💛17歳インディゴのメッセージ

img_8535

17歳のインディゴから

新しい子供たちとライトワーカーへ

 

Shawn-Dee Scott, Guest writer, In5D.com.

 

何千年もの間、古代の人たちは、将来地球が大転換すると予言してきました。マヤ人は、2012年以降にアクエリアス時代に入り、もう一度大転換する時が来ると予言しました。世界中の人々が目覚め、何かが非常にずれていると気づいています。光の所持者の皆さん、何年もおかしい状態でした! エリート層は、人間を闇の中の閉じ込め、自己利益を追及するために何でもやりました。でも、彼らの船は、ドラスチックに沈んでいきますが、そのことを話せて嬉しいです。私たちは、自分の使命を必ずしも十分に思い出せなくても勇気をもって受け入れ、また、マザーアースの新しい周波数を定着させるために、今回、連帯や共感、内なる強さについてお話しします。集合意識は、完全に5次元に移行することが必要です。

私の人としての体は17歳ですが、私は何度も人生を過ごしてきました。私個人のことを話しますが、それは、若いインディゴやスターシードの人たちを励ましたいからなのです。その彼らも私のような困難や試練に直面しています。そのあなた方は、一人きりではありません! 私はいつもサイキックな能力や精神性の面で問題がありました。若い頃から、この地球は元々私のいたところではないことは知っていましたが、私が育った所は人間の家庭だったために、彼らにとって宇宙人やサイキックな力を信じるのは全くおかしなことで、そんなことはあり得ないと思い込んでいます。だから、私も自分を信じられずにいました。2,3年の間、私は自分への疑いや学校・社会に縛られていたために、私の目覚めは行き詰りました。

私はいろいろな超自然現象を体験しました! 8,9歳の頃、溺れて臨死体験をしました。忘れようとしても忘れられない体験は、私のファーストキスよりも甘い経験でした! 非常にはっきりした夢を見ました。その時、宇宙船の中でETに会いました。アストラルトラベルを経験したことがあります。クリスタルやスピリットと話をしたこともあります。それまで、そんな体験をしたことはありませんでした。逆に、いつも、自分の進化のある時点で行き詰ったりつまづいたりしていました。しかし、以下のことは奇跡のようなことだということが分かり始めています。

 

障害は目覚めの一環です!

それがたとえ、スピリチュアルな行き詰まりであっても、サイキック、あるいは感情・気分の行き詰まりや限界であろうと、そういうものは目覚めの中で起こるということです。その訳は、私たちを3次元に縛りつけている限界について気づき始めているからです。自分の深いところでそれに気づくと居心地が悪くなり窮屈です。心から何かを消そうとしたり、どこかに飛んでいったり、体から抜け出ようとしますが、上手く行きません。この感情は重要です。感情は普遍的言語です。気持ちや感情は、探しているものを明らかにしてくれる言語です。縛られていると感じることで、そうではないことが分かり始めます! だから、多くの場合、居心地の悪さを感じたり不快な気分になります。居心地の悪さがたくさんあるのは、目覚める途中にいるためですが、だからと言って自分の能力が発揮できなくなるわけではありません。そこで、あなたはテストを受け、自分の心の強さを発揮し、忘却のベールを突き破るために自分の中で知る力を使うこと、次の目覚めの段階に進むこと、つまりなぜここにいるのかを知る段階に進むことが要求されます。

 

今地球に必要なこと

共感と思いやりが必要です。無条件の愛が必要。恣意的な愛ではなく、純粋で捕らわれない愛が必要です。愛は、すべてを一つにするエネルギーです。愛で繋がっていられます。8月から9月にかけて開いたスターゲートは、幾つものサイクルとタイムラインが終了するために必要な周波数でしたが、それで古くて否定的なやり方が消えて、創造主の愛と光そのものが表れる余地が無限に生まれました。

世界中には、もうすでに十分な数の医者や兵士、弁護士、パイロットなどがいます。新しい現実が生まれようとしていますが、これまで以上に地球が必要とするものは、愛のある人たち、優しくて無私の人たちです。そのエネルギーで私たちはアセンションします。いろいろな星の出身の子供たちは、皆さんが経験した障害を克服します。今がその時です! 創造主が提供してくれた新しいエネルギーを手にして、そのエネルギーをこれから出会う人に存分に伝え分かち合ってください。

 

一つになる

非常に重大なこの時代は、私たちにかかっています。テレビを消してください。ごみ箱で意識が啓発されることはありません。自然の中に行き、鳥と歌い、木の下に腰かけ、少しばかり夢を思い描いてください。ポジティブで平和なことを思う習慣をつけてください。それが、あなたの現実を創り、人生がよくなります。既存の集団から離れて同じ考えの人たちに出会い、宇宙の秘密を探ってください。一緒に集まり瞑想をしてください。一緒になるとますます私たちは強くなります。あなたが地球に持ってきた新しいエネルギーは、世界に根を降ろし、世界を変えるでしょう。

ナマステ! 宇宙の兄弟姉妹の皆さんに愛と光を送ります。

 

💛 再配線 by ザ・グループ

photo-3

光の灯台 ~ Re-minders from Home

2006年10月15日

再配線 

人類の再配線

 

From Steve:

ヴァーチャルライト・ブロードキャストで録画したこのメッセージを今座って開いてみると、これは、聞く人に特別なメッセージになると分かりました。このメッセージが正確に何を意味するのか知る由はありませんが、この時期、確かに私たちがどこに向かっているのかを知りました。この間、人類に再配線が進行していることを知ったこと、それは事実です。

過去半年の間に、個人セッションで何人かの人たちに、その人たち自身に進行していることについて説明してきました。ここに腰掛けてそれを知った今、このメッセージを皆に知らせる時だと思いました。

私たち全人類は皆、こうして今までにないスピードで進化していることを知りました。次の段階では、秘密の中へと入っていきます。

Steve Rother

ザ・グループのスポークスマン 

 

故郷からのご挨拶

 

皆さん、皆さんはここに、とても不可思議な惑星にいます。皆さんは特別な時にここにいますが、実は何か大切なことをしようとまさにこの瞬間ここにいるために、一列に並んでいたのです。あなた方は大変困難な状況に置かれるよう要求しました。それは、ヒーラーや教師など、自分が果たす役割を計画して、その情報と資格を手に入れるためにそのような難しいプロセスが必要だったのです。今やその聖なる契約は実行されています。ある人はスタートを切り始め、一方、別の人にはまだ明らかになっていません。しかし、皆さんは、いずれにしてもその道を進んでいます。

時代:人間のサイクル

革命的な時期が人類史には数多くあります。その時期をあなた方は経験してきました。サイクル、と呼んでもいいでしょう。このサイクルは大変初期にスタートしましたが、それは皆さんが知っている歴史を遥かに超えています。皆さんの知っている歴史というものは約200万年程ですが、魂としての皆さんは想像できない位その先にまで遡れます。

太古の昔、惑星が熱くガスに覆われていて、今のような物質的な形になっていなかった時代、皆さんはスピリチュアルな存在として、エーテル体として身体を持たずにここに存在していました。物質的な形を取り肉体を纏うようになったのはそれから何十億年も後のことです。エーテル体から物質的な生体になるというその革命的な出来事は、巨大なシフト(移行)でした。地球の歴史の教科書が伝える所によると、たくさんのほかの進化のサイクルや、小さな進化があり、猿からホモ・エレクトス、ホモ・サピエンス、クロマニヨン人、という進化もその一つです。しかし、そんなものではありません。では、そういったサイクルの最後はどうなったのですか。これは大きな問題です。何が起こったのですか。皆さんはそれについて理解しようとしています。あなた方はそういう時代のサイクルの一つの終わりに今いるのです。

