魂の闇夜 by マグダラのマリア

8153_532810256734677_1349428394_n

Mary Magdalene

魂の闇夜  

Pamela Kribbe 2012年10月16日

 

友人の皆さん、皆さんの姉妹である、マグダラのマリアです。親しい友人として皆さんのそばにいます。上の方にはいません、皆さんの心のなかでそれと分かります。少し深いつながりを感じてみてください。一つです。同じファミリーです。

私もまた地球で人生という旅をしました。そこで人生の淵を経験し、探求しました。明るく眩しい光が私を捉え感動したことがあります。それが夢を抱かせ、思い起こさせ、地球にもっと美しく素晴らしい世界を創りたいという憧れを抱かせました。地球で私は、両極端の光も闇も経験しました。その両極はひとつの両面です。言ってみれば互いがお互いを原動力にしているのです。人生はこの正反対のものと同じようです。光と闇。その感覚は正反対ですが、隠れた結びつきがあります。他方なしでは働きません。光の経験は光のない時に、闇という正反対が浮かび上がる時に可能になるのです。

闇から現れる時以上にはっきりと光が見える時はありません。朝一番に起きた時の陽の光、暖かい朝の光が世界に浸透します。本当に心に染み込みます。特に冷たく暗い夜が明ける時はそうです。コントラストがダイナミックな動きを生み出します。前進、成長、変化。闇は人生で役割があるのです。しかし、人間は闇を光のアンチテーゼと考えています。変化と成長の原動力とは考えません。捕まって動けなくなる罠のように考えています。その深い淵で光と繋がれなくなったかのように考えます。光が断ち切れてしまったかのようです。

光を絶たれた心の状態は、人生が無意味になり目的がなくなった感じになります。それは事実上死です。死というあり方は、肉体の死ではなく、気持ちや思考の動きが止まる、止めることです。実際、死はありません。魂は永遠に生き続けます。あなたにとって死とは、形だけのことです。エッセンスは永遠で死にません。しかし、一時的に内面の動きが硬直して動きを止めてしまうくらいに自分のエッセンスを失うことがあります。内面が死に、酷い落ち込みを感じます。これが酷く辛い状態のことです。

少し私にお付き合いください。一緒に欝状態に陥って、広い心でそれを調べて見てください。希望をすべて失い、中から出てくる感情に対してどうにも出来ない無力感を感じる時は何が起きているのでしょうか? この鬱症状は通常外部の混乱や崩壊に導くような出来事が引き金になります。それまでの考え方では捉え切れないような出来事です。それによって、その人の人生はすべて分からなくなり、確実なものが何ひとつなくなります。それは大事件です。身内の死や病気、仕事を失う、関係を失うなどです。このような出来事は深い影響を与え深い淵に落とし入れます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について