再配線 by ザ・グループ

photo-3

光の灯台 ~ Re-minders from Home

2006年10月15日

再配線 

人類の再配線

 

From Steve:

ヴァーチャルライト・ブロードキャストで録画したこのメッセージを今座って開いてみると、これは、聞く人に特別なメッセージになると分かりました。このメッセージが正確に何を意味するのか知る由はありませんが、この時期、確かに私たちがどこに向かっているのかを知りました。この間、人類に再配線が進行していることを知ったこと、それは事実です。

過去半年の間に、個人セッションで何人かの人たちに、その人たち自身に進行していることについて説明してきました。ここに腰掛けてそれを知った今、このメッセージを皆に知らせる時だと思いました。

私たち全人類は皆、こうして今までにないスピードで進化していることを知りました。次の段階では、秘密の中へと入っていきます。

Steve Rother

ザ・グループのスポークスマン 

 

故郷からのご挨拶

 

皆さん、皆さんはここに、とても不可思議な惑星にいます。皆さんは特別な時にここにいますが、実は何か大切なことをしようとまさにこの瞬間ここにいるために、一列に並んでいたのです。あなた方は大変困難な状況に置かれるよう要求しました。それは、ヒーラーや教師など、自分が果たす役割を計画して、その情報と資格を手に入れるためにそのような難しいプロセスが必要だったのです。今やその聖なる契約は実行されています。ある人はスタートを切り始め、一方、別の人にはまだ明らかになっていません。しかし、皆さんは、いずれにしてもその道を進んでいます。

時代:人間のサイクル

革命的な時期が人類史には数多くあります。その時期をあなた方は経験してきました。サイクル、と呼んでもいいでしょう。このサイクルは大変初期にスタートしましたが、それは皆さんが知っている歴史を遥かに超えています。皆さんの知っている歴史というものは約200万年程ですが、魂としての皆さんは想像できない位その先にまで遡れます。

太古の昔、惑星が熱くガスに覆われていて、今のような物質的な形になっていなかった時代、皆さんはスピリチュアルな存在として、エーテル体として身体を持たずにここに存在していました。物質的な形を取り肉体を纏うようになったのはそれから何十億年も後のことです。エーテル体から物質的な生体になるというその革命的な出来事は、巨大なシフト(移行)でした。地球の歴史の教科書が伝える所によると、たくさんのほかの進化のサイクルや、小さな進化があり、猿からホモ・エレクトス、ホモ・サピエンス、クロマニヨン人、という進化もその一つです。しかし、そんなものではありません。では、そういったサイクルの最後はどうなったのですか。これは大きな問題です。何が起こったのですか。皆さんはそれについて理解しようとしています。あなた方はそういう時代のサイクルの一つの終わりに今いるのです。

再配線-12DNA

このように地球上で一人ひとりに何かが起きています。非常に短い期間でそのことが分かるでしょう。人間に、再配線が進行しているのです。自分でやっているのです。人間の自然な姿、進化するプロセスです。でも、怖がることはありません。宇宙船が降りて来て皆さんに何かを植え付けるわけではありません。起きていることは、12の二重螺旋のDNAが再び繋がり始めるところにまで進化している、そういうことです。皆さんがまだ知らない他のチャクラの幾つかが活性化できる地点、そこまで来ているということです。エネルギー構造が変わろうとしているのです。地球もまたそうです。

地球を見れば、熱くなっているのが分かります。地球の温暖化と呼んでいますね。しかし、それ以上のことなんです。温室効果ガスのスピードはそのプロセスを劇的に速めてきましたが、それは自然な進化のサイクルなのです。太古では、大変熱くガスが充満していましたし、波動は大変高かったのです。冷え込むと凝縮し、人間の肉体という凝縮した形を取らざるを得なかったのです。それから長い間そのままの状態が続き、今また角を曲がり始めているのです。熱くなりだしているのです。おかしいことですね。皆さんが選択をすれば怖くなります。しかし、怖れというものはこの状況では不要です。そのことを理解してください。地球は新しい寒冷期に入りつつあります。その事は前にお話しましたが、本当です。それでも皆さんは見事にやっていきます。全生命が地球を去って行く、という意味ではありません。皆さんは進化していく、という意味です。皆さんが考える氷河期とは違います。実は、地球が冷えていくということです。地球のエネルギー配給が変わるという自然な進化のサイクルなのです。それは、地球が再配線されている、と言えます。同じように皆さんもそうなのです。

