2012について by メタトロン&ブッダ

大天使メタトロン&ブッダ

2012について 

 

Natalie Glasson  2011-12-24

 

 

では、皆さんに愛と感謝の気持ちをお伝えします。皆さんには、何週間も一緒にお話ししてきました。多分、私たちが皆さんにお伝えして導くように創造主に選ばれたのはなぜなかと思っているかもしれません。私は、大天使メタトロンです。この成長期を導く役目を担っております。これから地球と皆さんにアンカーしていく波動は、天使の波動に似ています。だから皆さんが天使界と繋がることが大切です。私たちのエネルギーを受け取って、自分の中から同じような愛の波動を活発にすることができるようになると思います。私、大天使メタトロンは天使界を代表して、天使界の愛を降ろします。私はまた、今現在、地球の一人ひとりの成長過程を指導し、皆さんと一体になっています。地球上の変化の一つ一つは、インナープレーンが最も適切になって初めて導かれます。創造主は、私は今の人類の成長を助けていると考えています。私、ロード・ブッダは、皆さんと交流し合うように指名を受けてきました。私は悟りの代表として考えられております。ですので、私たちは愛と覚醒を地球にもたらしていきたいと思います。私には平和の強いエネルギーがあり、人間が成長する基盤として平和を創り出して身につくように、私のエネルギーを放ちます。また私は、惑星のロゴスという役割を持っています。人類と地球に大きく貢献していきます。(惑星のロゴス:地球の進化を担当しているブッダの任務を表す。サナト・クマラも1995年から同じ役目に就いている)

今日は、2012を前に、皆さんに生じる変化や、活性化が生じることについて幾つかお話ししたいと思います。2012年は、非常に正確な旅の一地点と言えます。皆さん自身の移行はもう始まっているかもしれませんし、2012年のどこかで始まるかもしれません。それぞれの人がスピリチュアルな道を進み、今までとは違う経験をするでしょう。私たちが話すことは、その道案内です。

2012年は、皆さんという存在そのものが大きく活性化していく年です。皆さんにその用意があり、深く結びつこうとする場合に備えて、DNAと魂はもう何年も前から、この年にそのようになるようにプログラムされてきました。もう始まったかもしれません。それは、“2012” という言葉を口にし、考え、意識しているからです。創造主から巨大なエネルギーや意識、叡智、特質などが地球のインナープレーンに流れてきて、降りて繋がります。それを受け取るならば、そのエネルギーは自分の体や意識、現実に深く繋がり、エネルギーが完全に変わるのを経験することができるでしょう。

余り知らない人の場合、スピリチュアル、インナーレベル、魂レベルなどで繋がるでしょう。後に神聖なタイミングで、何週間、何ヶ月、何年間かかけて身体を含めた全体に繋がっていきます。この期間に活性化や移行変化が起きていないと感じられる人がいるかも知れませんが、その時は、エネルギーを取り入れるタイミングがずれており、後になってアンカーされるのです。だから、このことで進化していないなどと考えないでください。ただ魂は、皆さんにとって適切に選んで考えているのです。このエネルギーは、徐々に経験ながら活性化していくのがいいのです。あまりに巨大なエネルギーが生じると、心身に影響が生じます。魂は皆さんを導き、常に創造主によってすべてが完璧なのです。

2011から2012にかけて、人間はインナープレーン創造主から流れる素晴らしい愛のエネルギーを繋げていきます。最も神聖で至福に満ち、深い愛のエネルギーを感じていきます。まるで自分が愛に囲まれ、支えられたゆりかごの中で安らかにしている、そのように感じられるかもしれません。この時に大切なのは、呼吸です。息を吸うときは、愛を吸っているのだと理解してください。とてつもない愛の豊かさが地球に集中するのです。深く呼吸をしてください。身体全体に深く愛を取り入れてください。この愛のエネルギーだけで皆さんの波動が高くなります。すると皆さんも愛の心を持とうという気持ちが高まります。

このエネルギーに気がつくときは、天使の光と魂が同時に地球に現れていることも分かるかもしれません。天使と大天使は地球の周りに集まります。喜んで皆さんの光の放射の中に座っているでしょう。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

