スター・ネーションのメッセージ by ジュディ・サトリ

 

スター・ネーションのメッセージ

Judi Satori  

 

2012年12月21日はマヤの人が予言した時代の終わりの日です。破滅の時ですか、それとも人類の新しい始まりですか? 平和と豊かさの始まりですか?

その伝説は多くの神聖な社会に伝ってきました。人間と地球は大混乱しながら新しい地球に向かい、新たなゴールデンエイジを迎えると言います。マヤ、ヒンズーの経典マハハラタ、そして古代ギリシャ、ローマ、エジプトなどでは全て同じようなことを語っています。

20世紀のチャネラー、エドガー・ケイシーと16世紀の預言者ノストラダムスは同じことを言いました。

私たちは明らかに地球で一人ではありません。

過去100年間に何千というUFOとETが目撃された記録があります。好きか嫌いかは別に、ギザのピラミッド建設という信じがたいテクノロジー以外、人の手によって、人の設計した機械によってそのような偉業を成し遂げることはできません。ピラミッドの完璧な幾何学的整合性と複雑な構造は、今日同じものを造り上げることは到底できません。

 

私は、ジュディ・サトリJudy Satoriと言います。私はスピリチュアル・チャネラーです。この15年間、他の次元のリアリティからたくさんの光の言語を話すスピリットに教えを受けてきました。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

喜びのワンネス by アイシス

アイシス

喜びのワンネス

 

Rosalie Muir 2012-3-28

 

こんにちは、光の皆さん

今、大勢の人の感情が激しくなっています。それは、もっと高い次元と波動に入る前の癒しの最後のステージに関係しています。皆さんは、その波動に合わせようとしており、それは上手くいっています。

第1に、まだ引きづられる多くの問題があり、それは人間らしいところ(レベル)ですが、しがみついている限り、いわゆる問題というものは解決することができません、そのことを知っておいてください。問題はあなたのこめかみでうづいて病を引き起こしますが、今はまだそれがわかりません。背後にあるのです。振り返らず前を向いてください。鳥を真似してください。鳥は後ろを振り向きません。前だけを見て飛びます、皆さんも同じです。

羽根を伸ばして新生地球を楽しみにしていてください。今年皆さんの3次元的願望やその必要性は消え失せ、新しい人生の道を切り開いていきます。そのために皆さんはここにやって来たのです。ここで学び、母なるガイアと一緒にアセンションをしに来たのです。

第2に、神・女神にまつわる過去生のトラウマは、当時神に背いたと感じたものでしたが、神との繋がりが強すぎて、あなたなりに神の道を守ったことが原因で火あぶりにあい、あるいは追放されたりしたのです。そういうことがあったのです。知っているとは思いますが、今ではこういうことはありえません。当時の記録はあなたの潜在意識に残っているかと思うでしょう。神・女神は、今溶け合おうとしています、あなたという創造主になろうとしているのです・・・・

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

DNAの未来 by クライオン

下記のメッセージは、クライオンライブチャネリング「新しいエネルギーとDNA」(字幕版)を再チャネリングして修正・追加してあります。(Lee Carroll)

DNAの未来

Lee Carroll 2015-8-1

ミネソタ州ミネアポリス

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。パートナーは脇に寄ります。チャネリングする時はそうします。彼はどうなるかを知っており、何度もそうしてやって来ました。それで適切な位置につきます。彼は皆さんと同じように聞いています。ただ、以前彼は言いましたが、気が散ります。それは、皆さんとは違うものです。

彼は、今、話せない状態です。でも、皆さんが何を言っているのか分かるようにするために彼は集中しなければなりません。私は彼が知らないことを話します。また私は、今地球で本当に起きていることを話します。今まで何度も物理やエネルギーの法則について話しましたが、今日はそれは話しません。でも、3次元の現実的かつ物理的、具体的なことを話します。多次元から影響を受けてこの現実が変わるようなことを話します。

先人の多くの予言で地球が転換すると言われた

地球に物理的な変化が到来すると何年も言ってきました。漠然とでしたが、先人たちの予言がそれを明らかにしました。それは、人間の意識が変わるということでした。地球全体が穏やかになるというものでした。私たちは、予想外のこと、ワイルドカードが起こると言いました。それによって皆さんはいろいろなことを手にすると言いました。予想外の発明や行動、愛の意識、優しいエネルギーがやって来ると言いました。非常に素敵な話なので、多くの人が「それは素晴らしい予言だ」と思いますが、でも実際に起きているのです。そのイロハを話しましょう。現実的な話です。

