蜂のようになる by ザ・グループ

 

4月22日:地球の日(アースデイThe Earth Day)

 

光の灯台 ~ Re-minders from Home

2014年2月18日

蜂のようになる

高い視点

 

 

こんにちは皆さん。エムです。

太陽の磁極変化

今日、皆さんにお話ができてワクワクしています。地球でいろいろなことが始まろうとしています。今後の人類の進み方について少しお話しましょう。愛のスピードでその変化がやって来ます。光よりも少し速いスピードなのですが、その速さはアインシュタインも知りませんでした。皆さんが前進し、向上して、否定的にならずに自分の体にエネルギーを通すことができているのでたくさんのことが起ころうとしています。時には否定的なことを無視してここまで素晴らしいことをしてきました。ええ、人間は反対方向を見るのが得意です。それだけでなく、整然と物事を並べるのですから非常に興味深いのです。皆さんと時間との関係は新しくなりました。タイムキーパーがこの間その点についてお話してきました。しかしそれは、時計の見方や時間に従って計画を立てることではなく、もっと大きなことです。

時間の12次元

時間は幾つもの次元にあります。時間には皆さんが知らない12の次元があります。でも、実際皆さんが関わるのはその中の2つです。皆さんはリアリティのほんの僅かなところしか見ていません。どうかそのことを理解してください。チャネルが開いて12次元の時間を経験してしまうと、本当に完全に混乱します。私たちは元々1つの次元の時間のドアを開けました。皆さんはその一つに慣れるまでに何百万年もかかりました。そこで私たちは2番目の時間を開放したばかりですが、皆さんはそれで四苦八苦しています。なぜでしょうか? それは直線的時間で時計を思い浮かべて古いものにしがみついているからです。皆さんは時間を計りますが時間は直線ではありません。実際、時間はこれから慣れていこうとしている5つではなく12の次元があるのです。人間は生きているレベルを皆で経験します。皆さんは波動の方向を先導しており、他にも色々なレベルがあると思っています。でも、こっちよりあっちの方がいいと思わないでください。ここでは波動の進歩の度合いは様々です。そのレベルが適切な時にドアが開きます。その時各々のレベルが今まで捉えてきたものと少し違うことが明らかになるのです。地球が新しい時間の次元になっている今、皆さんはそのドアを開けて感じ始めることができます。

5次元: 11のあなたの中の5人に繋がる

人類全体の波動ははっきりと5次元に入りました。それは11のあなたのうち5人に繋がるという意味です。皆さんは12の自分に分割されています。あなたという11の光線の中央にハイヤーセルフがいます。このことは何度もお話してきましたが今日はもう一歩進めてお話します。皆さんだけではなく地球上の全員がそうなのです。12-12-12のポータルを通過してから今の新しいレベルに繋がりました。そこを通過した時は安全でいられた足元のカーペットがなくなりました。その時に故郷に帰れる、すべて楽になると思っていましたが、突然方向を見失いどうしていいか分からなくなりました。そこで再度このエネルギーに繋がり始めました。太陽活動は活発化して日々新たなスタートが出来るようになりました。本当に興奮しますが、自分自身になってその時々の瞬間を大切にしてください。直線的時間では過去現在未来と考えます。私たちからはすべてが同時に、ただ存在します。それが今できる秘訣のひとつです。極めてシンプルなシフトです。今を受け留めて、それはもう永遠に無くなるのだと悟って今を花開かせるようにしてください。今という瞬間のエネルギーを感じるのです。今を感じれば次の段階に進むことが出来ます。今はまた後でやって来ますか? ええ、でも同じ今ではありません。各々が違います。そこが素晴らしい点です。

次元を斜めにシフトする

今、非常に面白いことがあります。あなたは1/11あるいは1/12に当たりますが、それでその中の5つの存在と結びつきエネルギーを共有し合っています。つまり、3次元ではなく地球全体が5次元の性質の中にいます。しかし、それは人間に限りません。地球の、特にミツバチ多次元の性質を持っています。蜂にとって次元の壁は益々薄くなっています。では、2点お話しましょう。話したいのはミツバチのことではなく例えに使いたいのです。人類全体の波動が上がりました。そうすると違った目で、高い視点で見ようとします。もう秘密がなくなっていることに気づいていましたか? 透明性にだんだん慣れてこようとしています。本当に見事です。それで、隠すのではなく本当の自分に気づいていきます。秘密を持つことが当たり前になっていたのでもう少し修正が起こります。そして今後は少しずつ秘密が消えていきます。

以前と比べると秘密が少なくなりました。皆さん、嘘をつかない、秘密のない人生になると考えないでください。人間にはそれは無理です。地球で生きるために皆さんはほんの少し不完全でいなければなりません。だから、他の人には言えない秘密があるからといって自分を責めないでください。やがてすべてが明るみに出る、ただそう思ってください。それと同時に多次元の力を身につけます。誰かと握手をして話をしていると、突然相手が消えてしまいます。そのような時はどうなっているのでしょう? それは皆さんにとってはキーパーの言う幻覚だということになるでしょう。皆さんの物理学に合わないことなので理解するのは難しいことです。普通ではないことですが、私たちにしてみれば、上か下かではなく、相手が自分の波動を斜めに動かしたということです。エネルギーが少し斜めに動くと別の次元に行けます。瞬時にしてこの次元から別の次元に行き、また戻って来ることが出来ます。これは本当に全く新しい考え方です。今までの地球では不可能でした。勿論、地球にいたマスターたちはその深い真理を理解し、時々そういうことをしてはいわゆる奇跡を起こしました。本当に驚きですね。私たちから見れば単純なシフトです。でも波動レベルが固定している人間には出来ませんでした。今やすべてが変わりました。皆さんがゲームを変えたのです。本当に素晴らしい時です! 皆さんは古いルールを捨てて新しいルールに書き換えました。そして「もう新しいゲームをしよう」と言いました。少なくとも皆さんの殆どはそう言いました。でもまだ叫び声を上げている人がいます。キーパーは何かにつけて諦めるのが嫌いです。諦めたらずっとそれが心に引っかかるからです。それも一つのやり方ですが、皆さんは全員が新しい所にいます。そこで波動を上げるとどうなるか? 昆虫と蜂を例にしてお話しましょう。

公害: 環境との関係の変化

皆の波動が上がったらどうなると思いますか? はどうなりますか? 蜂の波動も上がっているのでしょうか? 皆さんのところにいる動物たちはどうですか? エネルギーの元になるものや動物たちに何が起こるのでしょうか? 動物たちは多次元になり、益々感受性が強くなります。皆さんもそうです。他の人たちのこころの中をもっと深く見ることが出来るようになります。数カ月前にはそれは難しいことでしたが、ライトワーカーだけでなく、人類全体がそういう方向に進んでいます。この再調整が地球のすべての人に影響を与え、率直に言えば、新しい言葉を使いますが、実際物事が思い通り進みませんでした(訳注:英語表記で「モンキー・レンチ=スパナで調整する」の意味)。伝わりましたか? 私たちは地球に住んだことはないのでキーパーの頭の中にある言葉は何でも使う必要があります。それは本当に戸惑います。でも彼はかなり慣れてきたので出来る言葉は何でも使います。なので、今お話したような表現をしています。(モンキーとは別に)私たちは蜂の使い方は知りません。「蜂」という言葉はどう使うのですか? で、皆さんは敏感になっています。少し前から人間は汚染物質に敏感になっていますが知っていましたか? 特にいろいろなアレルギー物質の多いところではアレルギー症状が変わり始めていますが知っていますか? 今後環境との関わり方が変わっていきますが、それは皆さんが新しい波動レベルに達しているからです。おめでとう! では、もう少し気分がよくなるようにしたいと思います。

高感度の人の避難経路

超敏感な人はどうなるのでしょうか? 殆どの人は難なく呼吸でき新鮮な空気を吸えても、敏感な人たちは絶え間なく汚染物質に襲われます。高感度の人たちは急に地球にいるのが難しくなります。それは大多数の人の地球との接し方に依るからでもあります。それには気づくことが非常に大切です。皆さんは創造者です。いつでも対応の仕方を変えることが出来ます。必要なことは一人ひとりのコミットメントです。皆さんは地球に生きる創造者です。皆さんが何を起こすのかを決めます。知っていましたか? 皆さんのしたことで地球がある程度汚れました。それは思っている以上です。汚染された小さな粒子が大気中に浮遊していると考えるでしょうが、エネルギーが汚染されることをお伝えしましょう。今後エネルギーの浄化法を学んでいきます。もうそれが分かります。今まではただよくあることだとして我慢して気づきませんでした。多くの人が深刻なアレルギー症状で苦しみ、肉体に重大な危機を招きました。でも自分たちがエネルギーを汚した結果であるとは知りませんでした。中には答えに気づいた人がいてその結果耐性がついた人もいます。近い将来、非常に波動の高い人は暫しの間一つの次元を超えることが出来て、それからまた耐えられる時に戻って来ます。握手をしていると消えてしまう人がいると言っているのはそういうことです。でも、蜂にも同じことが起きています。

蜂のようになる

の周期は皆さんと同じなのです。アインシュタインの予言は余り正確ではありませんでした。蜂が完全にいなくなると地球はそのサイクルを終えます。皆さんにダメージが及ぶということではありません。分かりますよね。皆さんは人間の振りをしたスピリットです。スピリチュアルレベルでは常に安全です。その時は故郷に帰り、多分新しい任務や契約が待っているでしょう。しかしそれまでは、皆さんも蜂も全く新しい関わり方をし始め地球を安全な場所にするでしょう。皆さんの体の周り1メートル位まで自分のエネルギー場があると考えていますが、実際はもっと大きいのです。第1のレベルは約1メートルくらいです。皆さんは至るところで波動パターンを発していますが、そのことを知って自分のエネルギーをクリーンにしてほしいと思います。スタートしてください。自分のエネルギーだけでなく、足元にあるものに対しても責任を持ってください。その意味は、道端にいると簡単に埃が付着してしまいますが、目の前にあるものに殺虫剤を使うのではなく、自分のエネルギーを整えて保つということです。その時に多次元的な人はそこを抜けだしてまた戻って呼吸します。を見るということが重要になるでしょう。非常に簡単です。は今一番シフトしています。人間もシフトしました。そのレベルで大きく変わった人は僅かですが、時間の問題です。皆さんは新しい世界に踏み出したので急速に進んでいます。素晴らしくやっています。そこでを見習って欲しいと思います。今まで何度もお話してきたように、それがクリアにする際のエッセンスです。のようになることが自分のエネルギーをクリアにします。なぜクリアになるのでしょうか? 思いや考え方によるのです。皆さんは明日起こること、周りの人のことなどについて考えています。先ほどお話した蜂についても考えます。税金についてはどうですか、考えますか? その問題は誰にも当てはまる問題です。でも、税金の支払について今考えてください。今支払っている所を考えてください。皆さんは実際の場面より前に将来のことを考え、将来を創りだしています。今後は、順序を逆にして今やっていくことをはっきりと理解し始めようとしています。すると突然が近くに飛んで来ます。実際、はどこからともなく皆さんの次元に現れます。多くのが戻ってくるといいですね。今後数年間は、のような生物にとって難しい時になるでしょう。は自分を守るためにあちこちと彷徨い、それから暫くの間いなくなります。その時あちこちでおっかなびっくりする人がいます。でも、はちゃんと地球にいて、私たちが安全にする時には戻って来ます。

(訳注:エムはしばしば天使も人間も含めて「私たち」と表現します)

他のあなたが次元を超えて滲み出る

は皆さんの人生で大きな一部になっています。蜂は皆さんの有り様を最も見事に映しだします。皆さんが蜂蜜を食べるのを喜んでいます。蜂はそのことに本当に驚いています。それで皆さんの一部になれるからです。牛の扱いとは違いとても素晴らしいことです。牛乳だけでなく肉まで食べるので違いますね。それは完全に違いますが、実は皆さんは新しい関わり方がある、調和できるのです。どうなるのですか? 蜂に近づく方法を学ぶ必要があるということですか? 勿論そうではありません。蜂は今地球で起こり始めている多次元のことの一例です。また一方で、蜂が消えることが益々多くなります。だから、次元の壁が薄くなっているということを覚えておいてください。先ず、感情エネルギーが壁を通過します。皆さんは他の次元のあなたからアイデアや思いを受け取りたいと思っていますね。全く見逃している完璧なことも受け取りたいと思っています。皆さんは大体完璧ですが、地球に完璧な人はいません。だからここに生まれるには完璧な自分を11次元に分割しなければなりません。そういうことをしたのです。でもそれはまた、ないと思っているものを実際には持っているということです。では、思うような問題の答えではなく否定的なエネルギーを感じるのはどうしてでしょうか? それが初めに起こることです。コンクリートとセメントのブロックで出来た壁があるとします。

もし長時間、ある波形をその壁に送ったとしたら、その波形が強いと壁を突き抜けます。でも、短時間のギザギザした波形は壁に阻まれてしまいます。同じことが個人の感情面に起こります。壁は薄くなっているので、先ず否定的な感情がすり抜けてきます。全部が全部それがネガティブなことであるとは思わないでください。最初は否定的なエネルギーを壁から感じやすいということに過ぎません。確かに自分を疑って悲しみを感じたり最悪だと思います。それは私たちから見て驚くような否定的循環の始まりです。地球にいる皆さんを見て私たちは言い合っています。「どうなっているんだ?」と。私たちには見当もつきません。でも皆さんはそういう感情でいたままです。それがサイクルなのです。皆さん、気がついてください。自分を見つめ、自分の考え方を見つめ、そして意図してやろうとしていることを見てください。必ずしも分かりませんが、壁からやって来る否定的エネルギーを感じる時は、「初めて聞くことだよ。少しネガティブだけど、その後にもっといいことがあると思う」と言って喜んでください。自分の状態を理解してください。深刻に考え過ぎることがあることを分かってください。そういう時には壁から否定的エネルギーが来ているのです。その時に人生が否定的な方向に向かいつつあるということです。コーヒーは単なるコーヒーに過ぎません。一過性なのです。だから本当のことが分かるように思い込みを捨てなければなりません。皆さん、お帰りなさい。思っているよりもよくやっていますよ。いろいろな場面でバランスを取ろうとしています。時代の叡智は皆さんから生まれ始めています。

蜂を祝って真似る

今日この会場にはチャネラーが何人かいましたが、皆さん全員はチャネリングのエネルギーを持っています、そのことを忘れないでください。一人ひとりがよくは分からないけれどもどこからか、インスピレーションを受け取ります。そのことを喜んでになってください。蜂には皆さんのためになるエッセンスがあります。蜂蜜が好きでなくてもを歓迎してください。はいろいろな点で皆さんを手助けする生き物です。少しでも注意して自分のエネルギーをクリーンにしてください。すると、が皆さんを見にこの次元に戻って来ます。こころからお願いします。新世界ではお互いに尊敬の念を持って接してください。皆さんは今まで一番高い存在です。故郷から皆さんを褒め称えます。お互いに褒めあってください。

 

Espavo.

