フェミニン・パワーを起こす by マーリア

光の灯台 ~ Reminders from Home

2017-3-15

3極意識

フェミニン・パワーを起こす

Steve Rother

 

こんにちは、皆さん

今日、こころを広げてやって来ました。私は、マーリア(Merlia)です。男性と女性との間にある重心を元に戻してバランスをとる手助けに来ました。地球は、今、女性エネルギーを求めて悲鳴を上げています。地球は非常に長い間バランスを欠いてきました。今や、あらゆるものを変更する環境とチャンスがあります。皆さんが後退する波の中にいたのは非常にはっきりしており、皆さん自身そのことを非常に心配してきました。進歩とは逆向きに物事が進行して来ました。それが1か所ではなく、世界中で起こりました。極めてシンプルなのは、恐怖心からそういうことが起きているということです。人間が恐れると、進化していても後ずさりします。それが地球全体で起きました。でも皆さん、私たちは全く心配していません。なぜか? 時空が交差する最も重大なところで私たちは一番パワフルな人たちを配置してこの波を変えられるようにしたのです。もちろん、その人たちはこの波のあらゆるところをシフトさせ、進化させます。

フェミニン・パワー=地球のクリエイティブパワーの基本

まず第一に、良い波、悪い波と思わないでください。物事が現実の中を行き来しながら最終的に一方向に進むもの(エネルギー)をと呼びます。皆さんは理解できないくらい大きな進歩しています。今、そう感じられなくても進歩しています。皆さん、地球の基本となるクリエイティブなパワーの、女性パワーをもっと理解してエネルギーにバランスをとれるように手助けしましょう。男性、女性どちらの体であっても、全員が女性という側面を持っています。女性パワーがこれからの自分の最も大きな強さになっていきます。男女の力についてはいつも知ってはいても、その両方の力を信じ、思い通りに活かし方については必ずしも分かりませんでした。それが、多くの人にとっての課題でした。でも今は、地球で女性エネルギーを使うチャンスがあるので、課題を克服する時です。ある程度皆さんはそのことを感じているでしょう。日々の気怠さやドラマを抜け出して時間と労力を奪う問題がなくなるようなエネルギーが自分の中にあることに気づくようになります。皆さんには課題だけでなく進歩している点もあります。だから、両方を見るようにしてください。特に来月(3月)は、皆さんにエネルギーを送りますので、自分を励まして元気にさせるきっかけを探し出してください。ベールのこちら側にいる私たち全員が素晴らしいエネルギーを皆さんと共有して行きます。私たちは皆さんをあっちかこっちかに動かそうと言うのではありません。地球の自由意思に干渉することは出来ません。私たちは、最高のエネルギーを皆さんに送って、肉体でいても夢から目覚められるようにしたいと思っているのです。そうすれば、自分にはベールの向こうから持ってきた夢や希望があるのだということを改めて理解していけます。そういうわけで、まさにここにいて故郷の素晴らしいエネルギーを根付かせて定着させることが出来ます。ライトワーカーは人生の様々な段階にいて、あらゆる信念を持ち、地球至るところにいます。皆さん、地球が変わる時に、皆さんは地球のエネルギーを支えています。

ユニークな光の風味

皆さんは常に地球で生まれたエネルギーをしっかり掴んできました。クジラ目、クジラやイルカ、その哺乳類全体が非常に長い間地球のエネルギーを支え、固定してきました。何年か前に、その役目が人類に渡りましたが、今皆さんは、地球の緊張レベルが耐えきれなくなる時が時々あるので、今、地球のエネルギーと格闘しています。でも地球のエネルギーを固定させることが皆さんに求められていることです。皆さんは単にここに来るだけでなく、楽しくやりたいためにサインしたのではなかったですか? 故郷から自分なりに、自分なりの風味の光を持ってきました。でも、光は風味ではなく色だと考える人もいますが、皆さんが感知し表現できる色は狭い範囲に限られます。皆さんは、どの光がどんな風味であるかはほとんど表現できません。そういう風に考えられませんが、闇を見る時は、明かりをつけることは出来ます。知らないものは、知識を使って輝かせます。光は闇よりもパワフルです。自分の光を一番輝かせていることが分かりかけています。他の人には見分けがつかなくても、まるで自分の光で特定の物事を選ぶように特定できます。物理においても、光にはそのような働きがあります。ものを見る時は、目を開けた途端にすべてがその場にあります。至る所がカオスであっても、意図を明確にして見れば、自分の光の風味を伝えようと意図すると、カオスは違う形になります。何かを見ながらこっちでは「本当にこれは問題だ」と言い、他方では、向こう側では別の風味に注目して同じ問題に対して全く別の解決策を提案します。

2017年の4大エネルギーシフト

地球自体のエネルギーはバランスが取れていますが、皆さんの方はバランスが崩れています。事実、かなり崩れています。それが私が手伝おうとしていることです。地球のバランスを整えるのは私の役目ではありません。皆さんが思い出せるようにすることが私の仕事です。皆さんは翼を外してベールを被ると決めました。それで自分を思い出せず、本当はそれまでどこにいたのかも忘れました。自分では想像できないほど、皆さんは立派です。これから進もうとしている皆さんは立派です。実際、大きく変わろうとしています。今年は、大きな変化があります。進んでください!

第1波

前に話した通り、2017年は、大きな変化が4つ起こります。一つ目は、3月初めに起きました。エネルギーが動きはしましたが、波のようではありませんでした。波というのは、最初の波は強烈になるのが普通で、初めにすべてのものを変えてしまいます。その後、だんだん勢いがなくなります。3月の波はそれと違っていてゆっくりです。特に上旬のエネルギーは動物が順応してアンカーします。皆さん、地球で一緒に暮らす動物やともに過ごしている動物に特に注意してください。私たちから見れば、動物を“所有出来る”と思えるのは凄いことです。

実際、動物は、人間が動物とは違うやり方でエネルギーを吸収できるように、変化するエネルギーの基本を支えています。人間は動物たちと一緒に関わっており、人間も一部です。つまりは、人間はスピリットを持つ動物という分類になるわけです。動物との関わりは長い歴史があります。注意して見てください。皆さんは、友人の動物たちが健康で長生きできる状態でいるために、必要なことをしてあげられます。動物たちは間違いなく支えてくれています。混乱した時に頼りになっています。

大きな変化が起きていることに気づくようになる時には、メディアで報じられるいろいろなドラマに関心を持つ必要はないということを忘れないでください。皆さん自身は問題ありません。今の時点で正しいところにいます。だから、重大なところで自分の光を地に根付かせることが出来ます。何とかして進もうとしてきた人がいますが、阻まれる時があります。夢を追って向こうに行きたいのですが、一歩も動いていないように見えるのです。皆さん、まだゴールしていないので、その時に行き詰ったと思います。だから、その時に、何かを終わりにさせる、そういう変化を探してください。長い間会っていない人たちもいて、それも多分終わりになる関係でしょう。また一方では、たった1回話しただけで、元の自分に戻れる変化が起こる、そういう関係もあるのです(長いことは問題ではありません)。今年の4回のエネルギーの波がやって来て根付いていく時に、そのような変化がたくさん起こります。