振り返りだと思う人もいますが、そうではありません。今までお話しした断片を繋いで話します。今日これからお話しするテーマは、「DNA」です。DNAは、単なる、体の細胞の中にある化学物質の分子ではありません。それは、命を持つ者の多次元的な一片です。DNAという分子は、まさに銀河全体に見られるものです。それはどこにいても生命であり、生命の存在様式、生命のパターン・幾何学です。地球外生命を確認することが出来る頃、そのことが分かるでしょう。物理的な力によってだけDNAが変わることが出来ます。化学作用をコントロールするのは物理的な力です。DNAは変わろうとしています。

意識の物理学

私が来た26年前のことを振り返ります。パートナーに最初の本を書くように言って、本が出ました。磁気グリッドは変わると言いましたが、変わりました。磁気グリッドは人間の意識作用に連動しているので変わらざるを得ませんでした。人の意識に合わせてグリッドが動きます。はっきり理解してほしいのは、意識は、測れない、目に見えない微かなものではない、ということです。皆さんには分からない物理的作用を持つものなのです。今、多くの実験によって実際に磁場が人間の(共感し賛同する)大集団の意識に合わせて変化することが知られています。はっきりと多次元フィールドを測定できれば、その時には、地球の磁場と人間の意識との間には相関関係のあることが分かるでしょう。したがって、「グリッドが動く時には、同じように人間の意識も動いて変わる」のです。私が「マグネティック・マスター」と呼ばれる所以が分かりますね。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

ヒト遺伝子は地球外から-ノーベル賞受賞者・DNA発見者

以下の記事を見て、ザ・グループの“Star Seeding”を思い出しました。当時のアイソン彗星の天体ショーを思い出します。果ては、彗星ではなく、宇宙船だというチャネリングも登場しました。ザ・グループ&スティーヴ・ローサーの話は、このクリックの後に掲載しています。但し、クライオンはヒト遺伝子が彗星や隕石でもたらされたとは言っていませんので誤解なきよう。

種蒔きが地球で行われたのは、5万年以上も前でした。その時に、少なくとも同時に17種類の人間が進化していました。プレアデス人の訪問でたった1種類の人間だけが生き残りました。地球のあらゆる哺乳類の進化の常識に反するようなことが起きたのです。それは目的をもって祝福を受け、適切に行われました。皆さんは地球上に存在する種の中の一つですが、人間という唯一の種です。(現生人類 or ホモ・サピエンス
クライオン「人間の進化」

Francis Crick

「ヒト遺伝子は地球外からもたらされた」

ノーベル賞受賞者・DNA発見者

ARJUN WALIA 2016-12- 28

フランシス・クリック(1919/6/8-2004/7/28)は、1953年にジェームズ・D・ワトソンと並んで20世紀最大の発見と称されるDNAの分子構造を発見したことで著名なイギリス人科学者でした。

フランシス・クリックとモーリス・ウィルキンス(Maurice Wilkinsイギリスの生物物理学者1926/12/15-2004/10/5)は、「核酸の分子構造及び生体内におけるその顕著な役割についての発見」に関する業績を残した結果、1962年にノーベル生理学医学賞を揃って受賞しました。

クリックは、燦然と輝く科学者でしたが、多くの他の理論家と同じように、不運にも当時その理論がなかなか受け入れられず脚光を浴びませんでした。

クリックの1982年の書“Life Itself”(邦訳『生命-この宇宙なるもの』)で、彼は、DNA分子が地球で生まれたと考えるのは不可能、よってどこかほかの所からやって来たと考えざるを得ない、と言っています。現在の科学の主流では、一般的に認められた理論は、人間は分子同士の数多くの偶然の結びつきによって生命が誕生した結果である、というものです。しかし、クリックによれば、私たち人間は「計画的パンスペルミア(Directed Panspermia)」として知られる結果生まれたという。1973年7月には、クリックとイギリス人化学者のレズリー・オーゲルは共同論文を発表しました。