The group

新しいマトリックス by ザ・グループ

 

光の灯台 ~ Reminders from Home

2006年11月15日

 

新しいマトリックス

再配線するエネルギー・マトリックス

 

故郷から挨拶

 

わたしはなぜここにいるの?

皆さんは大変長い旅をしてここに座っています。長い道のりをやって来て魂としてこの場に、この時空の魔法のような分岐点に居合わせました。今この時、地球上に今までと違う大切なことをもたらそうとしようとしています。しかし、それ以上です。皆さんが多次元の存在になってここでやろうとしていることは、日常生活で経験することを遥かに超えています。皆さんはこのゲームボードの魔法使いです。以前のことをすべて忘れるためにベールを被り、ここにやってきた存在です。さあ、ちょうど今です。「じゃあ、何をしに来たんだ?」。それは大変大きな疑問で、皆さん全員が知りたいことです。

まず、最近お話したことに戻ります。皆さん一人ひとりに再配線が進行しています。一人ひとりの体内の結合の仕方が変化しているのです。大脳が事実結合していようとしています。私たちの言っていることが正確には何のことかという問い合わせがこのキーパー(スティーヴ・ローサー)に殺到しているので分かりやすく説明しましょう。例えてお話します。

ベールは大脳の二つの葉の間に被されている

大脳には2つの部位があり、意図的に分けられました。そうすることで皆さんがベールを身につけ自分の正体である魂としての自分が分からないようにするためでした。自分のことを身体を持つ人間だと思っています。自分はスピリットの目覚めを探してきた人間であると考え続けています。実はその逆で、人間を目覚めさせようとしているのはスピリットの方なのです。ここに至って皆さんは何をしにここに来たのかを考えようとしています。この答えを探そうとすると、大脳の二つの葉がそれぞれ違ったやり方と新しい方法でコミュニケーションを開始します。分かり易く言うと、とても小さな線が大脳の両方にあります。そうイメージしてみて下さい。皆さんは、それをシナプス経路と呼んでいます。この経路でエネルギーが行ったり来たりしてこの大脳の二つの部位に伝わります。エネルギーのインパルス(刺激)を送信して肉体にいながらスピリチュアルな存在のバランスを取れるようにするわけです。二つの葉の間で起こるこのエネルギーのやり取りは、魂が肉体の中で答えを見つけ出そうとするのを助けます。なかなか答えがつかめず考えあぐねると、肉体は新しいシナプス経路を築き、探す答えを見つけ出そうと活発に作動します。ハイヤーセルフに話しかけてスピリチュアルなコミュニケーションをしようとする時、大脳は新しく形成されたシナプス経路を使って繋がることができます。チャネリングする時は、数多くのシナプス経路が増えるのです。スピリットとうまく会話が出来るような人々は、実際新しいシナプス経路を瞬時に作り上げる能力があります。それは、実際には経路の数の問題ではなく、新たなコミュニケーションを開く新しい経路を活性化することにあります。だから、新しい経路を作り出すことは、皆さんができる素晴らしいことのひとつなのです。

アップグレードする光ファイバー

よく質問されました。「チャネリングを始めるにはどうしたらいいのですか?」と。ちょっと変わった答えを言いましょう。仕事に行く時に違った道を運転していきなさい。利き手を使わず歯を磨きなさい。右利き、左利きどちらかですが、利き足を使わないようにするのです。意図的にもう一方の足から始めるのです。その時に、シナプス経路が伸び始めます。このことは簡単です。シナプス経路を電線だと考えてください。それで大脳の半球同士の通信が可能になります。そのような例えで言うと、皆さんの光ファイバー(視覚神経)が改良されつつあります。新しい光ファイバーはもっともっと光と情報を運びます。この新しい配線があれば、高次のコミュニケーションをするのに新しいシナプス経路だけしか使えない、ということはなくなります。このことは繰り返し何度も皆さんに言ってきたことの基本です。今後皆さんが言う、チャネリングやスピリットとのコミュニケーションは当たり前になるでしょう。皆さん誰もが常時そういう能力を身に付けます。しかし、大変少数の人だけが新しいシナプス経路を作って繋がることが出来ました。今回の新しい光ファイバーで問題ありません。そして誰もがスピリットとの内的な繋がりを発見するでしょう。このことが、私たちが皆さんを「ライトワーカー」と呼ぶ理由の核心です。それでも皆さんは、「光」の本当の意味について理解していません。皆さんは、光は太陽のエネルギーか、フォトンのエネルギーか何かと考えています。光は、本当にそれ以上のものです。光が一体何のことか、科学は表面をほんのかすった程度なのです。人類の再配線が進行している今、思ったより早くそのことが分かるでしょう。

百匹目の猿

この再配線のプロセスが続いていく時、それが皆さん一人ひとりに起きる時の、実際の結果についてお話しましょう。それは地球規模のシフト(移行)です。それはまるで、臨界量に達し、百匹目の猿という説が現実になり始めたかのようです。大変近いうちに人間はどこにいても同じような反応を経験し始めます。勿論、意図的に行く手の波動を先導しようとする皆さんは、他の人よりもっとこの経験をしていきます。皆さんは最初にそこに居合わせることを決意し、他の人がついて来れるようエネルギーを設定しました。したがって、すべてのパラダイム(考え方)を変えている皆さんは矢の先端にいるわけですから、一番その熱を浴びます。でも、孤独ではありません、皆さん。そして皆さんのすることは非常に栄誉なことなのです。パラダイムはその先端にいる皆さん無しでは決して変化することはありません。

皆さんはそのような道を先導する勇敢な魂なのです。光の働き手なのです。今後に来るものの先駆者なのです。皆さんは自信を持って立ち上がり、そのことを知ります。たとえどんなに疲れていようと、時にどんなに疲れ果てていると感じようと、自分の身体を引きずりまわしているかのように身体が重く感じられようと、そのことが分かります。事実皆さんは正しい時に、ここでなすべきことをしています。だからまず、大事なことをしている、そのことを知ってください。

エネルギー・マトリックス

前にお話ししたことを再度おさらいしてみよう思います。キーパーが『スピリチュアル・サイコロジー(スピリチュアル心理学)』を発行したとき、エネルギー・マトリックスエネルギー・スタンプ(傷跡)の違いを説明しました。その2つが、魂が学ぶための主要な人生課題を持ち込んでいるのです。エネルギー・スタンプは、あなたに起こる出来事、またはエネルギーに刻印されたものです。刻印された時からずっとそれを持ち続けます。ポジティブかネガティブになりますが、そのことは問題ではありません。皆さんが経験することが人生課題の遂行を可能にします。エネルギー・マトリックスは、皆さんが配線される仕組みを指します。それは、エネルギーが皆さんの場(フィールド)に入る際に最初に組み込まれる方法です。例を挙げて説明しましょう。

キーパーは大変親しい魂の持ち主を友人にもっています。その友人の彼は、仕事で食品加工工場にいない時でも、彼はいつも食べ物のことを考えています。彼の所に行って「1988年の感謝祭に家族が集まったときのこと覚えている?」と言うと、彼は「そのときは七面鳥とハムを食べたよ」と言うのです。彼はいつも食べることについて考えています。彼はそんなふうに配線され、食べ物のエキスパートとして配線されているのです。皆さん一人ひとりは、何かしら違った風に配線されています。個人一人ひとりのエネルギー・マトリックスは雪片のように、同じものが二つとありません。それはユニークです。しかし、似た雪片が時々あります。皆さんはグループとして集まる傾向があり、自分と似た他の雪片を引き付ける傾向があります。皆さんは自分のマトリックスとよく似た配線の人達を周りに惹きつけます。

エネルギー・マトリックスは決して変化しません。決して。マトリックスがそうであってもエネルギー・スタンプは、治癒されることもあります。しかし、エネルギー・マトリックスによって人生の課題(ライフレッスン)をマスターするよう経験することになったとしたら、エネルギー・マトリックスは、削除される(消える)ことはありません。なぜなら、マトリックスに悪いものはないのです。ただ、それをマスターするのみです。そのエネルギーを最も有効に使うことを学ばねばならないのです。

マトリックスの本質

皆さんはこの生涯で人生が変わる経験をしたのです。これがエネルギー・スタンプという人生課題を克服する方法です。エネルギー・マトリックスは前世から持ち越した単なるエネルギー・スタンプであることもあります。人生と人生の間(死んでから生まれるまでの間)で次の人生の7つのステージを完成させるプランニングの時があります。人生の第7ステージは、死んだ後故郷に帰ってから発生します。その人生で起きたことすべてを振り返ります。自分を審判しない限りそこには判定はありません。何を今後持っていくかを決め、次の人生で何が課題として役立つかを決めます。可笑しいところは、皆さんは「よい経験だけをするようにしよう」と考えることです。しかし故郷に帰ってきたとき、好い悪いという正反対の評価は跡形もなくなっているのです。そこでは、肯定的な経験からよりはむしろ否定的な経験からのほうがもっと学べるようだと理解します。だから、皆さんの多くがまだ否定的な経験を部分的に配線をして人生に持ち込むわけです。このような魂の選択が、次の転生時の「エネルギー・マトリックス」を決めるのです。もう一度言います。このような選択に間違ったことは何もないのです。何も治癒されることはありません。何も変える(修正)必要がないのです。ただ、その課題をマスター(完了)するだけなのです。それは、あなたが選ぶ課題を最大限有効に活用するためです。だから、エネルギー・マトリックスは、他の人生から持ち越された数々のエネルギー・スタンプから出来ているとも言えます。

 (訳注)人生の第7ステージ:故郷に帰ってから次の人生を設計する段階が人生の第1のステージ。第2のステージは魂として入り込む妊娠期間に相当します。順次人として経験し、死んだ後のステージが第7ステージです。

 

マトリックスの上書き

今説明したことに付け足しておきます。今後再配線が進むことによって、たとえエネルギー・マトリックスの中身を削除出来なくても、マトリックスに追加したり、上書き(更新)したりすることは可能なのです。皆さんは多次元的な存在に進化するために先ずこのことを行います。そして多次元の時空で他の人生を経験し始めます。それが、進化の次の段階です。キーパーががっかりすることの一つが、一つの次元だけで生きている人に多次元について説明することです。ひとつの魂が地球で実際に12人のあなたがいて、12の経験していると理解するのはとても難しいことです。皆さんは、別の自分を見ることはありません。別の自分は少し異なった波動で違った選択をし、しかも違う生き方をしています。皆さんが多次元的になり、新しい子供たちがこのような性質を備えてやって来始めると、何が起こるか分かります。まだ知らない残りのプロセスが分かります。一つの魂がこの地球でいろいろな経験をしている次元に移動する機会があるでしょう。

情熱のマトリックス

このような特質によって皆さんはここに何をしにやってきたかが分かり、どういう目的でやって来たのかをもっと簡単に分かるようになります。情熱が、新しいパラダイム(考え方)になります。知っていますよね。宇宙に対して最も気高い貢献をしていく時、その時が重要な地点にいるのです。皆さんが微笑んだり、大笑いしたり、この部屋の空気や、周りを変える時がその時です。それでも皆さんの殆どの方はそれが何かを知りません。情熱を持って経験しようとしてもすぐに、「情熱が何だか知っているけど、それでどう生活していくんだ?」と考えます。そうなる人もいれば、ならない人もいます。ここで理解してほしいことは、情熱を見つけ経験することです。それで生活が出来れば素晴らしい。出来なくても、他の形で生活が出来ていきます。情熱を見つけ経験を積む時、残りのマトリックスが活性化し始めます。どうか、エネルギー・マトリックスは変化するものではない、そのことを理解してください。決して変化しないのです。しかし、皆さんのDNAが結合し始めていますが、以前にはそんなことすら知らなかったのですが、それと同じで、皆さんは、マトリックスを建て増ししたり、追加したりできます。