再配線-12DNA

このように地球上で一人ひとりに何かが起きています。非常に短い期間でそのことが分かるでしょう。人間に、再配線が進行しているのです。自分でやっているのです。人間の自然な姿、進化するプロセスです。でも、怖がることはありません。宇宙船が降りて来て皆さんに何かを植え付けるわけではありません。起きていることは、12の二重螺旋のDNAが再び繋がり始めるところにまで進化している、そういうことです。皆さんがまだ知らない他のチャクラの幾つかが活性化できる地点、そこまで来ているということです。エネルギー構造が変わろうとしているのです。地球もまたそうです。

地球を見れば、熱くなっているのが分かります。地球の温暖化と呼んでいますね。しかし、それ以上のことなんです。温室効果ガスのスピードはそのプロセスを劇的に速めてきましたが、それは自然な進化のサイクルなのです。太古では、大変熱くガスが充満していましたし、波動は大変高かったのです。冷え込むと凝縮し、人間の肉体という凝縮した形を取らざるを得なかったのです。それから長い間そのままの状態が続き、今また角を曲がり始めているのです。熱くなりだしているのです。おかしいことですね。皆さんが選択をすれば怖くなります。しかし、怖れというものはこの状況では不要です。そのことを理解してください。地球は新しい寒冷期に入りつつあります。その事は前にお話しましたが、本当です。それでも皆さんは見事にやっていきます。全生命が地球を去って行く、という意味ではありません。皆さんは進化していく、という意味です。皆さんが考える氷河期とは違います。実は、地球が冷えていくということです。地球のエネルギー配給が変わるという自然な進化のサイクルなのです。それは、地球が再配線されている、と言えます。同じように皆さんもそうなのです。

大脳の両半球は一つに配線される

最近人間の再配線が開始されています。極性の世界という幻想を生み出すために分離が必要だった大脳半球が一緒になりつつあるのです。小さくなるのではなく、半球同士に架かるシナプスの経路が、皆さんが進化するにつれ一つになるのです。幻想とベールは実際に大脳半球間に存在しています。左半球は時間のマーカー(刻むもの)です。極性と言う幻想と、直線的な時間と言う幻想を生み出しています。それが人間が従う通路です。人間として演じるためにスピリットはゲームを与えられています。右脳はすべての創造でいかなる時間の観念も持っていません。右脳は左脳と違って、全て物事を脳内に詰めようとしません、脳という箱につめるのは左脳です。この二つが再配線によって強くなり始めているのです。それは、両半球の、単に新しい、または改良されたシナプスの経路というだけではありません。動物としての人間がスピリットの高い波動を持ち込むようになると二つが融合するのです。進化しているのは人間ではなく、スピリットが進化しているのです。それで、人間の殻、肉体の変化を促し進化させているのです。そのことが今起きています。ベールの私たちの側から大いに予想できることなのです。

バランスを保つー与える

直接この結果を知ることになります。今後5年間、以前と比べられないほどこの地球に早産の子供たちがやってきます。なぜなら、この確かなプロセスを経験するためにここに大挙して押し寄せるからです。そのことを注意してみてください。また、グローバルな変化がたくさん起こります。しかし、それは皆さんの力で変更可能です。この変化を多易く移行するかもしれませんし、難しい移行となるかもしれません。それをどう乗越えるかではなく、皆さんが他の人をどう手助けするかということが面白いところです。それが、皆さん自身と聖なる契約にそうするように迫るからです。皆さんだけが乗越えていく唯一の人間ではないのです。大脳半球同士の結合、その再配線の過程そのものは、皆さんがお互いに皆この地球の一部であることに気づかせ、誰も一人ではないことに気づかせるようになります。それでも、そこに行くために極性の世界を経験しなければなりません。極性に引張られる必要があります。周りを見渡すとかつてない程地球上に不況が広がっていることが分かります。それはこの再配線のプロセスが原因であり、だからお互いに助け合うのです。正しいタイミングで助け合ってその先に行くのです。悩みから抜け出すためにできる一番立派なことは、人の役に立つこと、そのことなのです。

かつてこの惑星上には金儲けやものすごい金融のからくりを作った天才がいました。そういう人達は、「金が欲しければ他人が金儲けできるようにするのが一番簡単な方法だよ」と言いました。私たちは同じことを申し上げましょう。この惑星で素晴らしい経験をしたければ、他の人にそういう経験が出来る方法を教えるのです。それですべての人が繋がりを受取るからです。それで、再配線のプロセスを受取るのはあなた方ばかりでなく、地球自身も受取ることになるのです。

先頭に出る

そうです、混乱や騒乱が起こります。変化に直面すると人間は常に騒乱を起しました。だから、皆さんはここにいるのです。変化する惑星に静けさをもたらす、そのようなことが出来る知識を持って行動を起こすように集合をかけられているのです。又、今日が砂の上に描いた一本の線のように、今日を境目と見なして言います。何年もの間この再配線のプロセスを経験してきた方が数多くいます。特に、多くの人が自分で「ライトワーカー」と呼んできました。このゲームの先頭に立っていることに誇りを持っている人もいます。早くスピリチュアルな競争の場に居合わせたいから、殆どそれを怖れ(緊張し)てもいます。そのスピリチュアルな競争の場で周りに自分を理解する人が誰もいないのは大変意気阻喪することです。ここで言いたいのは、多くの皆さんがもう5年以上この状態を経験してきました。それで、ベールの向こう側に着いたらどうなりますか? 何がありますか? そのことがあなた方が知りたいことですね。終点は何だろうと。とりわけ、私たちが示している旅がそんなに綺麗ではないのでそう思うのです。すべては旅なのです、終点はないのですよ。

12のあなた

私たちは、皆さんがこれから起こる変化の一つが経験できるよう、準備してきました。その1つである多次元は面白いもので、皆さんは実用的な魔法として日常生活で使い始めます。でも、実はそこにもっと魔法があるんです。あなたはこの惑星の一個人であり、それがすべてだと思っているとしても、しかし、実際、科学は、あなた方は他の時空の11次元に存在すると言っています。それは、皆さん、12次元です。なぜなら、認識の一つの次元が実際にまだあるからです。だから、地球上には12の違った「あなた(達)」がいて、一つの魂としてちょっとばかり違った経験をしているのです。このことを1列の椅子に例えると、「それは、 ‘あなた’ の一つです」と言い、そこの椅子の並びを別の ‘あなた’、と言い、同一の魂が違った時間軸上に違った風に存在する、と言うことができます。それがすべて同時に起きているのです。だから直線的な時間は幻想なのです。直線的な時間は左脳が生み出す幻想であり、演じるべきゲームボードを生み出しているのです。魂がこの次元を飛び越えて、問題を解決できる視点や知識をつかんでまた戻ってきたなら、それはどんな風に見えるでしょうか。それが多次元です。あなた方は、そのようなことをもっと経験しようとしているのです。今までそんなことはありませんでした。皆さんは、人生の難局に遭遇して生涯ずっと納得の行く答えが見つからずに言い訳をして来ましたが、その難局を今度は魂の別の見方で見直すことができ、新しく新鮮で、生き生きとした、多次元の見方で見られるようになる、そんなふうになったとしたら、そんな素晴らしいことはないじゃありませんか、皆さん。そのことが人間に起ころうとしているのです。面白いことは、人間として困難と思えることが、困難ではないのです。その困難は、自分のために目の前に広げた旅路なのです。皆さんがドアから自分を押し出したプロセスなのです。そういう多くのことが起きて皆さんの思考パターンは新たに適応していきます。

