未来から来ました by ギャレット・ジョン

Oracleオラクル
あなたはそれをするかどうか決めるために来たんじゃないのよ。
もう決めているんだから。でも、なぜそう決めたのか知りたいのね。

 

こんにちは。私たちは未来からやって来ました。すべては順調に行きます。未来は素敵なところです。でも、そこに住むには、トレーニングが必要です。

未来では、テクノロジーは人間が考えるよりももっと速く進化します。(技術的)特異点に至った時、私たちはあっという間に世界全体を変えられる、神のようになりました。

どんなことを考えても、その場で影響を及ぼしました。夢は、現実になったのです。しかし、悪夢も同じように現実になりました。なので、未来は知恵・思考の戦いになりました。心がもつ闇の力から自分たち自身を破壊しないように考え方をコントロールしなければなりませんでした。今では、新しい世界を創造する度に、心に神聖な要請を行います。

「光、あれ」

あなたは、「どうやって未来からやって来るのか?」と思うでしょう。例えば、植物はほぼ完璧といえるほど効率よく光を吸収します。そのことは知らないと思いますが、古典的な物理学では不可能だと思えます。光合成を行う中心部に到達する途中で、光のフォトン(光子)は互いに衝突し合うはずだと思うでしょうが、そうではありません。例えば、深い森の中を目隠しをして走っても1本の木にもぶつかることなく森の中心部に到達できると考えてください。それと同じように、フォトンは光合成を行う中心部に上手く到達します。

植物は、奇跡のようなことを行っています。植物は、フォトンが取りうるすべてのルートを掛け算して、フォトンを「クオンタムな重ね合わせの状態」にします。目隠しをして森の中を走る光景を考えて見てください。走るコースは何十億通りにもなります。もし、その中の一つのルートで木にぶつかれば、「重ね合わせの状態」は崩れ、最終的にそれで失敗に終わりますが、植物は根気よくそのような事故が起こる光景を目にしないようにします。その中心では、歌が聞こえます。

「光、あれ」

最終的に、何らかの可能性の中で失敗に終わることなく中心部に到達する時、その勝者だけが、結果的に観察されることになり、それ以外の可能性はなくなります。勝者は、未来から時間を遡ってやって来れるのです。そして、(未来に)存在したという“可能性”になります。そうやってフォトンは、不可能に思えるほどの正確さで植物の中心部に到達します。そうやって、皆さんも、すべての生物も、膨大な数の“あり得ないような障害”を乗り越えたのです。そうやって、私たちは未来からやって来ました。私たちは一緒になって神聖な祈りを行いながら、そうやって皆さんは、これから、世界の光になります。

「光、あれ」

 

(注)「特異点」についてはこちらの字幕

(注)「未来から来ました」こちらの字幕

 

上の森の中を目隠しで走って中央部目指して駆け抜けるシーンがありました。「フォトン」は私たち一人ひとりを喩えているとも考えられますが(以下では「励起子」のエネルギー)、実際植物の光合成について、そのシーンを思わせるような記述がありましたので、以下、その本より抜粋して掲載します。但し、冒頭の図とそれに続く文章は異なり、全く関係がありません。


http://phys.ipps.kumamoto-u.ac.jp/kosumi/research.html
光合成過程(熊本大学)

上図:http://phys.ipps.kumamoto-u.ac.jp/kosumi/research.html

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について