消える古い3次元リアリティ by シリウス A

シリウスA

消える古い3次元リアリティ

 

Karen Doonan 2013-10-11

 

こんにちは皆さん。私たちはシリウスAの存在です。新生地球の周波数がますます強くなり、その帯域が広がりを見せる今、お話をして導き、サポートするためにやって来ました。低い次元のリアリティを消え、魂が選択した高次元のリアリティの中に十分に進めるように手助けします。

起きている時の意識では、この変化は混乱を招きフラストレーションを起こすかもしれません。普段の意識でいてはすべてが崩れていることに対応できません。私たちは、理屈で考えて支離滅裂にならないように手助けしたいと思います。崩れて消えていくことの目的は、体を含めてあなた自身を自由にするために起きています。この転換が進む時に肉体が乱れてしまうと、「自己」にとって何ら有用なことはありません。

論理的思考が古い物事を否定して消却しているのではありません。それでも、論理は意識が進化する際に、人が生きる際のすべての基盤になるべきだと主張する役目がありますが、それは歪んだものであり、真実ではありません。新生地球には合わないため支えられず、大きな不安を生み出しています。不安は進化に合いません。論理的思考は消えません。不安は、ハートと距離を保ちながら、「今まではこうだった」という論理的思考に訴えます。地球上では、今、論理が非常に強調され重視されており、ハートはほとんど見向きもされません。

新生地球のエネルギーは人間にハートを開く周波数を大量に送り込みます。乱れる程度というのは論理に比べてどれくらいハートが開いているかに関係しています。マインドが働かなくなれば、それだけこの新生地球の周波数はハートが働く余地を作り出し、人間の体はハートで感じるものを受け容れる態勢になります。混乱と不安は低い次元の周波数が蓄積されている体の中で生まれます。そして起きている時の意識ではそれを知ることは出来ません。何にしがみついているのか、そのことに気がついていくと、古い3次元の考え方を手放すようになり、それに気がつかない状態が分かり、解きほぐされていきます。

©NASA/ESA/G. Bacon (STScI)

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。