インディゴとクリスタル

しかし、そういうことがずっと簡単になろうとしています。皆さんの波動が急速に進化しているのでクリスタル・チルドレンがこの惑星に生まれてきます。しかし、生まれてくる子供たちはもっと高い波動なのです。そしてインディゴとクリスタル・チルドレンは同時に地球に長い間存在することになり、高い波動に適応するのを助けます。かれらは皆さんに多次元の扱い方を教えてくれるでしょう。たくさんそういうことがあります。とにかく現実はどうなるのでしょう。それは認知以上の何物でもありません。皆さんの脳の中にカメラがあるとして向こうに焦点を合わせると、そこが現実になります。現実を変えたければ、焦点を変えれば意図も簡単に変わります。ただ単に角度を変えればいいことです。多次元の状態でいるともっと容易く出来ます。現実はそういうものだと分かろうとしています。皆さんの信念はこのようなツールを使うことを阻んできました。だから他の人に使うのです。困難に遭っている他の人を助けるのです。違った視点から見られるように手助けするのです。このことが、人類が再配線のプロセスの扉を開けるカギとなるのです。

再配線の中断

このことについてもっと分かりやすく説明しましょう。肉体がグランディングを必要とする時があります。物理的世界にだけ存在する肉体は常に新しく生まれ変わる必要があります。それが肉体の特性です。水を必要とし、食べ物を必要とし、日光が必要です。抱き合う(ハグ)ことが必要です。親密さとセックス、養育、他の人との接触が必要です。地球の物理的境界内に皆さんを留め置くためのグランディングが必要です。もし魂が、再配線のプロセスを経験するに当たって適切にグランディングしていないか、十分でないとすると、そのプロセスで肉体は負荷がかかりすぎて中断されます。この重大な段階でプロセスが中断されると、視床下部から過分泌を起こし一連のサイクルが始まります。グラウンディングしていない体はエネルギーの疾患を起こすサイクルに陥ります。それは、線維筋痛症や慢性疲労症候群、筋痛脳脊髄炎や他のエネルギーの機能不全を起こします。この現象は、大多数の人ではなく、波動の先端のもっと近くで生きて波動を導く人達の間では一般的に見られてきました。エネルギーの機能不全の発生率は時の経過と共に増加していきます。多次元の経験は最初、グラウンディングの喪失を引き起こしエネルギー次元の間で行き詰まり、この機能不全のプロセスが起こります。ハイヤーセルフがこの状態を選ぶ理由が何度もあります。そのような出来事が起こる時には、この病気というギフトを目一杯経験するまでは治癒に向かうことはありません。その時は、皆さんが適切なグラウンディングとエネルギーテクニックを使って人々を手助けしてグランディングさせ、もう一度再配線のプロセスを開始することが出来ます。

(訳注) 「線維筋痛症」「慢性疲労症候群」:2006年12月「光の使徒」参照

 

無限を定義する

今やベールが薄くなろうとしています。どうか学ぶことを止めないでください。学ぶことが神の定義だからです。なぜ皆さんはここにいるのですか。神を定義するためにここにいるのです。神を見ようとしてこのゲームをしているのです。無限の状態では、神は自分自身を知ることはありません。定義できないのです。始めも終わりもない。この物質的身体に入って皆さんが実際に定義しているのです。それは見事です。問題は、自分でそれを信用していないことです。勿論、皆さんが神であることについて話そうとする時、皆さんが最初に考えることは「私は神である。何でも出来る」ということです。心に留めておいてほしいのは、あなた方が唯一の神ではない、ことです。この惑星には多くのあなた方が、神の火花として存在するのです。その火花は、その小さな閃光の中に創造主のすべての力を運ぶ能力がある、創造主の火花なのです。皆さんは有限な形を取りました。回転盤から出るのと同じようなその火花は、全体の中に再度戻る前にほんのちょっとの間だけ光るのです。それが変化しようとしています。この再配線の過程で、皆さんの正体であるエネルギーがその光の煌きの中にもっとたくさん表れようとしているのです。

新しい様式(方法)

このことが分かる教える方法があるのでしょうか。はい。毎日この惑星で飛び出てくる新しい様式(方法)があります。それが好いニュースです。悪いニュースはそのどれが自分に合っているかを探さなければならないということです。この再配線を促進できる方法があるでしょうか。一番大きな方法は、自分の意図です。一番大きな方法は、どんなものであろうと、聖なる契約に足を踏み入れることです。心がどこへ導こうと、そこで情熱は違った振動をするのです。違った振動をするにつれ周りの人達は皆同じその振動数になり始めます。皆さんは自分の波動に一致するよう周りの波動を上げます。怖れることはありません。人類の再配線についてもっとお話しすることがありますが、皆さんの再配線は開始したばかりで、地球規模で起きています。自分の諸々の能力を見ていくにつれ、このプロセスをもっと理解します。大脳半球同士が、一体化し始めています。

こういった能力が地球上で姿を現すときはいつでも怖れがありました。ただ、気を引き締め、怖れは影に過ぎないということを知ってください。知らないことを怖れることができるなんて、面白いことだとは思いませんか。一端見逃していた情報を恐れという虚空に押し込んだら、もうそれ以上恐れることは出来なくなります。そうやってください。人間は進化しているんだという事実を両手に抱えてください。興奮する時です。皆さんは、だからまさにちょうど今ここにいることを選んだのです。この地球にもっと多くの魂が許容限度を超えて入ってこようとしています。彼らの多くは、選ばれた魂(あなた方)が地球に入れるよう脇に一歩退いた者たちです。そして、ここに今皆さんが座っています。そのような皆さんのために両脇に引いた存在たちは、ベールのあちらの側から声援を送っています。

今までないほど、この再配線のプロセスは地球上のヒーラー達を活性化していきます。その時です。私たちは皆さんが必要なのです。呼び声を聴いてください、皆さん。聖なる契約に入るのです。皆さんはお互いに助け合うことが出来ます。皆さんはヒューマン・エンジェルなのですから。故郷に帰ったとき、皆さんは最終的に私たちが見るのと同じように自分自身を見るでしょう。

たとえ皆さんがたくさんの時間をかけて、自分は何もしていない、鏡を見て自分は誰であるか思い出すことが出来ない、または自分は孤独だ、などと考えても、あなた方はどう偉大であるのか、そのことを理解し始めるでしょう。私たちの視点で自分を見ていきます。皆さんが多次元になるにつれ、皆さん自身が私たちの目の中にシフトする(ザ・グループの見方をする)機会が訪れるでしょう。私たちは偉大な中の最も偉大なるものを見るからです。この時期に大事なことをするために一番高い波動だけが惑星地球にやってきました。そして皆さんがいます。

旅を楽しんでください、皆さん。

3つの簡単なことをお伝えしてこの場を下がります。尊敬の念を持ってお互いに接してください。事ある毎にお互いを大切にし育んでください。それが自分を大切にすることになります。これは美しいゲームであることを覚えておいてください。よく演じ合ってください。

 

Espavo .

The group

過去を換え終末思想を消す(字幕)by クライオン

whats-next

2016-8-20 @ ミズーリ州セントルイス

ここで話したいのは、自分を抑えつけ歯止めをかけることについてです。進化や、ワイルドカードの出現、独特の発明発見が起こるのを妨げることについてです。物事は、もう表れる態勢に入っていますが、これから話しますが、そのことによって妨害されています。パートナーが皆さんに話したことは本当です。地球の殆どの人は、いまだに不吉なことや破滅の予想モードでいます。殆どの人がそうです。どこに行っても、そういう感じを持っています。また、誰かが銃撃されるのではという予感があります。

まだ悪夢を持ち越しています。何度も繰り返された世界大戦が頭から離れません。分かるかどうか、あることを言います。古いエネルギーの波紋は非常に危険です。一定の人間が古いエネルギーを信じると、物事は停滞し、そこから危険が事が生まれます。皆さんにどうしてほしいか、分かりますね。

これからシンクロニシティがもっと起こります。明るい未来が待っています。ワイルドカードが来るまで待っていてください。でも、ワイルドカードは、地球から終末思想が消えるまではやって来ません。

映画が製作されようとしており、驚くでしょう。若いインディゴたちが、その台本を書いています。そこに希望が描かれるでしょう。過去を書き換えて別のストーリーに仕立てるでしょう。未来を描く勇敢な魂が現れます。予想もつかない素晴らしいものになります。そのことに注目してください。今、始まったばかりです。文学作品が変わります。作家は、優しい、柔和な未来を今書いて、もうすぐです。SFにしてもワクワクするような明るい未来の話を期待してください。友好的な宇宙人との出会いのストーリーに注目してください。地球を支援してくれる話です。