悟りの真実 by 大天使メタトロン

大天使メタトロン

悟りの真実

 

Natalie Glasson 2017-2-10

 

天使界より、私、大天使メタトロンが、心からご挨拶します。私は、これまでも現在も人類と地球のアセンションをずっと見守り続けています。適切なシフトが起こるようにしながら、人類と地球の光明・悟りを促進するために必要なエネルギーを定着させるのが、私の役割です。私は、大きな目覚めが起きてインナープレーンと地球が確実に調和するようにします。それが、私が目指す調和であり、また、すべての人が必要とするアセンションエネルギーを受け取り、求める導きを手にできるようにすることが私の目的です。

私の目的は、地球上のすべての人が悟り、創造主の真実を思い出して、自分の中の源に従って行動するというビジョンをしっかりと保つことで達成されます。私は、最終的に今の現実において皆さんが悟って生きるというビジョンを持ち続けます。私はまた、そのビジョンと同等レベルの次元エネルギーを蓄積します。そして、皆さんは地球上の悟った人間としてそのエネルギーを身につけて行きます。実際、私は皆さんが具体的に経験する無限にある機会を地球に映し出します。皆さんが、自分の悟った状態に気がつき思い出せるようにサポートすることが私の役目です。

瞑想の時に、私を呼んでください。「大天使メタトロン、今そばに来てください。私が悟っていることを教えてください。私が悟り、内なる真実、創造主の真実を思い出し、知って、現実になるように助けてください。悟った時と同じ光の周波数、悟った内なる自分、その時の感覚に気づいて知る時と全く同じ光の周波数にさせてください。私は、生きている間に数限りなく悟りを経験するつもりです。大天使メタトロン、どうか私の内なる真実を教えてください。ありがとう」。

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

悟りへの8つのシフト (2/2) by クライオン

008209-2

悟りへの8つのシフト (2/2) 

Lee Carroll 2007-10-21

メキシコシティ

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。

ある人が言いました。「こんなことがどうして起こるの? 椅子に座っている男の人は、瞬きをしてすぐに、ベールの向こうに話しかけているようだけど、そんなことできるの? 本当なの?」。では、また質問します。どんな感じがしますか? 男の人が話している感じなのですか、それとも、神の愛がこの場に流れてくる感じなのですか? 自分の中で、それは本当だとすぐに分かってしまうことが出来たとしたらどう思いますか? ええ、そういう力が皆さんにあるのです! それも今日お話しする一つです。人間がスピリチュアルな道を行く際のシフトには、そのギフトが現れます。事実、ここにいる人の中にそのギフトを持っている人がいて、何が起きているのかを知っています。神は人間をとても愛しており、神が人間の足を洗うというのは本当にあるのですか? 洗ってもらったことのある人に聞いて見てください。では、静かにパワフルなメッセージを話しますが、でも、まだ始めたくありません。

今どんな感じですか? 今、この会場で多くのことが起きています。皆さんがリクエストしたのです。昨夜以上に、皆さんは、今夜ギフトをくださいと要求しました。今日、自分自身に対して許可を出したのです。今日のコンファレンスで話した人たちは、一つのことを話しましたが、私もお話ししましょう。つまり、あなたは一人ではない、ということです。皆さんは、今日、このスピリチュアルな船の上で一緒です。多分、隣にいる知らない人も、自分と同じような変化の途上にいることが感じ取れるでしょう。人間全員に関わるスピリチュアルなシステム、仕組みがあると思えますか? それが、今日お話しする内容です。

始める前に一言。私はあなたを知っています。宇宙のどの天使的な存在も、あなたを知っています。宇宙があなたの名前を知っていることは本当に大事なことだと思いますか? その答えは、そうです。それが信じられないのは、ベールのせいです。上手く機能してそのことが分からなくなっています。ベールは強力です。最終的に自分の中にあると分かるのは、昨日話したスピリチュアルなマスターです。

