💛天使がそばにいる7つのサイン by リンダ・プレストン

天使がそばにいる7つのサイン

Linda Preston 2017-2-1

 

 

天使たちは人間とは異なる周波数帯に存在します。そのために、殆どの人が天使を見ることは出来ませんが、周りにいる気配でその存在を感じることは出来ます。

天使たちは自分たちがいることを知らせようとしますが、強い宗教的信仰心が必要というわけではなく、また、強いスピリチュアルな信念がなければその存在を感じることは出来ないというのでもありません。

 

天使がそばにいる7つのサイン

 

1. 部屋の温度が変わる

突然、部屋の空気が暖かくなったり、体が火照ってくる。逆に、鳥肌が立ってきたり、首の後ろ側や後頭部がひりひりする時もあります。

 

2. どこからともなく何とも言えない香りがする

嗅いだことのないようなアロマの香がして、それがどんな種類のアロマなのか特定できない。

 

3. どこからともなくいろいろな色彩の光が表れる

まるで光の矢が部屋に差したり、火花のように光ったり感じることがあります。また、人影のようなものに気づいたりします。怖がらないで大丈夫です。心の準備が出来ないうちは天使は表れませんし、問題を起こすようなことはしません。

 

4. 天使が話しかけるような声を聞く

声が微かでささやきや押し殺したような声の場合は、心の中で声に出すようお願いしてください。あなたが聞いている天使の声はあなたの想像の産物ではありません。

 

5. 突然、予期せぬ時、予期せぬ場所に白い羽が目に入る

この場合は、天使があなたのそばにいるというはっきりしたサインで、あなたの祈りに応えようとしている証拠です。

 

6. 夢に天使が現れてある特定の問題に対する解決法を示してくれる

明け方ごろ、どの方向に進むのか、はっきりしたポジティブな感じを覚えている、などがそうです。

 

7. 部屋の中に誰かがいるように感じる

(誰かが自分のそばをかすめるように横切る)あるいは、自分の背後に立っていて、肩の上に手を置いているようにしてその存在を感じる。

天使たちが、非常にはっきりとその存在を表すことがよくあります。よく見られるのは、本屋や図書館にいる時に知らない間に導かれて、突然一冊の本が棚から足元落ちるなどの場合です。

それは、まさに天使のしていることです。信じると、何らかのサインを受け取ります。天使たちは手助けしようとしています。