そういうことが、破滅の予感が消えるのと繋がっています。そして、世代ごとに皆さんの進化がどんどん進みます。また言いますが、私は前にも同じことを見て知っています。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

新しい子供たちを育てる by 大天使ミカエル

396523_292697110794083_287775761286218_778034_233789160_n

大天使ミカエル

新しい子供たちを育てる

自閉症の子供たち

Celia Fenn 2004-10-5

 

 

インディゴクリスタル、あるいはクリスタルチルドレンを育てる、勇敢で勇気のある人が数多くいます。皆さんの多くが、その子供たちの育て方について心配をし、正しいことをしているのだろうかと思っています。もちろん、その子たちは、普通とは違います。彼らは他の子供たちよりも強く、パワフルで、しばしば精力的です。インディゴとクリスタル両方を持つ親は、両者は違うので苦労します。

しかし、クリスタルチルドレンは、インディゴの親か、兄弟姉妹にインディゴのいる家族を探します。クリスタルチルドレンは、エネルギーレベルでインディゴの強い戦士のエネルギーを頼ります。インディゴはクリスタルのエネルギーを「支え」ます。

しかし、両方共に、両親にとっては大変です。皆さんは親として子供の高い周波数によって自らの成長を加速させることが課題になるでしょう。また、何かにつけて子育ての仕方に疑問を持つでしょう。事実、それもインディゴとクリスタルの「ミッション」の内なのです。愛をもって賢く思いやり深く育てることをその子たちが教えるのです。

皆さんにとっては、それはとても難しいことです。殆どの人は、そのようにして育てられませんでした。あなたに対する愛情が両親になかったからではなく、他にもっと良い育て方を知らなかったからです。あなたの両親は、怖くて強制する養育モデルに頼りました。あなたの子供は、その古いやり方をひっくり返して新しい子育て法を考え出す、それを教えるためにやって来ます。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

よくある質問 by クライオン

2cd11e55847696724de2ad0b327065fa-d491q16j

よくある質問

Lee Carroll 2012-2-26

カリフォルニア州モントレー

 

 こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。会場のエネルギーは整いました。世間の合理主義という覆いを外して、もっと大きな可能性、真実を受け入れていたとしたら、どうなりますか? 皆さんは、世界がひとりでに変わってしまうような種を蒔いたのですか? すべては偶然だが、だからと言って、偶然に左右されることはないと思いますか?

でも、もう一度言いたいと思います。あなたはシャーマンです。ここに座っていますが、そのことも知りません。ここに来て座ったのは1回だけかもしれず、もう二度と来ることはないかもしれません。だとしたら、今回は、多くの可能性を開くチャンス、始まりです。

私は、ここにいる人を知っています。聞いている人を知っています。これから、オールドソウルではない人たちの質問にお答えして行きます。今いる人にも、将来このメッセージを聞き、読む人にも共に役に立つと思います。でも、私には、今日も将来も今です。何度も言ってきましたが、「私は聞いている人を知っています。読む人を知っています。可能性だけがあり、その可能性は、<今>現実になります」という言葉は混乱を招きます。このメッセージが活字になるのは2週間後かもしれません。しかし、活字になって編集も終えて公開した時は、誰かが(その人にとっての今)その時に読んでいます。でも、この会場にいる人には変な感じかもしれません。

今、これから話しますが、それを知る必要のある人がいます。それが誰か、私は知っています。その可能性はとても高いので、それが私の現実なのですと言えるのです。私にとっては、既に現実化しています。ええ、あなたは読んでいますね。だから私は間違っていません! あなたを知っています。会場にいる人には、それは将来のことになります。でも、それが私の現実です。皆さんと共有できない多次元の現実です。だから、私は予言出来ます。皆さんが経験した事実に基づいて予言するのではなく、可能性のある現実に基づいています。皆さんの考えること、するであろうことを知っています。

 

Q&A

以下の質問は、一般の人から寄せられた質問です。ライトワーカーやオールドソウルとは限りません。1週間前に「6つの質疑」というチャネリングをしました。パートナーはそれを録音しましたが、機械が壊れてしまいました。彼は、操作方法を知っていましたがそれでもうまく行かなかったのでがっかりしました。チャネリングは上手く行ったので途方に暮れました。思ったようになるとは限りません。機械もすぐ動かなくなります。パートナーは気が進みませんでしたが、その代わりに今回チャネリングをしました。

 

Q1. なぜ、こんなに不幸なのか?

「クライオン、地球には不幸があります。不幸が不幸を生み出します。人はフラストレーションを感じ、挫折を感じながら生きています。多くの苦しみがあり、地球がよくなっているとは思えません。あなたは、この国で家を失った人に話し、津波で親族を失くした人たちに話しかけます。その人たちは悲しみに打ちひしがれて、何が悪いのか分かりません。なぜ、こんなにも不幸があるのですか? この状態で、いいニュースなどあるのですか?」。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

めでたい – 次は?by クライオン

829267ea66e82d5a53858d54bab74f50

めでたい!次は?

Lee Carroll  2002-12-8

カリフォルニア州 ニューポートビーチ

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです!

(ポーズ)

少々間を取りました。パートナーが余りに喜びすぎて落ち着くまで待ちました。完成の喜びです。辛抱した喜びです。人類への喜びです。

まさにここ(ニューポートビーチ)で何度も何度も、毎年毎年集まりました。私たちは、ここにやってくる人たちの足を洗い清めてきました。他の人たちが読み、感じられるようにとここで話した言葉が公けになりました。これを読む時にはこのメッセージがその人たちの足元を洗い清めてきました。今日もまたそうですが、言葉が単にここにいる人だけではなく、実際に、大勢の人に語られています。ここにいない、このメッセージを読む人たちに語りかける私は誰でしょうか?  “今” 話しているのでしょうか、将来これを読む人に話しているのではなく、今読む人に話しかけているのでしょうか? 今日私の前にいる人は今の時間にいます。将来読む人がいます。人間の時間では、今ここにいる人と将来読む人がいます。私の前にいる人はその時、過去になります。でも私たちは同時に皆さん全員が分かります。

このメッセージはDNAのレイヤー全てに話しかけます。レイヤーは、私たちのメッセージに磁気的に共鳴します。そのメッセージとは、人間がこの地球を大幅に変え、その結果ベールを持ち上げ、私たちが呼ぶ黙示録 ― 次元の大転換、新しい世を可能にしたというメッセージです。

グリッドが造られている時に私たちがこの場所に来るのは最後です。皆さんが“グリッド・ワーカー”と呼ぶ存在たちが磁場に取り組むのはこれが最後です。最後です! 悲しいことではありません。さよならではありません、目出度いだけです。そのわけをお話ししましょう。また、まだ話していないことに触れます。深い話をします。時々科学的なことや、時には実践的なこともお話しします。しかし、もっと高いレベルで地球で12年間に及ぶ年月をかけて完了したことについて先ず説明したいと思います。

人間の皆さん、ここがどれだけ安全か知っていますか? 皆さんは、大丈夫だといえる場所、純粋になれ、愛が持てる場所を探してきましたか? それが、ここです! 私たちはお祝いとセレモニーにやって来ました。私たちは皆さんの頭上と足元に壁のようにして並んでいます。私たちは皆さんの隣にいます。グリッド・ワーカーに謝意を表してセレモニーをしたい人たちは、グリッド・ワーカーたちが皆さんにありがとうと返事をするのが分かります。このプロセスは、皆さんが地球の現実を変える許可を与え、クライオンの本が出る前に始まりました。