そこで彼らは、「有機体は他の惑星の知的な存在によって慎重かつ巧妙に地球に移送された。私たちは、生命はそのようにして地球に持ち込まれたというのはあり得ることだと考えますが、現在、その可能性についての科学的証拠は不十分です。その問題については、新たな光の差す証拠に注目します」と言っています。

(source)

私たち生命は、偶然に結び付いた結果だという説に対するクリックの考えは、それは、まるで、ハリケーンの直撃を受け廃棄処分されたジャンボジェットを組み立てるようなものだ、と言っています。つまり、信憑性、信じうる根拠に乏しいということです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

💛マザー・メアリーの神聖なギフト by パトリシア

マザー・メアリーの神聖なギフト

Patricia Diane Cota-Robles 2016-12-9

 

外の世界が混乱していても、目を光に向け続けることが決定的に重要です。

12月12日、世界中が祝うグアダルーペの聖母の日マザー・メアリーは人類に光のパワフルなギフトを受け取る機会を提供します。マザー・メアリーの聖なるギフトの意図は、地球が2017年を耐えうるために、これまで経験してきた最も強烈な周波数の光を受け入れられるように一人ひとりが細胞レベルで備えられるようにすることです。

天国の同胞によれば、この前例のない光の流入は、各人のI Am Presenceによって神聖なハートの炎を通じて地球にアンカーされます。それが、2017年の始めの11日間で起こります。それから、各人のI AM Presenceは、この光を一年を通じて変化変容を促進するために生かします。

この新しい光の周波数がテコになって、新生地球の完璧な真実を大勢の人のハートとマインドにもたらすだろうと光の存在が語ってくれました。この真実を知ることは、人間が恐怖を克服し、2016年に地球全土に浮上せざるを得なかった数々の誤りの浄化を完了する上で決定的な要因になります。

2017は、数秘術的に「1」の年です。2+0+1+7=10 1+0=1. 「1」は再生、変容、始まりを意味します。元日の2017年1月1日は、1(月)-11(日)-1(年)。その11日後の2017年1月11日は、1(月)11(日)1(年)=1-11-1または11:11です。「11」は物質が神聖なものに変わる意味のマスターナンバーです。11:11は、DNA内の神聖幾何学コードで、2,30年前(1987)の人類の目覚めを引き入れて先導しました。多くの人が目覚めを促すこの微かな誘因に気がつきませんでした。しかし、1月に受け取る光の新たな周波数の時には、見過ごすことはないでしょう。

12-12ゲートウェー

敬愛するマザー・メアリーは、地球の聖なる母の代表です。彼女は純潔という概念を保つ責任を受け入れましたが、それは、個人も人類全体も全体の光の中でアセンションする神聖なブループリントです。この変化には、DNAが刷新されて父母なる神性の12のクリスタライン・ソーラーの性質の5次元周波数に変化することが必要です。

これまで科学者は、人間のDNAは固定して変化しないと信じて来ました。今やDNAは微かに光る波であり、光や太陽光線、磁場、音響、ガンマ線、思考と感情によって刻一刻と変化することが分かっています。

各人のI AM Presenceが、DNAに12の5次元クリスタライン・ソーラーの性質の遺伝子コードを刻むために、同じ一つの声、同じ拍動、同じ呼吸、純粋で神の愛という一つのエネルギー・波動・意識として一緒になる時、そのパターンが全細胞を点火して徐々に5次元クリスタライン・ソーラーライトボディに同期します。その時、地球上の生命の全原子、亜原子・波の核は完璧にクリスタライン状態に保たれます。その過程が完了すると、私たちの変容は、一気に加速します。

それが、12:12で私たちに届く、マザー・メアリーのギフトです。しかし、その光のギフトを最大限に生かすために、彼女は私たちの手助けを必要としています。「助けを求める声は、それが必要な世界から生まれる」という普遍法則があります。地球で暮らす私たちがこの光のギフトを天国から受け取るためには、ハートの炎からそう呼びかけて神聖な呼吸で物質界に降ろす必要があります。それが、「神が肉体を必要とする」という表現の意味するところです。

今、あなたの光が必要です!