「ヒーラー、汝自身を癒す」謎

これらのことが動き出すと、自分自身に新しいことを予想し始めます。何が出来るのかを知るようになります。皆さんの殆どの方がヒーラーです。大人になって、殆どの人がこんなことを聞いています。「ヒーラー、汝自身を癒す」と。それは謎です。もしあなたがヒーラーならば、常に自分自身を癒すことが可能だ、そういう意味だと受取りました。その意味は、「説くことを実践しなさい」ということです。他の人の成長を導き癒そうとするなら、そのときに、自分自身の成長を願い、自分を癒すのです。私たちは、人生の課題を学習できるよう、皆さんにそのようにして魂を内に探すよう求めますが、本当のヒーラーは、通常、他の人を導くと同時に自分自身を癒している過程にある、ということを言っておきます。また、皆さんの多くが怖れの種を幾分か持ったままヒーリングをしているということを知っておいてください。この怖れの世界に踏み込むと、転生の度に持っていた、エネルギー・マトリックスの中にある古いエネルギー・スタンプが幾つか活性化します。かつて自分が火あぶりにかけられたことが分かるかもしれません。人々があなたの知識に恐れおののいたことが分かるかもしれません。人々はあなたのヒーリングを受けて良くなったけれどもそのことを頭では理解出来ずに恐れおののいた、そういうことが分かるかもしれません。人間は理解できないことだけを怖れます。理解すれば、怖がることはありません。それは、言わずと知れた闇と光のダンスです。闇を見ても間違いがないことに気づきます。闇は光に進む機会なのです。同じように、闇―怖れは光がない状態で、知識がないのです。知る機会を逃した知の空間に怖れの種子を埋め込んで手放してください。自分の任務に踏み込むと、殆どの人がある程度恐怖の種を経験します。それは、光が欠如した幻想です。知識がないこと自体が問題になります。だから、知っていることを怖れるのは無理な話しです。分かりますか? 踏み出してください。そうすれば怖れの種は最早あなた方をブロックすることはありません。たとえ怖れの種を感じても、それが何か知らずにいても、それが何か理解していなくても、それに光を当てて自分のパワーの中に入り込むのです。それがあなた方がここに来てすることになっていたことなのです。だからここにいるのです。

新しい地球市民

皆さんは地球上の人達と一緒に働くためにここにいます。お互いに教え合うためにここにいるのです。癒し癒されるためにここにいます。ここにいて無条件の愛を交し合うためにいるのです。皆さんは合衆国市民ではありません。イラク市民でもありません。トルコ市民でも、サイプレスの町民でもありません。地球市民なのです。いろんな場所で育ち、違った衣服を身につけ違った言語を話します。全く違った信念を持って育ち、それでも皆さん全員は人間です。同じ質問には同じ解答を求めている人たちです。そのことを理解すれば、全ての暗闇は消えうせます。そこが今皆さんのいる段階です。皆さんは個人的にこの再配線のプロセスを怖れず進められるようになります。全人類が怖れれないで次のステージを経験するのを手助けできます。それはなんとも美しいことです。今こそ自分のパワーと運命の中に踏出す時です。皆さんは新しいエネルギー・マトリックスを生み出しています。自分の任務をマトリックスに上書きしています。それが他のレベルへと移行するのに役立ちます。多くの人が、イエス、仏陀、モーゼ、モハメッド、その他あらゆるマスターと呼ばれる存在たちを尊敬して来ました。彼らの殆どが部分的にベールを動かし、自分のエネルギー・マトリックスを目一杯見ることが出来ました。皆さんがこの再配線でしていることが、それと同じことなのです。旅を楽しんでください。楽しんでください。地に足を着けることを忘れないでください。どんな生活のことでも間違うことなくバランスをとって行ってください。抱き合うことがそれです。他の人に触れることです。身体を感じることの意味です。自分の魂を感じることです。時間をかけて周りのものの美しさに関心を持ってください。普段はそれを見ても平気で通り過ぎていってしまいます。皆さん、笑うのを忘れないでください。人生を深刻に受取りすぎているのを見たら、私たちは皆さんの背中をくすぐりに来ますよ。そして、これはゲームに過ぎないんだよ、と思い出してあげます。鏡をのぞき何度も自分にこの質問をしてみてください。「私の情熱は何か。何をしにここに来たのか。私の聖なる契約はなんだろうか?」。答えを受取ると予期して、しかし、あなたの肩越しから素晴らしい笑いだけを聞いてください。それが私たちです。それが天使の言葉です。どうかそのことを分かち合ってください。完璧なタイミングでここにいるのです、だからそのことを知ってください。

私たちは皆さんが理解できないほど光栄に思っています。皆さんは地球だけではなく全ての時空の全次元をも変えるという立派なことをしています。そんな皆さんを光栄に思います。皆さんはゲームボードのマスターです。あなた方の新しいマトリックスはすぐそこです。皆さんがやってきた故郷からまたご挨拶できて大変光栄に思います。

3つのことを言って終わります。お互いに敬意をもって接っしてください。事ある毎にお互いに育み合ってください。事ある毎にエンパワーメントの要素(E–Factor)を使ってください。これはゲームであることを覚えておいてください。よく演じ合ってください。

 

Espavo

The group

 

(訳注) エンパワーメントの要素:力を取り戻し自立して波動を高めるための要素。人の長所を探し自分が誰であるか発見する手助けをしたり、励ましたり自信をつけられるよう助けること。人のパワーを奪うのではなく自分のパワーに気づけるよう支援すること。

クリスタル・エネルギー by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2001年 10月15日

 

クリスタル・エネルギー

新生地球

 Steve Rother

 

皆さん、故郷からご挨拶します

今日は短い時間ですが、お話しすることが沢山あります。ここ数週間、あっという間に日が経ちました。皆さんが故郷に近づくと、時間そのものとの関係が変わろうとます。怖がらなくていいのです。皆さんも素早くその変化に対応しつつあります。ベールは薄くなり、今住んでいるどころでだんだん故郷を見るようになっていきます。ここで奇妙な環境にいるのが分かります。我慢してください、皆さん。皆さんの動きがこの新しい世界の現実に影響を与えています。創造の時間差は、だんだんなくなります。新しいエネルギーは高く振動し、したがって、周りの全てとの関係が高い波動と一体になるために変わらざるを得ないのです。皆さんは、高い真実に届きつつあり、それが分かりかけています。皆さんは孤独ではありません。他の人の人生の歩みや考え・信念も高い真実に届こうとしているので自分は孤独だと思う必要はありません。今、皆さんの時代です。夢から覚めてください、皆さん。相反する幻想は、脇に移動しつつあります。

女性のエネルギー 光への呼びかけ

太陽から来るエネルギーは、地球のプレートに蓄積してきました。それは、数ヶ月前から始まっていました。これが、クリスタル・エネルギーです。このエネルギーは故郷の建設に使えます。また、キリスト・エネルギーとしても知られています。どうかこのエネルギーを誤解しないで欲しいのですが、たった一つの宗教(キリスト教)が他の宗教よりもっと高いエネルギーを持っているなどと言っているのではありません。この‘キリスト’という言葉は、クリスタル(キリスト)・グリッドによって全てが繋がっている、そういう高い意味で使っています。このエネルギーは、セントラルサンからやって来るもので、皆さんの宗教を言ったものではありません。このエネルギーは、皆さんの太陽系の太陽で集積し、蓄えられました。臨界量に達してそのエネルギーは、皆さんが知っているように太陽フレア(爆発)となって放出されました。皆さんがある発展段階に達した今、このエネルギーが貯蔵されている付近から解き放たれて地球へ、更に皆さんへと注がれています。これが、女性生と男性性のバランスです。ゲームの当初は、男性エネルギーが当分の間地球を支配して来ました。男性と女性のバランスがとれたエネルギーが、新しい地球に回帰し始めて男性エネルギーの支配が終わろうとしています。今、このエネルギーは、地上ではなく、地球自身の深いところからやって来ます。波動を先導しようと選んだ人はこのエネルギーによって感受性が高まっていると感じます。しかし、これがどう影響するのか分かりません。その答えは、皆さんがこの出来事をどう捉えるかに掛かっています。‘感受性が高まる’と言った時に、どう反応しますか、自分に聞いてください。この言葉で何か得るものがありますか? それとも何か失うようなことがありますか? 今後、変化を経験する際には自分のいろいろなものの見方を、自分の役に立つように変えてください。皆さんは、数え切れない人生を費やして、まさにこの時を選んでここにいます。その感受性を締め出す必要はありません、既にあるものです。それが、‘光’への呼びかけになります。今聞いてください。二度と呼びかけはありません。

鉱物界

エネルギーの解放が始まると、鉱物界が真っ先にその影響を受けます。地球には魔法の場所があり、このエネルギーを何年も待っていました。その多くの場所が、皆さんが知っている聖地です。地球のこのようなエネルギー・スポットでは変化が一番強く感じられます。過去50年間にわたりこのエネルギー・スポットは、クリスタル・エネルギーを放出する準備をしてきました。エネルギーの高いこのような場所が変化しているのですが、つい最近そのエネルギーが変わったのを知っている人もいます。この変化は続いていきます。その場所はヴォルテックスです。キリスト・エネルギーを取り込むのが目的です。今そのエネルギーは取り込みを開始しています。そうなると、鉱物はエネルギーをもっと凝縮していきます。鉱物は驚くべき速さで波動を高めています。このことが、結果として波動を押し上げ、岩石そのものが変わろうとしています。既にお話しましたが、地球と植物は既に波動を変え始めました。この変化が原因となって人間との関係が変わり始め、これまでゲームを演じてきた役割が変わり始めます。今、鉱物の世界は、始まったばかりの全般的な進化と重要な関係を作っていきます。後何年間か経ってからそのことが分かります。そのような理由もあって私たちは、皆さんに環太平洋火山帯の変化の兆しに注意するようお話してきました。この地域で鉱物界のエネルギー放出が起こるのが分かるでしょう。

クリスタルの波動 

最初に見られるのは、一つには、水晶の変化です。皆さんはあらゆる鉱物を自由に扱っていますが、水晶がこんなにもスピリチュアルなものとして考えられてきたのは不思議だと思ったことはありませんか? 地球は、本質的に大きな結晶体です。クリスタル(水晶)は、人間に最も近い波動域を持っています。クリスタルには似たような個性・人格と目的があります。これまで、皆さんの波動でクリスタルと相互に作用し合うことは出来ませんでしたが、それが今変わろうとしています。その物質的形質が皆さんの目の前で変わろうとしているのをよく見てください。このエネルギーが鉱物界を貫通していきます。くすんだ色のクリスタルが透明になっていくでしょう。そういうクリスタルがでてきます。透明なクリスタルが、曇ったり、くすんだりするでしょう。それが終わると、半分に割れたりします。含有物が表面に出てきたり変わったりしてクリスタルそのものの内部が変化します。 

クリスタルは波動を溜め込みます。また、クリスタルとキリストという言葉の関係についてお話して、思い出してください。微量のクリスタル・クォ-ツに電圧を加えることによって、クリスタルが正確に波動を放出して簡単に時を刻むことを発見されクォ-ツ時計が出来ました。今皆さんは、クリスタルから波動が放出されて変化するのを見始めようとしています。いわゆる神の波動の役割が再定義されようとしています。クリスタルは皆さんの生活の中で思った以上に重要な役割を果たしています。

クリスタルは波動を保有できるので、特別な性質を持っています。皆さんがスイッチとしてコンピューターの心臓部に使用しました。今起ころうとしている変化は、そのコンピューターシステムに負荷を引き起こすこともあります。今、皆さんは思考能力のあるコンピューターを作ろうとする所まで来ています。皆さんの見方では、これはサイエンス・フィクションで、人間の安全性を脅かしかねないと考えています。私たちから見れば、このことは全くおかしな話で、地球と地球のあらゆるものは、実際に生きており、考える存在だとずっと皆さんにお伝えしてきました。皆さんは、自分と鉱物を分ける、次元の境界線に差し掛かっていると私たちは見ており、それは非常に楽しいことですが、そんなことが想像できますか? 宇宙のジョークでは、皆さんはバラバラではなく事実一つなのです。皆さんが自分自身の影に怯えて走りだす時を見ると、本当に面白いです。

エネルギー源にも反射鏡にもなるクリスタルの性質は、皆さん自身によって隠されてきました。皆さんは、アトランティス時代に経験した衝動を乗り切れるかどうかを見ようとして、ゲームを演じることを選びました。そのゲームは完了しようとしています。これからの時代、クリスタルの最も重要な使い方が、二つ以上分かるようになります。アトランティスは目の前にあります。