第2第3波

2番目の波は、5月10にやって来ます。3番目7月28で8月いっぱい続きます。その後も対応することがたくさんあるでしょう。4番目は、おそらく10月中旬から11月中旬のどこかでやって来るでしょう。今の段階では、そのタイミングは流動的です。その時のタイミングは、他の多くの波の到来とそれが人間に根付いていく程度に関係しています。エネルギーがやって来る時には、決まって、自分のいるところが浸食されると思うので、人は波とエネルギーから逃げ出します。本能的に自分を守ります。だから、他の人が理解できるようにしてあげてください。その波の中に立ってエネルギーを吸い込んでください。他の人に自分の行動如何で元気になることを教えてあげてください。それから様子を見てください。誰もが必要以上にネガティブなことに関わってしまいますが、関わらないでください。そうせずに、自分の光をしっかり手にしてください。皆さんは、真っ先に故郷から光を持ってきたのだということを思い出して(Re-member)ください。やって来た時にその光のエネルギーを感じてはいましたが、あまり使い方について分かりませんでした。年齢を重ねて成熟してくると、夢から目覚め始めました。そして、地球上が流動的になる時に正々堂々としています。すべては動いていますが、皆さんは光のアンカーポイントなのです。簡単にできることではありません。だから立派です。簡単に決断できることではありません。何回もの生涯でそのことと格闘してきて、やっと決めた人もいます。皆さんは、かつてどこにも存在しなかったほど、最も素晴らしい天使です。勇気を出して敢えて翼を外し人間の振りをし、肉体を身に纏ってゲームを演じました。私たちには、皆さんが地球に与える素晴らしい影響力を伝えること以外何もできません。だから、それが私たちの役目でした。

流動的な第4の波

私は、多くの皆さんと一緒になって波に乗って最後の波に備えられるように手助けして行きます。今年の変化は簡単に済ませることが出来ます。困難にする必要はありません。

私は本当に長い時間待ってきましたが、このようにご挨拶が出来て光栄です。故郷の私たち全員は、皆さんをこよなく愛しています。皆さんは故郷から光を手にしてきました。地球でその光を灯す場所を探し、思い切って光になろうとしています。

お互いに尊敬の念を持って接してください。お互いに育み合い、よく演じ合ってください。私はマーリアです。いつか私に会いに来てください。

 

Espavo.

人生の第7ステージ by ザ・グループ

周りは光が点滅する雑踏です。静かになったと思うと奇妙な暖かさが追い越していくのを感じます。 たった今あなたは、自動車事故に遭ったことに気がつきます。目の前に腕が延びて来ました。その手をつかむと、人の手ではないと分かります。・・・自分が死のうとしている現実を受け入れています。 その次の瞬間、地球の一番高い地点に達して、目の前に優雅に広がる壮大な眺めを観ています。すべてが美しい、その時そう思えます。

その素晴らしい一つ一つのゲームを演じることは、あなたに与えられたギフトです。「辛い」「苦しい」と思っていたことでさえも、美しかった、そう悟り、そのような地球での経験を取り消そう、などと一瞬たりとも思いません。ゲームが毎日進行する中、眼下の谷を見ながら、地球と呼ばれる美しい場所の一部であったこと、その僥倖に感謝するのです。(ザ・グループ「波動の統合」2000年9月)

光の灯台 ~ Reminders from Home

2005年 7月 15日

 

人生の第7・最終ステージ 

実践 魔法シリーズ 最終章

Steve Rother

 

故郷からご挨拶

ベールをどかす

皆さん、エネルギーは仰天するほどです。皆さんが今日魔法を創ったからです。私たちはその魔法の空間に入り、この機会に、皆さん自身、自分が見られるよう手助けします。皆さんは、ベールを被るためにここに来ました。自分が誰か分からなくし、お互いにぶつかり合って素晴らしい神のゲームを演じています。その神も自らを隠し、自らを探しています。皆さんは、今、必死になってベールの向こう側を見ようとし、故郷をもう一度思い出そうとしています。そのエネルギーで、こころの中で知っているものが何か、全部分かります。皆さんは故郷のエネルギーを理解していますが、長い間感じていなかっただけなのです。ベールが薄くなりかけている今、悲しみが皆さんに広がっています、そういうことが何度もあります。悲しみはあちらではなく、ここにあるのです。そこで、今日は、ベールを幾らかでもどけて、皆さんを待ち受ける機会、場面を十分にお伝えしたいと思います。

人生の最終ステージを経験する

この2ヶ月間、人生の第5及び第6ステージにお連れしました。皆さんは、この最終ステージに進めるよう、エネルギーの準備をすることが出来ます。これから30日間、各々の魂が移行して故郷に帰って行く経験をして欲しいと思います。進化しているからといって人生の第7ステージが変わるわけではありません。8番目のステージはありません、9番目、10番目もありません。だから実際には、死なずに人生の第7ステージを経験してみることになります。生きながら第7ステージを経験していきます。ある意味、皆さんはもっと進化しますが、その時は、再び最初のステージを経験し、全く新しい人生のサイクルを開始します。その間、肉体はここにあります。これが、私たちが言うアセンションです。これが、波動が高くなるにつれ進行しているプロセスです。今日、深呼吸をして、少しの間息を吐き出す最後の瞬間になる、そういうふうに仮定してください。

(訳注) ここでは、死なずに地球にいながら各ステージの課題に取り組みアセンションのプロセスを予め肉体で経験する「実践魔法シリーズ」です。

【人生の7つのステージ】 第1:故郷で人生を計画する段階。第2:地球に生まれる直前から1歳まで。第3:2歳から10代半ばまで。第4:10代後半から30代後半まで。第5:40代から70代 第6:死を迎える直前。第7:故郷への帰還とその後。

 

グリーター: 出迎える人たち(The Greeters)

最後はもがきや苦しみが続いていますが、それは自然なことです。皆さんには、必死に人生にしがみつこうとさせる、生き残りのメカニズムが刷り込まれているからそうなります。たとえそれが、スピリットにとって不自然であったとしてもそうなるのです。死が近づくと、生き残りの本能が頭をもたげます。だから、移行チームのメンバーが手助けして、「大丈夫よ、お父さん。私たちは大丈夫だからね」、そう声をかけるのです。事実、沢山の人が、すぐ側にいる身内の人と適切な時期に逝かせてあげる契約をしています。だから、故郷に帰ることは非常に重要になります。しかし一方では、全く別のプロセスが始まります。肉体を出ても、故郷には帰らない場合です。入らなくてはいけないゲートがあるのですが、そこに入るかどうかは自分の自由意志です。そこに至るためには、チューブ、トンネル、谷、など、呼び方はいろいろですが、通過しなければならないコースがあります。しかも、たった一つの魂だけでそれが行われるのです。しかし、ゲートまで行く旅を開始する前、あなたは、グリーターと呼ばれる出迎えの者たちを目にします。彼らは肉体を出たばかりのあなたを慰めに来たのです。出迎える人は、子供の頃非常によく会っていたハリー叔父さんだったり、お祖父さん、お祖母さんだったりします。暫く会っていなかった人なので、時に思い出すのが難しいかもしれません。しかし、彼らは、最初のステージでその時が来たら出迎える契約をした人(魂)たちです。出迎えの人たちはそこであなたを励ましています。「大丈夫だぞ、最後の息をしていいぞ。捨てていいぞ、ここで手を貸すからな。心配しなくていい」、そう言うのです。そこであなたは肉体を離れ、自由になる感じがします。でも、故郷にはいません。人間の向こう側にいるだけなのです。人間とは違う、別の波動状態にあるだけです。でも、まだそこは故郷ではありません。

