モーニングコールをください by 大天使ミカエル

二十数年前、ソファーに横になりながら下記のような瞑想、確かハイヤーセルフに出会う瞑想で、最後の瞬間、ハイヤーセルフの声を聴き、出会えたと思った瞬間を思い出しました。第3の目の所が大きな光のプラチナの玉になってその玉が爆発(ビッグバン)して辺り一面に光が広がりました。額全体が非常に熱くなりました。

大天使ミカエル

モーニングコールをください

 

Carolyn Ann O’Riley 2011-11-15

 

ようこそ! 美しい光の皆さん。また、標識が過ぎ、地球にいる皆さんにいろいろなものがやって来ます。

皆さん、これまでの通過点は、皆さんが残した、言わばパンくずで、自分が誰かを知らせ、それで故郷への帰り道を歩いているのだなということが分かります。

皆さん、永遠なる故郷を後にして地球に来た時に、皆さんは忘却というものを一服盛られました。これで自分が誰か、それと肉体でいる時でさえ本当に住む所がどこなのかという記憶にベールがかけられました。肉体でいる時の小さなエネルギーは、本当の自分自身というエネルギーエッセンスに比べたら非常に小さなものです。皆さんは本当は少なくとも同時に2ヶ所に住んでいるのです。(笑)中には同時にもっと多くの世界にいる人もいます。

そうやって忘れたために、高次の世界を出発する前、脚本に書いた数々の課題や学びを完全に肉体で経験することが叶うのです。

この旅の面白い所は、記憶としてそれが残っている点にあります。聖なる契約として書いた台本の中である所に差し掛かると、他に何かあるなと感じ始めるのです。実際、本当に大きな何かがあるのです。

光の皆さん、皆さんは考えられないほどいろいろと沢山持っています。それを思い出そうとしています。自分のエネルギーの大部分は他の次元に存在するので、聖なるエネルギーという大きな自分と会話するすべはずっとなくなったままです。創造主との繋がりもまたないままです。

また皆さんは自分のハイヤーセルフ創造主と交流しようとする際には、ただハートチャクラにその意図を入れてやってください。皆さんは天使スピリットガイドと一緒にやって来ました。彼らを呼んで、意識して気がついてみたり、想像したりして、手助けを頼んでください。

この素晴らしい存在たちは、目には見えませんが、あなた方のスピリチュアルな故郷につながっています。創造主は大事な子供たちを天国の愛で包み込んで、一人ひとりを全く違う世界に送り出します。そうして否定的で混乱した波動の波を乗り越えられるようにしているのです。

Montserrat

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について