ハーモニック・コンコーダンス by クライオン

god-in-you

クオンタムなイベントですが、ハーモニック・コンコーダンスでアカシックレコードの書き換えが了承されました。それが、この新しいエネルギーの重要な所です。クリスタライングリッドが書き換えられて、アカシックレコードのクリスタラインの所もまた書き換えられます。同時に、DNAを包むクリスタルのような鞘(さや)も変わります。感じる人がいるでしょう。鞘が書き換えられると、また誓約も変わります。それは過去生で語られ誓った事項ですが、今でもスピリチュアルなエネルギーとして持っているものです。それが、今表面化して、現在の4次元空間(3次元+時間)では悩みの種になって来ています。

ハーモニック・コンコーダンス

Lee Carroll 2003-9-27

カナダ、オンタリオ

  こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。

ここには、優しいエネルギーがあります。感じますか? レムリア人が集う、優しい場所です。皆さんが誰か、地球で何が起きているか、それは皆さんに理解できません。でも、今この場所には優しいエネルギーがあります。今朝やって来た一行には、皆さんがよければ、皆さんの所に行き触れていい、隣に座っていいという許可が下りていきます。一行のエネルギーがどんどん大きく膨れ上がるので、どうぞ、ステージ上の色と彼らの色を見てください。天使たちが一緒になると、そういうことが起こります。いいですか、皆さんが私の前に座り私が話すというのは、宇宙ではお笑いの一コマなのです。本当に起きていることが完全に見えなくなるのが2極的世界というものです。

天使が天使に話しかける時、そこには、あっちよりこっちの方が上だというのはありません。私たちは皆一緒に話し合います。人間の皆さん、私はあなたの名前を知っています。初めからそう言って来ました。皆さんには発音できない名前、私たちが光の中で歌う名前、それがあなたです。地球の争いやフラストレーションの遥か向こうに、本当のあなたが存在します。今は仮の姿で、宇宙のテスト、やると同意したテストをやっています。

皆さんは永遠です。知っていますか? 地球の人生は一時です。ちょうど、何台ものバスに乗り換えるように、一時的な出来事が連なります。常に乗り換えます。地球にいる間は、家に帰るのではなく、どこか目的のある場所に行こうとします。深い意味があります。

必要なことをお話ししたいと思います。前に話しました。皆さんは誰もが、予言やエネルギーが終末に向かうと異口同音に告げた、その時の地球に生まれました! 大人になって惨劇や破滅、死を迎えていることになっていました。誰もがそのようなエネルギーの中に目的を持って自ら選んでやって来ました。覚えていますか? やって来ることに同意して、ここに来るために列をなしていました! でも「それは非常にまずい決断だった。待ち切れなかったけど、それは何のために?ハルマゲドンで破滅するため?」と思うでしょう。違います。レムリア人はよく知っていました。文字通り地球の試験の前提になる考えは、十分な数の人間が地球のエネルギーを変えると決めた時に、変わる、というものです。皆さんはテストし始め、変え始めたのです。人間に問われた時代に進み始めたのです。皆さんはタイムラインを定めました。誰も思い出せませんが、この計画会議の時から、やろうとしたことを達成しつつあります。

神聖さが分からないまま天使が地球に来た時にどうなるか? 競技場が平らに地ならしされた土地に降りて神について分からない時にどうなるか? どんなことが発展するのだろう? どこに行けばいいのだろう、闇の方向か光の方向か? 人間の振りをした天使たちは自分が神聖な存在であることが分かるのだろうか? DNAに隠されたものが分かるのだろうか? そこにあるミステリーを解読できる兄弟はいるのだろうか? そこにある数字を解読してどんなストーリーなのか理解できるのだろうか? コードは分かるだろうか? DNAの中には神聖なメッセージのあることが分かるのだろうか? もし分かれば、エネルギーは変わるのだろうか?

で、レムリア人の皆さんは、ここに座っています。新しい惑星にようこそ。かつての予言通りにはなりませんでした。皆さんが変えたのです。地球に来た時には、変えられると思っていました。予言がどうあろうと、地球が終わろうとして準備をしている矢先、喜んで幸先の良い時にやって来ました。皆さんが始めたことではあり、相応しいことではあったにせよ、それを変えようとやって来たのです。 皆さんは、1987年に始まった変化を「ハーモニック・コンバージェンス」と呼びました。実際その時には、人間すべてのハイヤーセルフによる投票が行われました。多分覚えていないでしょう。そちらの現実でのことではなかったから覚えていないでしょう。その時、すべての人のハイヤーセルフが質問を受けました。「皆さんが創ったエネルギーを変えるつもりはありますか?」と。人類の歴史上、初めて質問を受けた時でした。それに対して、「はい」と答えたのです。その結果は、ここ数年見られることです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。