地球にグランディングする8つの方法

地球にグランディングする8つの方法

 

 Adam Lanka 

 

「体、大脳、地球自体は同じ周波数で振動しています。」
ニコラ・テスラ

 

グランディングという意味は、地球に繋がることです。いろいろな社会やスピリチュアルな儀式に伝承されてきました。外に出て自然の中でリラックスする時にどういうことが起きているのでしょうか。

地球に生きる生きとし生けるものは地球と宇宙の力によって創られています。そのような結びつきは健康的に生きる上で欠かせません。地球はすべての生命に高度に秩序だったコヒーラントな電磁場を提供しています。有機体は自動的に地球の磁場に繋がり環境と相互作用しながら一つのシステムの中に収まります。

理解しなければならないのは、あらゆるシステムは達成、回帰、一貫した状態を維持しようとすることです。意識、無意識、どんな時にも私たちはエネルギー・フィールドを持つ宇宙の中で一定のプロセスに関わっていて、その中でバランスを保とうとしていることです。それは、居心地の良い椅子に腰掛けている時も、テレビを見ている時も、動物とじゃれ合っている時も隣の人に声をかける時も一つの生態系の中で起きています。私たちは絶えず色々なレベルで周りのエネルギー・フィールドに関わっています。

このフィールドがますます系統的でコヒーラントになる(乱れず一貫性のある波長)と、その力はますます効力を増して劣勢にあるものを刺激し高めようとします。地球の生命に一番重要なことは、地球のフィールドの周波数は通常7.8ヘルツというシューマン共鳴の状態にあるということです。

この自然のリズムは人間の生体にも観察されます。その周波数の状態が最も効果的で持続する一貫した周波数です。人体は7.8ヘルツで共振しています。大脳のアルファ波シータ波の境界は7.8ヘルツです。その時の脳波で洞察やひらめき、直感が生まれ、瞑想やリラックス、静寂の状態になります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について