新しいマトリックス by ザ・グループ

 

光の灯台 ~ Reminders from Home

2006年11月15日

 

新しいマトリックス

再配線するエネルギー・マトリックス

 

故郷から挨拶

 

わたしはなぜここにいるの?

皆さんは大変長い旅をしてここに座っています。長い道のりをやって来て魂としてこの場に、この時空の魔法のような分岐点に居合わせました。今この時、地球上に今までと違う大切なことをもたらそうとしようとしています。しかし、それ以上です。皆さんが多次元の存在になってここでやろうとしていることは、日常生活で経験することを遥かに超えています。皆さんはこのゲームボードの魔法使いです。以前のことをすべて忘れるためにベールを被り、ここにやってきた存在です。さあ、ちょうど今です。「じゃあ、何をしに来たんだ?」。それは大変大きな疑問で、皆さん全員が知りたいことです。

まず、最近お話したことに戻ります。皆さん一人ひとりに再配線が進行しています。一人ひとりの体内の結合の仕方が変化しているのです。大脳が事実結合していようとしています。私たちの言っていることが正確には何のことかという問い合わせがこのキーパー(スティーヴ・ローサー)に殺到しているので分かりやすく説明しましょう。例えてお話します。

ベールは大脳の二つの葉の間に被されている

大脳には2つの部位があり、意図的に分けられました。そうすることで皆さんがベールを身につけ自分の正体である魂としての自分が分からないようにするためでした。自分のことを身体を持つ人間だと思っています。自分はスピリットの目覚めを探してきた人間であると考え続けています。実はその逆で、人間を目覚めさせようとしているのはスピリットの方なのです。ここに至って皆さんは何をしにここに来たのかを考えようとしています。この答えを探そうとすると、大脳の二つの葉がそれぞれ違ったやり方と新しい方法でコミュニケーションを開始します。分かり易く言うと、とても小さな線が大脳の両方にあります。そうイメージしてみて下さい。皆さんは、それをシナプス経路と呼んでいます。この経路でエネルギーが行ったり来たりしてこの大脳の二つの部位に伝わります。エネルギーのインパルス(刺激)を送信して肉体にいながらスピリチュアルな存在のバランスを取れるようにするわけです。二つの葉の間で起こるこのエネルギーのやり取りは、魂が肉体の中で答えを見つけ出そうとするのを助けます。なかなか答えがつかめず考えあぐねると、肉体は新しいシナプス経路を築き、探す答えを見つけ出そうと活発に作動します。ハイヤーセルフに話しかけてスピリチュアルなコミュニケーションをしようとする時、大脳は新しく形成されたシナプス経路を使って繋がることができます。チャネリングする時は、数多くのシナプス経路が増えるのです。スピリットとうまく会話が出来るような人々は、実際新しいシナプス経路を瞬時に作り上げる能力があります。それは、実際には経路の数の問題ではなく、新たなコミュニケーションを開く新しい経路を活性化することにあります。だから、新しい経路を作り出すことは、皆さんができる素晴らしいことのひとつなのです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

変 容 by ザ・チーム

ザ・チーム

変 容

 

ペギー・ブラック 2014-3-13

 

私たちは皆さんの言う進化をここでじっと見ながらサポートしています。皆さんがこのプロセスを進めるためにここにやって来たことを知っています。私たちのメッセージを聞いている人ならそれが分かると思います。別に新しい話ではありませんが、皆さんに思い出してもらい、また自分が誰かを知ってもらいたいのです。

でももう一度お話しますが、この次元、このリアリティで肉体を持つ時は、ここの密度の重い波動とエネルギーの影響を受けます。

皆さんは多次元の存在としていろいろな形のエネルギーを感じることが出来ます。人類全体によって発生する無意識レベルの波長に合せ、その中に埋没します。この重いリアリティで生き、経験し、決して神聖な目覚めに向かわない人が数多くいます。

一番重要なことですが、あなたは肉体を持っているエネルギーの存在だということを覚えておいてください。信じられないようなエネルギーと波動の世界の中を泳ぎながらも目覚めて知っている状態を保つには、そこに意識を向ける勇気が必要です。初めは既にある波動に合わせていきます。それは、目に入り耳に聞こえ触れるもの、また信じようとするもの、与えられた知識などがそうです。