祝福を

 

Patricia

コズミック・ラティスⅡ by クライオン

宇宙と人体の不思議、その計り知れないスケールとオーダー、高次の慈愛を感じたい方はどうぞ!

universal-lattice

コズミック・ラティスⅡ

Lee Carroll  1998-11

ニュー・ハンプシャー

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです!

力強いエネルギーになっています。そのエネルギーは、ファミリーがベールの裂け目からまさにこの場をめがけてやって来るエネルギーです。その時に、この会場は愛の思い出で一杯になり、皆さんがここにいなかった、向こうにいた時と同じ状態になります。

本当にここには、優しい存在がいます。ここに集まった人数の大小に関係なく、人間のハートに届いて感じています。一回だけ皆さんに言います。以前聞いたことがあるかもしれませんが、また言います。ここに流れる、この一行、愛のファミリーそのものは、皆さんを知っています。今年何をしてきたか、去年、この人生、過去の人生で皆さんがしてきたことを知っています。皆さんの人生の苦労や苦悩、喜びを知っています。悲しみも知っています。皆さん、皆さんはファミリーを最優先と考えていますが、ここにいるファミリーは、血縁で繋がった家族以上に深く大きい繋がりを持つ第一のファミリーなのです。多くの場合、このスピリチュアルファミリーは、繰り返しの血縁でもありました。ここにいる人や聞いている人は、ここに来ているファミリーと何度も人生を共にしました。そのために、同じことをし、あちこち移り住む中で同じ目で彼ら家族を見ますが、それでも同じファミリーであったことが分かりません! それが、2極的世界というものです。同じ所に繰り返し生まれ、そうやってお互いに関係し合い、困難を生じさせ、その問題を解決できるのです。今ここで、また出会いました。

この場の愛を感じてください!

先ほどのイベントで私たちは皆さんの足元に座って光栄に感じていましたが、パートナーはその理由をできる限り説明しました。毎年、私たちは人間の集まりにやって来て、「それぞれの天使の皆さん」と声をかけました。そして、皆さんの足を洗います。それが、ファミリーがファミリーに対してすることだからです。パートナーと彼のパートナー(リーとジャン)は一段上に腰かけるので、二人がよく見えます。それだけのことです。皆さんと同じように、彼らもファミリーです。私たちもそうです。地球には、ここにいることを許可された人しかいません。皆さんはファミリーです。パートナーが話したように、宇宙の中のこの小さな点の地球にとって、自由意思は特異的です。自分の精神的レベルを選べるのは完全にユニークです。他の惑星にそのような自由意思はありません。

地球には、信じられないくらいの素晴らしい可能性があります。皆さんが計画したことを越えています。自分とは何者か、それについてもっと詳しく知る可能性があり、皆さんはそこに踏み込んでいきます。まさにその精神的進化途上の潜在能力は、文字通り3世代で姿を表わすでしょう。その頃の新しい人たちは、スピリチュアルな点で、今現在のフロントランナー、3世代の最初の世代である皆さんとは似ていないかもしれません。皆さんは、最前線に立ったオールドソウルです。

再度言いますが、地球に生きた経験のある人は、再度地球に生まれてきましたが、そこに、新たに、“地球が初めての人たち”(first-timers)が加わっています。でもこの会場にはそのような新人はいません。友達に誘われてきた人や、話が信じ切れず疑心暗鬼になっている人でも、非常に古いファミリーです。皆さんは、ここで素敵なことを経験しています。再会を果たしているのです。

クライオンの本を読んで素晴らしいマグネティック・マスターの声を聞きに来たと思っていますか? そうではありません。皆さんの姉妹、あるいは兄弟の声を聞きに来たのです。ここで聞き、読んでいるのはそういうエネルギーです。そのエネルギーは、「私たちは皆さんを知っています。知っているから、皆さんを恋しく思う気持ちがあるのです!皆さんは、長い間ここにいました」と言っています。私たちは、皆さんがやって来てはまた去って行く時に皆さんに会います。その時はほんの短い間です。皆さんは、踵を返してまたすぐにここにやって来ます。でもその時皆さんは、寂しい思いをしたくありませんでした。この時代にいることが目標だったのです。そう計画したのです。これから、最後の計量(訳注:波動測定。2003年のハーモニック・コンコーダンス時もその一つ)が行われる時です。ここで生きてその結果を知ろうとしています。だから、ファミリーのスピリットがやって来て皆さんの隣に腰を掛け、ハグし、物理について話しをします<クライオンのユーモア>。