ゲートをくぐる

ゲートに到着すると、今すぐそこを自由に通過できます。ゲートを通る時には誰も励ますことは出来ません。自分の意志で通過しなければならないのです。ここで動けなくなったり、混乱したりする人がいます。たとえば、自動車事故や自転車事故に遭って肉体を出たとしますが、でも死んだとは思いません。もう人間の向こう側にいるので、創造できる状態に自然に入ります。そこでは、人間であるが故の幻想や肉体に阻まれることはありません。だから、創造する力が極端に増大します。

そのように、混乱したり、自分が死んだと分からない場合が問題なのです。ゲートを通って故郷に行きたくないのです。なぜなら、現実を創造する力があるので、まだ生きているという思う通りの現実も創れるわけです。どうか理解して頂きたいのですが、皆さん、この状態であっても何も間違いはないのです。実際には、動けなくなるようなものは何もありません。この状態にあっても全く自由意志があるわけですから。しかし、大惨事などでは、人々は混乱して、故郷に帰るわけでもなく、どこに向かうのでもない、文字通り膨大な数の魂が大集団を成します。多くの場合、これは単なる知識の欠如から起こります。結局この簡単な真理にしても、学校では教えてくれません、そうじゃないですか? 教育やこのような考え方は、人間の進化にとってもっと大きな役割を果たせるのです。だからこそ私たちは、移行チームのメンバーたちが本当に素晴らしいことをしていると思っています。彼らは素晴らしいヒーラーです。彼らは人類を飛躍的な進化に導いています。

家庭教師に会う

次に何が起こりますか? 生き残りのモードを脱すると、肉体を出てゲートをくぐります。そこは、故郷です。その時に家庭教師と出会います。この者はあなたと契約を結んだ魂で、あなたの素晴らしさをただ思い出させて、天国に行けるよう手助けします。あなたの家庭教師は、ただ、全てがいかに簡単であるかを思い出させ、天国では物事がどういうふうに進行するか、その全体のプロセスを案内します。そして、再び故郷にまみえる手助けをします。この家庭教師は、現実を構成する全く違うプロセスをあなたに見せます。また、人間の記憶から生じる迷妄の曇りを取り除く手伝いをします。

人生の第7ステージ 融 合

それから、私たちが呼んでいる人生の第7ステージが来ます。故郷でくつろいだ後、融合というプロセスが待っています。それは、魂が生涯に経験した全てのことを統合していくものです。全ての出来事は、魂にとって最も有用であったかどうかという点で評価されます。進化の道で有用として残るものが、コア・パーソナリティに統合されます。また必要ないものは、そっと手放していきます。

9歳の時に、クラスのいじめっ子が昼食を横取りして、目をむいて、「もし誰かにこのことを言ったら、おまえだけでなく妹も殴りに行くぞ」と脅された、そんな時がありましたね。あなたは一言も言えず、それを生涯抱えて隠していました。いつも粗っぽく口汚いことを言っていたその子を怖がっていました。面白いことに、あなたはそういう人間を何度も何度も人生に呼んだのです。事実、その中の一人と結婚したんですよ。皆さんは、ゲームを演じる人間として、人間を装おうスピリットとして繰り返しこのようなことを仕立てるのです。面白いですね。故郷でこのプロセスを行う時、最初にすることは、このような経験を一つ一つ体験することです。でも、それは、肉体を離れる時に起こる、記憶の甦りではありません。それとは全然違います。これは、延長されたプロセスで、故郷のエネルギーの中で穏やかな状態でやらなければなりません。効果的に融合を進めることが必要なのです。これが、毎回、最終の第7ステージです。

昔の聖典では、このことを審判の日、と誤って解釈されました。だれも審判などしません。そうなると結局、神を審判するのは誰ですか? 出来るとしたら、神だけが神を審判することになるのです。魂が人間を装おう子供時代、極性の幻想は有効に機能しました。しかし、進化の道では、もう極性の幻想は必要ありません。今、価値判断することではなく、真偽を洞察することに置き換えてください。それが、新しい地球の高い波動に生きる最初のツールです。一つのことを良いvs悪いと呼ぶ代わりに、洞察することが、価値判断しないで選択をする、そのことにつながります。第7ステージでは、洞察だけが必要です。魂は、一つ一つの経験を、将来の魂の道に大いに役立つものを見分けながら経験するのです。このステージでは、個人の経験を一つ一つ思い出すだけでなく、その時その経験に関わって隣に座っていたであろう、魂のエッセンスを思い出すのです。もしかしたら、そのエッセンスはその当時のまま地球にいるかもしれませんが、あなたは彼らを脇に座らせ、二人でその経験を客観的に蘇らせ思い出していくのです。「あれは面白かったね? おまえのこと、その時は全然思い出せなかったよ。またここでひどい目に遭わせる気かい? あの時のこと覚えている? 難しい役回りをしてもらって有難う」、と、そんなことを言うのです。彼らは、「よし、次は友達の役をやろうか。悪役はイヤだね、でも、君のことが好きだからわざわざそうしたんだよ」。

コア・パーソナリティ

あなたの魂のエッセンスは、コア・パーソナリティと呼ばれます。魂として自分が誰かというエッセンスは、魂がこの時点まで経験してきた全てのことを組み込んだ、最高の結果です。人生というゲームボードにいる時、自分が誰かを表す経験を全部持っています。良いものも、悪いものも、また醜いところも、全部普段の生活に持ってきているものなのです。もし、否定的な経験をエネルギー・スタンプ(エネルギーの傷跡・足跡)として持っているならば、その経験は考えの一つ一つ、全ての関係に影響を与えます。進化することを選べば、人生の最重要課題をマスターする経験としてそういった経験を利用して生かします。一旦それをマスターすれば、その否定的なスタンプである経験を手放すこともあります。そして実際、自分の歴史を書き換えるのです。決して経験を削除することは完全にはあり得ません。それはあなたの一部ですし、そうしないで、皆さんを過敏にさせていた、あるいは敏感に反応させていたエネルギー・スタンプを手放すのです。これが、地球で起こる一番大きなヒーリングです。それはまた、常に内側から達成されます。人類は「大いなるすべて」の中、かつてない速さで進化の道を辿っていますが、このエネルギー・スタンプは、殆ど有効に活用されません。魂が将来の転生に向けた準備をして、自らのエネルギー・スタンプをリセットするのはこの人生の第7ステージ、最終ステージで行われるのです。エネルギー・スタンプを次の人生でまた活用するか、または不要だとして手放すか、リセットするのです。それを手放さなければ、分子の記憶として蓄えて、次の転生時に表に出るようにして、人生の課題をマスターする際に活用されます。

(訳注) エネルギー・スタンプ:これまでの全人生で経験した傷やトラウマはエネルギーの刻印として刻まれています。それが無意識の内に顔を出して繰り返し表れ、恐怖したり逃げ出したりさせます。以下では、その中にギフトを発見する時、ヒーリングが起こり刻印は消えると言っています。

 