例えば、親に経済的な心配事がある場合には、言葉や行動だけでなく、心配し不安になって発生する波動によって恐れという感情を周りに伝えます。子供のあなたはそのような波動、心配、不安があることを人生だ考えます。皆さんは、それを基にしてあなた自身の行動や考え方、信念を縛ることがあります。

そういうことは誰にでもあります。攻撃は攻撃を好むということを覚えておいてください。すべてはエネルギーの波動で常に動いています。関わりあい反応し合い、混ざり合い離れます。このような波動の世界はエネルギーの海といえます。感情の波動はこの海に流れます。ある波動は有毒で害があり、ある波動は純粋にしてきれいです。ある波動は銀河やもっと大きい宇宙の磁気的なダイナミックな力を含んでいます。

広く知られてきていることは、このダイナミックに動く電磁気的な力によって、やむことなく常に太陽や銀河からエネルギーの詰まった粒子が地球に浴びせられ、シャワーのように降り注いでいるということです。この荷電粒子波動は、太陽フレア、ガンマ線、プラズマ光線、磁気嵐などと呼ばれます。 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

光の使徒 by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2006-12-15

光の使徒 

肉体の変化

Steve Rother

From Steve:

今月のメッセージは、10月の ( 「再配線(Rewire)」 )  をもっと拡大して説明しています。ここでザ・グループは肉体レベルで進行している再配線について、もっと具体的に明らかにしています。これを読んでどうか、否定的に受取らないようにしてください。変化に抵抗して怖がると、進化が否定的な方向に行きます。「奇跡を信じますか?」、こんなことを考えてください。

抱擁し背中をそっと押しします

スティーヴ・ローサー

ザ・グループの広報官

 

故郷からご挨拶

 

再配線が聖なる契約を活性化する

ここに、故郷のエネルギーがあります。皆さんはそのエネルギーをここに呼んで、一歩一歩自分を取り巻くよう一緒にしています。自分でそうしたのです。だから、それは皆さんのエネルギーです。皆さんの中には、まだ情熱に従って生きていく、好きなことを毎日やる、でもなかなかその通りならない人が数多くいます。でも、丁度今、皆さんは全部ではなくても部分的にそうしています。時にそれが、生活のためだったり、毎日すべきことだったりするかもしれません。それは、暫くの間、今取り組もうとしていることかもしれませんが、何であっても、それが自分の情熱が何かを決めます。それが、聖なる契約が何かをはっきりさせていき、今ここにあります。それが、ここに来てすることなのです、それが皆さんのユニークな契約なのです。あなたと同じように誰もができる契約ではありません。そうやって地球に故郷の波動を持ってきて皆さんが毎日歩けるようにするのです。魔法は、あなた方のものです。

全人類に大規模な再配線が今起きていることを以前お話しました。ベールのこちらの私たちの方で大はしゃぎしている光景が想像できますか? とても皆さんが分かる話ではありません。生活のために何をしたらいいのだろう、そう考えて懸命に歩き回る人間だと自分を考えています。また、どうやってつながれるのか、どこに愛を見つけられるのかなどと、答えを探し回っている人間だと思っていますね。そうやって自分が誰かを決めるのです。事実は、皆さん、毎日周りに沢山のエネルギーがあるのでやっても失敗するはずはありません。皆さんが存在する多くの(11の)次元から自分のエネルギーを沢山集めています。それをこちら側から見ると、本当に信じられないくらいです。皆さんが笑顔になる時や、故郷からエネルギーを持って来る時、魂に自信がみなぎる時など全部のエネルギーが皆さんの下に集まってきます。それが、地上に天国を持ってくることなのです。

