タイムラインのエネルギーとPTD by 大天使ミカエル

2016-9-17に掲載しましたが、再度トップに掲載します。

reality2

大天使ミカエル

タイムラインのエネルギーと

タイムライン跳躍後ストレス障害(PTD)

 

Celia Fenn 2014-4-16

 

光のファミリーの皆さん、沢山の人が今のエネルギーで大変苦労しています。少しおかしいと思いながら現実に対して、「どうなってるの?」と思っています。

またある人は「私はここで何をしているのか?」と私たちに聞いています。そこで「新しい現実」「新しい時間と空間」について質問・疑問にお答えしたいと思います。

2012年の大ポータルを通過した時に皆さんは、時間と空間との関係が完全に新しくなったということを理解してください。沢山の人が「レインボー・ライト・ワリアー(虹の光の戦士)」になりました。そして時間と幾つものタイムラインに関係し、タイムラインを大きく越え(クォンタムジャンプし)始めました。それが地球で新しくやっていることで、非常に混乱したり不安になったりしていることなのです。人間としてはこのような時間感覚と創造に取り組むのは初めてのことです。なので、今自分のライトボディと多次元的存在を起動させて新しい現実を理解できるようになろうとしているわけです。

幾つもの現実・タイムラインとクォンタムジャンプ

そこでこの新しい時空の現実の性質についてお話しましょう。光のファミリーの皆さん、3次元の古い現実では一つの「地球」と一つのタイムラインがあると思い、時間は過去現在未来というように直線上で動いていたと思っていました。

多次元のリアリティになった今、実際に地球のリアリティは幾つもあり、アセンションの過程でいろいろな可能性が生まれます。幾つものタイムラインが空間の中でスパイラル状になって時間を形成していますが、その複数のタイムライン上で様々な可能性が模索されるのです。

皆さんはこの色々な地球のリアリティの中にいて、同時に幾つものタイムラインを経験していると言ったらどうですか? 皆さんは必要に応じてそのタイムラインを行き来できると言ったらどう思いますか? 皆さんはタイムトラベラーで、しかも、アセンションの過程で意識的にタイムラインを形成する責任があると言ったら、どう思いますか?

虹の光の戦士のチームは地球でまだ試したことのない一番大きなクォンタムジャンプの実験をしましたと言ったらどうですか?

タイムラインのシフトと飛躍の必要性

かつて、ハイヤーセルフが皆さんに別のタイムラインに移行することを要請した時は、「死」によって地球を離れる必要がありました。その後、別のタイムラインに別の肉体で生まれるのです。それがそれぞれのタイムラインの周波数が違うということです。かつてはタイムラインを変えると、精神と肉体は離れました。

アセンションと変容の過程を進み、ライトボディを活性化し、松果体のスイッチを入れたので、皆さんは余りストレスなくタイムラインを飛び越えることが出来ます。全くストレスがないというわけではありません。ある程度は感じます。でも「ダイヤモンド・コード」という私たちのガイドラインに沿って行けばすぐに新しいタイムラインがしっくり来るでしょう。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

One thought on “タイムラインのエネルギーとPTD by 大天使ミカエル