスター・ティーチャーがすぐに皆さんとの関係を作るかします。

皆さん、多くの人は、第六感、直感的なこころを発達させつつあります。それによって直接オーバーソウル及び多次元的なハイヤーセルフと繋がります。それが、聖なるアイアム・プレゼンス(I AM Presence/ 神自身)である故郷との繋がりを作る、はじめの段階です。どこか遠いところや、手の届かない場所、天国にいる神を探すようなことはしないでください。創造主のエッセンス神聖な火花は皆さんの聖なるハートの中に住まうのです。多くの人が自分の神聖な起源を知るようになって来ています。しかし、宇宙の光を手にするというその大きな可能性については、未だわずかしか気がついていません。絶え間なく増大する創造主の光の周波数に合わせるようになることが極めて重要です。創造主の光がアセンションを加速し、自己をマスターする境地に達するのを手助けするのです。その結果、路上の光ウェイシャワーになるという誓約が叶うのです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

第2のレムリアの物語(字幕)by クライオン

new-zealand-lake-hd-new-wallpapers-for-desktop-full-free

2010-3-20 ニュージーランド、オークランド

Lee Carroll and Robert Coxon

約10万年前の人間のいる所に戻ってみたら、多くの種類の人間がいます。最大27種類の人間がいます。進化の考え方ではそれは異例のことではありません。そこには、多様性があります。だからこそ、生存競争が成り立ちます。だからひとつの種が消滅すると、他の種が生き残ります。人も例外ではありません。今の科学でもそれについての論争はありません。科学は、その当時の人間の種類を教えてくれます。
でも、進化の仕方や考え方とは裏腹に今世界を見渡すと、たった1種類の人間しかいません。今、皆、体の形や肌の色や顔つきなどいろいろですが、ここで言っているのは違う哺乳類という意味の人間の「種類」です。当時、尻尾のある種類、ない種類、背丈の低い種類高い種類、頭の形が異なる種類、胴体が少し違っている種類、体の縞が違う種類などです。人類学者に何と言うか聞いてみてください。そして、いつしか、そのような種類の人間が消えていきました。
そして、進化についての常識に反して、地球全体でたった1種類の人間だけが出現したのです。地球上でそういうことが一斉に起きました。同じ時期に、そういうことが起きました。プレアデス人の訪問を受けられる適切な状態になったのです。レムリア人は地球上の5箇所にいました。ハワイ、ニュー・ジーランド、イースター島、シャスタ山、それ以外はまだ言いません。

ニュージーランド人の皆さん、あなたが誰か言いましょう。レムリア人です。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。