ぶっ飛び科学が道を開く

多くの人がリーダー、教師、ヒーラーなどですね。今日はその方たちにお話しましょう。全人類は急激な変化に見舞われています。その変化はこの部屋に限定されていません。まして、波動レベルだけでなく、“形而上学”という‘ラベル’に限りません。全地球に影響しています。皆さんがメタフィジックスの分野で今後の未来情報を発表したり、チャネリングのような“向こうにある”情報を語ったりするのは、おもしろいですね。キーパーはそれを“ウーウー(‘ぶっ飛び’または‘とんでも’)”科学と呼んでいます。彼は今ぶっ飛んでいることが大変誇りです。確かに、価値ある情報がそういう分野からもたらされ、その聖なる情報の本質が誤解されているために、よく噴飯ものだと切り捨てられます。それは事実です。しかし、ちょっと待ってください、そのうち科学雑誌に説明不能とされてきたことが、新説として説明され載るようになります。知らないことを怖がるのが人間です、そのことを覚えておいてください。その情報源が科学で実証されないので、大半の人間から見向きもされません。ただ、情報源が実証されたならそうでもありません。人類の進化が明らかにされると、そういう恐怖のパターンが変わって行きます。また、科学は間もなく、皆さんが心から信じて学んできたことを理解するようになり始めます。科学は、人類が螺旋状の進化を辿って前例のない状態にある、そのことを明らかにしていきます。尚も人間の生体が今変化していることについてもまた明らかにします。皆さんは驚くべき速度で変化しています。再配線のプロセスによって、人類は、生物学的レベルで進化しており、それは予想されなかったことです。

人生のカメラを動かし最良の光景を目にする

皆さんは私たちのことを大いなる能力のある天国の天使と思っています。まるで私たちが勲章を付けて皆さんより良い、とでも言っているかのような言い方です。事実は違います、皆さん。私たちは皆さんと同じです、実際皆それぞれの一部なのです。皆さんが故郷にいた時、私たち皆と一つになって、自由意志のゲームが始まりました。ゲームが始まる時、「OK,2000年までこのゲームをやろう、それでこの辺りで終わりにしよう、そう思うところでゲームに終止符を打つ」、皆さんはそう決めました。有限な存在、それは、終止符を打つのに必要だったんです。それからゲームに向かい演じました。地球が最後の時を通過した時のベールのこっちの驚きようがどういうものだったか、想像できますか? 地球の出口を通過してしまったのです。それで、様々な可能性が生まれ、同時にいろいろな困難も生まれました。今、その両方についてお話します。その両方は実際、同じ出来事なのです。ただ違う視点から見えているだけなのです。この場に3台のカメラがあります(彼らはヴァーチャルライト・ブロード・キャストの撮影用カメラを指しています)。現実を変えたければ、見方を変えればいいのです。今見ているアングルを変えれば、違った風に見えます、それで現実が変わります。人間の殆どがそれに気づいていません。一箇所にカメラを置いて動かそうとしません。でも、カメラは動くのです。実際に気に入らないことがあれば、必要なことはカメラを取ってもっといい角度に移動させ、そこから見るのです。それで見方が変わります。見方を変え直ぐに現実を変えるのです。それが前より簡単になっています。こういう風にやってください。皆さんはリーダーなのですから。

光の使徒

皆さんは、他の人にドアを開けておくために、このように身の周りに沢山の変化が起きて、それを経験することを選らんだ人たちです。皆さんは、私たちが「光の使徒」と呼んでいる人たちです。変化の最前線に身を置くことを選んだ人たちです。たとえ自分の本当の仕事がまだ信じきれない、“ぶっ飛んでいる”と思っていても、皆さんは他の全人類のために光とエネルギーを掲げる人たちなのです。そういうことを選んだのです。暗い部屋があって、そこで皆が出口に出ようと探している時に、光のフラッシュを高く掲げるのが皆さんなのです。他の人にどうしたらよいか、何をしたら良いか、どこへ行ったらいいか、それを教えるのはあなた方のすることではありません。選択肢を示すことが皆さんの仕事です。それは私たちがベールのこちら側でやっていることでもあります。そのことを「オーバーライト」(2004年 1月「時間を後ろ向きに歩く」参照)のプロセスと私たちは呼んでいます。皆さんの世界に入って、‘正しい’道か、‘間違っている’道かを示して介入するような古いやり方をするために、ここに来ているのではもうありません。正誤、善悪、愛恐怖、黒白、上下、などといった極性全体の幻想は、もうあなた方に必要ないのです。黒、白はない。それはグレーの全部影にあたるものです。そこで今あなた方は自分の見方をはっきりさせようとしています。それが気に入らなければ、どうか、カメラの角度を変える勇気を持ってください。それで変わりますから。

当面の肉体的変化

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

ハーモニック・コンコーダンス by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2003年11月15日

ハーモニック・コンコーダンス

第二段階

Steve Rother 

From Steve:

このメッセージは、2003年11月8日、「ハーモニック・コンコーダンス」の日にライブでチャネリングされたものです。これは、新しいエネルギーの連結で、クリスタル・エネルギーに直接結びつくことができるのです。そのことについては、この2年間ザ・グループが言ってきました。この新しい繋がりが、このエネルギーを使い始めるという目印です。このエネルギーにワクワクしますが、また極めてストレスにもなります。しばらくの間、このエネルギーの移行は、変化の引き金になり、ある人達は地球を去る機会になります。このストレスと関わる人は、このエネルギーの整列が一時的でもっと楽に乗り切れると分かります。ここライトワーカーでは、掲示板やチャットルーム、家族の部屋などを用意して効果的に結びつくよう世界で役に立ちたいとしています。私たちは人間の進化の大交差点にいます。今は興奮する時、多くの変化から未来が見えるよう期待しています。この変化を受け入れられるよう順応して、この移行を楽にできます。新しい能力も目前にあり、今その先端にいます。全体の考え方は、旅を楽しむ、人生を深刻に受け取らない、それです!

 

故郷からご挨拶

皆さんのエネルギーは、今日ここにあります。あるイベントを祝うためにここに集合しました。そのイベントは、皆さんの理解を超えたものです。ここで今日何が起きているかを知ります。いわゆる「ハーモニック・コンコーダンス」という魔法があるのが分かります。しかし、尚も、それは人間の理解を超えています。今日は特別な日です。この日、皆さんに働き、役に立ち、全部のリアリティを一つに結びつけます。だから皆さんは‘調和’という言葉を使います。様々な範囲にある波動はこの時空に存在し、それらは通常の間隔で重なり合い、その重なりが、全体が調和していくその強さを増大させます。それが、調和(ハーモニー)です。だから、エネルギーすべてがこの特別の日に一列に並んでいます。一連の出来事が動き出し、皆さん全員のために高い現実を創ります。

高度なテクノロジー

皆さんは、ゲームボードのマスターです。大事なことをしようと正確にこの時を選んだ者たちです。それでここに座っていますね。そうです、あなた方の惑星で沢山のことが起こってきました。ここ最近でさえ、皆さんの技術は調整されなければなりませんでした。そういうことも含め沢山あります。しかし、新しいテクノロジーはそちらにはまだありませんが、もうすぐやって来ます。ちょっと我慢してください、皆さん。皆さんは以前にない新しい技術を活用するために一緒になっています。それが、「新生地球」の高い波動に住むギフトの一つになります。もっと素晴らしいことに役に立つと、技術の新しい応用の仕方・利用の仕方を身に付けていきます。技術の新しい活用法が開発されて、光が広がるのを見ていくでしょう。それも、今始まっています。この技術は広がって適応・実用化する必要があります。それは元々そういうエネルギーを備えるよう設計されたものではなかったからです。コンピュータや電話、他の装置に問題があった人がいますね。それは、このエネルギーが皆さんの技術も含めあらゆるものをもっと高い波動の状態にしているからです。どうかそのように理解してください。 

チャネリングに心を開く

この「光の灯台」の始めから、私たちはもっともっと多くの人がチャネリングを始める時が来ると言って来ました。はあ、気がついていましたか? 今自分の中でそのようなことが起きている、それが分かり始めています。私たちが話をする時でさえ、沢山のエネルギー通路が開いています。もう言葉によるチャネリングが行われなくなる時が来る、そんなことが想像できますか? それまで表現できなかった現象を言葉にしたのは、そんなに昔のことではありませんでした。それをESPと呼びましたね。今、その言葉でさえ普通のことになって、もう使いません。単なる直感のことで、皆さんが持っている人間の基本的性質です。今それが何か分かっています。ああ、でも2、30年前は大変奇妙で、普通のことではありませんでした。だから、注目の的になりました。今この時、チャネリングについてもそれと同じなのです。

このエネルギーが特に時間に沿って整列する時に、皆さん自分自身がもっと高い所に到達しているからそういうことになるのです。今後エネルギーが整然と調和していくと、ハイヤーセルフにそのエネルギーが及ぶでしょう。すると魔法が始まります。皆さんは、創造者として力一杯歩き始めます。僅かここ数週間で皆さんの中の多くの人が、エネルギー通路を開きました。沢山の通路が開いて来ます。魔法のような時になります。多くの人が開いて、魔法が起きようとしています。これが広がると誰もが直接繋がり出します。もうチャネリングとは呼ばなくなるでしょう。それは大変一般的なコミュニケーションの形態になるからです。ライトワーカーの人は、今‘ぶっ飛び’(または「とんでも」)というように呼ばれていますが、もうそんな風には言われません。それが日常の言葉になります。そこで魔法が始まるのです。そこで皆さんのエネルギーが形になります。その時、肉体のままベールの中を歩く創造者だと自分を理解します。