大脳の両半球は一つに配線される

最近人間の再配線が開始されています。極性の世界という幻想を生み出すために分離が必要だった大脳半球が一緒になりつつあるのです。小さくなるのではなく、半球同士に架かるシナプスの経路が、皆さんが進化するにつれ一つになるのです。幻想とベールは実際に大脳半球間に存在しています。左半球は時間のマーカー(刻むもの)です。極性と言う幻想と、直線的な時間と言う幻想を生み出しています。それが人間が従う通路です。人間として演じるためにスピリットはゲームを与えられています。右脳はすべての創造でいかなる時間の観念も持っていません。右脳は左脳と違って、全て物事を脳内に詰めようとしません、脳という箱につめるのは左脳です。この二つが再配線によって強くなり始めているのです。それは、両半球の、単に新しい、または改良されたシナプスの経路というだけではありません。動物としての人間がスピリットの高い波動を持ち込むようになると二つが融合するのです。進化しているのは人間ではなく、スピリットが進化しているのです。それで、人間の殻、肉体の変化を促し進化させているのです。そのことが今起きています。ベールの私たちの側から大いに予想できることなのです。

バランスを保つー与える

直接この結果を知ることになります。今後5年間、以前と比べられないほどこの地球に早産の子供たちがやってきます。なぜなら、この確かなプロセスを経験するためにここに大挙して押し寄せるからです。そのことを注意してみてください。また、グローバルな変化がたくさん起こります。しかし、それは皆さんの力で変更可能です。この変化を多易く移行するかもしれませんし、難しい移行となるかもしれません。それをどう乗越えるかではなく、皆さんが他の人をどう手助けするかということが面白いところです。それが、皆さん自身と聖なる契約にそうするように迫るからです。皆さんだけが乗越えていく唯一の人間ではないのです。大脳半球同士の結合、その再配線の過程そのものは、皆さんがお互いに皆この地球の一部であることに気づかせ、誰も一人ではないことに気づかせるようになります。それでも、そこに行くために極性の世界を経験しなければなりません。極性に引張られる必要があります。周りを見渡すとかつてない程地球上に不況が広がっていることが分かります。それはこの再配線のプロセスが原因であり、だからお互いに助け合うのです。正しいタイミングで助け合ってその先に行くのです。悩みから抜け出すためにできる一番立派なことは、人の役に立つこと、そのことなのです。

かつてこの惑星上には金儲けやものすごい金融のからくりを作った天才がいました。そういう人達は、「金が欲しければ他人が金儲けできるようにするのが一番簡単な方法だよ」と言いました。私たちは同じことを申し上げましょう。この惑星で素晴らしい経験をしたければ、他の人にそういう経験が出来る方法を教えるのです。それですべての人が繋がりを受取るからです。それで、再配線のプロセスを受取るのはあなた方ばかりでなく、地球自身も受取ることになるのです。

先頭に出る

そうです、混乱や騒乱が起こります。変化に直面すると人間は常に騒乱を起しました。だから、皆さんはここにいるのです。変化する惑星に静けさをもたらす、そのようなことが出来る知識を持って行動を起こすように集合をかけられているのです。又、今日が砂の上に描いた一本の線のように、今日を境目と見なして言います。何年もの間この再配線のプロセスを経験してきた方が数多くいます。特に、多くの人が自分で「ライトワーカー」と呼んできました。このゲームの先頭に立っていることに誇りを持っている人もいます。早くスピリチュアルな競争の場に居合わせたいから、殆どそれを怖れ(緊張し)てもいます。そのスピリチュアルな競争の場で周りに自分を理解する人が誰もいないのは大変意気阻喪することです。ここで言いたいのは、多くの皆さんがもう5年以上この状態を経験してきました。それで、ベールの向こう側に着いたらどうなりますか? 何がありますか? そのことがあなた方が知りたいことですね。終点は何だろうと。とりわけ、私たちが示している旅がそんなに綺麗ではないのでそう思うのです。すべては旅なのです、終点はないのですよ。