今日お話しながら、その間、予想されたハルマゲドンは起こらなかったと静かに微笑む人がいました。また、それが起こらなかったのは面白い、またそのことを今まで知らなかった人がいるというのは面白いと思っている人がいます。また、ハルマゲドンが起こると思っている人たちは、起こる日を数えながら単にその日を先延ばしにしていると思っているのは面白いことですね! そういう人達はやがて古い現実が必ずやってくると思っています。多くの人が古い現実に慣れているので、間違いなく古い現実が終了するまで新しい現実を受け入れられません。仮に古い予言通りにならなくても受け入れません。

地球を襲うことになっていた死と破滅のプランは変わりました。書き換えられたのです。人間は、歴史を書き換えることができ、未来を書き換えることができる、そういうことなんですか? 多くの人が新しい現実を見始め、「ええ、本当に言われていたのとはぜんぜん違うようだ」といって頷いています。しかし、その同じ人が、自分のDNAを書き換えられるかどうか、また疑っています! これがまさに人間の2極性というものです。どんな証拠があろうと、疑いの先入観が勝ることが時々あります

地球の磁気グリッドは人間向けに調整されました。得るものが多いですが、新たな機会を手にして前進したい人には依然として自分で決めることが出来ます。変化を望まない人がペナルティを受けることはありませんし、審判をくだされることはありません。常にそうでした。放蕩息子の寓話でその結末を教えていますが、昔の話でした。ツールは目の前にあります。一度手にしてください。一人ひとりが特別な次元に“チューン”されています。その次元は、皆さんが驚くほどパワフルな意図でそれを自分の中に取り込むのを待っています。

この磁気グリッドについてお話しします。今まで単独ではお話ししませんでしたが、この件について明確にしたいと思います。特に、クライオンが男性だと考えている人には意味があります。シスター・クライオンは両方の性があると思われていたようです。ベールの向こうには性別はありません。よってクライオンには性別がありません。が、人間は常に性別で見てきました。地球の磁気グリッドもまた女性でした。いつも女性でした。地球の磁気グリッドは愛を語ります。私は大天使ミカエルのファミリーです。彼女(クライオン)もそれが嬉しいのです!(クライオンは笑っています)いつもこうでした。無条件の愛の感じ、即ち、母の感じというのは、両方の性のどちらかです。たくましい男性が母の感じを出しますか、出しません。つまり皆さんはいつもどちらか一方です。皆さんにずっと示したかったのは両方が混ざり合ったものでした。そうすれば、バランスが取れます。しかし、地球の磁気グリッドは女性で、だからクライオンもまたそうだ、多くの人がそう思っていましたね。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。
💛自尊心 by クライオン

💛自尊心 by クライオン

1032754-1366x768-[DesktopNexus.com] (1)

自尊心

Lee Carroll 2003-8-30

カリフォルニア デル・マー

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。

今日、この日に、皆さんはヒーリングについての予言と、皆さん自身が自分の本当の力を知ろうとしていることについて聞きました。そこで、自分の役割についてどう考えていますか? 今この部屋に一緒にいる、次元を越えた見えない存在についてどう思いますか? 彼らはずっと一日中ここにいましたね。では、私たちの役割についてどう思いますか? 私たちの多くが3日前にここに着きました。人間の皆さんがここにやって来ると思っていたのです。私たちにはどんな役目があると思いますか?

その答えを言いましょう。喜びにむせび泣くことです! それが私たちの役目です。これまでの長い間の地球の状態のバランスが回復し始めているのが分かりますが、新しいエネルギーを読める人はそれがわかります。そのことについてお話しましょう。それが新しいパラダイムのことで、人間が当初の目的通りにもっと自立し始めるということです。つまり、地球のエネルギーと戦うのではなく、実際に自分に合って、しっくりしてくるのです。そういうことを感じ始めています。生まれてから願っていた通りに変わり始めているということです。

多くの人が既にスピリットのマントを着た経験があります。プレゼンテーションをした2人について<Dr.エリック・パールとペギー・フェニックス・ドゥブロ>お話します。2人共スピリットを愛しています! 2人共私たちが話したことに非常に共感し、他の人に教える以外にほとんどの時間がありません。彼らは神のマントを身につけて、人間について皆さんと違う見方をしています。彼らは自分で健康になれる人が分かります。人を評価しませんし、お互いを評価しあうこともしません。誠意というものを知っており、ハートの思いを知っています。今日、2人の素晴らしいヒーラーがツイスト・マスターのヤイー<Dr. トッド>とこの部屋で一緒になったのは偶然ではありません。<この部分については「シャスタ山の体験2003-6」参照>

更にDNAについて

またDNAについて話します。適切に話すには、あることを話さなくてはなりませんが、難しくはありません。それは、“あなたの顔”の中にあります。平たくお話します。核心に触れることについてもっとお話しましょう。皆さんにその準備ができています。

この3,4回のチャネリングでDNAの3つのレイヤーの内2つの名前をお伝えしました。その時名前を言った3番目のレイヤーについてはまだ話していません。今日、神聖な情報を提供した2人のヒーラーに、「レイヤーは幾つあるのですか?」と聞いてみてください。「12」と答えるでしょう。その通りです! 私たちは、今までそう話してきました。また、この12のレイヤーがどのように並んでいるのかをお話したことがあります。それは、鎖状ではなく、レイヤー(層)です。12のうちの一つだけが3次元にありますが、その名前を話しませんでした。

2番目のレイヤーは感情を持っており、多次元ですが、皆さんには理解できません。皆さんはそこで“感じる”ことがよくあります。怒りや心配、愛などを感じます。時には、神を愛も感じます。それが感情のレイヤーです。では質問ですが、感情は化学物質に影響しますか? はっきりしていますね、はい。心配、愛、怒り、ドラマは、非常に肉体に影響を与えます。だから、2番目のレイヤーは安定する上で鍵になるレイヤーです。その名前は、“Torah E’ser Sphirot”です。意味は、神聖なブループリント、または法則のブループリントです。

3番目のレイヤーについても話し、名前を言いました。“Netzach Merkava Eliyahu”という名で、意味は「アセンションと起動」です。3番目は、“アセンションレイヤー”です。そして、隣の2つのレイヤーを修正し、触媒のような働きをすると説明しました。その時に、ストーリーを幾つかお話しましたが、ほとんど理解されませんでした。マスターの叡智について話し、理解して欲しいと言いました。でも、1番目のレイヤーについては、他のものより多くを話してきましたが、名前を言いませんでした。1番目は、人間の一組の染色体、ゲノム、生化学的なレイヤーで皆さんの次元にあり、見ることが出来ます。その名前を今から言いましょう。

「クライオン、何でもっと早く教えてくれなかったんですか? 3つは言ってくれたのに、一番知っているものをなぜ言わなかったのですか、なぜ今なのですか?」と思うでしょう。その訳は、今日皆さんが尊敬するヒーラーがいる時に話したかったのです。彼らは、1番目が宇宙のエネルギーの影響を受けることを知っています。人間の体が神聖であること、その神聖なエネルギーを手にする時にどうなるかも知っています。彼らの目的は、誰もがそのエネルギーを共通して持っており生かせることを実際に見せながら教えることです。だから、仰天しません。彼らは、自分の神聖な力の中で実際に出来るのだということを教えようとしているのです。

DNAの1番目のレイヤーの名は、“Keter Etz Chayim”です。意味は、「生命の木」です。以上の名前は、地球のスピリチュアルな言葉の核心をなすものです。それぞれが、話し言葉として聞けるようになっており、ヘブライ語では完全な意味を成します。

更に2番目のレイヤー

2番目のレイヤーについてもう少しお話しましょう。2番目の中には、毎日関わる2極で対立する性質が隠れています。今日、このステージでヒーラーが話したことを聞き、また質問が寄せられましたが、それを振り返ってください。それは、普段耳にする、方法と理由、そして、人生についての疑いなどについてです。中には「今こんなことを感じる、あんなことも思う、でも、なぜ自分には出来ないのか?」と質問した人もいました。