ギフトを受け取る

皆さんは、両極の世界に住んでいるということを理解してください。上下、善悪、正誤、愛恐怖という幻想を持っています。故郷にそれはありません。ですから、人間がネガティブと呼ぶ経験は、実際に生かされるように選択されるのです。将来の人生で役に立つのです。そういうわけで、大勢の人が過去生を持ち、何回もの転生で同じことを繰り返すパターンを持っているのです。魂としてのあなたは、エネルギー・スタンプを自分の進化のために持ち続けることを選んだわけです。そのことを選択すると、エネルギー・スタンプは細胞分子の記憶に蓄えます。良い悪いはありません。単純です。実際、非常に効果があります。

今まで持ってきたポジティブ、ネガティブな経験を手放す時がやってくるでしょう。もう役に立たないからです。どんな経験でも、手放す際は考えるべきことが一つあります。それは、全ての経験には隠されているギフトがあるということです。手放す場合、先ずその経験のギフトを発見しなければなりません。経験には全て賜物(贈り物)が含まれています。それを見つけ、手にすることによって、全ての経験を一番高いエネルギーに融合できるのです。一度ギフトを受け取ると、人生を左右するエネルギー・スタンプは、簡単に消えていきます。

人生の第7ステージ 30日間

次の30日間、皆さんは死なずに人生の第7、最終ステージを経験するチャンスがあります。このことは、人類全体がもっと高い波動に進む時に、全人類が経験する進化のプロセスを代弁することになります。次の30日間は、新しい自分を統合し、見極める機会になります。どうか、座って人生のいろんな年代、場面、経験を取り上げて、記憶と自分が誰だったかという経験を意図的に思い起こして欲しいのです。その経験を検証する時に、残したい経験と既に終了した経験を特定してください。しかし、経験はあなたから離れるわけではありません、人生を左右するエネルギー・スタンプだけが離れるのです。そのことを覚えておいてください。そして、もし、スタンプを手放したいと思ってギフトが見つかったならば、その時スタンプは手放せたことになります。もう、人生の課題をマスターするのにそのスタンプは必要ありません。そういう理由で皆さんは、スタンプの役割を書いたのです。経験の中にギフトが見つかった瞬間は、皆さんがポジティブであれネガティブであれ、どう呼ぼうと、自分が誰であるかの中にそのギフトを取り込む瞬間なのです。その時、もう人生に左右されたくないのでその経験のスタンプを手放すことを選ぶかもしれません。それも選択できます。皆さんの進歩発展が速いので、最早、死後に第7ステージでそうするのを待つ必要がないのです。そういうわけで、この3ヶ月間は、この最終ステージをお知らせし案内するためでした。今日は、人生に責任を持ち、魂が意図的に前進ことが出来ます。 

大きな疑問 - 「なぜここにいるのか?」

皆さんは情熱を見つけるためにここにやってきました。私たちはただ皆さんの素晴らしさを映し出したいのです。皆さんは、ベールによって、本当は自分が誰か思い出せません。皆さんは、そのように台本を書いたのです。皆さん一人一人、美しくユニークですが、鏡を見て「なぜ自分はここにいるんだろう? 何か理由があるに違いない、でもここで何をしているんだろう? 人生には何か意味があるんだろう、何だろう?」そう思うのです。皆さんがそのようなこと言っている時に非常に注意深く聞き耳を立てると、ベールの向こうで雷のような笑い声がします。ベールがよく効いているわけですね。ベールのお陰でそのような経験をするのです。私たちは一時的にベールを外すツールをお話ししたばかりです。

次の30日の間、人生のそれぞれの段階を経験する時間をとってください。その時、影響し合ったそれぞれの人のスピリットを呼び出してください。隣に座らせて、この人生の経験を見ながら一覧にして下さい。自分のハイヤーセルフに質問をしてください、それすれば、ハイヤーセルフは質問について必要なことを全部見せてくれます。それは、アカシック・レコードに全部書かれています。それは、あなたの一部です。それが分子の記憶に蓄えられて、手放すと決めた時に消えます。この人生を振り返ってください。何か次の人生に持っていこうとするものがあるとすると、それは、同じエネルギー・スタンプを活性化して、それぞれの人生でまた経験をすることになります。また、多くの過去生に戻って、そこで達成しようとしてきた理由を理解することもあり、それは素晴らしいことですが、必要なものは今ここにあるのです。皆さんが魂として進化するためにここにあるのです。あなたがその人生を振り返り、その時何らかの役割を演じてくれた人たちのエッセンス引っ張ってきて隣に座らせる時、あなた方二人は目の前で演じられ展開する一連の素晴らしい出来事を目にしています。あなたは泣き、冗談を言い、笑うでしょう。一緒に台本を書いた時の楽しかったひと時を思いだすでしょう。あなたは、その人に人生で重要な役割を果たしてくれるよう頼みましたが、初めてその人との本当の繋がりに気づくかもしれません。その時点から、ギフトを見つけます。一度ギフトが見つかれば、その経験をコア・パーソナリティの一部にするかどうか、それに関わるエネルギー・スタンプを手放すかどうかを決定します。今日、その選択が出来ます。このことをやるためにもう故郷へ帰る必要はないのです。このために私たちは、実践魔法シリーズを皆さんに提供してきたのです。実践魔法シリーズは今回で終了します。

魔法の杖

では、今皆さんに魔法の杖をお渡しします。もう見せません。今日から皆さんのものです。いつもあったものです。受け取ってください。普段から使ってください。笑顔でいられるために応用して使ってください。皆さん、ここに何をしにやって来ましたか? 魂がやって来てベールを被りゲームをするための一番崇高な理由あるいは意図は何でしたか? もし、皆さんの一番高い目的は顔に笑みを浮かべることだった、私たちがそう言ったとしたらどうしますか? ええ、知っていますが、何人かの人はその意味が分かりませんね。人間は物事を複雑にして理解しようとします。しかし、真理は単純です。皆さんが笑顔でいる時、幸せでいる時、情熱の中にいる時、喜びを味わっている時、その時、皆さんは神を映し出し表しています。皆さんは故郷の光を輝かせ、あなたを見る人は全員が、あなただけのユニークな神の一部を体験します。それがここに来て見つけるものです。だからここにいるのです。その時に皆さんは、宇宙で最も高貴な貢献をします。前に進んでください、魔法の杖を手にとって使ってください。

悲しみに役立てる

では、ちょっと時間をください。もの凄くワクワクすることがあります。この部屋に3人います。その人たちはこの6ヶ月の間に身近な人を亡くし、亡くなった人はベールの向こう側に逝っています。で、今その亡くなった人たちは皆さんの肩の上に来て立っています。触れています、皆さんがこの情報をどう受け取るのかをじっと見ています。このブロードキャストを見ている人、この「光の灯台」を見る人は、亡くなった人のことを考える時には、その人たちがこちらにいる、そういうことがこれで理解できるでしょう。このことが、人生の第7ステージの後に起こることなのです。巨大な列をなして並んで待って、こちらにやって来ることはありません。戻ってきたければ出来ます。戻ると決めた時、戻ってきます。しかし、ベールの向こう側の時間は、皆さんがここでゲームを演じる時の直線的な時間とは違います、そのことをどうか理解してください。過去、現在、未来はバラバラではなくひとつになってあります。ステップAからステップBへと全部一回毎に進む必要はありません。