今日も引き続き、気づきからアセンションに至る、人間のスピリチュアルな特徴である8つのシフトについてお話しします。昨日お話ししたことと、このシフトに時刻表はないということを思い出してください。シフトを経験していく時間は自分で決めることは出来ません。自由意思があっても、わずかに1つか2つなら可能です。2番目で立ち止まっても、ペナルティーはなく、自分次第です。このシフトで展開するものは、複雑にして一人一人違います。スピリチュアルなことをしていない人を目にしても評価しないでください。それぞれの人は神の探求の中で出来ることをします、それだけが可能です。皆さんには浅薄だと見えても、宇宙的なスケールでは、そういう人たちは組織というシェルターで礼拝の方法を学ぶことが必要だということです。3次元で他の人を見てその人の永遠の魂の特徴を知ることは出来ません。だから、その人の人生を祝福してください。「私が知っていることを是非知ってほしい」などと言わないでください。自由意思とシンクロニシティの中においては、スピリチュアルなことをするあなたと同じように、相手にも機会があるのです。

地球のエネルギーは大きく変化しており、文字通りDNAを目覚めさせています。「クライオン、なぜそんなにDNAについて話すのですか?」。なぜなら、DNAの中にこそ、スピリチュアルなことすべての核心部分があるからです。ハイヤーセルフもその中にあります。地球にいたアカシックな記録もその中にあります。ヒーリングの力やマスターする力、アセンションの意識もそこにあります。そうやって肉体のあなたに関わるので、だからDNAについて話すのです。だから、今日コンファレンスで話をした人たちはDNAについて話をしたのです。単なる化学記号の物質ではありません。DNAは体の中にあるアセンションの主要な要素です。それが分かる人もいれば分からない人もいます。

後半の4つのシフト

前半にお話しした4つのシフトは深い内容です。昨日は、カルマを消去してクリーンな精神状態に進むところで終わりました。それ以上話すと、ますます込み入ってきます。非常に多くの人が、4つまででそれ以上先に進みません。でもそれでいいのです。そういう人たちも、8つ全部を通過する人と同じく、深い意味でライトワーカーです。神が想定することに上下という階層はありません。知っていますか? 私たちは時系列の直線上には存在せず、皆さんがスピリチュアルな基準にするような現実的に想定される梯子はありません。

教会で祈る人が神から祝福されるのと同じく、メタフィジカルなアセンションの変化を経験する人も同じく神の祝福を受けます。その両者とも、同じ神の愛を受けます。神の愛には、アセンションに至る方法についていかなる偏見も予断もありません。その両者の人生の終わりでは、同じエネルギーを見、ベールを越えた時にはもろ手で歓迎を受けます。批判はなく、愛だけがあります。この地球でしていることは、自由意思に基づいています。それが、光と闇の問題に関係しています。地球の波動を高める自由意思もあれば、そうしない自由意思もあります。しかし、その問題は皆さんの問題で、皆さんはその大問題に関わっている人たちです。そこに神は干渉しません。そうやって皆さんは愛されているのです。

5番目のシフト

5番目のシフトは、根源的な深さがあります。この時、実際に物質を変えることができることを発見します。後半の4つは、自分の問題以上に、周りに影響を与えることに関係しています。前半の4つのシフトは、自分自身の問題と成長に関係していますが、後半の4つももちろん自分にも関係していますが、他の人たちとの関係です。

4番目のシフトを経験すると、その後で何のためにここにいるのかに目覚めるということが直観的に分かります。5番目のシフトは、地球の他の人たちに光を送ることに関係しています。どうやって送りますか? できますか? 変化を起こせますか? 簡単な質問のようであり、子供の質問のようでもあります。あなたの知っていることや、あなたが地球のどこかに光を送るミーティングに出かけることを知らない人たちにそのことを話したら、その人たちはあなたの頭に手を置いて「ほう、素晴らしいね」と言うでしょう。その後、背中を見せて目を白黒させるでしょう。その理由は、中身が3次元である限り、その人は目に見えない深遠なことは何も理解できないからです。相手は、何も役に立たないと思います。彼らには分かりませんし、説明しようとしたとしても理解しようとしません。