12のあなた

私たちは、皆さんがこれから起こる変化の一つが経験できるよう、準備してきました。その1つである多次元は面白いもので、皆さんは実用的な魔法として日常生活で使い始めます。でも、実はそこにもっと魔法があるんです。あなたはこの惑星の一個人であり、それがすべてだと思っているとしても、しかし、実際、科学は、あなた方は他の時空の11次元に存在すると言っています。それは、皆さん、12次元です。なぜなら、認識の一つの次元が実際にまだあるからです。だから、地球上には12の違った「あなた(達)」がいて、一つの魂としてちょっとばかり違った経験をしているのです。このことを1列の椅子に例えると、「それは、 ‘あなた’ の一つです」と言い、そこの椅子の並びを別の ‘あなた’、と言い、同一の魂が違った時間軸上に違った風に存在する、と言うことができます。それがすべて同時に起きているのです。だから直線的な時間は幻想なのです。直線的な時間は左脳が生み出す幻想であり、演じるべきゲームボードを生み出しているのです。魂がこの次元を飛び越えて、問題を解決できる視点や知識をつかんでまた戻ってきたなら、それはどんな風に見えるでしょうか。それが多次元です。あなた方は、そのようなことをもっと経験しようとしているのです。今までそんなことはありませんでした。皆さんは、人生の難局に遭遇して生涯ずっと納得の行く答えが見つからずに言い訳をして来ましたが、その難局を今度は魂の別の見方で見直すことができ、新しく新鮮で、生き生きとした、多次元の見方で見られるようになる、そんなふうになったとしたら、そんな素晴らしいことはないじゃありませんか、皆さん。そのことが人間に起ころうとしているのです。面白いことは、人間として困難と思えることが、困難ではないのです。その困難は、自分のために目の前に広げた旅路なのです。皆さんがドアから自分を押し出したプロセスなのです。そういう多くのことが起きて皆さんの思考パターンは新たに適応していきます。

インディゴとクリスタル

しかし、そういうことがずっと簡単になろうとしています。皆さんの波動が急速に進化しているのでクリスタル・チルドレンがこの惑星に生まれてきます。しかし、生まれてくる子供たちはもっと高い波動なのです。そしてインディゴとクリスタル・チルドレンは同時に地球に長い間存在することになり、高い波動に適応するのを助けます。かれらは皆さんに多次元の扱い方を教えてくれるでしょう。たくさんそういうことがあります。とにかく現実はどうなるのでしょう。それは認知以上の何物でもありません。皆さんの脳の中にカメラがあるとして向こうに焦点を合わせると、そこが現実になります。現実を変えたければ、焦点を変えれば意図も簡単に変わります。ただ単に角度を変えればいいことです。多次元の状態でいるともっと容易く出来ます。現実はそういうものだと分かろうとしています。皆さんの信念はこのようなツールを使うことを阻んできました。だから他の人に使うのです。困難に遭っている他の人を助けるのです。違った視点から見られるように手助けするのです。このことが、人類が再配線のプロセスの扉を開けるカギとなるのです。

再配線の中断

このことについてもっと分かりやすく説明しましょう。肉体がグランディングを必要とする時があります。物理的世界にだけ存在する肉体は常に新しく生まれ変わる必要があります。それが肉体の特性です。水を必要とし、食べ物を必要とし、日光が必要です。抱き合う(ハグ)ことが必要です。親密さとセックス、養育、他の人との接触が必要です。地球の物理的境界内に皆さんを留め置くためのグランディングが必要です。もし魂が、再配線のプロセスを経験するに当たって適切にグランディングしていないか、十分でないとすると、そのプロセスで肉体は負荷がかかりすぎて中断されます。この重大な段階でプロセスが中断されると、視床下部から過分泌を起こし一連のサイクルが始まります。グラウンディングしていない体はエネルギーの疾患を起こすサイクルに陥ります。それは、線維筋痛症や慢性疲労症候群、筋痛脳脊髄炎や他のエネルギーの機能不全を起こします。この現象は、大多数の人ではなく、波動の先端のもっと近くで生きて波動を導く人達の間では一般的に見られてきました。エネルギーの機能不全の発生率は時の経過と共に増加していきます。多次元の経験は最初、グラウンディングの喪失を引き起こしエネルギー次元の間で行き詰まり、この機能不全のプロセスが起こります。ハイヤーセルフがこの状態を選ぶ理由が何度もあります。そのような出来事が起こる時には、この病気というギフトを目一杯経験するまでは治癒に向かうことはありません。その時は、皆さんが適切なグラウンディングとエネルギーテクニックを使って人々を手助けしてグランディングさせ、もう一度再配線のプロセスを開始することが出来ます。