魂の進化は、故郷にいても続きます。ゲームはまだ続き、誰かが地球にいるあなたのことを考えると、あなたのスピリットはそのかけ声を聞きます。もちろん、逝くかどうかを選択できますが、皆さんは最近亡くなった人のことを思っていたので皆さんのエネルギーは呼びかけを受けていました。それで、亡くなった人たちは肩の上にいて皆さんを抱きかかえています。彼らはここにいて皆さんを抱きしめています、皆さんのエネルギーを抱いています。

第7ステージで学ぶもう一つの秘密があります。これを知ると、普段ゲームを演じるのにとても役に立ちます。魂が進化するために、皆さんが故郷に近づいて行く時、その時魂としての皆さんは、したいと思うことがあります。それは、後に遺した愛する人たちを訪問して会いたいということです。その人たちがいなくて寂しいというのは、皆さんは思っている以上にその人たちの一部になっているということです。その時点で分離と幻想はなくなり、もうそこにいます。時々、ベッドのある部屋に座って、大切にした家族の寝姿を眺めます。しかし、どうやっても交流が出来ません。その姿、顔はまだ悲しみを残しています。深い悲しみ(喪)の期間、魂がもし残った遺族(皆さん)とコンタクトすれば、その悲しみのプロセスはもっと難しくなります。そこで、人間として、故郷へ帰っていく、そこに戻る人たちに対する皆さんのすることは、自分自身のこころの中に残るその人たちのギフトを見つけることです。そして彼らを愛の中へ解放して上げることです。人生の第7ステージと同じように、ギフトを見つけて彼らがあなたの中で生き続けるようにするのです。その時、その時にだけ、彼らは夢の中であなたとダンスを踊ります。彼らは、毎日肩の上にいて笑顔でいるでしょう。顔の前数センチの所にやって来て、大きな笑い顔でいて、夢の中で今度はあなたが大きな笑顔を返すのです。そういうふうにして彼らは皆さんと交流します。愛する人を亡くす深い悲しみは、人類が経験する最も難しいプロセスの一つですが、スピリットの大きなエッセンスの一つです。それは、あなたが、自分自身のスピリットを信じているからです。その魂を解放することは、その時点以降の彼らの進化の道に、彼らを見送ることが出来るということです。

皆さんは、「光」を永遠に輝かせるためにここにやって来ました。ベールを身につけ人間を装ってきました。自分が今まであり得なかった偉大な天使ということを思い出しません。でも、分かるでしょう。故郷の思い出や自分の本当の目的、ここで一番高い波動の状態にいることが何かを思い出してもらうことが私たちの仕事です。ここで今日、人生の第7ステージを練習するなら、あなたの人生はまた生まれ変わり、人生がもっと解放されて歓び多いものとなるでしょう。まさに新しい地球の高い波動で生きようと足をどんどん伸ばし大股になって歩いて行きます。そうやって歩いてください。前に進み、本当のヒューマン・エンジェルになってください。今日、故郷がここでまた始まります。それがここに来た理由です。それで笑顔になるのです。何にでもギフトを見つけてください。故郷は今皆さんの周りにあります。

一人一人がこの部屋を出る時は、特別なエネルギーを持っていることを知ってください。ファミリーの一体化は進みます。ベールのこちらだけでなく、全ゲームどこででもそうなります。ちょっと言わなければならないことがあります。今日短い時間でしたが、皆さんがいた間、非常にこの部屋は混み合っていました。本当にスペースの確保に苦労しましたが、何とかやりました。皆さんの周りは次元を超えたレベル、倍音を超えたレベルの存在たちで一杯になりました。これは皆さんのことではなく、“大いなるすべて” のことです。静かにしていると、雷のような喝采が聞こえてきます。皆さん、もうゲームに勝利しました。まだ質問していますね、「次は何が出来るのですか? どうやって役に立てるのですか?」。人生の第7ステージに入ってください、で、30日の間、試しにやってみてください。楽しんでください。皆さんがやることは全部、大ゲームです。負けたくても負けることはありません。皆さんはゲームボードのマスターたちです。

その質問に答える代わりに思い出して欲しいことが3つあります。相手に対して敬意を持って接してください。その時には鏡を見ているのです。お互いを、自分を育むように育んでください。これは大ゲームを演じているのだということを覚えておいてください。よく演じ合ってください。

 

Espavo.

The group

予言・Q&A 14/05(字幕)by スティーヴ&ザ・グループ

クライオン「刷新の終了2」(字幕)で取り上げられた問題ー「スピリチュアルな力を失った」件についてPart Ⅰで、ショート2017-03で載せた「人が消える現象」についてPart Ⅱで言っています。

 

予言・Q&A 2014-05

(主な項目)

Part Ⅰ 

1)予言  人類の集合意識が方向を決めます。 ・マレーシア航空機370便失踪事件  ・ウクライナ問題  ・地震  ・経済  ・5月6月の私たちへのメッセージ

2)Q&A  
・経済、春の出来事 
・パートナーに出会いたい、今の目的、チャネリングの種類  
・ラストタイマー(地球最後の人生)とマスターの違い  
洗脳  
・人とのコミュニケーションの問題
クリスタルエルダークリスタルチルドレン、孤独
・ザ・グループの光ーオーブはそのひとつ
スピリチュアルな力がなくなって来たのはなぜか?昔の自分に戻りたい、人生の目的は何か?
・「死の契約」は変更できるか?病気の契約、身体的苦痛の緩和

Part Ⅱ

の次元を超える性質・地球での役割
・ソウルメイトとの出会いを知る方法、親子の過去生
・ホルモン補充療法について
・男女の「遭遇契約」
・スピリチュアルな仕事とお金・進路
・創造的チャネリング
・この人生に生まれた理由
・相手が消える現象
・自閉症とクリスタルチルドレン、その役割と「障害」

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

Q&A – 個人リーディング(字幕) by スティーヴ&ザ・グループ

ライトワーカー.com(Espavo.org)のビデオの中で以前作成したQ&Aの字幕ビデオを順次掲載します。

(主な項目)

ツイン・ソウル ボディテンプレートとエネルギー・マトリックス  身体症状  HAARP、モントーク・プロジェクト      肥満・ダイエット、怒りの対処法   レイキ等ヒーリング手法   夢と異次元活動

感動で泣くこと   チューブ・トーラス  ペットとの関係・オーバーソウル   多次元とハイヤーセルフ        次元の数え方    進化の徴候がない時  ダークサイド   ハイヤーセルフと11の自分   病気・鬱は契約?