去年のこの時期に、エネルギーに関して新しい情報をお話ししました。また今日もお話ししましょう。これから、物理、エネルギー、形態、時間、メカニズムなどについてお話しして行きます。その中で、そのような情報から人体や人の心に話が及んでも驚かないでください。そのようにお話ししたいのですがそれには訳があります。スピリットは物理そのものについて関心がある訳ではありません。スピリットは、この会場にいる人も読んでいる人も、ここで肉体をもって出来るだけ長く生きられることについて理解が得られるかどうかに関心があります。そういう皆さんは肉体を持って人間の振りをした天使たちです。だから、これから説明もし、またスクリプトにもしますが、それでもっと分かるようになり、今日ここで話さなかった他の情報と繋ぎ合わせて、これから話す内容の正しさが確認されるでしょう。

これから話す内容は、ゆくゆくは皆さんの命を延ばすような分野に繋がります。皆さんの肉体には理想的な潜在能力がありますが、ここで話すその道筋が、現実的に体がその状態に近づく唯一の道です。急に人生がひっくり返って人生を終了するような時代は過ぎ去りました。そのようなサイクルを繰り返す必要はありません。聞いていますか? そうなる、そうする理由がないのです。もうそのタイムラインの最後に辿り着きました。今、ここに腰かけて話を聞き、これを読んでいるのは偶然ではありません。皆さんは、まるでアポイントを取って来たかのようです。多分、昨日このミーティングについて知ったばかりではないですか? 本当の所。他の人に誘われたから来んだ、と言う人がいますが、そうですか? ファミリーにようこそ。シンクロニシティにようこそ! これからあなたはこのエネルギーと情報を生かしてしたいことが出来ます。でも話の内容が信じられないといっても、私たちにはそれは重要なことではありません。私たちは、あなたが誰か知っているので既に迎えられています。あなたに感じる愛も隣の人に感じる愛も、同じように素晴らしい愛です。

地球の人生を進めるためにエネルギーについてもっと知りたくなるでしょう。体をもっと健康に保つためにもっとエネルギーについて知りたいと思うようになります。なので、これから、「コズミック・ラティス パート2という専門的な情報をお話しして行きます。コズミックラティスについて去年初めてここで話をしたのは偶然ではありません。この貴重な情報を伝えるためにエネルギーが整いました。だから、今からお話しします。

このチャネリングは活字になります。だから、読む人に言います。「私たちは今の瞬間にいます。読む人は、ちょっと前に行われたものを読んでいるのではありません。皆さんにとってちょうど今入ってくるエネルギーを読んでいるのです。だから聞いている人と同じです。私たちにその時の時間は分かりませんが、読んでいる可能性を判断できます。この本を手にした人が分かります。聞く人と同様、今このメッセージを見ている人を知っています」。

前回、コズミックラティスについてたくさんお話ししました。ラティスは宇宙どんな所にでも違わず浸透するエネルギーだと言いました。それは物質をも、どんな時でも通過すると言いました。それが、見える宇宙全体での物事が動く物理的な要であると言いました。は、ラティスの伝達に比べて遅く、また、そこにラティスのメカニズムがあるにせよ(これから話します)、エネルギーの伝達はラティスを通じてほぼ一瞬で行われるということを話しました。宇宙の端から端のエネルギー速度は、一瞬です(でも実際は、端というものはありません)。

120億光年離れたところで起きた出来事は、120億年前に生じた出来事ではありません。そこには、その出来事が皆さんの千年紀のシフトに応じて、今起きていることを示す(宇宙の)伝達の特性があります。だから、120億年前に(120億光年先の所で)起きたものではないのです(クライオン・ブック7『人生の意味』参照)。

前に、ラティスの形状について初歩的な情報を提供しました。今回は、前回の内容の隙間を埋めていきます。本当のラティスの形状について話しましょう。その構造について専門用語を使わずに説明します。そうすれば、パートナーが伝えられます。同時に、ラティスの特性を幾つか、またその活かし方について話します。それから、本当の奇跡についても話しますが、最初は物理から入りましょう。

