預ける手放す by ガブリエル&メタトロン

大天使ガブリエル

預ける

 

Marlene Swetlishoff 2011-11-17 

 

委ねる、または預ける(surrender)として知られる愛の特質についてお話ししたいと思います。この特質は、どうあるべきかなどというエゴの正当化を捨て去り、ハイヤーセルフに席を譲って、時満ちてその状況が姿を現すようにすることです。ハイヤーセルフの力を信じ、信頼するという重要性について理解することが必要です。自分で状況を何とかしようという欲求をハイヤーセルフに預けることによって、そんなに良くなるとは思えないような状況の中で可能性が現れるようにすることなのです。その結果、最も満足できる、嬉しい結果になります。

預ける、ということは、人が人生のその時々の状況に対して自分で判断し打開しようとする前に先立ちます。また、常に物事の進行に棹さし介入しようとする前に、事態が推移するのを見守る、という意味なのです。コントロールしようとせずに、あなたとハイヤーセルフが定めた意図が花開くように、全次元で展開するのに任せることです。ハイヤーセルフは常にあなたの最高善、最高の結果が出せるように働きかけます。次の人生の旅路の段階がやって来るように、自分の一部であるハーヤーセルフを賢く信頼することで、実際に「私の意思ではなく、私を通して汝の意思が現れますように」と言っていることと同じなのです。

そうすると、人生を歩む途上で、非常に多くの不可思議で魔法のようなシンクロが起こり、あなたの前に現れます。すると、調和しながら楽に人生が進みます。起こることに抵抗がない時は、多くの潜在的な道筋が開け、状況に対して最も効果的な結果が起こります。そういうことが表れるのをじっと待ちながらも、喜べることが次々に起こります。穏やかに落ち着いて信頼していると、あなたに代わって実現に至る色々なルートが動き出し、宇宙から最大の結果を引き寄せます。

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。