ガイアの刷新 by クライオン

maxresdefault

ガイアの刷新

Lee Carroll 2012-3-18

オーストラリア メルンボルン

 

こんにちは皆さん、クライオン・マグネティックサービスです。目の前のファミリーの皆さんのことは知っています。だからもう一度言いますが、誰がここに座り、誰がこのメッセージを聞き、誰が読むことになるかに関して何も謎に包まれたようなことはありません。皆さんとっては今という現実しかありませんが、全部が時間のない状態にあるのです。私は時間のないクォンタム状態にいて、そこでは誰がこれを聞き、読むのか、その可能性が詰まっています。だから皆さんには今この会場ににいるように思えても、私には全部が今なのです。

皆さんを何千年も前にお連れできたらと思います。ゆっくりと時間が戻り、ビルが消えていき、すべて粉々になり、先住民が姿を現します。その時に先住民のしていることを見ると、2つの重要なことを言っており、それは彼らにとって大切なことです。1つ目は、先祖を大切にすること、2つ目はガイアを大切にすることです。

先住民のエネルギーは土地に向いていました。食料や水をくれる土地ではなく、地球の大地のエネルギーそのものです。彼らの生活について知っている人は私が何を言っているのかが分かると思います。世界中の先住民に違いはありません。それは、彼らがガイアは母なる地球というエネルギーであることを直感的に知っているということなのです。そしてガイアが人間社会に繋がっていました。ただ今のように複雑なものではありませんでした。彼らは圧倒的なエネルギーを地球と繋がり、亡くなった先祖のエネルギーとも繋がっていました。

今日、そのような協調関係はまだ生きており、変りつつあるということをお話したいので先ほど触れました。彼らのしかたことについては分からないかも知れませんが、いまだにいろいろな点で協調関係が続いています。皆さんには不可解です。それが分かるようにその全体像、システムとそれがどう働いているのかをお話したいと思います。なので、人の分子レベルから始めても驚かないでください。

ガイアと人の結びつき

こういう前提があります。「意識が通用する所に、ガイアあり。ガイアが通用する所に、DNAあり」。皆さんが思う以上の関係があります。先住民は雨乞いをしませんでした。収穫の祈りをしませんでした。神を崇めませんでした。彼らの現実では地球を感じ、自分と同じだ、繋がっていると知っていました。それがすべてでした。だからいつも地球とひとつでした。雨も実りもガイアとの共同によるものでした。繋がる儀式を行いましたが、お願いの祈りはしませんでした。欲しい物が手に入らないと、繋がっていないことを知りました。現代の人は、そのような傾向を失っています。しかし、この繋がりは今だに生きており、働いています。(クライオン字幕「アファーメーションのパワー」参照)

では、DNAについてまたお話しましょう。DNA分子はユニークです。人のDNAはすべてに対してユニークです。動物が持たない、神聖さを補完します。ある特定の動物はたくさんのものが備わっています。動物でさえ転生するようになっており、人間という皆さんのために生まれてきます。しかし、動物の魂は皆さんの魂とは違います。皆さんのような神聖なスパークは持っていません。動物のサイクルは皆さんを助ける愛のサイクルです。

ペットの生まれ変わり ~ガイアのシステム

めったに話したことのないことをここでお話します。知っておいてください。地球の全システムは皆さんを軸にして巡っているのです。これは、人間のすることにガイアが反応する際、人間がより良く生きやすくするためのサポートシステムです。動物が好きな人は、その生命は非常に短いことを知っています。このチャネリングが本物であると思っている人は、次のことを信じてください。皆さんが愛着を持つ動物たちはまたあなたのところに戻ってきます。その魂は、あなたが求めればまさに愛の物語を続けて、また皆さんの目に止まります。それが、慈悲のサポートシステムで、人の中にある神聖さを大事にするのです。人間のDNAには私たちが何年もお話してきたようなクオンタムな性質があります。知っていますか? 私のパートナーはそのことについて昨日話したばかりです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

One thought on “ガイアの刷新 by クライオン

Comments are closed.