集合意識で自然現象を変えるエクササイズ   太陽フレアの影響~大脳(思考)=電気的vs心臓(感情)=磁気的    身体症状 胃 13チャクラ 闇・ネガティブ感情の対処 チリ地震 東日本大震災

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

セクシャルエネルギーを調和する(字幕)by スティーヴ&ザ・グループ

2014-1-3 スティーヴ・ローサー&ザ・グループ(Lightworker.com)1時間35分

後半にチャネリングがあります

スピリチュアルな教師たちは女性のエネルギーが復活すると予見してきました。男性支配が世界の問題になってきたのでこれからは女性が主導権を握る時代になると言います。ザ・グループはその点について次のように言っています。
「私たちは賛成しかねます。ことの本質はこの二極性の世界で男性性と女性性が分裂していたことです。それによって幻想が生まれました。今や二極性を脱して自分のセクシャルエネルギーを統合してユニティに向かう時です。幼いころに偏った役割を与えられてその役割を演じるように言われてきました。いい男の子、いい女の子になるように期待されてきました。人類は新しい世界に進み極性を抜けだしました。多くのところでバランスが取れ始めようとしています。かつての限られた役割は広がろうとしています。それで安全に女性のクリエイティブなエネルギーが現れます。女性が世界を支配し始めるということではありません。それは3次元のあり方です。5次元では一人ひとりが自分の中でセクシャルエネルギーのバランスを取れるようになります。でもそれは好みを変える必要があることではなく、偏りがなくなってもっと力を発揮する場が広がるということです。」
このセミナーは人類が進化する方向を教えてくれます。地球に女性のエネルギーが復活しているという意味とどういう影響を与えていくかを教えてくれます。また、もっと光を取り入れるライトワーカーが意識的な創造者になって自分や周りに変化をもたらすためです。

(主な項目)
セクシャルエネルギーのバランスとは?
バランスが崩れる時
秘密のない世界
宇宙の他の惑星にいた経験、人類の親であるET
多くの人が転生したことのある惑星「アーク・トゥーマ」での人間関係
宇宙的起源を知ろうとしている人類
古い信念を手放す

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

悲劇の贈り物 by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2005年10月15日

悲劇の贈り物

地球が変化する意味

スティーヴ・ローサー

 

皆さんは長い道のりを旅してきましたが、それはこの完全な時空の交差点に居合わせたかったからです。この人生に生まれ来る前、魂が一番大きな目的にしたことは、この時にここにいてこのメッセージを読む機会を窺うこととだったのです。皆さんの大きな夢は、やって来て顔にベールを覆い、自分で台本を書いたことすら思い出せなくする、そのためだったのです。皆さんの大きな望みは、この時にやって来て完全に混乱する振りをすることだったのです。大体、上手くやってきました!

地球でこんなにも悲劇を経験してきたのはなぜか?

そこで今、こんな質問をする人がいますね。「地球に何が起きているのですか?なぜこんなに全部が変わるんですか?で、何か手助けできますか?」

その質問にお答えして、今日このことについてお話していきましょう。変化が地球規模で起きており、文字通り全世界がこの素晴らしい出来事に影響を受けています。そこで、お話しましょう。

ええ、皆さんはこの出来事を悲劇だと思います。皆さんは沢山のことを悲劇と見なします。しかし、私たちは、現実というものは、どうそれを見るか、その自分の認識で生じている、そのこともまたお伝えしておきます。いかなる悲劇でもその厳しさ、困難さを手放したければ、先ずして欲しいことは、その出来事の中に贈り物を見つけることです。贈り物を見つけたならば、皆さんの認識は変わり、もはや困難は必要でなくなります。命の犠牲と災難に遭うことは必要ないのです。テレビでこのようなことを目にしても、そのような災難を心の中で体験する必要はありません。申し上げましょう、このような出来事にはもっと大きな目的があるのです。皆さんはわざと幻想として遠ざけようとしているのですが、それは、皆さんが一つである、ということです。最初から皆さんはずっと一つだったのです。生物学的泡沫という肉体に入り、お互いが離れ離れを装いこのゲームをしにやって来ました。しかし、皆さんは一つの心です。皆さんには見えませんが、繋がっているのですよ。一見悲劇に見えるこの出来事は、皆さんの足元のカーペットを揺らすのに役立っているのです。カーペットがよじれ、その波紋が全体に広がっていき、自分の世界に及ぶのを見ると、その波紋はカーペットの上にあるあらゆるものを空中に放り出します。これが悲劇と映るわけです。というのも、自分はこの出来事には関わりがなかったと皆さんが考えているからで、でも、関係があったのです。しかし、この間に、皆さんは心が一つだということを簡単に思い出しています。この悲劇から得た贈り物の一つがこのことです。ニュースを見て、衛生的そのものであった都市が今や水浸しになり、瓦礫の山と化した場所を見て、皆さんの心は他の人の心全部と一緒になってこの出来事が報道されるのを見つめるのです。この例では、一つの心が再び一つになるのです。

贈り物を受取る

全世界にトラウマが起こるのを見て大きな悲しみを感じる時、すべてを失くし自分の子供さえ探し出せない、そういう人たちを目にする時、間を取り、感謝の念を送ってください。全世界の心が繋がっていることに感謝の心を送ってください。その時どんなに小さく、重要ではないと思えても、そこに少しでも贈り物があるのを見出してください。すると、自分の認識と一緒に現実をシフトさせていきます。人間でいることは、難しいのですよ、本当に。「大いなるすべて」が存在するところの中で最も困難な「ゲームボード」に皆さんはいるのです。分離しているふりをする問題は、自分自身の遺産さえ思い出せないことです。ここに来ることによって、心にあったことも思い出せないのです。以前、ここにいたことさえ思い出せないのです。

3番目の視点

私たちは、皆さんが極性の中で演じている様を見るのが大好きです。いつも、いいニュースか悪いニュースか、どっちなのかを探します。今日、両方を取り上げましょう。悪いニュースは死ぬこと、良いニュースは、殆どの人は死んで行きますが、それは今日ではないですね。これは皆さん全員にとり大切な真実です。有限な人間は死を経験します。このゲームの本質から言って、生きて地球を抜け出すことはありえません。では、質問をします。そのことを知った上で、一人ひとりが、まるで死に瀕しているかのように毎日を送るとしたら、どうですか。これが人生最後だと思って、一つ一つの選択を吟味しなくてはいけないとしたら、どうなりますか。死に悲劇はないのです、皆さん。唯一の悲劇は、実現されない人生を生きることです。多くの方が生涯を全うできるように肉体を維持しなければならない、そういう肉体の存在とお考えです。皆さんが最後に肉体を離れる時、肉体をよく使い込んで、人生にワクワクした跡や傷を残して行って欲しいものです。自分に問いかけてください。「今日どれだけワクワク出来るか?」と。それで、今日、一瞬一瞬その情熱を注ぎ込んでください。もし誰もがまさにそんな風にしたとしたら、世の中がどう変わるか。皆さんにはトラウマや悲劇と呼ぶ出来事はもう必要ないのです。そのことを申し上げます。

皆さんは極性の中にいます。神という一つである意識存在から、極性という分離の世界のゲームの中へと進んでいます。ここに、両極性という確かに存在する世界に、随分長く滞在してきましたね、皆さんは。光と影の土地ですが、光か影かそのどちらかだと信じています。それは重要ではありません。現実は、同じ物事の両側面なのです。光と影のサイクルが皆さんの現実を創ってきましたが、物事を上下、正誤、愛恐怖と見なすのです。極性ですね。

それが、変わってきているのです。トライアリティ(三極性)の世界に今皆さんは進んでいるからです。今や、光と闇の両側面だけでなく、自分のハイヤーセルフの視点でバランスをとるようになります。もっと自分のスピリットと繋がりがつけば、光と闇を違った視点で見ることが出来るでしょう。その二つはお互い様であり、大きなサイクルの一部だ、そう見るのです。一方が良く、他方が悪い、ではないんですよ。どちらも全体を成す一部なのです。だから、一方失くして他方はありえないのです。闇が踊る舞台がなければ、光はないのです。だから、良いもの、悪いものと呼ぶ世界で皆さんが検証吟味してきたものは、消え失せ始めていきます。そして第三の視点がバランスを取り出しています。スピリットやハイヤーセルフの第三の視点はあなたをトライアリティの世界へと住むよう導き始めています。ここで上のような出来事を見るのです。後ずさりして犠牲者になるのではなく、意識的な創造者として集合意識の一部になるのです。そうすると、もう皆さんの目を通したビジョンは、もっと大きくなり、最早子供を3.2人もつことが成功だとか、白いとがったフェンスが家の周りにあるとか、犬と猫を飼っているとかが平凡な成功などと言う必要はないのです。