もし、彼らが自分の人生について話したことを聞けば、彼らも疑いを持っていたことが分かるでしょう。「正しいことをしているのだろうか。間違っていないだろうか? これからどうすればいいのか?」と言いましたね。何をすべきか分からない時について話しました。で、自分を振り返って「こんなことになるなんて、なぜか? 神聖なヒントや指示を聞いても、こんなにも疑ったり、難しいのはなぜか?」と思います。その件については今まで言わなかった事を言いましょう。ここにいるレムリア人のために言いましょう。ここにいるほとんど全員にとって重要なことです。

人間の皆さん、自分のハートに聞いてください。体に「何回ここに生まれたのか?」と聞いてください。驚くでしょう。人の歴史の専門家が考えているよりも、もっと長い間地球にいたのです。DNAには、まだ発見されていない部分があり、それが地球での一つ一つの過去生を知っています。それが、体の一部にあり、多次元状態であるのです。生きていた時のあなたの名前、人生すべてを知っています。だから、ここはオールドソウルでいっぱいです。あなたも知っています! それを知っている若い人もここにはいます。シニアの人もいますが、知っています。ちょっと、皆である時代に生きているとします。その時代は永遠であり過去にも未来にも広がっています。それが、多次元の存在が他の多次元的存在と共通して持っているものです。

この会場ではお互いに知らない振りをしています。この会場を出るときにも、まだ知らない振りをしているでしょう。しかし、実は、ここには、ママやパパ、従兄弟、祖母が集まっているのです。性別や、人種、国籍を見ないでください。翼を見てください。私たちはかつての皆さんを見たことがあります。皆さんもお互いにかつての姿を知っていました。だから、今、その時のことを感じてください。では、気付きの話に入りましょう。

自尊心 – 2極的世界の核心

今日は、自尊心について話しましょう。その時です。これまで何度も人間の2面性の特徴はそのバランスにあると言ってきました。幾つかの英語の言葉しかないので、これからあることをお話しますが、難しい表現になります。「闇と光」のバランスについて話しますが、それは皆さんが思っているようなことではありません。ある人はエネルギーのバランスと呼び、ある人は、古いものと新しいものと言います。でも、そのどれも正しくはありません。私たちはエネルギー比率と考えています。シーソーのように増減するエネルギーです。一方が他方と戦い合う問題のようなものです。

長い間、この自尊心のバランスは、自分の暗い部分に向けられて解釈されてきました。振り返りながら話しましょう。よく分かると思います。

闇:人間のマインドの中ほど悪や闇が生まれる所は地球にはありません。悪それ自体が単独で地球に存在するわけではありません。すべての悪は人の意識の中にあります。闇のエンティティ(存在)やグループが、あなたの魂を捕まえようとして落ちてくるのをそばで待っているわけではありません。そのような話は恐怖の作り話であり、本当の人間の置かれた状況の壮大さも、力強さも責任も言っていません。

しかし、闇はありますね。それは、暗く重い方に意識を向けようとする人間の自由意志によって生まれます。だから、地球で最も暗い場所は、人間が創ったところなのです。

覚えておいてください。皆さんはエネルギーの創造者です。人間は光を生み出すように闇も創り出します。それが間違いというのではありません。だから、地球の非常に重要な点というのは、実際にそのようなエネルギーに反応して闇の魔法のようなものが生まれて多くの人が怖くなり、闇の、悪の巣窟なような所からから生まれるものを感じ取るということです。でも、そうではありません。その感じは、人間の中から生まれるのです。

また、長年私たちが話してきたことを思い出してください。闇と光は対等の関係にはありません。あなたに闇の部分があって光が入るとします。その場合、闇は別の闇にこそこそと逃げるのではありません。変わるのです! 闇と光の内、光だけが力があり、物理的に現れるのです。だから、光のある所に“闇の光線”を発射することは出来ません! 闇は逆のものに変わるしかないのです。だから、対等ではないのです。闇は光のない状態です。

光:この地球で最高の光のある所、最も神聖な光は、人間のエネルギーの中のマインドにあります。それは、光を表し光になれて、その神聖さを手にしようとする人間の天使的な部分の中にあります。皆さんの手を取って天国に引っ張って行こうする明るい白い光の天使がそばにいるので光があるのではありません。ただ、彼らはきちんと襟を正して皆さんを祝福し、愛し、自分たちはそこにいるということをエネルギーで教えようとしているだけです。自由意志の地球とはそういうものです。出来るのは人間です。地球の歴史を変えるのは人間です。人間の魂に対抗する力が外にあるのではなく、闇と光に関わる責任は人間にあるのです。分かっていましたね、それは。

それにも関わらず、自尊心が半旗の状態のまま地球にやって来たのは変なことだと思いませんか? 中途半端ですね? なぜですか? 人間の自尊心というのは、地球のエネルギーの比率によって強化されるのです。自分の行動、したこと、していることによってその大きさが変わるのです。したがって、個人の自尊心は地球のエネルギーのバランスを反映します。

自尊心の新しいバランス

地球でハルマゲドンが起こらなかったのはどうしてか考えたことがありますか? あらゆる予言にも関わらずハルマゲドンは起きないということを知っていましたか? この起きないという予言は、ここの後ろの丘の上で何年も前にクライオンが言ったことですが、今はそれが現実になっています。<クライオンはここからそう遠くない所からスタートしました>当時、パートナーのところに来て、「進路が変わりました。人間の意識が変わりました。ハルマゲドンは起こらない」と言いました。

(多くの宗教指導者はクライオンの言うことは無視しろ、何年も前に私たちが言った通りになっていても、クライオンの予言は間違っていると言うでしょう。ハルマゲドンはこれから起こる、すぐに起こると言うでしょう! それに対する私たちの答えは、周りで言っていることを気にせず自分を審判しないでください、ということです。なぜ彼らは予言を先延ばしにするのですか? よく見極めてください。瞑想をして正しい答えを導き出してください。もし彼らの言っていることが正しければ、その時を身を乗り出すようにじっと待つことになります。その場合は、なぜ彼らの言うことが起こらなかったのかその理由を説明する度に、何度もいつ起こるのかと待たなくてはならなくなります。その間に、何年も行動する機を逸して、自分の神聖な力を無駄にして地球の平和を築く可能性までも失います。)

私たちは人間の能力についてお話し、また10~12年の期間についても話し、その時に地球の磁気グリッドが変わると言いました。そしてそうなりました。地球の天候が変わりはじめると言いました。そしてその通りになりました。5年前、大宗教のリーダーが、修道僧が子供を虐待している事実を言わざるを得なくなるだろうと言いましたが、それが現実になっています。知っていますか? 起きている流れが分かりますか?

起こらなかったハルマゲドンは地球の中に巣くっていますが、皆さんはそこにはいません。今、皆さんは新しいエネルギーの中に座っています。しかし、まだ、自尊心の問題があります。それは、ひとりでに変わるわけではありません。分かりますか? 個人の自尊心は地球が変わった時ではなく、生まれた時のエネルギーを表しています。地球が変わったからといって、自動的に自分の自尊心が改まるわけではありません。

なぜ人生はこんなに厳しいのか?

ほとんどの宗教は、皆さんは下等に生まれついていると言っているのは面白いですね。神聖な創造による生き物にとって、それはおかしな話ではありませんか? あることが地球で長い間続いたせいで生まれた時にはチャンスはなかったけれども、スピリッチュアルな世界に生まれ変われる、というのは、筋が通っていますか? 本当にそれが、人間は“神に似せて創られた”ということなのですか?