次元のリアリティが交差する

キリスト・エネルギーは、今地球に吸収されようとしていますが、それは、次元のリアリティの扉を開けるのです。その次元のリアリティは皆さんが経験するものです。そのリアリティは、夜空を見上げて他の惑星に生命があるのだろうか、などと考える時に、皆さんに答えをくれます。多くの次元同士のリアリティが、現に皆さんのいる時空に存在します。こういう理由で、皆さんと直線的時間との関係が変化しています。波長を合わせてください、これからこのようなことがもっと起こります。キリスト・エネルギーが地球にやって来ているために、他の次元の時空と交差することが起こります。

ヴォルテックスと関わるようにお願いします。この回転するエネルギー体は、キリスト・エネルギーを地球上に巻き込む、その錨になります。今混ざり合ったエネルギーの旋風は、元々は地球の核になるエネルギーを崩壊して地球の最後の回転を起こすために使われるはずでした。夢から覚めて力を取り戻した結果、皆さんは進路を変えて、このエネルギーの使い方を変えたのです。もうそれは地球で安定し、全ての波動を上げる後押しをしていきます。

保守派の抵抗

最近のゲームボードで起きた出来事は、新しいエネルギーの到来に対する単なる抵抗です。古いやり方に必死にしがみつく人たちがいます。それはバランスを欠いた、古い典型的な男性のエネルギーで、全てに抵抗を引き起こしてきました。保守派にとって、このエネルギーは脅威であり、自分たちが理解できないものに対して典型的な男性のエネルギーを振りかざして逆らっているのです。このエネルギーがもっと感じられるようになると、保守派は、今まで地球で見られてきたようにもっと古いやり方で対抗しようとします。男性女性のバランスのとれたエネルギーは、セントラル・サンからあるルートを通じてやって来ます。このことが、女性エネルギーの回帰と言われてきたことで、私たちがマーリアマーリンの調和したエネルギーと呼んできたものです。しかし、このエネルギーが最初の自由意志の惑星に届いても、このエネルギーが地球に同化するかどうかについてはまだ、決まっているわけではありません。皆さん、人類の集合波動が決めます。

皆さん、エネルギーのバランスは、その重要さという点で、今や皆さんのゲームの最前列の位置に着いています。次に何が起こるか、皆さんは選ぶ権利を持っています。私たちが、それはエンパワーメントではない、などと決めることではありませんが、地球規模の出来事を変えられるかどうかを決める際に有効な、たった一つのガイドラインがあります。皆さんが、今地球の住人であるなら変えることが出来ます。地球上にあるすべてのものに対する責任を引き受けようなどとしないでください。自分自身の幸せと思考プロセスに責任を持つようにしてください。そうすれば、全てが神聖なオーダーで落ち着きます。バランスは、皆さん一人一人の決定に掛かっています。天秤棒の一方の端では、あなたの現実を他の人に作らせてはいけないということが重要です。保守派が責任を引き受けようとしない時には、彼らは、他の人に現実の責任を押しつけようとします。それは、地球で何回も起こって来たことです。責任を負わずに人に預けてしまうことが、今地球で起きている出来事を引き起こします。保守派は、今地球で融合する動きを感じ取ると、抵抗して元に戻そうとします。宇宙エネルギーは、地球に浸透するクリスタル・エネルギーによって活性化しています。宇宙エネルギーの動きは、融合です。この融合は、ある者にとっては脅威なのです。結束・連帯する(ユニティ)意識が高まることに抵抗する人たちは、今一大決心をして抵抗してきます。最近ゲームボードで見られるような、単に我慢して何もしないというのは適切ではありません。親が子供の誤りを叱るように、皆さんもそのようになってください。愛と尊敬を持ってそうしてください。自分とは違う、別なんだというような態度でやらないでください。その子供たちは、あなたの家族の一部でもあります。彼らの大袈裟な反応に、同じように大袈裟な反応で対抗してお互いを分断するのではなく、ただ、それが何かを見るようにしてください。今は地球全体が一つになる時です。先ず、個人として、それから全体としてそうする時です。

これからの時代は、歓びと暗闇に満ちています。指弾したり、文句を言ったり、大袈裟に振る舞ったりする場面が沢山あります。また、お互いの心がもっと近づいて一緒になる機会がこれまでない程出てきます。皆さんの政府と関係者は、皆さんが舵を取ろうと望む方向に決めることはありません。皆さん個々人の心で方向を決めます。皆さんが意味と方向を探して、どこへ行くかが分かるようなロードマップや計画はありません。いつものように、それは皆さんの選択なのです。ゲームで起きた出来事は、自分のスピリットが生き生きするチャンスを皆さんに提供してきました。先ず自分のスピリットを立て直してください。そうすると、建物が魔法のようにもう一度現れます。

このエネルギーが増大すると、保守派の抵抗はあちこちで沢山起こります。子供を見る親のように愛と理解でこれを見てください。親は、子供の発達向上のために自分で自分の責任をとらせることが分かっています。断固とした責任感をもちながらも、彼らの成長を見守り、共感する余裕をもってください。これは自分の子供、まさに、皆さん一人一人の一部なのだと分かってください。男性女性のバランスがとれるようにしてください。‘新生地球’が、今後災害のあるところで急速に姿を現します。

時間をすり抜ける

次元同士が交差する結果面白いことが明らかになります。それも分かるかと思います。ある時、皆さんが時間のポータルに落ちる、そんな時があります。あり得ることです。そのようなポータルが、将来使用されるために出来つつあります。そのうち、自分が訳も分からずに時間のポータルには入り込んでしまうかもしれません。何も害はありません。ドライブしていて、突然思っていたより20キロも先に来ていると気づくのです。時間がリセットして思ったより何時間も早いことに気がつきます。このポータルのことはすぐ分かりますが、それは一時的な状況です。そこに落ちることは不可能です。それまでは、旅を楽しんでください。

‘次元の廊下’向けツール

自分の選択する力によって、皆さんは夢から覚め始め、力を取り戻し始めました。私たちは、皆さんの素晴らしさを思い出す手助けをするためにここにいます。また、皆さんが力強い自分に戻れるような場を確保しています。その目的のために、簡単な3つのツールを提供して、使っていけるようにしたいと思います。新しい現実が皆さんの日常生活に現れるようにしましょう。

 

  1. 自分のヴォルテックス

エネルギーは常に動いている、そのことを理解してください。神のエネルギーは旋回しています、始めも終わりもありません。皆さんは、この神のエネルギーを有限の形にして、それで自分の力を持ち続けることが出来るかどうかを見ようとやって来ました。だから回転して自分のエネルギー・ヴォルテックスを作ってください。どのようにしても構いませんので、自分に合うようにやってください。対立する世界にいる人間の考え方を一番難しくしているのは、正しいか間違いかどちらかがある、ということです。この自分のエネルギー場を扱えるような方法を自分の内側を感じて発見してください。左回りがしっくりこなければ、右回りでやってください。自分の周りにエネルギー場が出来るようにしてください。それをすると、今直面している変化を促進でしていきます。

 

  1. グループによるヴォルテックス

グループで地球と関わる場合、一緒にヴォルテックスを作ることも人生に新たな場をもたらします。大きなグループでも、小さなグループでも、回転するヴォルテックスのエネルギーを作りだせます。時計か反時計回りかを決めて、集団で地球に繋がり、地球と作用しあうヴォルテックスを作り出せます。個人のヴォルテックスと違い、集団のそれは一旦動き出すとその場に残ります。このような漏斗形は、キリスト・エネルギーを地球に降ろして固定して、エネルギーを地球に送るのに使われます。後になって、このエネルギー場が、ポータルになって次元を行き来することに使われるものもあります。

 

  1. 直角

次元のドアは、直角です。一つの次元は、他の次元と90度の角度で交差しています。自分の人生経験の進路を変えるために意図的にそれを活用してください。それと同じように、自分の現実が好きになれないなら、立ち止まって、今いるところから90度ターンしてください。自分を信じて内なる答えを待って、それが来たらそう思ってください。それが、ぴったり来なければ、方向を変える勇気を持ってください。このことを先ず、シンボルになるようなジェスチャーを使ってやってみてください。すぐに、この宇宙の真理を使うことに納得がいきます。

地球の今の時代は、何千年もの間予言されて来ました。皆さんは大変立派にやっています。今まであり得ないほど自分の力を持っています。自分の一番高い現実に集中してください。新しい地球に故郷を建設していきます。私たちは、ゲームボードのマスターの前にいることを心から光栄に思います。今皆さんがしている仕事によって皆さんを尊敬の色に染め上げて、永遠にその色を持って行けるようになります。自分を信じ、選択する力を持ち続けてください。高い真実を抱えてください。新しい地球には暗闇が入る余地はありません。こころからお願いします。お互い尊敬の念を持って接してください。お互いを育み合ってください。よく演じ合ってください。

Espavo!

波乱時における調和 by ザ・グループ

 

光の灯台 ~ Reminders from Home

2003年 2月 15日

ハーモニクス

波乱時における調和

Steve Rother

他の人と調和して共鳴すると、宇宙エネルギーの流れの中に身を置けます。その時、世界がぼろぼろに砕け散っても、あなたのところにそれは落ちてきません。落ちてくる瓦礫の中を歩きながらも、それに触れることはありません。それはもう皆さんの現実ではないからです。

 

故郷からご挨拶

故郷の思い出と共にご挨拶いたします。皆さんが自分の壮大さを思い出して、力を手にする、それが私たちが皆さんに一番できる手助けです。アセンション・グリッドは、とうとう結びつき、最終的な形になりつつあります。これは皆さん全員に感じ取られ、人類の歴史という観点で今を俯瞰する時にはっきりとそれが分かります。また、他の人に責任があると考える人たちは、コントロールを失ったように感じ、すぐに過敏に反応してしまいます。どうかその人たちについて批判しないでください、あるいは、自分を評価断罪しないでください。その人たちはただ、低い波動の現実での既成概念に従って動いているだけなのです。そこから進化していくのですから。他の人がどうこうではなく、この機会に、3次元的思考の幻想である、自分の作りと心を検証し綺麗にして欲しいと思います。

5次元の性質

実際に皆さんは毎瞬自分の現実に責任があります。毎日のニュースを見て、思い当たるところがある、共感するところがあると、創造者としてまさに即座に同じ現実を創ります。5次元の高い波動では、創造する力が劇的に増大しています。アセンション・グリッドが結びついて、それが移動していても、そのグリッドは、皆さんが生物的泡沫(肉体)にいながら創造者として力を持てるよう役に立っています。皆さんの創造する力は近年向上して来ています。気がついてください。また、人間すべての人の創造する力も上がっています。だから、他の人なしで、自分だけが前進することは不可能なのです。したがって、自分の能力を意図を持って使うことが必要になっています。これが、皆さんが言う「」です。皆さんは「ライトワーカー」として、事ある毎に故郷の光を意図的に広げる意思があります。もうそういう時に来ており、大体的なものです。

先ず、心の中の自分自身がどうなのか、その心のあり方を整えてください。それから外に向けて周りにそれを発してください。自分を最善の状態にすることから始めてください。その時にこそ皆さんは宇宙で一番役に立てるのです。

リアリティを統合する

今は、これまでになく宇宙エネルギーの流れを理解する時です。宇宙エネルギーはすべてのものを貫通するエネルギーです。真空からエネルギーが一切なくなってもそれでもある、そういうエネルギーです。エネルギーである、宇宙エネルギーは、本質的に常に動いています。その動きを観察しながら、宇宙エネルギーの流れのどこにいるのか、それに逆行している時はいつなのかが分かります。5次元の高い波動では、それに合わせることが益々重要になってきます。だからお願いするのは、その流れを観察して、自分の行動を個人的にも集団としても宇宙エネルギーと照らし合わせることです。

宇宙エネルギーは無限です。無限の形なので宇宙エネルギーを何かに例えて単純に理解することはできません。宇宙エネルギーは皆さんの世界、ゲームにあるすべてのものの基盤です。一本のロープにかかったシーツと似ています。シーツの一方を指で押すと凹み、反対側に同じ分だけ出っ張りができます。これが「原因と結果の法則」の仕組みです。原因は指で押したこと、結果は反対側に出っ張り、隆起ができることです。ゲームが創られた時、皆さんは無限の存在として有限の形を取りました。同じようにそれは、宇宙エネルギーを動かす原因となり、皆さんのゲームが出来るだけ長く存続する結果にしています。宇宙エネルギーは従って、常に融合する動きをとり、正反対のゲームの中で離れていたものを一緒にする動きになります。皆さんの立場でいうと、宇宙エネルギーは融合の行動です。

ゲームを演じる対立する世界では、互いに別だと見なします。ですが、その時でも、そうではありません。どんな人のどんな行いも、地球全体の他の人たち全員に影響します。皆さんは、実際に個人という一個の「存在」です。これがゲームの本質です。そうやって、個人が、無限の神が形を成して自分自身を見られるようにしているのです。こういう個人によって、「神」を定義するのです。