このゲームすべては3つで成り立っています。あなた方の視点は広大なトライアリティが広がる見方になります。

この視点から、容易に人生には情熱が重要だということが分かってきます。いつも自分の中で心踊らせていたものはどこにありますか。隠れていた火花はどこにありますか。自分自身好きな点があるように、他の人の美点は何ですか。トリアリティの視点を使って今日それを探してください。この視点から、皆さん、闇が地球を覆うその都度、そこは「光」が輝くユニークな機会になるのです。闇は光が出るきっかけなのです。

悲劇、困難、あらゆる種類の被害を見る度に、スピリットが輝きだす機会なんだ、そう考えてギフトを受取ってください。テレビで悲劇が報道される時、そのことがいとも簡単に自分に降りかかる、そのことを知っておいてください。当事者たちはすべてをなくしましたが、彼らのスピリットはいつも生きています。スピリットが生きている限り、復興していくのです。見ながら、皆さんはこう思います。「神様ありがとう。私には起こらなかった」。言っておきますが、皆さんにも間違いなく起きました。テレビでその出来事を見た瞬間、あなたにも起きたのです。

たとえ、その人たちがそれまで家があった瓦礫の中でインタビューに答えてマイクに向かって何か言っていても、それは、その状態に置かれ、感謝の意を表しているのであって、失ったことを言っているのではありません。その特別な瞬間スピリットと故郷の光がはっきりと見えるはずです。それが、見ているあなた方に与えられる贈り物です。彼らは、新しい、新鮮で、ユニークな視点で立て直していきます。なぜなら、それまでやってきたものが綺麗になったからです。なぜなら、この出来事を見た他の人間たちと繋がりがもてたからです。その贈り物を受取る限り、誰もが勝者で、悲劇の中に目的が浮上します。それが、皆さんの心の裏側にあった悲しみの別の側面です。今まで皆さんはそのことに触れることが出来ませんでした。

地球は人間との関係を変えている

隠すまでもなく、悲劇的事件の高次の意味は理解できるのです。隠すまでもなく、これからももっとそういうことが起こります。そのことを頭に置き、母なる地球が変化していて、彼女の変化が急激に変わっているように見えるのはなぜか、考えてください。

そんなに変わってはいないよ、そう申し上げたらどうですか。本当のところ、皆さんと「彼女」との関係が変化しているのです。ハリケーンというものが40年周期だと想像できるでしょう。40年前、今ほど人口が密集してはいませんでした。40年前、周期的な、巨大ハリケーンが襲って来ましたが、人口が少ないので人類への影響は今より小さいものでした。人間が地球を利用する仕方、関わり方が新しいものになっている、というのが事実です。だから、悲劇的災害がもっと沢山増えていると映るのです。多くの点で彼女は通常のサイクルを作り出しており、皆さんはそれに順応しているのです。言いたいことは、進化のプロセスが進行していて、地球との繋がりが皆さんの毎日の進化と関係しているということです。この惑星に来たときとは同じ人間ではないのですからね、皆さんは。

ここ何十年の間に、人間の振りをする生物学的肉体に自分の居場所を見つけたばかりの最初のその同じ存在とは、もう違ってきているのです。過去のその時点から上手く進化して来ました。あなた方は、自分のハイヤーセルフと新しい現実とを結びつけている存在なのです。一(unity)から両極、両極からトライアリティ(三極)へと進んでいるのです。あなた方がこのように進化すると、私たちはベールのこちら側から本当に畏敬と称賛の念を持って皆さんを見つめるのです。皆さんは一つのものに踏み出したからです。心の中に地球のエネルギーを抱え、彼女があなた方のために働いているのと同じように、今度は彼女のためにあなた方も働くのです。だから、最初にハリケーン・カトリーナがやって来て、幾つもの都市部に洪水をもたらし、壊滅に追いやり、人が死に、地球と関わるシステム全体に大きな課題を与えました。二番目のハリケーン・リタは、あなた方の心のエネルギーで雲散霧消しました。もう皆さんはそれを変えたのです。それに、皆さんは、毎日移行を期待することによって変化を起こす力があるのです。思い出してください。人生は、自己実現する予言だと。皆さんは目隠しされた神なのです。

私たちは、自分が誰であるか、ここで何をしているんだ、人生にどんな意味があるんだ、そういうことを考えてお互いにぶつかり合っている、そういう皆さんの姿が大好きです。人生にどんな意味があるか、そういう疑問が私たちは一番好きです。

では、今度は私たちが、皆さんがよく質問しますが、同じ質問をします。このような悲劇の贈り物をどう考えますか。自分の今ある関係を生かして、人生をどう生きていきますか、何かが起こる度に自分にどのように感謝しますか。

それは、極少数の人に起こるのではなく、皆さん全員に起きるのです。

皆さんは、これから何ヶ月もこのエネルギーを吸収していきます。地球全体の経済に影響するだけでなく、皆さんの心にも同じように影響していきます。僅か数日前でした。キーパー(スティーブ)はジムにいて、その隣に立って誰かがそのニュースを見ていたのです。そのニュースは、ハリケーン・リタがやって来ることを伝えていました。その男はキーパーに向かって、「わあー、今度はまるで中国に攻撃されるようなもんだ」と言いました。彼は何を作り出していますか、皆さん。ここでどんな恐怖を作り出せるんですか。進化の時代、皆さんの創造する力も大きくなりました。だから、そのような時には、愛を生むか、怖れを生むか、そういう機会となります。ハイヤーセルフの視点で自ら生み出すもののバランスを取ってください。自分の中にあるものとバランスを取るのです。そういうことを言葉に出す前に、このことは中国にも起きているし、誰があなた方の敵なのですか。誰もいないじゃないですか。そのことを理解してください。皆さんは一つなのですから。お互いの一部です。その関係、繋がりが今までよりももっともっと深まっていきますよ。極性と分離の視点で出来事を見ることもあります、もしくは、今、トライアリティの視点で見たり、自分たち全員が同じだ、そう決めて見るかもしれません。違っている点に焦点を合わせるのではなく、いかに上手く似通っている点と繋がりをつけられるかで、今後いろんな出来事を経験しますが、その一つ一つからどれだけの贈り物を受取れるか、引き出せるか、そのことが予見できます。

皆さんの中には、奇妙にも繋がっていない、遠いという感覚を持っている人もいるでしょう。テレビでこの出来事を見ても、何か距離感があって、すぐには反応しない、すべてがまるで本当に問題ない、というような感覚を持つこともあります。皆さんの周りにいる人には、皆さんを、災害に遭った人を見ても全然悲しまない、冷たく、感情がない人たちだ、そう思う人もあるかもしれません。このことがどういう視点なのか、皆さんに代わって言いましょう。トライアリティというハイヤーセルフの新しい視点でいると、事態の推移を見極めることが出来ます。このような出来事の中に贈り物を探すのです。人間のスピリットが環境を凌いで上昇する時に注目するのです。それが、贈り物です。

これから何がある?