だから、世界中にスピリチュアルとは関係ない業界団体があって、そこでいろいろなことをして自信回復の援助するのですか? それは、セルフ・ヘルプと呼ばれています。自分に自尊心というバランスがあったとしたら、なぜこういう団体が存在するのですか? 理由は何ですか? 皆さんの自尊心は、生まれた時の地球の光と闇のバランスに相応しい程度に備わったものなのです。

地球の新しいエネルギーはますます速く振動している今、地球の光と闇のバランスは変わりました。分かりやすい事を言いましょう。新たに地球でエネルギーが誕生しました。1987年で2012年にそれが終了するエネルギーです。その25年の期間、皆さんはその中にいます。皆さんは古いエネルギーの中で生まれました。だから、自尊心は中途半端です。しかし、今生まれている人間は、皆さんとは全く違います。誰のことを言っているか分かりますか? 新しい子供たちです! インディゴやクリスタル、新生地球の子供たち、ニュー・ミレニアムの子供たち、ニュー・キッズ、などいかようにも呼んでください。

誰もが知っていますね。その子供たちが今までと違います! 自尊心がしっかり備わって生まれています。自尊心が非常に高く誇りを持っています。そういう子供たちが中途半端な大人たちの中に一緒にいるとどうなると思いますか? 少し強情な子供たちだと思えます。子供たちは自分自身を知っているのです! 子供が興味深そうにじっとあなたを見ていて、あなたもその目を見返したとしたら、子供の目は「なぜ、そうなの?」<笑い>と言うでしょう。意識が別の意識をじっと見ているのです!  調和のとれた有能な意識が、不安と疑心暗鬼の古いエネルギーの中に生まれた意識を見ているのです。悪いことに、その子たちは皆さんの子供です。理解し難いという意味ではなく、調和した自尊心でいたことのない皆さんにとって、その子たちは、しばしば横柄に映ります。

真 実

あなたとスピリチュアルなあなたとの二面性についてその真実を知りたいですか? 『ジャーニー・ホーム』という私たちが呼ぶ寓話を読んでください。そこで、マイケル・トーマスという男の人がいます。マイケルは大天使ミカエルを表しています。トーマスは、疑い深いトーマスです。マイケルが家の中で最後の天使が上の階から降りてきた時、天使は余りに威厳に満ちていたのでマイケル・トーマスは息を呑みました! この寓話全編で彼が出会った天使たちは、こう言いました。「最後の天使に出会うまで待ってください。その時は、最高の天使に会うでしょう。それまで待ってください、待つのです」と。そして彼が最後の天使に会った時、ゆっくりと現れました。彼の人生の中で最も神聖な天使でした。ゴールドは天使の色です。その天使が黄金色に輝きながら降りてきた時、顔が見えました。それは、マイケル・トーマスの顔だったのです。マイケルは、自分が神の顔をしていることに、びっくり仰天しました。

人間の皆さん、それが真実なのです。でも、それを知る力がありません。下等にうまれたのですか? 全然違います!  意識の中では、下等ではないが、よろよろしていてバランスがとれていないと思っているでしょう。そうではありません。しかし、生まれつき神聖なのですが、それが分かる前に、それをズタズタにしたい人の言う言葉通り、自分はそうではないかもしれないと思い込んでしまいます。そういう問題を抱えています。

調和した自尊心を育て上げる

その不均衡をどうやって修正しようと思いますか? 均等にしてはどうですか? それは出来ます。これからその方法について7点お話します。簡単なものもあるし、難しいもの、簡単に説明できるもの出来ないものなどがあります。余りに簡単すぎて「知っているよ」と思うかもしれません。そういう人には、「では、なぜしないのですか?」と質問します。

これから7つの方法をお話しますが、普段から実践すれば、あなたの天使的な意識は大きくなって自尊心にバランスが出てきます。

1. クリエイティブになる

1番目は、クリエイティブなことをする! 「そんなものはないね」というかもしれませんが、あります。全員あります。何人の人がチャネリングしようとしましたか? 「でも今は、したいと思わない」。一人になった時になぜしないのですか? 紙に書こうとしないのですか? 体やハイヤーセルフがあなたに言いたいことをどうして表に出そうとしないのですか? その時は驚くかもしれませんよ。でも、他の人にあなたのすることを知らせる必要はありません。

クリエイティブなことをするには、あなたの神の部分が必要になります。クリエイティブなことはこの世界のあなたに溢れだしてきます。その光が大きくなるのは面白いことです。クリエイティブなことをしてください。歌手でないなら、メロディーを描いて他の人に歌ってもらってください。絵を描いたことがなければ描いてください。子供になって、子供時代に描いたように描いてください。クリエイティブなことをしてください。それが、1番目です。余りに簡単なことですね。これから話すことが互いに関係しています。1番目は7番目になります。今話していることは円になって思っているよりも非常に深い意味があります。創造性というのは、他のことでは達成できないことをもたらします。創造性は、神自身のドアをノックして、あなたの中で眠っているものを目覚めさせます。

2. 人助け

2番目は人助けです。考えるまでもなくシンプルです。そこで、はっきり言いますが、人が亡くなろうとしている所でボランティアをしてみてください。ライトワーカー、病院の中で一番暗いところを見つけてください。死期の近い子供たちのいる所に行ってください。ガンやウイルスで死のうとしている人たちを探してそこにいてください。その人たちに何かを読んで聞かせ、手を握って何か話をしてあげてください。ボランティアをしてください。そういう子供たちのために、そんなことを考えたことはありますか?

「クライオン、残酷なことをやらせようとしたね。出来ません。そんな所には行けません」「私は泣きだして何の役にも立ちませんよ」と言うでしょう。でも、そこには誤解していることがあります。それは、人道的な人は感受性が強すぎて手助けできないというものです。そこで、仮の話をしますので、自分でそれを確かめてください。― 死期の近い子供のいる部屋のドアの所に立って、それからドアを開けると、あなたの光がその部屋に流れだして、子供の光があなたに流れます。あなたの気分は高まって幸せに感じます。座って、子供が死ぬ時に手をとるでしょう。子供の命に涙するかも知れません。かし、気持ちが昂ぶります。あなたの中の神がその子の神に触れるからなのです。人間の皆さん、そのようなことは他にはありません。ありません。あなたは神聖なプロセスに加わるのです! そこにいられて有り難い、役に立っていることが有り難いと思えますか?

そこにいる家族に触れたければそうしてください。死期の近いお年寄りのところにボランティアに行ってください。何かを読んで聞かせて、その人の人生について尋ねてください。その人たちの若かった頃を褒め、逝く時はそこにいてください。あなたの神聖さが相手の神聖さをお祝いし、二人は高め合うでしょう。

年令に関係なく、逝く人を手助けすることは、自分でも驚くようなものを自分の中に生じさせ刺激します。自分のしていることは本当に神聖だということが分かって、何度もそういうことをさせてくださいとお願いするでしょう。

人間の皆さん、まだ2つしか言っていませんが、既に今までとは違う気持ちになっていますね。「多分、私も一人の人間だ!」。「本当に何かが起こるだろう」と思うでしょう。あなた自身の闇の部分が消え、今までぼんやり薄暗かった所に光が大きく差し込んできます。以上が2番目です。手助けに行ってください。

3. エクササイズと瞑想

これは最も難しいことです。皆さんは好きではありません。エクササイズ! 皆さんの社会では、食うために動物を追いかける必要はありません。<笑い> そういうことをしないので、それを補うためにエクササイズをします。エクササイズをすると、肉体の中の化学反応が変化します。更に、大量の酸素を取り入れて体にエネルギーを供給して考え方も新鮮になります。今まで有酸素運動は見過ごされてきました。でも、本当に必要なのです!