皆さんのいう現実には問題があります。実際にそれが存在すると考えています。皆さんの目が語るように、事実、皆さんはお互いが全体の一部であり、切り離されてはいません。5次元に進行しているので、それは益々明らかになります。だから、宇宙エネルギーの動きに反する行動は、10年前に取った行動であっても、それはもっと大きな膨らみや反応を引き起こします。今心の中の考えが、集合意識にもっと大きな変化を引き起こし、誰の目にもはっきり分かる時なのです。

クリスタル・エネルギーは、この2年間皆さんの現実に浸透しています。皆さんがもっと高い波動の状態に移行できる基礎を提供してきました。多くの皆さんにとって、それは役に立ってきました。そのエネルギーは、一方では脅威になり、必死になって古いやり方にしがみつこうとする人もいます。今のところ、公衆の面前で抵抗を見せる人たちがいます。そのことが起きていても、皆さんはそういうゲームを演じる必要はないのです。どうかそのことを分かってください。

ハーモニック・レゾナンス

先ず何よりも、個人の生活の場面で他の人との繋がりを維持してください。すると、皆さん個人の行動が、宇宙エネルギーの流れの中にしっかり位置づけられます。私たちはこのことを「ハーモニックス(調和)のアート(技)」と呼んでいます。あなたの思考と同調する人たちはあなたと同じように振動しています。言い方を変えれば、そういう人たちは同じレベルだということです。そのレベルにいない人は、あなたと違う人です。で、人間の最初の反応は、誤りや落ち度を見つけ、その結果、あなたが違うレベルでやっていることを断じます。そうやって、自分のレベルを正当化して由とします。他人の波動を変えたり、自分の波動を変えようとするよりも、むしろ、異なったレベル同士の間で調和している共鳴音(ハーモニック・レゾナンス)を見つけるほうがはるかに易しいことです。この一本の糸が、他の波動と自分とを結びつけると、両者共に相違点よりも類似点が分かり始めます。

他の人と調和して共鳴すると、宇宙エネルギーの流れの中に身を置けます。その時、世界がぼろぼろに砕け散っても、あなたのところにそれは落ちてきません。落ちてくる瓦礫の中を歩きながらも、それに触れることはありません。それはもう皆さんの現実ではないからです。だから、何でもかんでも向こうにある、読むもの、見るもの、聞くもの全部を自分に当てはめてその通りだと思わないでください。信じ込まないでください。ハーモニックス(一致点)を見つけ出して一番高い現実を創ってください。するとあなたの周りにそれが広がります。

最近、多くの人が一緒に集まって平和を祈っています。本当に素晴らしいことです。意思を同じくして集まるときは、世界が変わります。5次元の高い波動でそのように行動する場合の考え方を言いましょう。宇宙は否定形を理解しません、そのことを分かってください。否定的なことは、ベールが作り出した幻想です。ベールは正反対の中で生きる場合に役に立ちます。否定形は対立する世界の外には存在しません。皆さんは平和という言葉が好きですが、ある意味「平和」そのものは否定的な意味を含む概念です。平和は揉め事や戦争がない状態のことです。「ない」状態は両極の幻想です。5次元世界では、今住もうとしているところでは、「ハーモニー(調和)」という概念がもっと役に立ちます。

「ハーモニー」という概念はすべてのもの、すべての人との結びつきを奨励します。これは、「すべてとの調和(Grace」という人生課題に最も関係する概念です。「グレース(Grace」という課題をマスターする時、周りのすべてと調和して生きる、歩くということを意味します。そういう人たちは確かにパワフルな人です。出会うもの、経験すること、出会う人、何でも調和を引き出してしまうからです。調和とGraceを学び身につけることは、宇宙の流れの中に身を置くことです。それは、宇宙エネルギーの流れという融合する動きを受け入れそれに倣うことです。

意図を活性化する行動

皆さんが平和を祈り、平和を訴える時のもう一つの問題は、最初に行動を起こした後、それに続くものがその背後にない、という点です。したがって、新生地球の高い波動では、平和を推進する動きが、数年前に持っていた威力を持たなくなります。平和を訴え、立ち上がり、それに価値を置く行動は、過去にそうであったようには効果がなくなるのです。したがって、個人レベルでハーモニックスの技を使う練習をしてください。お互いの関係に問題をもつ人たちと共鳴(ハーモニック・レゾナンス)を達成できる方法、道筋を見つけることによってそうしてください。自分の生活の周りに問題がなければ、問題になりそうな人たちの行動の仕方や生き方を自ら学ぶようにしてください。自分のレベルが彼らと違う場合にその調和の糸が見つかれば大きな溝を埋めることが出来ます。人類に関しても広い態度を取ることによって、実際知っているよりももっとずっとその状態に近づいていることが、すぐに分かります。

地球のゲームで戦争ばかりやっていながら、もし地球外のエイリアンがやって来て接触したなら、地球の人間たちは即座に一丸となってまとまってしまい、砂上に築き上げた架空の境界線はすぐに消えるほど結束するだろう、とは皆さんを言ったジョークです。その時、誇り高き地球人は肩を組んで、兄弟同士が手を取り合い、境界線は消えるのです。

ハーモニックスの技法を練習し、地球にいる理解できない人たちを研究してください。自分を教育することによって波動を自分で上げるのです。アインシュタインというライトワーカーがかつてチャネリングをしました。「それが創られたのと同じレベルでは、問題は解決しない」。先ず自分の波動を上げてください。現在あなたを包む5次元の性質をもっと活かしてください。あなたに反する人たちの考え方や思い込み、習慣、要求が何かを研究し、自分で学んでやってください。その時、ハーモニック・レゾナンスが分かり、その人たちとあなたを結びつける糸が見つかっていきます。この調和した糸が一端結びつくと、ワンネス意識が地球で発展し始めるのが誰にも分かります。そのように進むと、もうどこにも戦争はなくなります。

ライトワーカーの役割は、これまでになく益々重要です。皆さん、多くの人が大変な苦労を重ね、艱難辛苦を経験してきました。それは、ただこの時空の交差点に正確に居合わせ身を置くためでした。皆さんはここにいてこの地球を変えています。先ず始めるにあたって一番いい方法を思い出してほしいと思います。それは、自分の心と現実に調和を作り上げることです。どうか思い出してください。尊敬の念を持ってお互いに接してください。お互いに育みあってください。よく演じあってください。

 

ESPAVO

The group

 

スティーヴ&ザ・グループ – 2014 07(字幕)

チャネリング・Q&A ~ スティーヴ&バーバラ – ザ・グループ 2014-07

人類の集合意識が新しい扉を開き地球を仕切り始めている。

リーダーも集合意識に従わざるを得ない。それが新生地球。

12分過ぎに開始します。所要時間1時間55分。

(メッセージ)

*今後数年間の水不足と熱波の問題

*集合意識が決める 新冷戦~リーダーの非難の応酬

*ユニティによる世界のニューオーダー(新秩序)

 

(Q&A)

*クリスタルエネルギーを持っている人の特徴~クリスタル・エルダー

*「引退」年齢と仕事のスタイル

*チャネリングメッセージに対する視聴者の偏り

*パートナーの探し方ー自分のスピリットを表すことが他の人を引き寄せる

*苦しい時に人助けをするスピリットの輝き~映画「インポッシブル」に見る

*才能は使わないと消えてなくなる?

*好きなことと9-5時の生活

*スピリットと生活のズレ~欝の克服法

*モントークプロジェクト・HAARP~ETと地球との交換交流

*闇の存在はいるか?闇=恐怖、闇を受け止める

*“ETによるインプラント の苦しみと痛み”は本当か?対処するには?

(結果についてはビデオの後に出ています)

*男と女の関係を複数もつこと

*インディゴ・クリスタルによる銃撃事件の背景

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

闇の美しさ by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

 2004年 9月 15日

 

闇の美しさ

From Steve:

今回のメッセージは、カリフォルニア、サン・ディエゴで行った「オーバーライト・スピリチュアル・トレーニング」において公開されました。このトレーニングを利用して、前にザ・グループが語った問題を更にお話ししています。「光と闇」についての見方は変わっています。そうなると、対立から抜けだして、考えを統合していくことが重要になります。「闇の美しさ」を理解し受け入れることによって自分の現実を変えることが出来ます。おそらく、その時に闇を怖れなくなります。

素晴らしい創造を!

スティーブ・ローサー

ザ・グループの広報官

 

故郷からご挨拶

もう一度、この部屋のエネルギーは変化して、故郷の波動を引き入れています。皆さんが大変独特のやり方で始めました。皆さんは新しい道に歩き出し、かわいい肉体をもつ創造者として自分の力を発揮し始めています。歩き回ってはぶつかり合い、故郷に通じる道を探索しようとしています。ここで何をしているのか、それが分かろうとしています。自分は一人ぼっちだと思っています。自分はユニークだと思っています。他の人と離れ離れだと考えています。しかし、違うのです。皆さんは、非常に珍しい状態でお互いの一部になっているばかりか、私たち全体の一部でもあるのです。それが、私たちが皆さんと結びついていることです。それは、言ってみれば、皆さんがこのような所に、詰まり、私たちに惹き付けられ、また自分のハイヤーセルフによっても惹き付けられた、謎なのです。その謎は、皆さん一人一人がハイヤーセルフによって故郷と繋がる、その繋がりの中にあります。それが、故郷と肉体の連結です。

ゲームの変化

途中どこかで、ひらめきました。「ゲームをやろう。有限の幻想の中にいて、過去・現在・未来の直線的な時間という幻想に自分を押し込んで、そこで自分が誰なのかをはっきりさせよう。無限のスピリットの企画制作による、直線の時間で自分を表現する、そのような素晴らしいゲームをやっていこう」。皆さんは、そう言いました。何と面白いゲームでしょうか。で、歩き回って、友達にそのゲームについて話しては、それが大きく拡大して行きました。皆が、これは他にはない、とっておきの考えだと思いました。オムニバース(Omniverse)は、そのようなゲームに満ちています。皆さんは数多く見てきました。ETなどと呼ぶ存在がいますね。皆さんは彼らのゲームを知りませんが、至る所にあります。そのような存在は、どこにでもいます。一つだけはっきりしています。皆さんは宇宙でたった一人ではない、そのことです。今後もっと多くの惑星が‘発見され’ てそれが分かります。

‘オムニバース(Omniverse)’は、多くの宇宙(multiple universes)を包含する、文字通りいろいろな次元の宇宙全体を表しています。同時に数多くのより糸が、お互いに貫通しています。直線的時間が無限であると考えるのは、大きな挑戦です。そうするために、皆さんは、他にはない非常に特異なビジョンを身につけなければなりませんでした。ゲームを始めた当初の考えについて、今日皆さんとお話ししようと思います。ゲームがどのように始まったのかを思い出せば、その独特の考えによって、次の段階のゲームがどういうものか、定義し直すことになるかもしれません。皆さんは、交差点に差し掛かっています。そこで本質的にやり直すことになるでしょう。人類は、かつてと同じこの場所で、文字通り新しいゲームボードを創り直しています。これが、皆さんが今、地球のために創っている“3の地球”という新しいホログラムのことです。皆さんの波動が高まり向上して進化の道に踏み出しているので、それが可能になっています。それは、進化の歩み、というものではなく、意識の飛躍的進化なのです。瞬きする間に起きています。大勢の人が、世界を変えるような出来事が起きて欲しいと、その日を待ちわびていますね。その日を楽しみにしてください。地上天国のユニークな考えや構想を練るためには、願っていることをやるのです。しかし、その日を待つことはありません。その日に起こるようなことは、既に今できます。ですので、有限の中にいる無限の存在のもつパワーに傾倒していくためには、出来ることは何でもやってください。その行動によって、ここ地上においてその無限さが現れるのです。また“第3の地球”に天国の特徴を創り出せます。

無限から有限 光から闇

有限の存在としてそのことを理解した上で、次のような考え方をお伝えします。それでも無限の考えを完全に理解するのは難しいのです。事実は、余りにシンプル過ぎるために理解できません。従って、違いが分かるようなビジョンを幾つかお伝えしましょう。それで無限の存在による選択が可能になることが理解できます。私たちは、キーパー(スティーヴ)を通じて‘ハート(こころ)’という言葉をよく使います。それは、誰もが理解できる言葉です。しかし、皆さんに故郷を示す言葉が他にもあります。‘光’はその一つです。肉体を抜け出す時、光に向かいます。“光に向かいなさい”という言葉はそれ以上の意味があります。この言葉は余りによく使われる言葉なので、導いてくれる光を見たい、という意味や、その光になりたい、などといろんな意味が重なり合っています。実は、それは、人間として考えるような光ではありません。「光」は、無限を表す状態のことです。光は、無限の故郷を実際に代表している、そのことを理解すれば、有限の形で訪れているこの場所が、闇、と呼ばれ得ることが分かると思います。

そこで、と呼ぶものについて、私たちの見方を少々話ししましょう。闇の美しさを理解するのは重要です。過去・現在・未来という有限な時間軸で皆さんは生きていますが、そこでは、光は、闇が存在してはじめてはっきり分かります。ここが、面白いところです。皆さんは、それほどまでに、魔法を使う創造者なのです。頭の中で何かに集中して7秒以上考える度に、考えたものが現実に現れます。それに要するのは、7秒間ですが、今後3年間で、5秒になります。皆さんはそれほど速く進んでいます。生物的泡沫(肉体)でいながらも自分の創造力を取り戻して行くその様子を見ていると、信じられないほど見事です。直線的時間の中でゲームをしながら、無限の力を取り戻し始めています。それは、表現のしようがありません。