あなたは目が見えずに生きているとしましょう。そこで誰かが、自分は見えると言います。あなたはその“見える”という言葉をバカにします。それだけでなく、相手はあなたに色について何とか説明しようとします。あなたは、当然その変な話に顔色を変えます。これは喩え話ですが、そこであなたは、DNAの4回のシフトをじっと耐えながら通り抜けて、全く変化しない人ときっぱり離れていくのをこらえます。だからと言って、他の人よりあなたの方が立派だというのではありません。皆さんは皆、同じく自由意思があり、目の前にある方法で好きなことをしていきます。

5番目のシフトをするまでに、あなたはマインドで物質を変えることができます。暗い所に光を送るイメージをすると、周りの波動が変わります。この人はマスターの卵です。元素があなたのエネルギーに反応しているのです。こういう人は、まさに他の人に光を送ることがこの地球での役割を持つ人です。彼らにはカルマの問題はありません。彼らは、今や、地球とパートナーになるスペシャリストです。こういうことをしてきた人がこの会場にたくさんいます。

よく私は、パートナーにその時々に私が感じるエネルギーを感じてもらうようにします。多くの感謝や愛、畏敬の念やインスピレーションがベールの向こうから、実際に自分の光で地球を変えている人たちに届くことがあります。そういう人たちが今ここに座っています。そういう人たちは光を送る仕組みを知りました。その人たちは、随分前に、自分たちは瞑想をしながら、あるアイデアや思惑、イメージを送るのではないということを知りました。イメージといっても、誰かのために自分の考えで創り出したものをイメージすることになるからです。そうではなく、光を送って地球を変える人は、そのメカニズムを習得した人たちです。その仕組みとはこうです。純粋な光はバイアスや考え・知識なしで送られます。だから、一切バイアスがそこに付着していません。「クライオン、ちょっと待って。私は地球が平和になってほしい。だから、地球平和の光を送っています。それでいいんですね?」。そうであれば、そこにはあなたの考えが付着しています。どんなに素晴らしい考えでも、それはあなたの考えです、違いますか? そうではなくて、自分の考えを交えずに神の光を送ってはどうですか? そうすると、神というものを成す何兆もの存在がその光を今日相応しい所に持って行きます。本当にわざわざイメージングをしたいですか、それともそれを忘れて、正しい時、正しい場で巨大なシンクロニシティが生まれる完璧なシナリオをイメージできますか? それが、光を送る方法です。

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

悟りへの8つのシフト (1/2) by クライオン

0121b2e48da27356cbedce51d1249b5c

 

4番目のシフトは、生まれ持ったカルマを消去すること、自分がスピリチュアルな道を歩いていることを理解することです。

スピリチュアルな気づきや覚醒がなければ、カルマのエネルギーは残ります。それが、アカシャの仕組みです。皆さんは数多くの人生を地球で生きてきたということを知っており、地球以外で生きていたことも知っているに違いありません。そのような人生は、それぞれがエネルギーとして積み重なり、過去の経験は今の人生の可能性を形造ります。この古くからのシステムの名前を、カルマといいます。

それぞれの人がカルマを無効化しない限り、そのエネルギーは存続します。無効化が出来るようになったのは、わずか、この20年足らずのことです。だから、今、ここにいる人、これを読んでいる人は無効化することができます。今、ここに座っている人の中には、まだカルマを抱える人がいます。しかし、それを捨てる許可を下していなかったために、試練や困難を経験します。

悟りへの8つのシフト (1/2)

Lee Carroll 2007-10-20

メキシコシティ

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。人の感情はどこで生まれると思いますか? 愛は、どこで生まれますか? それは、あなたの中の神の部分から生まれます! 人を好きになる時にそう感じるのはなぜですか? 人間というものはそういうものだ思っていますね。それは、あなたの中の神が人間同士の間で活発に動いているということです。神を信じていない人でも、そのような状態にならざるを得ません。気質があるということも信じていないかもしれませんが、あなたには気質があります。人間は自由意思を持つ生き物で、今、起きていることを認めるか否かの自由があります。完全に自由です。スピリットがやって来てあなたを説得することはしません。それが、自由意思という私たちの皆さんへのギフトです。

この場所は一行で埋め尽くされています! 私がここに来た時に、人間に対する愛を感じます。多分言っていることは信じないと思いますが、それは本当のことで、信じようが信じまいが、ここに皆さんを計り知れないほど愛するスピリチュアルな存在がいます。