もっとやって来ます。近い将来、少なくとももう一つハリケーンがやって来て、皆さんはちりじりになって行きます。もし、その他の災害で贈り物をたっぷりと受取ったなら、このハリケーンは避けて行くでしょう。もう随分長い間、地球規模で戦争がありましたね。人間が生み出し、それで闇の中に艱難辛苦、トラウマ、過酷な経験などを見てきました。

「戦争がなければ、地球上の生活はどんなに素晴らしくなることか」と思います。同じように言います。戦争はもっと高い視点を得るために世界を篩(ふるい)いにかけたのです。その機会だったんです。戦争は天国には存在しない、人間が創り出したものです。同じ人間の手による経済は、同じように、認識の認識の認識に基づいています。もし、現実が気に入らなければ、認識を変える勇気を持ってください。同じものを違った角度から見る勇気を持ってください。もし、たった一瞬でも自分の視点をシフトして自分を別の角度から見るなら、どうなるか。たとえ戻ってきて、自分の考え方が、3.2人、先の尖った白いフェンス、犬と猫、という標準的な世帯像の枠に当てはまっている、などという考えを見直して見るならば、どうなりますか。

その瞬間、表面的なことを越えて見ることが出来ます。そして、情熱が小さな火花を散らし、人生が変わるのです。それは、皆さん個人が持つ、ユニークな美しさです。それは、自分で責任をとる神の火花です。それを消さないでください。燃料を絶やさないでください。その情熱を見つけてください。起こってきた出来事のすべての贈り物を、地球の人間に与えられるよう、方法を見つけてください。災害を見るとき、悲劇を見るとき、それはあなたに起こっていると知ってください。そのバスの中で待っているのは、ハイウェイでエンストを起こして待っているのは、町から出るのを待っているのは、あなた、なのです。家が水浸しになったのはあなたなのです。しかしまた、可能性も見てください。高い波動のエネルギーが、復興するエネルギーがあるのです。その波動のエネルギーは、それからもっと情熱の火花を取り込んでいくのです。目の前の贈り物を見つけるのです。するとあなた方は、悲劇を呼ぶエネルギー(必要性)を手放していきます。

光の新しいファミリー

贈り物を見つけ悲劇の必要性を解き放つことは、今日にも始まっているのですよ。皆さんは、新しい光のファミリーを一緒に作ろうとしています。新しい繋がりを見つけ出しています。進化のもっと高い真実に達しようとしています。一人ひとりが、波動を高めています。新しい人々、自分が誰か、新しい姿になろうとしています。新しい可能性を見ようとしています。新しい情熱を悟り始めています、そして自分の力を発揮しようと進化しています。しかし、集団としてもまた、波動を上げています。生活していく上でまだ多くのものを必要としている人々を見て、そういう人たちが、皆さんと同じようには社会的な権利と機会をもっていない、経済的立場が低い状態にある、そういう人たちを見ながら、地上でこんなにも災難が起きている時に、なぜ、自分だけさっさと進んで豊かになろうとして、それで問題なし、と言えるのですか。理解してください、これもあなた方に関係していることですし、また皆さんは選ばれた立場にもいるのです。だから、そういう時には、自分に関わりがあると思って有難く受取るのです。自分で街を建て直そうなどと思うのではなく、悲劇の中で何か呼び声を聞くかもしれないのです。人の心を満たす必要性があるかもしれません。または、自分の目的と情熱を発見する場があるかもしれません。このように途方もなくストレスと心に深い傷を負う時代に、地球のヒューマンエンジェルとして人の役に立つチャンスがある、そういうことを発見するかもしれないのです。それが事実だとしたら、災難はそれで成功を治めたのです。そのことによって皆さんは情熱を感じそこに入っていくことが出来るます。悲劇、災難は皆さんが光を輝かせるよう闇を創り出したのです。同時に、生物的泡沫という肉体に宿ったスピリットが輝く機会、自分の贈り物を表に現す機会を創ったのです。大きな誇りを持って今、そのことをやってください。

本当に興奮する時代です。人類と地球の進化の速さは、皆さんの知るところではありません。皆さんがそうしたのです。このことが起こるよう前へ前へと踏み込んできたのです。そのような光の火花を注意深く見守ってください。皆さんの心が他の人の心と繋がるところをよく見てください。皆さん、この時が、地球のヒーラーになる時なのです。マスターヒーラーの皆さん、目覚めてください。もう、ライトワーカー達には、隠れるクロゼットはありません。行動を起こすよう呼ばれています。

皆さんは地球と自分の肉体を変えています。それだけでなく、次元間にいる存在たちが、扉を開けています。その扉から、天国と、全ての次元のレベルに通じ、今まで近づくことも出来なかった進化の深みに向かって行けるのです。何が出来るかを尋ねてください。どうやって平和でいられるか、尋ねてください。こんな悲劇がある中でも、どうやって自分の情熱を見つけ出せるか、尋ねてください。そうすれば、悲劇の贈り物を見つけ出し、ここに、今、故郷を作り出す自分を発見していきます。

皆さん、あなた方は自分の反射する姿を見るために一緒に集まってきました。故郷のエネルギーのあるこの部屋に集まって来ました。心と心が繋がるよう、自分が誰であるか、どこへ行こうとしているか、それにワクワクするために一緒に集まったのです。お互い抱き合ってください。今日この場を去っても、私たちの思いは、あなた自身に残り、これからいつも持っていけるものとなります。皆さんは、私たちが地球に映し出した故郷だからです。皆さん一人ひとりは、神のエネルギーの一部を備えていて、皆さんはそれに同意し、それを表に出すことに同意しているのです。皆さんは、毎日毎秒背中に私たちのパワーを背負っています。皆さんは驚くべきファミリーの一員ですから。光の新しいファミリーが今、集まりつつあります。皆さんがそうしているのです。自らの望みで動き出すようにしていたのです。

そんな皆さんに拍手を送ります。

事ある毎に誰にでも手を差し出してください。心のエネルギーを分かち合ってください。皆さんは、数多くのバラバラになった人たちではなく、皆一つなのです。

お互い敬意を持って接してください。事ある毎に育み合ってください。これは、「ゲーム」であることを覚えておいてください。よく演じてください。

Espavo

The Group

©2005. Lightworker.com

新しい愛の波動(字幕) by スティーヴ&ザ・グループ

Hyun Jung KIM

スティーヴ・ローサー&ザ・グループ  2011-12

今日、特別な、日本という国にいる皆さんにお話しします。宇宙のすべての目は皆さんに集まっています。皆さんは意識的にゲームを変え夢から目覚め始めました。自分の責任を引き受け始めました。新しい世界を創り始め、一遍で心を一つにし始めました。

皆さんは見事に道を歩いています。考えられないほどの変化を地球に起こしています。

皆さんは翼を外すと決めました。密度のある地球に生まれようと選択しました。それで苦しむこともあります。それは、皆さんの波動が高いからです。皆さんは重大な分岐点に到達しました。自分の波動を低くせずに、全人類の波動を少し上げました。このメッセージに惹かれる人、こころで私たちとの繋がりを感じる人、他の人たちのためにドアを開けておく人、それが皆さんがここに来た理由です。皆さんは教師であり、ヒーラーであり、光のアンカーです。

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。