“光”の定義

ゲームの当初、人間は光に引き寄せられました。太陽を全ての源として崇めました。それから、砂の上に自分の影を見ました。怖れました。皆さんが闇を怖れるのと同じです。闇は単なる幻で、光がない状態のことです。それ以外の時に定義付けできません。極性の世界では、光は、闇と対比されなければ感知されません。だから、闇の持つ美しさを認めれば、実際にもっと高い光を見ることが出来ます。有限な世界で無限の自分自身を表現するのがもっと易しくなります。

キーパーの所に来て、「ブードゥー教とか、黒魔術、呪(まじな)いは、本当なの?」、そう聞く人がたくさんいます。その答えは、いつも同じです。勿論そうですよ、と。自分で疑っていることについて聞いている、自信がないからです。どういうことかというと、よく理解していない結果、光が足りずに恐ろしい大きな闇を創り出してしまうということです。怖れないでください。むしろ受け入れてください。自分が経験する光と闇、その両方の美しさを見つけてください。そうすれば、何でも前に進めていけるようになります。皆さんは、今、他の人を手助けする次の段階に入ろうとしています。それは、“ヒューマンエンジェル”という役割に進むことです。これは、‘光‘の新しい表現です。それによって、闇を定義する際に、理解を改め直して、役に立っていきます。皆さんが、‘2の自由意思の惑星’の天使の役割を引き受けるのは、そんなに遠い話ではありません。まあ、その時は面白くなります。私たちは皆さんに関わってきましたが、私たちにはそれはフラストレーションが溜まることでした。それと同じことになるのでしょう。だから、皆さんが肩越しに謎めいた笑い声を聞く時は、私たちが話したことを思い出してください。そこに私たちがいることを思い出してください。皆さんを愛していることを思い出してください。

闇を使って光を表す

そこで、初め何が起きたのか、そのことをお話ししましょう。ゲーム開始当初の様子を理解するのは興味深いことです。皆さんが故郷に帰ることや光に帰ることが分かってくると、光は無限のエネルギーの現れであることを理解しなければなりません。そこで、初めの質問は、「有限の言葉で無限をどのように定義づけるのか?」、ということです。普通に光が存在しないところに、光をどのように創りますか? 有限の世界で光を創る方法は、闇と対比することによってです。ここで皆さんが、否定的なエネルギーを創作しました。ゲームという2極対立の世界で本当に求めていたもの、文字通りその正反対のものを創ったのです。故郷では、ネガティブなエネルギーは存在しません。だから、人間はポジティブなエネルギーを求めようと、ネガティブなエネルギーを喜んで出そうとしました。間もなく皆さんは、闇を使っていろいろと光を定義するようになりました。ゲームの初期の頃が一番驚くべき闇が生まれた時期でした。それで、光も生まれたのです。それで、天国にいる存在が全てゲームを見守り、言ったのです、「うわー、凄い創造だね、そんなこと考えついたことがないよ」と。エネルギーに光がない状態が、否定的なエネルギーです。皆さんは、毎日ネガティブなエネルギーを使って光を生んできました。それは、無限を表現する人間の、見事な方法です。

今、この部屋を明るくしている蛍光灯は、プラスとマイナスのエネルギーが1分間に120回点滅しています。電気という形で、ポジティブとネガティブのエネルギーバランスをとるのです。それは、天国と地球に置き換えることが出来ます。このエネルギーバランスは、最初ニコラ・テスラというクリスタルチャイルドによって実用化されました。進化を続けて行く際に、否定的なエネルギーを使うことはもっと重要になります、また、その見方を変えて、否定的なエネルギーを使い始めます。何もないもの、光さえもないものを思う時、真空を創ります。その真空は、後に何かが入ることになります。そこから、恐怖と悪魔という幻想が生まれるます。初期の頃、実際に自分の影に怯え、その恐怖は次第に大きくなりましたが、その怖れが光の定義(反語)でした。やがて時が経って、皆さんは一番想像的な恐怖の対象を持ってきました。その中に沢山の恐怖を発見したのです。それと同じように、恐怖は愛が欠けた状態です。闇は光が欠けた状態です。皆さんがパラレルな並行する現実を創ってきた、そのことを知るのは重要です。そこでは、光に関わる極性のバランスが取れています。事実、完全な並行宇宙には、皆さんと全く同じく、光と闇のバランスが取れる状態に設計されています。事実、そこから交流電気という考え方がやって来たのです。クリスタルチャイルドとしてテスラは、両方の世界をまたぐ、次元の移動が出来たのです。皆さんが波動を上げると、この平行宇宙を垣間見ていきます。これからはもっと多くのことがやって来ますが、平行宇宙は存在しています。その宇宙では光は闇であり、闇は光なのです。ただ、そのことを知っておいてください。

ルシファーの挑戦

皆さんの発展途上のある地点、人類は、否定的なものや恐怖の幻想にすっかり魅了された時期がありました。それには、天国で、極性の幻想という意識を創ることが必要でした。それは、易しい仕事ではありませんでした。闇は、対立を生み出すからです。また、天国にそれは存在しないからです。しかし、天国の天使界の私たちが、皆さんの素晴らしさを映し出すためには、ベールの反対側に闇という幻想を創る必要がありました。そのようにして、“ルシファーの挑戦”が始まったのです。

ルシファーは偉大な天使でした。愛の天使で、彼のエネルギーは大きく、彼は、何かを否定的なエネルギーという幻想に変えることが出来ました。彼は、天国で一人、闇を抱えることが出来た、力強い天使でした。地球の全てがあなたを嫌って、その嫌われ役を利用して自分たちを活気づける、そうだとしたら、どうですか? そんな風に想像してください。事実、彼は、進んでそういう役を引き受けて、光を定義づけた天使だったのです。恐怖という否定的なエネルギーが彼に入り込んだ時、彼は、それを、皆さんが闇と呼ぶ、一番美しい愛でもって表現できたのです。また彼は、そのことを自己犠牲でやったのではなく、このエネルギーは、地球の全てにとって変換されていくと、完全に知っていてやったのです。また、彼は崇められることはなく、逆に、憎まれ怖れられることも知っていました。何という賜物でしょうか。何という闇の美しさでしょうか。このようにして彼は、かつても、また今でも、闇の王子と言われています。闇という賜物で、天国と地球の溝が埋められました。皆さんのゲームボードでは、長く、ルシファーの挑戦という幻想が継続する必要がありました。ルシファーの闇というギフトによって、皆さんは、はっきりと光を見ることが可能になったのです。人間の進歩は、毎日少しずつ進んでいきましたが、光を見る速度は非常にゆっくりとしていました。しかし、今は、それは変わりました。皆さんが、飛躍的な進歩を遂げ、進化に向かい出したからです。皆さんは、自分の足で立ち始め、エンパワーメントの第2に踏み出しています。そうすると、全てが変わって、ルシファーの仕事も完了します。全てのエネルギーは、今、光の表現として測定されています。そのことを理解すると、皆さんは光について、大いなるすべて、天国の世界という土俵で定義づけたのです。以前何度もお話ししたように、ルシファーは故郷に戻りました。彼は、雷のような拍手で迎えられ、ヒーローとして両手で歓迎されました。ルシファーの挑戦は、成功を治めました。別の宇宙では、彼は、はっきり光の天使として見られています。

そのようなゲームは最早、演じられることはありません。もうルシファーの挑戦は必要ないのです。そのことによって、天国には今地球と分かち合える愛があります。それによって、新しい能力が可能なのです。そのギフトによって、良い悪いという対立を持たずにゲームを演じることが出来ます。しかし、皆さんがそのような考えで世界を創ったので、それでも簡単ではありません。それでも、地球に天国を創るためには、対立は必要です。そのような極性の考え方は、その幻影が生んだ人間の考え方であって、天国にはないものですから当面必要です。皆さんは、光を、新しい、独特の考えで定義しようとしています。

お帰りなさい。

 

水 ~ エネルギー

では、もう一つ秘密をお伝えしましょう。それは今後、故郷の記憶としても、もっと話す機会があることと思います。ネガティブとポジティブのエネルギーバランスの取れたシンプルなエネルギーがあります。日常生活で使うもので、一つのエネルギーです。全てのものと光の全次元を貫通する、宇宙エネルギーに似ています。それは、です。水はエネルギーの一形態でバランスを取ります。中性にする性質があります。自然の状態において、それは無限であってプラスもマイナスもありません。したがって、水によってバランスが取り戻せます。それは、命のエネルギーです、命あるものは全て利用しています。キーパーが座っている椅子でさえ、今の形で存在するためには水が必要です。全てを結びつけるのも水です。ですから、誰かが行き詰まったり、自分もネガティブな状態になって、否定的な感情や、考え、経験、または鬱に入ったりした時は、先ず最初に水に注目してください。澄んだ水が身体に流れると、エネルギーがすぐに中性になっていきます。

水を摂取する時に、魔法の願いを込めてください。すると力が出てきます。水を使って儀式をするのもいいです。それで効果も上がります。他の全てのエネルギーと結びついて、水だけがその形態を変えます。実は、この水は、恐竜たちが飲んでいた水と同じです。ですから、水は、エネルギーを繰り返し何度も変えてきました。水は故郷と繋がると考えてください。スピリチュアルなコミュニケーションをしようとする時、皆さんは、雨に遭います。繋がりとは、そういうことです。皿を洗ったり、洗濯をしたりする時にスピリチュアルなコミュニケーションが起こります。ええ、トイレにいる時もです。水のある所、起こります。水のあるところは、エネルギーが一番綺麗に中性化して、スピリットが皆さんに入るのです。(訳注:神社の手水)

近い将来、水の中の、あるエネルギーが発見されます。1センチ四方の水のエネルギーを解放すると、それで、3年間大都市を明るくできるのです。そういうことが分かってきます。それがそちらにあります。水は有限と無限の接点です。探してください。水と遊んでください。水で儀式をしてください。水の使い道を考えてください、皆さんは創造者です。私たちは皆さんに可能性や、潜在的に見えることをお伝えしています。どこを曲がったらよいかなどとは言いません。それは仕事ではありません。私たちの仕事は、皆さんの背後でやんわりと“オーバーライト”(2004年1月「時間を後ろ向きに歩く」参照)して、皆さんに、今後の道筋にある多くの潜在的なことを見せるだけです。この濡れた場所を歩く時はいつでもそのことを思い出します。

光と闇の間

光から闇に至る範囲には、144以上基本色があります。皆さんはそれを光線と考えてきました。皆さんは、その144色の一つに相当する範囲内で振動します。で、遠からず、表現できないものを見始めるようになります。皆さんの世界は4原色で構成されていますね、ですが、もっと沢山あるのです。これからそれが見えるようになります。皆さんはもっと高い波動域に入ろうとしており、肉体が適応しようとしているので、今後そのようなことが起こります。新しい物事を経験しようとするのと同じく、新しい色を見始めようとしています。あらゆる変化の中を進んでいく際に直ぐ生じることがもう一つありますが、耳が変化することです。耳鳴りがする人がいます。それは波動の刷り込みです。そう考えてください。それは、別の新しいリアリティと調和する時の皆さんの振動です。別のリアリティはすぐ側にあります。また、その別の現実と接触しようとしていることを表しています。このような沢山の時間軸は、隣り合って同時にありますが、それが互いに交差していきます。それも皆さんが設定したことですが、その日がやって来ます。その魔法の場で、それぞれの時間軸が交差して、永遠の刷り込みをして離れていきます。近い将来、沢山の時間が一つになる時があります。それが、皆さんが言う、アセンションです。既に進行しています。アセンションの時に見るものは、その多くが今ここにあります。その使い道を探して、自分の美しい闇に持ってきてください。

故郷の愛は、皆さん一人一人と一緒にあります。皆さんは、最も魔法を使う創造者です、そのことを分かってください。「なぜ、ここにいるんだ、何のためにここに来たんだ、何か目的があるに違いない」、一人座ってそう呟く時があっても、私たちは皆さんを見ていることを知ってください。皆さんの後ろに来て、翼で皆さんを包むのです。自分が誰かを思い出させます。自分を見失っている時でもそうします。しかし、皆さんの波動がどんどん高くなっているので、皆さんの世界に入っていくことは出来ません。だから、天使の介入を求めないでください。もう、皆さん自身の中の天使と十分繋がっているのですから。それが、十分出来るようになっているのです。“愛の織物”は活性化して心を全部繋ぎます。自分でそうしているのです。そうすると、時々エネルギーが引っ張られるのを感じます。まるでそれをネット(網)のように感じます。そのネットは、他の人はそれに繋がっていないのですが、緩くしてあります。それで、他の誰かが闇を怖れると、それが引っ張れるようになっています。そのネットは、常時、愛のエネルギーの大きな貯水池になるでしょう。それが、今日利用できます。今あります。それを使うと、ハイヤーセルフと‘大いなるすべて’との繋がりが強くなります。天国は、今日ここにあります。皆さんは、それをここに持って来ている天使です。一体何人のライトワーカーが地球の光を灯すのでしょうか? 一人は、あなたですね。闇を怖がらないでください。愛で闇を満たしてください。出来る限りその闇を一番美しくしてください。それが、故郷を創ることです。それが、あなた方がここに来てすることです。驚くような仕事をしています。皆さんが大変誇りです。

一人一人特別な任務があります。心のどこかでそのことを知っていますね。皆さんはまさしくその道にいます。かつてベールの反対側で、地球に戻るために大勢の前に座って列を成していました。それが地球に生まれる前でした。沢山の人が戻る準備が出来ていて、「もうそろそろだね、皆、行こう、今だ」、そう言っていました。何か変化を起こそうと考える人たち全員が、列を成して肉体に宿ろうと位置に着いていたのです。それから、魔法が起こりました。このことは前に話しましたが、なおも思い出してください。最前列の人が振り向いて、直ぐ後ろにいる人に向かって言いました。「君は、私より何か出来るチャンスがありそうだ。私はどいて上げるから、先頭に出ていいよ」。ベールの向こう側では、あなたはバラバラで対立し合うことはありません。同じ一つです。それからその魂は脇にどいて、後ろにいた一人が前に進めるようになりました。そして、一人、また一人と脇に寄って、地球に天国を創る最も輝かしい可能性が最前列に移動できたのです。そして、ここに皆さんがいます。皆さんがそうしたのです。皆さんがその者たちであることを思い出してもらうのが私たちの仕事です。皆さんは、故郷の魔法のような存在です。誰もがどいて、皆さんがやって来られるようにしたのです。皆さんは、脇に退いた人たち全員に対して、最高の、一番ベストな自分になる責任があります。今、よくやっています。

Espavo, 皆さん, Espavo.