私は、皆さんが生まれる時の、誕生の風の所にいました。そこは、多次元で、時間がありません。だから、皆さんはここにやって来ようとする時に立ち会いお話も出来る面白い所です。3次元に入って皆さんは「クライオンが、今ここで話してるよ」と言います。でも私は他の場所にもいて、ベールのこちら側にやって来る時、死の時に、こんにちはと声をかけます。こちらにやって来る時に挨拶をし、また、生まれるところにもいます。私のすることは、次元の分岐点を超えたゲートに立っていることです。そこでそういうことが起こります。

このようなことが、神の決まりになっているわけではありません。一定の儀式やしきたりとは関係ありません。神の深い愛なのであり、神の愛があるだけなのです。ベールの向こう側には皆さんをとても愛するファミリーがいます。私たちは、産道を通り抜ける瞬間まで手を握っていたいのです。ベールを抜けて戻る時に、最初に手を握りたいのです。それが、ファミリーに対してしたいことです。皆さん、死ぬ時に人間が最初に聞く言葉は、「怖がらないで、ここが故郷ですよ」。それが、神の愛です! 覚えていますか?

ここで魔法のようなことができるとしたら、私が感じていることを皆さんに吹き込んで感じてもらうことでしょう。私は、クライオンです。私は、非常に非常に大きなグループの代表です。皆さんを知っている神の何兆もの断片の代表です。私は、いろいろな所にいます。私は、皆さんの次元の外にいる、幾つもの存在です。理解するのは難しいですが、皆さんが私といる時には、皆さんも同じ状態なのですが、知っておいてください。

多分、皆さんは初めて来ましたね(初めて読みますね)。でも、誰か知っています。クライオンを聞きに行こうと誘われてやって来ました。聞いてください。ここで話すことを信じる必要はありません。でも、ハートをオープンにしてください。何かが感じられると思います。ここには、確かなエネルギーがあり、何かを知ってほしいのです。私たちは原理的な教義を話すつもりはなく、守ってもらうような決まり事を話すわけではありません。どこかに報告をしてほしいのでも、何かに参加してほしいと言うつもりもありません。それは、皆さんにはこの二極の地球を生きる、神の一片としてすべてが備わっているからです。

皆さんは、スピリットのファミリーです。信じていない人も、ここにいる全員がそうです。私は、あなたを知っています。信じられない人に言います。聞いてください。この会場を出て行く時は、ここにいる他の人と同じように愛されます。信じていないからと言って、天使たちが一緒に出て行くのを阻止することは出来ません。そのようになっているのです。そのような愛が怖いですか? 攻撃的な愛ではありません。受け身的でおとなしくしていますが、あなたがその愛を感じるのを待っています。

この2日間、今まで話していなかったことを話しましょう。ここ数か月間、大量の情報を短い時間にまとめる作業をしてきました。今日お話しすることは、この20年間、チャネリングで一つ一つ別個にお話ししてきたことです。でも、さかのぼって探してみてください。この2日間で体系的にまとめてみます。今回は、目覚めの初歩から完全にアセンションするまでの、8つに及ぶ人間の意識のシフトについてお話しします。大きな視点です。2日間でその過程について分かります。

では、言っておきますが、これから話すことは決まった手順ではありません。シフト、変化ですが、一定期間内で起こることではありません。一人一人が違います。自分の時間でそれぞれの意識状態に至ります。しかし人間は、「ここからその段階、この意識からその意識までどのくらい時間がかかるのですか?」と聞きたいと思います。でも、答えは本当にありません。気づきは人によって違います。どのくらいかかるかは、自分と現実との関係次第なのです。

初日の今日は、4つのシフトを取り上げます。後半の4つは明日になります。本当に壮大な話です! 前置きしておきますが、これから話すことは、一人の人間が自分の次元、枠の中を抜け出して、勇気をもって自分は誰だろうかと自問自答する時に起こる変化のことです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

悟りの道が孤独である理由 by 大天使メタトロン

9480eb9b665c720044ce6ababba2133e

ひとり:悟りの道が孤独である理由

James Tyberonn 2011-4-11

 

