体と寿命を再構築する by ブレンダ・ホフマン

体と寿命を再構築する

 

食べ物の味覚が変わる時は、体が年を取らなくなろうとしている兆候があちこち見られるでしょう。65歳以上の人たちは、ロッキングチェアに腰掛けて移りゆく世の中の様子をただ眺めていることには全然興味を示さなくなっています。65才の人はニュータイプの40歳になりました。細胞がシフトしDNAが生き返ると、交友関係や他の人との関わり方を含め、新しいスキルを発見したり、今までにない人生の方向性を見つけたり、生き方を見出したりするでしょう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について