時空を超える by ハトホル

素晴らしいメッセージです。時空を超える体験が一時的妄想や幻覚でないことが確認できます。サウンド瞑想のリンクは最後にあります。

ハトホル

5次元の眺め

時空を超える

 

トム・ケニヨン 2015-4-20

 

高次元意識に入るには、時間と空間の既存の見方を根本的に変える必要があります。

それが見方の転換ですが、その理論と実践テクニックをお話したいと思います。このテクニックには、私たちが作成した瞑想サウンドを使用します。

理 論

高次元を見る方法はたくさんあります。ここでは、高次元のリアリティに移行するにあたって次元と直面する問題についてその基本的概要をお話します。

肉体は3次元と4次元意識に繋がっています。

3次元は極めて当たり前の世界になっています。神経系はこのリアリティに敏感に波長を合わせた状態です。脳・マインド・肉体はこの物質的リアリティに波長が合います。肉体で生存するには、周りの場を移動することが不可欠です。更に、体とマインド、意識は時間を見るその見方に繋がっています。

しかし、高次元の意識はそれに拘束されません。高次元意識は時間と空間の制約を受けないのです。そのために、皆さんの高次元のボディ(体)は何らかの塊でも物質でもなく、したがって重力場の影響を受けません。

時間は重力場から大きな影響を受けます。更に、時間に関する見方は条件付けされています。殆どの人は、重力場と社会的条件づけによって、時間と空間の束縛の中に置き去りにされる結果になっています。

現実的には、皆さんの経験する“リアリティ”は皆さんの一致する波動レベルの結果なのです。高次元意識に一致する時は時間と空間の制約から自由になり、もっと流動的なリアリティで動きます。

肉体レベルだけに一致している時は、思いや目的意識など全てがこの時空に囚われます。

ここでは、日常の時間と空間に束縛された現実社会にいながらも、既存の時空の見方という束縛から意識を高次元に転換する方法を案内します。

しかし、その方法をお話する前に、もう少し理論的な面について立ち入る必要があります。

私たちからすると、時間は4番目の次元です。 私たちには空間と時間は密接に関係しています。科学者は、巨大な物体が重力場を生み出し、時間と空間の両方を変化させるというアインシュタインの理論を認めてきました。

私たちにとって、5次元はこの時間と空間(3次元と4次元)の制約を受けない最初の意識の次元です。5次元にいる存在には物質はなく、したがって重力場の影響を受けません。

5次元には物性自体はないものの、形や客体的なものはあります。しかし、皆さんには、5次元の形は一過性で実体のないリアリティのように思えます。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。