ゲームボードの魔法使いの皆さんにこころからお願いします。尊敬の念を持ってお互いに接してください。お互いを育み、よく演じ合ってください。

Espavo

The group

ムーの復活 – 555 by ザ・グループ

 

光の灯台 ~ Reminders from Home

2000-10-04

ムーの復活 – 555

Steve Rother

ライトワーカーの間で起こる、この誤りの一番破壊的な側面の一つは、キーパーが言う“スピリチュアルな競争”です。例に挙げると、このメッセージを読んでいる人が、「555」を経験する人は、「11:11」を経験する人よりも進歩している、そういう風に信じることです。皆さんの肉体は違う時に違った信号が必要なのです。だから、このような引き金は違う時に経験します。重要さの点で順位などありません。だから、人間の性質をベールの私たちのサイドに当て嵌めるのはやめてください。

 

ムーの復活

今回のチャネルは、「羽ペンを思い出す」というセミナーで、9月20日ネバダ州ラス・ベガスで行われたものです。「光の灯台」として公開するには、いつもと同じ、若干の手直しが必要です。変更する際には、ザ・グループが肩の上に一緒にいます。手直しする理由は、話すことと書き記すことの違いによります。しかし、今回のメッセージは大変長文でところどころ省きました。省略したところは、今後数ヶ月のメッセージで公開することになることが分かっていました。ニュージャージーでライブで行われる『今』というタイトルでお伝えします。

セミナーの中でライブ・チャネルを始めた時、前もってザ・グループが何を話すのかを言ってくれることになっていました。私にとってそれは非常に大事なことで、英語に翻訳する責任がありましたから、どの言葉を使うことになるか知っておきたかったのです。ザ・グループが始めてこの協定を違えたのは、私の父が1999年2月にこの世を卒業した時でした。突然父が無くなってから2週間後、バーバラとカリフォルニアのラグナ・ヒルズ(Laguna Hills) でセミナーを行いました。ライブ・チャネルの時が来て、目を閉じても、ザ・グループがその時そこに現れるかどうかも自信がありませんでした。今までにない変な気分でした。息をして口を開けた途端、彼らはそこに来ました。彼らが最初にしたことは、約束を守れなくて申し訳なかったと言ったことでした。私が悲しみの中にいるので、はっきり情報を下ろすことができなかったと言うのです。同じことが2回目に起きた時は、数ヶ月後にオーストリア、ウィーン、VICの国連で初めて行った時です。この時は単なる時差ボケがあったからです。

そのうち、目の前に座っている人たちが事前に何を話すのか知らないことに馴れて平気になりました。ある時には、何を話すのかその中味について知っています。ザ・グループは見せてくれたり、あることに注意するよう言ってくれたりするからです。それで分かるのです。時には、質問を受けて、それで何が聞きたいか、どういう種を求めているのか分かってそれについて話せたりします。今回のメッセージはまさにそういうケースで公開されました。

本番の5分前にある方が寄って来て「555」という数字について質問したのです。彼女は言うには、行くところどこでも555の数字を見た、と言うのです。ザ・グループが以前、マスター・ナンバーについて話したことがあり、肉体の変化の引き金だと彼女には説明しました。更に彼女は、555という数字は、どんな意味なのか、何か知っておいたほうがいいのかどうか尋ねてきました。私が口を開けて「いいえ」と言ったのですが、その時「時の大魔神」(タイムキーパー)が目の前に現れたのです。痩せた背の高い存在で、ザ・グループのメンバーです。白髭を生やしています。彼が情報を送信するタイミングを計っているのです。彼の指が真直ぐ立っていると、ザ・グループは恭しく静まり返って、あの笑い声も止みます。その指が下ろされた時は、555について話すタイミングだという合図でした。私の意識が戻り、この若い女性がじっと私を見ていて、私の返答を待っているのに気がつきました。彼女の質問に「いいえ」と答える代わりに、ただ指を上げました。彼女は席に着き、ザ・グループは開始しました。

 

故郷からご挨拶

この部屋の波動が感じられますね。一人ひとりがこの部屋に入るとお互いに反射しあいます・・・故郷を感じます。故郷にいるのです。座っているところに故郷を創っています。皆さんの努力は本当に私たちの誇りです。素晴らしい働きをしています。行動一つ一つのすべてが必ずしも自立に結びつく必要があるわけではありませんが、それでも勇気を持って自分を自立させてきました。それが素晴らしいことです。勇気を出して自立した人たちの集まりにやって来ました。そして自立に繋がる選択をしようと勇気を出してきました。皆さんの足元に座りながら、偉大なマスターの前で驚いているのは私たちの方なのです。

皆さんはヒューマン・エンジェルです。ベールを被る勇気がありました。どこに足をつけるのか分からないながらも、歩いていく勇気がありました。皆さんを見ているのは私たちだけではありません。皆さんの旅路は多くの存在に注目され引き付けています。今回、このことについてお話したいと思います。お願いがあるのですが、ここを出る前に部屋の中を見て、お互い、何かを受け取って持って帰ってください。

皆さんはよくやりました。素晴らしい。私たちはサポートしていきます。皆さんへの愛があります。皆さんを抱き締めるのは私たちの方です。時々、腕がほんの少し締め付けられる感じがしますね。皆さんに触れていたのが、私たちのです。自分で支えられない時に、皆さんを翼で包み込むのです。自分が誰か分からない時、そこに私たちがいます。私たちの愛であなた方のエネルギーを映しているのです。そのようなことができて光栄です。でも、私たちがお願いをしたので皆さんと一緒にいるわけではありません。皆さんが呼んだからここにいるのです。キーパーを通じて私たちの声を聞いてくださいとは言ってはいません。皆さんが聞きたいというから話しかけているのです。どっちへ曲がれとか、言いません。皆さんの真実が何かなどと言いません。私たちがここですることは、自分が誰かを思い出せるような情報をお伝えすることです。お願いをされて光栄です。皆さんはヒューマン・エンジェルであり、‛皆さんモデル‘の地球の天国がまさに今創られているので私たちには栄誉なのです。ありふれた普段の生活に魔法を吹き込み、肩の上のスピリットと一緒に一歩一歩前進すると、ベールのこちら側に故郷をもたらします。皆さんの天使の姿は私たちと同じです。事実、私たちが翼を広げて少しの間だけでも自分の壮大さが見えるように皆さんのエネルギーを反射するのです。皆さんの前にいられて光栄に感じているのは私たちの方なのです。呼んでいただきありがとう。

 

そちらにある数字

今日、皆さんが受け取ってきたいろいろなサインについてお話しましょう。皆さんは一人ではないし、多くの人がその呼びかけを耳にするでしょう。もっと多くの人がその数字見て戸惑ったということが分かります。私たちが名付けてきた“天使のギフト”を受取ってきましたね。その意味するものは、多くの人が、長い間マスター・ナンバーを見てきたということです。それは、肉体が次のレベルに変わろうとしていることです。皆さんのDNAは再結合を開始し、そのためには、外にある合図が必要なのです。ここでベールのこちら側の私たちは、まさに丁度よいタイミングで皆さんに振り向いて時計を見るようにと、そっと後押しして促してきました。周りを見て目の前に見える数字を見るように小突くのです。そういう数字は肉体の引き金です。DNAを結びつけることによって、肉体が発展のプロセスを開始して、もっと高い波動に入る、そういう合図なのです。そのマスター・ナンバーは、単なる引き金ではありません。もっと多くの意味がこれまでありました。これはまた、皆さんが“クロップサークル”と呼んだものの深い意味でもあるのです。それは肉体への信号です。肉体がその信号を受取れるようになると、私たちは振り向いて指摘してきました。「今信号を見て、受取ってください」と。その時に、皆さんは目に入るものを見てその数字に意味づけをしようとします。そういう人間っぽいところがいいですね。でも、そのような意味は肉体によって紐解かれるのです。頭では理解されません。

 

11:11, 12:12, 911, 333, 444  この数字は何か?

そこにマスター・ナンバーの本当の意味があって、魔法のように皆さんの現実の中に現れて来ました。今では皆さんはその数字を見ても驚かなくなってきましたし、自分で見ようとしていろいろと伝え合っています。ルールを学ぶ丁度その時、ゲームが変わります。それが今起きています。「11:11」、「333」、「444」、「12:12」、「911」などの数字を見て戸惑わずにいられる時には、同時に新しい引き金がやってきます。今、人間は「555」のギフトを受取ろうとし始めました。

という数字、しかも5が3つというのは、最近地球全体に広がりました。時間が経つにつれてもっと目にしていきます。それは特別な合図で、肉体がそれを受取ろうとしています。皆さんの天使的な部分が天使のこのギフトを呼び込んでいるのです。では、皆さんが体験している、その数字が展開する様について説明しましょう。

 

“ 1 ” は時の始まり

先ず始め、数字の「1」からご説明しましょう。始めに言葉がありました。「1」は、「オーム(OM)という波動です。「1」は唯一つの「私」という波動です。一なる意識が個別化したものです。「1」は3次元に現れた一なる意識です。それは皆さんがやがて戻っていくところです。「1」はゲームが始まったところです。「1」は無限です。すべてを含んでいます。皆さんには無限という考え方について理解することも難しいですが、それは有限の世界に生きるからです。では、「1」を始まりと見なしてください。

 

2次元の極性に入る

2次元が極性の世界を提供します。2次元は休憩場所ではないし、皆さんのエネルギーを完全にサポートするわけではありません。しかし、4次元が橋と例えるのと同じく、2次元は旅をする場所でエネルギーの刻印を受取る場所です。このエネルギーの刻印によって極性があるのです。ゲームを演じるには必要なものでした。極性の見方で対比することによって自分を見ることができました。このコントラストで、定義できなかったものを幻想としての定義ができるようになったのです。あなた方人間は、宇宙エネルギーの本当に素晴らしい表現者です。皆さんはゲームが本当に好きです。やっているゲームが退屈になったら、また別の小さなゲームを造ります。皆さんが表現してきた想像の世界を見るのは素敵です。よくやりました。その極性のエネルギーを肉体に設置したことでDNAに合図が必要になったのですが、それは11:11によって可能になりました。この数字はDNAが再結合を開始する信号でした。11が2組、これは1次元が2次元を旅する意味なのです。

2次元を通過し極性の特徴を備えると、2つの性に分裂します。極性では黒白、上下、正誤、恐怖愛等、反対に見るのです。しかし、これは全部極性による幻想です。黒白はどこにもありません、あるのはグレーの影なのです。上下はその時々の位置関係を表すに過ぎません。正誤は判断の産物で、恐怖愛は同じ円の両端というのが事実なのです。全部が全体を構成する部分なのです。2次元の旅に入ってから、極性でものを見て、それで無限が有限として無限自身を学ぶことができるのです。これが、ゲームの意味であり、目的でした。12:12は、3次元を最初に表現する合図を肉体に送る信号です。2次元から現れるのが、足して3になる二組の数字です。

 

3次元の333

それから2番目にあたる3次元に進むと、すべてがです。3という数は大変難しい移行ですが、皆さんはよくやりました。実際、333は終わり切ってはいません。今でも5次元が時計に555となって示される時には、それは5が3つなのです。どうかそれを知ってください。ええ、「333」はまだ終わっていません。ゲームでは、全体が3という数字によって割り算されて説明されます。すべてが3の倍数なのです。エネルギーの3角形、それが3次元を定義づけますが、まさにこの「3」のエネルギーの基礎であり根拠なのです。