多くの人がザ・グループクライオン大天使ミカエルの言うことを聞きに集まっていますが、本当の魔法は皆さんの中にあるのです。皆さんがここに座っている時にもゲームボードのマスター達を見に、別次元から沢山の存在がやって来ています。大変期待をしてきています。自分の魔法が理解できますか? 皆さんがこのエネルギーを創ったのです。地球上で物事が変わっていきます。皆さんは新しい光で見ていきます、そのことをお伝えしたいのです。このエネルギーがもっと進むと、今度は自分でこのエネルギーを創っていくのが分かります。そのように変化が起こると、このエネルギーが自分の肩に乗っていて本当に軽く感じられるでしょう。人間でいること、私たちは十分理解していますが、皆さんはなかなか受け入れることが出来ませんね。人間は自分を信用しないからです。それが自分のエゴで、内にある性質です。エゴは、自分の内側でバランスをとるための言ってみれば安全弁になっているのです。だから、この意識が皆さんに流れ出す時には、自分がそうしているのだと考えることです。エゴで打ち消さないでください。はっきりと言いますが、皆さんがしているのです。どうぞやってください、皆さん。それが、地球に天国をもたらす流れなのです。どうぞ自由にそうしてください。自分のハイヤーセルフと今繋がりだそうとしているのです。今までないことです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

人間という状態 by ザ・グループ

光の灯台 ~Reminders from Home

2007年12月15日

人間という状態 

これは練習ではない!

 

故郷からご挨拶

 

人間の状態

皆さん一人ひとりは、地球上に滞在する全期間を通じて大変な困難を経験してきましたが、それには困難を引き起こすだけの理由があります。自分は本当のところどうなのか、それを見て理解することが一人ひとりの課題です。それは、一人ひとりに深く根付いた信念によるものです。そのような信念はスピリットと一体であった当初は必要なかったのですが、その時はスピリットが何でもやってくれていたのです。しかし、今皆さんは、私たちが、人間という状態、と呼んでいますが、それが手強い状況にあるのです。スピリットが非常に危険な状態にあるのが、人間の状態です。

スピリットが肉体に入りベールを有効にして思い出さないようにしている時、まだ故郷の記憶が残っています。いつしか時が経つにつれ、この記憶が使われないと、故郷の記憶は意識の背後に引いていきます。時に、魂が刷り込んだ身体の分子上に記憶が残っています。この時、魂は実際に自分は人間なんだと信じ始めるのです。これが、魂が病に罹っている人間の状態です。

それは毎日起きています。皆さんを自分たちと同じ人間の状態に引き入れようと躍起になる人達を毎日どこでも目にします。自分は人間の身体をしていると思い込んで歩いている人が、人類全体に苦しい状態を引き起こしてきました。それは、皆さんが想像する以上のことです。しかし、そのことが変わり始めています。人類の再配線が進行し進化していくと、全人類は違った視点で見るようになります。その視点は、ライトワーカーとして物事を理解する基本です。今あなた方は、人々が思い込んだ通りの姿ではなく、本当の姿を見始めようとしていることが分かってきています。翼を取り外し肉体を身にまとい、人間の振りをすることは非常に重労働です。さらには、人間は信じられないほど強力でよく機能するベールというものを考案しました。

肉体の適応

肉体は今新しいあなたに適応しつつあります。同時に発生している出来事が幾つかあります。先ず第一に、皆さんは知っている以上に肉体を進化させています。間もなくそれが明らかになります。肉体という存在は、もっと体内に光を取り入れるために、これから新しい特性を備え始めますが、それは地球上で予想されなかったことなのです。このゲームでは決して期待されなかったことです。これからやってくる子供たちが魔法をもたらして皆さんが自分が誰かを思い出すのを支援しようとは、とても考えられなかったことです。しかし、起こり始めています。皆さんが人間として立ち上がって光をもっと身体に取り入れようとは、決して考えられなかったことです。なぜ考えられなかったのでしょうか。まず皆さんが注意を引き付け始めているので、「自分は人間だ、他の皆は人間としての自分を見ている」、そう思い込んで人間の姿に戻ってしまいます。それからスピリットを肉体にフィットさせて終わりです。ベールが薄くなり始めると皆さんは恐くなり古い考えに戻ろうとします。かつてのエネルギーに戻ろうとします。古いエネルギーは当時役に立ちました。事実、皆さんは後退しようとしてしまうのです。