これから話すことは、この会場にいるファシリテーターが行う2つの分野とも結びつくでしょう(この場に出席しているトッド・オヴォカイツ博士Dr. Todd Ovokaitysの物理学的研究とペギー・フェニックス・ドゥブロPeggy DubroのEMFバランシングテクニック)。最後に、コズミックラティスが、まさにヒーリングエネルギーのエッセンスであることが分かるかもしれません。

細かい所に入る前に、人間について語るために最も大きな視点から話すので驚くことはないと思います。その前に、「足を洗わせてください!」。物理について話しますが、同時に愛についても話します。物理についてあまりよく分からなくても、話の中で、愛の圧力を感じるかもしれません。頭や肩など、ハグされる力や洗い清められる感じがするかもしれません。温度変化を感じたり、愛の中で始めて聞く時のエネルギーを感じたりするでしょう。今回、新たに気づくことがあります。その気づきは皆さんが願い、勝ち取ったものです。だから、皆さんはこうして椅子に腰かけています。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

先天性の正体 by クライオン

484728_10151456504274809_1816034412_n

先天性の正体

Lee Carroll 2014-11-22

オレゴン州ポートランド

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。今日は、今まで言わなかった、非常に重要なシステムについてお話しようと思います。それを「先天性についての初歩」と呼んでおきます。今までお話ししたことはありますが、その一つは、「ミステリアスな先天性」というものでした。更に、皆さんの体の性質についてもお話しをしたことがありますが、今夜はそれをもっと深めて行きたいと思います。

壮大な先天性

皆さん、体で進行していることをお話しします。それは、3次元のことではないので不思議だというだけでなく、皆さんには分からない曖昧模糊とした話になります。皆さんは、「クライオン、私の中はどうなっているのですか、よく分かりません」と思っています。今一度説明しますが、DNAはまだフル稼働していません。それが今日のテーマです。だから、意識は、まだ体の中で働いているようなことと完全に同調しているわけではありません。しかし、やがて、それについて分かるようになります。そして人間が新たになるということには、皆さんの中のスピリットが益々働きだすことが含まれます。今回そのことについて少々お話します。

先ず「先天性」についてはっきりさせましょう。先天性が摩訶不思議なのは、大脳の機能ではないからです。また、それが、体の中央集権的なシステムではないからでもあります。でも、理解するのは難しいですね。先天的システムは解明されていませんし、医学でも確認されていません。しかし、何度も繰り返し経験しています。

DNAにあるものを説明するのは非常に難しいです。何百兆というDNA分子はお互いに常にコミュニケーションをしています。DNAがしていることが何かと言えば、そういうことになります。体にはどんな細胞が必要か、どの箇所にどんな細胞が必要なのか、体はそのことをどうやって分かるのでしょうか? 生まれた時からそういうことすべてを司っているのが先天性なのです。DNAは理解不能の中央司令室だと思っていたかもしれません。DNAの何百兆という分子の周りにはフィールドがあり、このフィールドは自ら一体になって動いていることを知っています。このフィールドで、すべてのDNAが一つのシステムとして一斉に働いています。この一体になったシステムを先天性と呼んでいます。だから、それは、DNAの細胞が スマートボディ(高機能身体)という一つの組織として結合しているかのように見えるでしょう。それが、先天性です。でも、そこには大脳のイメージのような中央司令室はなく、分散型です。先天性を担うような器官や腺が体の中にあるわけではありません。体のすべての箇所がこのスマートボディ・システムに関与しています。

先天性は漠然としていますが、生まれつき備わった能力の働き方を知る方法があります。皆さんは、筋反射テストキネシオロジーをよく使います。他にも、タッピングボディ・トークディコーディングなどがあります。そのような方法でスマートボディの反応を知ることが出来ます。つまり、そのような方法は、スマートボディが何を語ろうとしているのかを知る上でよく出来た方法です。その手法を使う人たちは、それによって体の“高機能なフィールド”に語りかけていることをよく知っています。そのフィールドはDNA全体を指しています。体の器官や腺、大脳ではありません。

先天性は高機能バックアップシステム

先天性について最初に言っておきたいことは、それは、神経系や大脳などが知らないことを“知っている”大きなシステムであるということです。至る所に先天的能力があります。足の指の爪にも髪の毛にもあります。DANのある所、先天性ありです。本当にユニークですが、それがあなたです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。