真のコミュニケーション by ジュディス・クーゼル

真のコミュニケーション

 

世の中、常に物申したいとか、相手の間違いを正したい、批判したい、あるいは、何でも自分の問題であるかのようにして話す人であふれていますが、他方では、お互いに相手を敬い理解し合う人たちは、しばしば何も語らず黙っている時があります。目と目を合わせれば相手のことが分かり、一目見れば分かります。魂同士が沈黙するというコミュニケーションは、多弁無用なのです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください