意識の移行期 -ⅠⅡⅢ by ハトホル

 

ハトホル

意識の移行期 

 

Tom Kenyon 2011-4-20

 

本質的に混沌とした転換期は、意識の移行を起こします。意識の移行期は認知的な目印(マーカー)が消失する時に現れます。それが消失する時、あなたは、ゼロの状態に入り、そこで古い現実は最早存在しないか、根本的に変わってしまったかのような状態になります。しかし、新しい現実はまだやって来ていません。

皆さんは、混沌とした激しい転換期の局面に入りこんだので、この移行期について、私たちの見方をお伝えしたいと思います。皆さんは、この情報を自分自身のために活かすことが出来ると思います。

そこで、この移行期を主に3つのカテゴリーに分けてお伝えします。

1)      個人の移行期

2)      集団の移行期

3)      肉体の死(故郷への移行)

 

個人の移行期

まず、個人の移行というものがどうなるのかを見てみましょう。現実がどう変わったのか、その見方が決定的になります。

現実の見方、捉え方が個人の創造の基本です。個人の見方は文化、時代、場所、環境といった集合的な認識によって影響を受けます。しかし、現実かどうなっているかという見方そのものが、あなたの創造の結果なのです。

あなたの見方は普段見ているその習慣に依存します。殆どの人がそうです。特定の具体的現実を経験することに慣れて、それがいわば自分がどこにいるのかを物語ります。朝起きて時計を見る。集合的な「時間」の見方がすぐ目の前に現れます。この幻想に入ろうと選択するか否かは、個人の選択です。事実、精神的に達成しているかどうかの目印の一つは、その本質をはっきりと理解しながら、社会的文化的幻想を見抜lく能力のことなのです。

個人の状況が劇的に変わる時は、今までのものの見え方が消えたり、違ってきたり、再編されたりする傾向があります。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

時空を超える by ハトホル

素晴らしいメッセージです。時空を超える体験が一時的妄想や幻覚でないことが確認できます。サウンド瞑想のリンクは最後にあります。

ハトホル

5次元の眺め

時空を超える

 

トム・ケニヨン 2015-4-20

 

高次元意識に入るには、時間と空間の既存の見方を根本的に変える必要があります。

それが見方の転換ですが、その理論と実践テクニックをお話したいと思います。このテクニックには、私たちが作成した瞑想サウンドを使用します。

理 論

高次元を見る方法はたくさんあります。ここでは、高次元のリアリティに移行するにあたって次元と直面する問題についてその基本的概要をお話します。

肉体は3次元と4次元意識に繋がっています。

3次元は極めて当たり前の世界になっています。神経系はこのリアリティに敏感に波長を合わせた状態です。脳・マインド・肉体はこの物質的リアリティに波長が合います。肉体で生存するには、周りの場を移動することが不可欠です。更に、体とマインド、意識は時間を見るその見方に繋がっています。

しかし、高次元の意識はそれに拘束されません。高次元意識は時間と空間の制約を受けないのです。そのために、皆さんの高次元のボディ(体)は何らかの塊でも物質でもなく、したがって重力場の影響を受けません。

時間は重力場から大きな影響を受けます。更に、時間に関する見方は条件付けされています。殆どの人は、重力場と社会的条件づけによって、時間と空間の束縛の中に置き去りにされる結果になっています。

現実的には、皆さんの経験する“リアリティ”は皆さんの一致する波動レベルの結果なのです。高次元意識に一致する時は時間と空間の制約から自由になり、もっと流動的なリアリティで動きます。

肉体レベルだけに一致している時は、思いや目的意識など全てがこの時空に囚われます。

ここでは、日常の時間と空間に束縛された現実社会にいながらも、既存の時空の見方という束縛から意識を高次元に転換する方法を案内します。

しかし、その方法をお話する前に、もう少し理論的な面について立ち入る必要があります。

私たちからすると、時間は4番目の次元です。 私たちには空間と時間は密接に関係しています。科学者は、巨大な物体が重力場を生み出し、時間と空間の両方を変化させるというアインシュタインの理論を認めてきました。

私たちにとって、5次元はこの時間と空間(3次元と4次元)の制約を受けない最初の意識の次元です。5次元にいる存在には物質はなく、したがって重力場の影響を受けません。

5次元には物性自体はないものの、形や客体的なものはあります。しかし、皆さんには、5次元の形は一過性で実体のないリアリティのように思えます。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

歓喜とハート by ハトホル

ハトホル

歓喜とハート

Tom Kenyon 2005-4-18

ここで、ハートに意識を集中させてエクスタシーを起こすことについてお話ししたいと思います。ハートチャクラのことではなく、心臓の筋肉そのものです。このテクニックでは感謝、有り難いという気持ちで意識を集中します。

心臓に注意を向けるとすぐに微妙なエネルギーが流れるのが分かるかもしれません。

意識を集中するとそれがヴォルテックスの中心のような働きをします。実際、体とその周りのエネルギーフィールド、いわゆるオーラにその中心が生まれます。

意識を集中させる力というのは、単なる大脳活動ではありません。意識の様々なレベルが動き出します。体やエネルギー・フィールドに意識を集めると、すぐに微細なエネルギーが流れだして細胞を生き生きさせ、エネルギーフィールドを構成する光の繊維が輝き出します。

意識を集中すると、いわゆるクォンタムフィールド効果、陽子、電子などの亜原子レベルでワープが発生します。このフィールド効果は独自のエネルギーや幾何学、高調波を起こします。

意識を集中させてクォンタムフィールドを変えることは重要な能力ですのでマスターしてほしいと思います。その活用法は限りなく、歓喜(エクスタシー)を起こすのはその中のひとつです。

ここでは、有り難いと感じる気持ちや感謝の念をもって意識を集中させます。そのような感情はエネルギー・フィールドと心臓のリズミカルな磁場にコヒーレントな影響を与えます。意識を集中しながら混じり気のない(コヒーレントな)感情を持つことで高いエクスタシー状態が生まれます。前にお話したように、意識をエクスタシーの状態にすることは進化を促進する重要な力になります。是非、エクスタシー状態でいられるようになってください。普段なかなかそのような状態になれないのは分かりますが、時間を見つけて1回につき数分でもいいですから練習をしてみてください。僅かな時間でも何もないよりはましです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

インナー・サン瞑想 by ハトホル

a9cdaac2b4349c012447a568655abdfe

ハトホル

インナー・サン サウンド瞑想

Tom Kenyon 2014-1-11

 

ハトホルによれば私たちのライフ・フォースは太陽神経叢(第3チャクラ)で生まれ、そこから体全体にライフ・フォースが放たれ、第1、第2チャクラに降りて行きセクシャルエネルギーだけでなく意識を上昇させる初源のパワーになります。

このサウンド瞑想によって太陽神経叢が活性化し、意識に直接影響を与えるライフ・フォースの質が向上します。

ついこの間NASAが太陽の磁極の反転を観察してすぐに、ハトホルは2009年のハトホル・インテンシブの時に行ったサウンド瞑想を取り上げるように言いました。

そして、その時の瞑想の初めと最後を編集し中間の部分はそのままにしました。特に今太陽の磁極がシフトした時にこのサウンドが太陽神経叢に有効であると言いました。

ハトホルは当初から太陽は人間の意識の変容に極めて重要であると言ってきました。

太陽のシフトは人間の将来に非常に大きな意味を持っており、今、自分のインナー・サンに取り組む上で格好の時というのが彼らの見解です。

このサウンド瞑想は自分のライフ・フォースを増大させてボディ・マインド・スピリットを連結させる際に効力があります。

NASA image acquired April 12-13, 2010 Huge Eruptive Prominence The STEREO (Ahead) spacecraft caught this spectacular eruptive prominence in extreme UV light as it blasted away from the Sun (Apr. 12-13, 2010).  This was certainly among the largest prominence eruptions seen by either the STEREO or SOHO missions.  The length of the prominence appears to stretch almost halfway across the sun, about 500,000 miles.  Prominences are cooler clouds of plasma that hover above the Sun’s surface, tethered by magnetic forces.  They are notoriously unstable and commonly erupt as this one did in a dramatic fashion.  The video clip shows about 19 hours of activity. To learn more or donwload the high res files go to:  http://stereo.gsfc.nasa.gov/gallery/item.php?id=selects&iid=122 NASA Goddard Space Flight Center  is home to the nation's largest organization of combined scientists, engineers and technologists that build spacecraft, instruments and new technology to study the Earth, the sun, our solar system, and the universe.
NASA 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

高次世界の川-世界瞑想10/2 by ハトホル

高次世界の川

世界瞑想10/2

Tom Kenyon 2016-8-15

 

前回のアエセリウムでサウンド瞑想を提供しました。体とマインドのストレスを軽減し調子を整えることで混沌著しい世界を進めるようにするためでした。

今回は、もう一つの「高次世界の川」というサウンド瞑想をお伝えしようと思います。その目的は、感情と精神面に深く滞留した否定的な毒性を浄化できるようにするためです。

皆さんの世界はますます大きなカオス・ノードを進むにつれ、それに応じて敵意・敵対心が増大しています。この感情の毒性は広がっているために、精神的に最も進んだ皆さんにも影響を与えます。

このサウンド瞑想の進め方に入る前に、重要かつ複雑な問題について説明したいと思います。できるだけ短く簡潔にお話しします。

次元の傾向

感情が強く反応し、そこで何かを考えると、特殊な意識の次元に入り込みます。その次元というのは、ある波動のエネルギー場で、自分も含め同じ感情と考えを持つ人たちによって創られた、一人一人とは独立に存在する「場」です。

2つの感情を例にあげましょう、怒りと憎しみ。私たちから見ると、人類全体が極端に偏った感情を経験しています。何かが起きて怒りを感じると、体の神経系の反応は変化します。怒りがエスカレートして憎しみに発展すると、非常に有毒な次元のリアリティに踏み込みます。次元のリアリティは相互に繋がっているので、自分と同じ感情エネルギーでいる人すべてとそのエネルギーを共有します。

この点について細かく見て行きたいと思います。怒りが悪いわけではありません。時に、怒りはある状況に対する自然な反応です。ここで一線を引く必要がありますが、しかし、怒りが増幅して憎しみに変わると、精神に有毒になるのです。

「次元の傾向」という言葉は、人間も動物も習慣や癖になった捉え方と感情を持ち、それは根深いものです。それを、「傾向」と言います。その傾向で同じような、抑うつ、敵意、憎しみなどの感情的反応を繰り返し引き起こします。この3つを、多様で豊かな経験の中の「ネガティブ」な感情の次元と呼びます。

「次元の傾向」の問題は、その傾向によって、人生が、意識的創造ではなく、無自覚的な習慣や癖になった思考パターンと情緒的反応に染まるということです。

優しさや思いやり、自己愛といった次元の傾向はポジティブな影響を与えます。このプラスの傾向については別の時に話します。ここでは、次元の傾向の否定的な面について説明し自分を知ってほしいと思います。

次元の傾向は、真似や模倣などで伝わります。その意味で、伝染性があります。例えば、ある人の憎しみの情が強くなると、理由は何であれ、憎しみやすい次元の傾向を持つ他の人も憎しみが掻き立てられます。

私たちから見ると、皆さんの世界は悪意や恨みに満ちて来ました。感情的精神的毒素が溢れています。この「高次世界の川」というサウンド瞑想の目的は、深いところに溜まった情緒的精神的毒素を浄化する、非常に重要な作業を援助するものです。

そのような感じ方は、この人生や他の人生での否定的な経験から生まれます。人生で頂点を形成した歴史は、体・マインド・エネルギー場の細胞の記憶に刻まれます。このサウンド瞑想は、川の音とサウンド・コードを使います。サウンド・コードは、私たちハトホルが光の世界から発生させました。また、マグダラのマリアの声によって発生させています。彼女も、光の世界で創ったサウンド・コードをもたらします。溜まった精神的情緒的毒素を深く穏やかに解放するために、上のような構成で皆さんを手助けしようと創られました。

この瞑想には2つの、個人と全体に関わる側面があります。先ず、個人について説明します。

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

アエ―セリウム by ハトホル

482937_367009713381090_723542545_n

ハトホル

アエ―セリウム

Tom Kenyon 2016-6-26

 

背 景

皆さんの世界の不安定化については私たちの考え方を前回お話ししましたが、かつてないほど加速しています。それによって肉体、メンタル面、感情面に強いストレスがかかっています。

今回お話ししたいのは、増大するカオスの中でボディ・マインド全体を良好な一貫した状態にする実践的方法です。

多くの皆さんが経験している変化というショックの波は、根を張って来た植物を別の鉢に植えかえることに例えることが出来ます。心理的、肉体的な根っこは今現在の現実にびっしりと根を張っています。例外はあるものの、ほとんどの人は、今経験している移行・転換は極めて抗いがたいものだということが分かり始めています。

本当だと思ってきたことの多くが、実はウソであることが明らかになりつつあります。自分を守ってくれると頼って来た組織の多くが、狡猾であり油断も隙もないことが明らかになりつつあります。周りで起こる変化が複雑化し、しかも自分ではそれをコントロールできないためにストレスを感じ、それだけで人と人の関係が張り詰めています。それによって、肉体の中では否定的、破壊的なパターンが生まれます。つまり、肉体は、メンタル、感情も含めて周りのストレッサ―(ストレス要因・刺激)に反応(ストレス反応)しているということです。

根を張った植物の話に戻しますが、すべての意識ある存在には、それ自身が現実を捉え、考えた通りの現実に結びつく精神的心因的な根を持っています。余りに固く根を張りすぎると、花を咲かせることができません。逆説な言い方をすると、根っこをもつ植物をもっと大きな鉢や容器に植え替えると、成長するスペースが出来ますが、却って一時的に混乱しどうしたらいいか分からない状態に陥ります。もっと根を広げるスペースがあるのだと分かるには一定時間がかかります。本当だろうかと思う人もいるかもしれませんが、皆さんは実際にもっと成長が加速するような時期に来ています。それは、皆さんが多次元のスペースに広がろうとしているからです。つまり、皆さんの鉢はもっと大きくなっているのです。それでも内心では、ますます狭くなっていると感じています。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

不安定化 by ハトホル

meek

ハトホル

不安定化

Tom Kenyon 2016-2-7

 

皆さんの世界は、程度・範囲において計り知れない不安定期に入っています。

今まで、カオス・ノードについてお話ししました。カオス・ノードは予想外の連鎖的に発生する無秩序な変動のことです。また、多くのカオス・ノードが出現していることも話しましたが、その相互作用によって不安定化が増大しているということですが、今回その不安定化についてお話します。

(「カオス・ノードの増大と3次元リアリティの瓦解 by ハトホル」2014-10)

 

世界の不安定化は、生態系、社会、個人レベルで起きています。

生態系

地球の環境が、実質的に汚染されています。海洋の酸性化、殺虫・駆除剤、化学物質などの過剰投与、化石燃料の過剰使用によって、広大な地域において生態系のカオス・ノードが生まれます。事実、地球は6回目の絶滅」の初期段階に突入していると考える科学者の数がどんどん膨らんでいます。

この問題による結果について触れていきますが、まず、他の2つのレベルについて話しましょう。

社会レベル

皆さんの社会は非常に変わりやすく不安定化している状態に入っています。その状況は複雑ですが、最も基本的なレベルでは、皆さんは社会的文化的な価値観の崩壊を経験しています。それだけでなく、気象変動や戦争両方の影響によって難民や移民が発生しています。その中には、環境要因と、陰で権力当局者が操作していることが原因となっているケースがあります。

個人レベル

このレベルはこのメッセージを読んでいる皆さんについてです。

個人レベルにおいても状況は複雑で、幾つかのレベルで生じています。その一つは、今話した、地球環境の汚染に関係しています。気象変動森林伐採の結果、新種のバクテリアウイルスが世界中に蔓延しつつあります。

このような微生物の動きは、のろくはありません。その生物は進化する知的生物で、急速に進化して、今の医学的方法ではそれに対処して無力化できないほど、非常に急速に進化しています。

個人の安定化を図る際の2つ目の問題は、磁場のシフトと次元が変わることに関係しています。今、そういうことが地球で起きています。神経系は、生体電磁気的システムの原則にのっとって機能するので、神経系のネットワークが、そのような変化変動で不具合が生じています。中には、特にエネルギーに敏感な人は、他の人よりこの問題が起こりやすくなるでしょう。しかし、その現象はますます広がって誰にでも起こります。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。