元素・ユニコーン・ドラゴン・妖精(2) by 大天使メタトロン

unicorn

大天使メタトロン

元素・ユニコーン・ドラゴン・妖精 (2) 

James Tyberonn 2012-5-6

 

ユニコーン

ユニコーンは、第5元素のエーテルで動物と人間の思考が一つになった、意識のある「スピリット」として表れたものです。先住民は、トーテムとして進化した動物の意識体と関わりました。その中には、熊、狼、ピューマなどがいます。このような動物のスピリットに関わって、思考が非常にリアルに混じり合い、相互のエネルギー、コミュニケーションを通じて非常にリアルなエネルギーがエーテル体として生まれました。元素のエネルギーではありませんが、まさに意識、自己を知るエネルギーとして、反物質やエーテル界に存在します。

ユニコーンは、イギリス、アイルランド、ヨーロッパなどの民話に登場してきたので、実際にユニコーンは、アイルランドやフランス、イギリス南西部に同心円状の土地のエネルギーの中に特に意識として存在します。同じように、バッファローのスピリット、鷲のスピリット、熊、狼、ジャガーのスピリットもまたアメリカにおいてそれと分かる姿で存在します。そういう場所は、エネルギーが交差するパワーのある場所で、次元を超えた光が生まれ、表れます。

思考は無数の形で間違いなく存在します。エドガー・ケーシーはシェークスピアの登場人物であるカッシウス(Cassius)の思考が、バージニアビーチでの彼のクラスに出席していたことを話したことがありますが、それは思考というマトリックスの中にある独立した意識でした。そんなことを考えてみてください! 思考体は本来元素ではありませんが、元素と同じパラレルな次元の周波数の中に存在します。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

One thought on “元素・ユニコーン・ドラゴン・妖精(2) by 大天使メタトロン

Comments are closed.