皆さん、こんにちは! メタトロン ロード・オブ・ライトです。集まっていただき心から歓迎します。皆さんがいるところを無条件の愛の場にしましょう。このメッセージを読む時は、その場に独特なクオンタムなフィールドの力が生まれます。

地球の現在の直線的時間の局面は、自分を省みひとりになるというユニークな分岐点です。マスターの皆さん、特に第7サイクルにある49歳以上の人には、配偶者に先立たれたり、関係が終わったり、結婚生活の契約が終了したりと孤独の身にある人が多くいます。その人生は本当に孤独で厳しく、何か不自然に感じる人がいますが、それも目的があってのことなのです。ですから、そのような時を賢く生きて、大事にしてください。皆さんは、偉大な卒業の先頭にいるのです。

またここでいろいろな宗教の言葉が出てきますね。「すべて、天の目的の下、季節、時というものがある」。

確かに、孤独な時があります。神聖なる孤独は高貴な条件です。そしてそれが分かった時、底流に流れるある目的を知った時、飛躍的な成長を遂げるのです。

聖なる自己というものは、全能の道を追求する最後の段階では究極的、最終的に孤独なのです。

魂はたった一人で地球にやって来て、スピリットは最後には地球をたった一人で離れます。地球を歩いたアセンデッドマスターたちは、マスタリーを達成する前、何世紀のもの間孤独を追求しました。だから、今皆さんも同様です。

皆さん、今孤独である人は、パートナーを見つけなければと思っています。 “ソウルメイト”“ツインフレーム”を見つけようとします。しかし、進んだ魂は、多くの場合孤独なのです。自分でそのように計画したからなのです。実に、特別で貴い生き方です。それが、聖なる孤独です。

神聖な光を追求する人、いわゆる聖なる悟りを追求する人にとって、孤独は人生の中で特別な期間です。いつも孤独だということではなく、 “自分だけに関わる” 時期を選んだ、そのような期間なのです。自分を愛する期間なのです。マスタリー(悟り)を追求する人の中には、凡そ3回ないし4回の生涯の中で1回は、孤独な人生を選びました。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。
引き寄せの法則 Part 3 by メタトロン

引き寄せの法則 Part 3 by メタトロン

metatronic

引き寄せの法則 Part 3 

信念と意識的創造の法則

James Tyberonn 2012-2-12

 

こんにちは、マスターの皆さん!

皆さん、引き寄せの法則の背後には科学があります。その科学は信念の法則です。信念の法則は人生で創りだすものを決めます。信念の法則の中には、自分で計画した人生の運命や成長するために交わした契約も含まれています。自分で決める学び・レッスンは実際に直面したり、修練する中で表れます。

従って出来事の起こるままに流されるのではないということを十分知っていることが肝要です。海で進路を見失った船のように説明のつかない出来事に直面して無力になる、既にそう決まっているわけではありません。マスターの皆さん、心理的にも物理的にも出来事に遭ってそれに呑まれる必要はありません。

人間が膨大な量を詰め込める頭脳で経験したことを考えて決めようとする時は、数々の選択肢がそこにはあります。しかし古いパターンや固定観念で行き詰まる場合、予め決まったような反応を繰り返して、泥沼にはまっているのです。その反応には、生まれもった性質もあり、それがもっといい考え方を阻み、解決に歯止めをかけることもあります。そういう意味で過去の過ちや失敗から学ばないとまた自分で繰り返していくことになります。確かに聖なるマインドを働かせることを学ぶまでは繰り返すことになるでしょう。それは、人間全員に当てはまることです。

自分で打ち破って行かなければなりません。

 

3つの法則

引き寄せの法則には独立した3つのプロセスがあります。物事を実現する異なった基準です。各法則の主な点を説明しましょう。

引き寄せの法則: 思考は周波数を持ち、似た周波数を引き寄せる。

信念の法則: 疑うことなく知っている。可能だと考えることだけが実現できる。

意識的創造の法則: マカナの多次元マインドを通じて何かの対象や出来事に集中して実現する意識の力。

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。