もう一つ秘密を言いましょう。エクササイをした後に瞑想をしてください。どうなるかよく見ていてください。酸素で一杯になった大脳で、瞑想は色彩豊かになります。それが順序です。エクササイズをしてから瞑想をする。そうやってください。手を抜かないでください。以上が、3番目で、同じく重要です。

4. アファーメーション

4番目は説明が難しくなるかもしれません。なので、簡略化します。自分の話すことに注意してください! 口から出る言葉は神聖なエネルギーを形にします。空中に出て、体のエネルギーによって最大限、現実化します。目には見えませんが、周りにいる存在が、一生懸命あなたの望むものを一緒になって実現しようとします。否定的な状況になると、「酷い! やっぱり思った通りだった」と言うでしょう。体の細胞はその時に「ボスの言うこと聞いた? 彼女はそうなってよかったんだって!」と言います。周りにいる存在たちもその言葉を聞きます。「ボスの言葉を聞いた? それが素晴らしいと思っている。また同じことをやろう!」と言います。そんなこと考えたことはありますか? 細胞はあなたの話すことを聞いており、それが間違いなく起こるように一生懸命やります!

自分の言葉に注意してください。否定的な態度ではなく、アファーメーションをしてください。スピーチのパワーを知っている人は幸せです。あなたは誰ですか? 声に出して自分の名前を言ってください。「私は・・・です」。「は(am)」の所に力を入れてどういう感じがするか注意してください。どういうことなのか言いましょう。名前がポールだとして「私はポールです」と声に出す時、この「私は」という2文字は、あなたが誰かを明言する言葉です。“I AM”(私は)。「ポール」は、その上で、あなたが呼ばれるものを識別します。だから、3つの言葉で2つのことを明言しているのです。

話すことによって空中にエネルギーを創り出すのです。まさに元素は、宇宙レベルで“それを聞く”のです。皆さんは、壁にぶつかった時に大きな雑音を出すことには慣れています。落ち着いてください! 自分の喜びを声に出してください!

5. 自分の暗い所に挑戦する

これはドキッとするようなことです。でも聞いてください。自分の暗い所と戦ってください! 戦いを挑んでください。それはどういう時に直面するのか正直になって、その時を待っていてください。その時は、思い切って正面から向き合ってください。自分の好きでないところはありますか? もちろん、生まれてからありますね。きれいにしたい暗い所、捨てたい所、打ち勝ちたい所はありますか? では、そこに挑んでください。そのつもりになってください。本当に勇敢な自分になりたいですか? その時にはその暗い土俵で戦ってください!

こういうことをお話する理由は、自分の暗く怖い所は、表に出ないからです! そこは、光を怖れるあなたです。特に、益々強くなる所です。その暗い所に立って敢えて表に出せば、あなたは勝利します。すぐに、暗い中にいても、あなたは鼻歌混じりになるでしょう! 怖がらず、そういう状況でも笑っていられるようになります。今、そういう所を思い出せなければ、それはまさにそれは酷いエネルギーで、実際に神の意図を恐れているということです! 歪んだ所を調和させようとする思いがあればいつでも闇に打ち勝てます。勇気を出してください。あなたの暗い所は逃げ出します。出て来なくなります。

6. 自分には内なる天使がいる

自分の暗い所は臆病だと気がついたら、いつも一緒にいた天使を呼び出してください。それは、本当の自分を理解するためにそうするのです。自分の天使的なところを見ることは出来ないかも知れませんが、それが本当の自分です。その内なる天使を呼び起こしてください。その場合には、再度、言葉の持つパワーを使ってください。本当にそうしたい場合には、セレモニーを行ってください。

以上の方法が一つに結びついていくのが理解できますか? クリエイティブになり、他の人を助け、エクササイズをし、自分の話す言葉に注意をし、自分の暗い所に左右されないことを知って人生の可能性を感じ始め、ようやく、隠れていた自分の天使を呼び出す時に来ました!

これを読んでいる人、聞いている人、それはチャネリングのことだなと思っていませんか? ちょっと待ってください。人生からドラマがなくなったとしたらどうですか? どんな状況でも面と向き合うことが出来、本当の自分を知っているので100%大丈夫だと思えたらどうですか? 誰にも指図されず、自分の天使が責任をもつのです。天使が現れた時は、3番目のDNAのレイヤーが動き出します。前回そのことをお話しました。自尊心は問題ではなくなります。自分を知ります。それが、自分の神聖さを知って自立するということです。そうなると、人生には喜び溢れる状況が生まれます。

7. 結合する

最後の7番目は、反対のものと繋がることです。今地球では、地球、岩、大地、ポータルで進行していることは、皆さんと繋がり出し、融合する動きです。男性性と女性性が一つに結びつき始めています。男性はこっち、女性はあっち、決して同じではないと考えるのが当たり前だった、そういう性別に対する考え方が変わり始めています。それぞれがどちらかの性ですが、反対の性を認めて受け入れるようお願いしたいと思います。誰かのことを考えていませんか? そうではなくて、あなたの中にあるもう一方の性の性質を見て欲しいのです。

皆さんは両方の性で健康でバランスのとれた人生を送ることが出来ます。自分の中には反対の性の部分があることが分かって、その状態で生きていることが分かるようになります。肉体的には男女どちらかであっても、その相対立する考え方が調和してもっと素晴らしい人間になります。

このバランスがどういうことなのか言いましょう。益々一つになります! それは、意識の融合です。別の人間という意識が変わり始めるのです。ポータルとヴォルテックスがヴォータルになることについて話したことがあります。陰陽が一つになって今までになかったものが生まれると話しました。それが、人間の新しいバランスと調和です。今は、あまり理解できないかもしれませんが、女性がだんだん強くなり、男性がもっと繊細になっていると感じ、お互いを違った目で見てもっとうまくこの世界を共にすることができると感じている人がいます。相手を正反対とか敵対者と見るのではなく、スピリチュアル・ファミリーを見てください。自分の中にある反対の性を弱いものだと見なさないでください! 自分の中の反対の性の意識や感覚も必要であることを理解してください。その結果、違った目で見るので、大きな視点で考えられる調和した人間が生まれます。反対の性の相手の立場に立って考える、自分を素晴らしいと尊く大切に思えるのです! 今までそうではなかったので、私たちはこういうことは話そうと思っていませんでした。

そろそろ終わりに近づきました。今日来た人の中には、「十分ここで聞いたら、自分も変わるだろう」「癒やされるかもしれない」「ヒントを掴んで抜け出せるかも知れない」「今までのことにうんざりしている」などと思ってここに来ました。今日、皆さんは力を手にしました。読んでいる人、聞いている人に言いますが、ここで話をしたヒーラーに何か質問をしたとしたら、彼らは、力は皆さんの手の中にあると言うでしょう。ヒーリングする力の場合もあるでしょうし、怒りの力も、心配する力そうかもしれません。しかし、変わるのは皆さんです。これまで、自分に手を伸ばして自らを大切にして誇りに思え、それにともなってヒーリングが起こるような素晴らしい時は、今という時ほどありませんでした。

私たちはこの場所に何年かぶりにやって来て蒔いた種と、その時ここでしたことを祝いました。1989年、ここで、パートナーがクライオンの仕事を始めたことに感謝しました。今日までここに戻ってきませんでしたが、2003年の今、私たちはレムリア人を目覚めさせて、その結果皆さんは地球を変えています。今までお話したことの多くがその通りに起こりました。達成出来ると話したことがその通りになっています。でも私たちは、何も創りだしていません。皆さんがやったのです。私たちは、皆さんの大きな計画を見守り手助けをしています。

地球のグラスの半分が一杯になったと思える人、これから地球が変わる必要があると思える人は幸せです。新しい神殿を立てるためには、古い神殿を壊して土台を綺麗に磨く必要があることが理解できる人も幸せです。新しい神殿は、「ニュー・エルサレム」です。地球平和の例えを言ったものです。一方、1989年に私たちが話したことがその通りに起こるのかどうか疑問に思っていた人のように、2003年、私たちの話していることがどうなるのかと考えている人もいます。物事は、見た目とは違うことがあるのでしょうか? 歴史家は、この時代を、人間の意識が大きく変わり、大きく目覚める前の進化の時代だと位置づけ、地球はもっと平和になり始めると考えるでしょうか?

レムリア人だけが、それに答えることが出来るでしょう。

そして、そうなります。

 

Kryon