第二に生じていることは、肉体が、自分に対する新しいビジョン、考えを持てるように適応しつつあります。そうするためには、うわべ(見かけ)の自分を見ないことが重要です。うわべはあなた自身が外に映した姿です。そうしてしまうのは、人間の状態の自然な結果ではありますが、自分の中に光を見ることは出来ません。鏡を覗いてもいつもネガティブなことが見えてきます。正しいことではなく、すぐに間違ったものを見てしまう、そのことに気がついていましたか? 鏡を覗く度に自分の不完全さに目が行くのです。鏡は皆さんの問題をその場で映すか、問題だと思われることを映してしまいます。それは、皆さんが沢山の光を備えているから起きていることなのです。でもその時、少しだけ見方が変わっています。表面を見てから自分の内側を見るのではなく、内側を見てから表面を見るところに少しばかり違いがあるのです。それは練習です。進化すると光りを備えた分だけ自分を新しく見つめ直していきます。最初は、自分が当然と考えていたことに慣れっこになっているので、自分を見つめ直すのは簡単ではありませんが、そうではなくなってきています。

人間についての考え方

多次元を経験する、それが人間の進化です。進化すると実際にものの見方が広くなります。多次元の見方は実際には信じられないほど多くの選択肢をもたらし、人生が力強く、流れるように淀みがなくなります。毎日多次元的な世界に進んで行っています。今後12年の間に、かつて考えられなかった程、地球上の人間として人間を装うスピリットとしてその真の姿がもっと明らかになっていきます。宇宙の織物が一緒に織り合わさって行くのが分かり、それをどう扱うかも分かり始めます。その時、エネルギーが織り成して形を作って行くのが理解できます。

また、自分の考えたことがこの織物と作用して、毎日形になるのを理解していきます。自分の創造力というギフトをもっと沢山理解し、思考が波動を送ってそれが宇宙の織物を取り込んで波を作り、その両者が魔法のようなものを作り上げる様子を理解していきます。それが起こるためにまずもう一度見直さなければならないことは、自分の思考、信念をどう見るかです。手当ての一つとして、一時的な状況として、人間の状態を抜け出す可能性の一つとして、何事につけそれに対する考えについて再考してみることです。古い信念の数々を手放し拡大しようとする人達は、近い将来、そうした巨大な頭脳でもって目前の本当に革命的なアセンション・プロセスを経験していくことになるでしょう。

統 合

時間軸とその幻想について何度もお話して来ました。人間は、過去、現在、未来というふうに見るのですが、左脳は時間を刻む以外のものではなく、経験するすべてのことを小さな箱の中に詰め込みます。だからそれは、両極の世界で生きていける糧、パンのようなものです。両極の世界では、どっちかに分類して、それぞれ同じものを寄せ集めていく限り極めて有効でした。左脳が考えてくれます。勿論、今や皆さんは両極を抜け出しつつあり、そのため、一つには肉体の再配線が始まっているのです。実際すべて皆さんは、こういった変化でもっと流動的に自分を分類定義し直して学べるようになるのです。堅い箱は最早人生と自分自身を見ていく方法としては役に立たないのです。

人生を考えるとき、自分が誰で何をしているのかを判断すると、自分の本質と目的について、ある考え方をしているのが分かります。人間は習慣の産物です。同じことを何度も繰り返して幾つもの人生を経験する傾向があるので、皆さんの魂でさえ習慣の産物になってしまいます。事実、今日抱える信念・考え方の多くがこれまでの何回もの人生で抱えて来たものなのです。

習慣がどう影響しているのかを理解したら、最初から自分の信念を正しく把握することが出来ます。実際に本当に何かをしようとする動機は、一つ一つ決定を下す現在にそのすべてがあるのです。そのことがはっきり分かって動機を思い起こせると、意識的な選択が出来ます。本当の動機を忘れていたら、その先非常に小さなものしか得られなくなるような考えのままです。意識的に進めばもっと光を内に備え始めます。この時代は、人生の目的に向かって歩む時です。人生の決断の多くが、習慣と決まりきった考えで成り立っています。進化の要諦は、そういう決まりきった考えを破棄するのではなく、その考えが詰まった箱を広げ、大きなコンテナのようにして、もっと流動的に自分自身を見つめることが出来るようにすることです。