(訳注) 「線維筋痛症」「慢性疲労症候群」:2006年12月「光の使徒」参照

 

無限を定義する

今やベールが薄くなろうとしています。どうか学ぶことを止めないでください。学ぶことが神の定義だからです。なぜ皆さんはここにいるのですか。神を定義するためにここにいるのです。神を見ようとしてこのゲームをしているのです。無限の状態では、神は自分自身を知ることはありません。定義できないのです。始めも終わりもない。この物質的身体に入って皆さんが実際に定義しているのです。それは見事です。問題は、自分でそれを信用していないことです。勿論、皆さんが神であることについて話そうとする時、皆さんが最初に考えることは「私は神である。何でも出来る」ということです。心に留めておいてほしいのは、あなた方が唯一の神ではない、ことです。この惑星には多くのあなた方が、神の火花として存在するのです。その火花は、その小さな閃光の中に創造主のすべての力を運ぶ能力がある、創造主の火花なのです。皆さんは有限な形を取りました。回転盤から出るのと同じようなその火花は、全体の中に再度戻る前にほんのちょっとの間だけ光るのです。それが変化しようとしています。この再配線の過程で、皆さんの正体であるエネルギーがその光の煌きの中にもっとたくさん表れようとしているのです。

新しい様式(方法)

このことが分かる教える方法があるのでしょうか。はい。毎日この惑星で飛び出てくる新しい様式(方法)があります。それが好いニュースです。悪いニュースはそのどれが自分に合っているかを探さなければならないということです。この再配線を促進できる方法があるでしょうか。一番大きな方法は、自分の意図です。一番大きな方法は、どんなものであろうと、聖なる契約に足を踏み入れることです。心がどこへ導こうと、そこで情熱は違った振動をするのです。違った振動をするにつれ周りの人達は皆同じその振動数になり始めます。皆さんは自分の波動に一致するよう周りの波動を上げます。怖れることはありません。人類の再配線についてもっとお話しすることがありますが、皆さんの再配線は開始したばかりで、地球規模で起きています。自分の諸々の能力を見ていくにつれ、このプロセスをもっと理解します。大脳半球同士が、一体化し始めています。

こういった能力が地球上で姿を現すときはいつでも怖れがありました。ただ、気を引き締め、怖れは影に過ぎないということを知ってください。知らないことを怖れることができるなんて、面白いことだとは思いませんか。一端見逃していた情報を恐れという虚空に押し込んだら、もうそれ以上恐れることは出来なくなります。そうやってください。人間は進化しているんだという事実を両手に抱えてください。興奮する時です。皆さんは、だからまさにちょうど今ここにいることを選んだのです。この地球にもっと多くの魂が許容限度を超えて入ってこようとしています。彼らの多くは、選ばれた魂(あなた方)が地球に入れるよう脇に一歩退いた者たちです。そして、ここに今皆さんが座っています。そのような皆さんのために両脇に引いた存在たちは、ベールのあちらの側から声援を送っています。

今までないほど、この再配線のプロセスは地球上のヒーラー達を活性化していきます。その時です。私たちは皆さんが必要なのです。呼び声を聴いてください、皆さん。聖なる契約に入るのです。皆さんはお互いに助け合うことが出来ます。皆さんはヒューマン・エンジェルなのですから。故郷に帰ったとき、皆さんは最終的に私たちが見るのと同じように自分自身を見るでしょう。

たとえ皆さんがたくさんの時間をかけて、自分は何もしていない、鏡を見て自分は誰であるか思い出すことが出来ない、または自分は孤独だ、などと考えても、あなた方はどう偉大であるのか、そのことを理解し始めるでしょう。私たちの視点で自分を見ていきます。皆さんが多次元になるにつれ、皆さん自身が私たちの目の中にシフトする(ザ・グループの見方をする)機会が訪れるでしょう。私たちは偉大な中の最も偉大なるものを見るからです。この時期に大事なことをするために一番高い波動だけが惑星地球にやってきました。そして皆さんがいます。

旅を楽しんでください、皆さん。

3つの簡単なことをお伝えしてこの場を下がります。尊敬の念を持ってお互いに接してください。事ある毎にお互いを大切にし育んでください。それが自分を大切にすることになります。これは美しいゲームであることを覚えておいてください。よく演じ合ってください。

 

Espavo .

The group