3次元で皆さんがゲームを演じるのを見るのは大変楽しいものです。退屈してても、ドラマで楽しみます。本当に好きなんですね。ドラマに引きつけられるといって自分を責めないでください。ドラマは3次元では役に立って来たのです。皆さんがとても好きです。で、6,6,6が悪魔の印だという時には笑っちゃいますよ。本当に可笑しいですね。3の2倍が6で、それが悪魔だというのですから。本当に想像力があります! ドラマに夢中になる時の皆さんが好きです。皆さんは「3」です、神の有限での現れですから。そうやって自分が創るものを定義づけるのです。今や、ハイヤーセルフが皆さんに何か新しいものを見せ始めています。3次元で長い間演じてきたので、3次元は、とうとう3番目の段階に入っています。今足元でとんでもない出来事が起きているのは偶然ではありません。

 

三千年紀

今3番目の千年紀に入ろうとしています。魔法の時です。今までなかった段階です。今立っている所にいる予定ではなかったのですから。皆さんはプランAの台本で終わっていたのです。ここにいるはずではなかったのですが、皆さんの選択で新しいゲームの扉が開きました。皆さんの選択が未知の世界へ連れ出したのです。一歩一歩を作り出すとき、私たちはそこで宇宙のウィンクを送ります。私たちはそこで、どうか今すぐ時計を見てくださいと合図を送ります。皆さんは自分が考えるよりもっと凄いのですよ、そう教えようとしているのです。皆さんは生物という肉体の泡にいながら歩くマスターです。皆さんは出世した人たちです。魔法が起こるのを見始めています。

 

マスタリーとエンパワーメントの444

「444」は、3次元から見た4次元を表しています。皆さんは4次元に進んでいます。周りのものとの関係はすべて変わって行きます。それは、このような移行の動きを表しているのです。今が、自分をマスターする時です。自分が自立する時です。4次元の性質で、自分が自立しているとは気がつきませんが、エンパワーメントのテクニックを使うと必ずよく役に立ちます。そのことを知ってください。「444」という数字を見るときは、いつもマスタリーとエンパワーメントを思い出してください。

 

ムーの魔法

この惑星で生きてきたことが魔法の時間です。自分の力に触れた時が魔法の時間です。ムーの時代が蘇っています。驚きですか? 皆さんは全員が当時そこで生きていました。一度だけではありません、そういう人もいます。ムーの時代は魔法でした。皆さん一人ひとりが自分自身の力で生きていました。肉体にいながら本当に完全に力を持つことは、出来ることなのです。周りのインフラは変わろうとしています。それが今明らかになるのが私たちには見えます。皆さんは1個の人間ですが、お互いに切り離されてはいません。一人が助けが欲しいと泣き叫ぶと、全員が、今それを聞きます。この点を説明するために生涯をささげた人たちが大勢います。政府は変わってきています。ビジネスも変わってきています。コースから外れずに、そのままの状態で平凡な日常に魔法を起こしたら、ムーの時代がやってくると言われます。レムリアは伝説ではありません。そこに皆さんがいたのです。尋ねたら思い出すでしょう。当時、完全に自分の力を持って生きていました。「5」という数字の時代が始まると、そのことがまた起こります。ええ、それが皆さんの質問に対する答えですね。今、5に3を足しているのですから。「555」が現れたら、おかしな事ですか? レムリアの時代は戻ってきています。ムーが戻りました。皆さんがそうしたのです。

 

エネルギーの誤り

今後ムーが戻ってきますが、摩擦がたくさん生じるでしょう。ムーが、細胞の深いレベルに焼き付けられたアトランティスの時代を出現させるのです。ですので、少しの間アトランティスについて、実際に何がアトランティスを破滅に追いやったのかお話しましょう。エネルギーの誤りがあったのです。それで突然アトランティスに終止符が打たれ、完全に変貌をもたらしました。自分自身やお互いを分類するのが人間の性質です。分類というのは、あれよりもこっちの方が優れているという傾向に陥ります。しかし、どんなことでも真理から程遠いものはないのです。ゲームボードではすべてのものが非常に重要な役割を演じています。判断や決め付けの代わりに見分けるという方法を使えば、すべてが避けられたことでした。これから歴史上、自分自身について完全な見方をする時が訪れますが、今日は、皆さんの生活でどのようにそれが見られるのか、分かり易い簡単な例を話しましょう。

 

アモールの物語再び

ムーの時代に生きた12歳の少年の話をします。ムーの後、その12歳の少年は生き残りました。彼は呼び出しを感じアトランティスに移りました(2005年11月「アトランティスの第2の月」参照)。アトランティスの時代、技術の分野では魔法がありふれたものと組み合わされました。同じテクノロジーが今惑星上にあります。これまで何度もやって来ました。発見されていないものの多くが、今、出番を待っています。コンピュータやインターネットを見ると、その技術がもうすぐはち切れんばかりです。それは、皆さんの精神的発展の直接の反映です。惑星の集団の精神波動が、技術を支えます。その技術は動き出しています。皆さん、よくやっています。

アモールは、「若返りの寺院」で働いていた時45歳でした。アモールは毎日その寺院に働きに出ました。彼の役割は小さいものでしたが、仕事が好きでした。多くの人を手助けする仕事でした。何が起こるのか随分心配がありましたが、人々を手助けする役目があると思っていました。アモールの仕事は人を寺院に招きいれ、来た人自らが、身につける衣服や汚れたものを浄化する、そのお手伝いでした。その時、若返えろうとする時だったのです。その時、「母」が生み出した大掛かりなテクノロジーを使おうとしていた時代でした。アトランティス人は、若返りの優れた技術を使いました。アモールはレムリアからやって来る機会があり、精神と技術の融合を行うためにアトランティスに上陸しました。しかし、ゲームに広がるのは僅かです。ゲームにはたった一つのルールしかありません。自由意志です。アモールが提唱した融合は、ごく僅かのアトランティス人にしか採用されませんでした。

 

「555」は5次元の開始

アトランティス人の普通の考えは、“自分たちはレムリア人より優れている”というものでした。ムーが沈んだからです。レムリア人は、遥々アトランティスに逃げ延びました。アモールはそこで難民となっていることを奇妙に思いました。それでも、彼はやるべき大切なことがあることは分かっていました。アモールは周りの人と知り合いになり、この新しい場所を「故郷」のように感じようと一生懸命でした。彼の目標は、ムーの愛をアトランティスに持ち込むことでした。そうこうするうち、その願いが叶いました。魔法があったからです。「5」の波動が前に進んだのです。5次元がアトランティスの土地に創られたのです。「555」が始まりました。

皆さんが足りないとか限界があるとか、今そのように感じるのは、この時代に端を発しているのです。大量の魂がアトランティスに流れ込み、それが社会のシステムを圧迫しました。テクノロジーはその膨大な難民に対応できませんでした。若返りの技術があったとはいえ、やってゆくには十分でない、多くの人がそう考えました。むしろ、手元にあるものだけに関心を集め、「資源が余りないので、養わなければならない人間の管理システムを分割しなくてはならない、そうして初めて間に合わせることができる」、そういう考えを選んだのです。そこで、階級システムがアトランティスに造られました。そこで、皆さんの“高度に発達した” 自由意志の惑星に奴隷制度の萌芽が登場したのです。ゲームの間、エネルギーの誤りは何度も元に戻っては起こりました。そこで、ムーでのあらゆる経験、エンパワーメントの教訓が一瞬にして失われてしまいました。誰が技術を利用できて、誰ができないか、そういうことを決定しなければならないと思われました。その時、皆が大事な役割を担っている、そういう考えに至っていれば、全員に行き渡るほどの資源は十分あったのです。そうではなく、他の者よりこっちの方が大切だ、という見方を選び格差を設けたのです。これが、エネルギーの誤りでした。それでアトランティスの崩落が始まったのです。この時は、5次元に入った時でした。誤りを5次元に持ち込もうとした結果は、容赦しないものでした。

アモールは、人々を自分たち自身で浄化できるよう働き、「若返りの寺院」に不純なものを持ち込ませまいとしました。もし、彼が人々が不純な信念を抱えたまま5次元に入るのを抑えられたなら、アトランティスは今日でも繁栄しているでしょう。

atlantis5

ムーの復活

今この当時と同様な段階に達しているのでこのことをお話ししています。でも皆さんは全く違っていますね。皆さんは精神的発達を遂げつつあります。自分の力で生きました。それで、今徐々にありふれたことに魔法を組み合わせるという段階に入っています。一歩一歩自分の力で進み、それでも人間でいます。そういう皆さんが本当に素晴らしい。皆さんが世の中の乱れや争いに直面するのが見えます。人生に難関があります。だからこそ皆さんを愛しているのです。そのような段階を踏んで、そのような世界で演じて初めて、ゲームを行うことが出来ます。時に自己不信に陥ることがありますね。そういう時、私たちは皆さんを愛で包みます。でも、それは、単に皆さんだからということではなく、皆さんが「大いなるすべて」と繋がっているからなのです。どうか、ムーの時代を思い出してください。自分の力に戻った日々を思い出してください。また、再びそのような歩みを始めているのです。アトランティスの時代が戻るとき、細胞の記憶にある恐怖を感じてください。その時の怖れを感じて、今度は違う方法でやる勇気を出してください。選び直すことが出来るのだということを覚えておいてください。目を背けず全体を見るようにしてください、そうすると555に進みます。すべてが重要な役割を演じています、それを理解してください。人間の進歩の階段は、梯子の段が全部揃うまでは先に延びて行きません。

ライトワーカーの間で起こる、この誤りの一番破壊的な側面の一つは、キーパーが言う“スピリチュアルな競争”です。例に挙げると、このメッセージを読んでいる人が、「555」を経験する人は、「11:11」を経験する人よりも進歩している、そういう風に信じることです。皆さんの肉体は違う時に違った信号が必要なのです。だから、このような引き金は違う時に経験します。重要さの点で順位などありません。だから、人間の性質をベールの私たちのサイドに当て嵌めるのはやめてください。

一つのことを別なものの上に置こうとすることは、すべての価値を貶めるだけです。そのことを理解してください。自分の力で完全に歩こうとせずに躊躇(ためら)うことが、このような誤りの原因なのです。自分の中心にいて、自分の力で完全に歩く時、その時は他のものより上に位置づける必要はないのです。判断せずに人生の選択をすることは、私たちが説く「洞察する力」です。これは、もっと高い波動に慣れる第1のツールです。

皆さんは、私たちが想像していたよりずっと遥かにまでやって来ています。それというのは、はじめに私たちはそちらにいたからです。私たちは皆さんを手助けしてゲームを考案しました。皆さんが台本で自分の役目を書く手助けをしました。それも、もう終わろうとしています。そこで私たちは、お互い全員を見て「多分、おそらく、皆さんがそういう選択をすれば、もっと遠くまで行けるよ」、そう言ったのです。まさか、実際に自分を思い出そうとは思いませんでした。で、こうして、ここにいます。その情熱をしかと抱きしめてください。小さな成功を一つ探してください、その上に積み上げて行ってください。自分を好きになれるようなことを一つ探してください。その上に築いてください。そうやって上手くやります。

 

「555」ムーの理想

この「5」という数字を見て、レムリアを思い出してください。当時の自分を思い出してください。辛くても、全部を知っているのだという波動を手にしてください、それは皆さんのものなのです。その数字は、戻ってくるという、合図なのです。人生でそれが起こるスペースを作ってください。自分の隣を歩く自立した人間たちの場を作ってください。自分が自立した人間になれるスペースを作ってください。それが、皆さんがしていることです。それが経験していることです。3つの「5」は、魔法の数字です。これから頻繁に皆さんの前に現れます。レムリアがまた地球にやって来ます「555」は肉体が準備する合図です。皆さんがそうしているのです。お帰りなさい。

その数字が現れると、それについて益々分かっていくでしょう。皆さんは今、確かに4次元にいます。事実、皆さんは、5次元をじっと覗き込んでいます。5次元が「555」の引き金を自分の前に持ってくるのです。5次元は時間差という安全装置がありません。今が「自分をマスターする」時です。先ず、自分の思考と考え方、信念から始めてください。

それで、皆さんは質問していますね。「何が起こるのですか? 自分を見失っています。自分のガイドと離れてしまっているようです」。「アナと鳥」(2000年8月)の物語を思い出してください。スピリットは皆さんの中で一体になっています。皆さんは全体と一つになりつつあります。5次元を取り込み始めると、魔法が始まります。先ず皆さんは3次元に固く結びつけているロープを解いて外さなければなりません。どうか、一生懸命やり過ぎないでくださいね。手放すものを探さなくていいのです。ただ、心がささやくように手放そうと前向きになればいいのです。レムリアの真実が分かる時は、自分を抑えているものを手放す用意をしてください。「ムーの惑星」が戻ってきます。ムー大陸が故郷に戻ってきます。魔法の時ですよ。皆さんがそうしたのです。よくやっています。その数字をよく見てください。その数字を見て、魔法の言葉を囁いてください。ありがとうと。

本当に心から嬉しいです。このマスターたちの集まりに参加できて有難う。思い出させるように手伝います。尊敬の念を持ってお互いに接してください。お互いを育んでください、相手は自分自身なのです。よく演じあってください。

 

the Group