多くの皆さんが、自分の信念が変化しているのが分かり始めています。本当に常に影響しているものが何か、それがどう関わるか、そういうエネルギーをシフトさせ始めています。本当にそのプロセスを見直し始めると、内なる自分が誰かという意識を見直すと、外の世界も全部変化し始めます。今、人々が、かつてないくらい大きく変わっていくのが分かっていきます。

宇宙のエネルギー場

皆さんに3つのツールを提供したいのですが、最初のツールは宇宙エネルギーです。皆さんは肉体の周りに宇宙エネルギーと繋がる磁場があります。宇宙エネルギーは愛に基づいていますが、心と心を繋いでいます。そしてすべての心を縫い合わせています。別の言い方をすれば、人生で感じることはすべて他の人も感じることなのです。今まで感じてきた感情はどれも、何人もの他の人が同じ瞬間に感じてきたことなのです。それはまるで創造の源から起こるエネルギーの巨大な波紋のようにすべての人の間にやってきます。しかし、何らかの決まった考えを持っていると、それが前もって方向を決定づけて、やって来たエネルギーは戻っていってしまいます。皆さんが決まりきった信念でエネルギーを送っても、それは予め方向付けされてUターンし戻っていきます。何かをする際に自分のスピリットにブレーキをかけているのです。それが事実です。

創造の法則の中によく使い込まれたものがありますが、それでさえ両極の中で使われたものなので、人間がトライアリティ(3極)の世界に入っていくと変化します。その時もっと広い視野でエネルギーが波紋のように広がる様子を見ることが出来ます。それをもっと効果的に使う方法も理解できます。意識的に宇宙エネルギーを使う、そのことが一人ひとりの第二の天性になります。それをマスターすると、自分が眠っていても自然に物事が姿を現します。それは、最初、風が魔法のように四六時中背中を押しているように思えるでしょう。これが、一番皆さんが見過ごしてきた故郷にあるものなのです。だから最初にそのことをし始めます。初め人間はある感覚が突然開いたかのように思えます。他の感覚と同様、周囲の環境と相互作用して、自分の光を反射するでしょう。人生でこの新しい感覚を使うと、決まりきった考えによってミスコミュニケーションが生じていることが分かります。しかし、今後皆さんは考えもせずに完全にひとりでにそうします。外界の刺激に対して自動的に反応するのです。外界の刺激は皆さんが部屋に入る前に、プロジェクトを開始するよりも前に、人間関係を開始するよりも前に、電話を取るよりも前に、既にある宇宙エネルギー場に波動を築いているのです。そこに到達する前に、もう出来ている、そう言うことが出来ます。宇宙エネルギーをどう使うか、それを学ぶことはこれから出る本のテーマになります。ですが、そのエネルギーは大変早く、新しい人類が身に付けていくでしょう。

自分が誰だと思いますか?

人間の状態に対処している殆どの人間が最初に持つ信念は、信念を持つ必要があるという信念です。諸々の信念は、本当だと思うものの束を貫いていることに気づき、今度は束を繋いでいる糸を見つけることによって人生を定義しますが、信念はそのための手段です。初期の頃、信念体系は神を定義するのに役に立ちました。人間は何者か、自分は誰か、創造者としてのエネルギーとは何かなどを発見するのに役に立ちました。その時に、自分が考える自分という青写真にしたがって現実が造られました。両極では大変役に立ちましたが、三極性の世界に踏み込んでいるので、この信念体系は足枷になり始めています。皆さんは皆違うので物事は違った風に起こります。皆さんは進化してきたので、人間の世界はそれぞれ違いがあり、皆さんが影響し合う周りのエネルギーも違います。そういう進化と一緒に自分が誰か、その核となる信念を見つめる機会がやってきました。

人間の状態に関わる第二のツールは、自分の内側で信念が働きますが、その内側に目を向けることです。その信念が限界となっているのです。それから、自分の考える事すべてに対して、もっと柔軟になるよう一つ一つ見直すのです。自分の考えが最早足枷とはならない場合には、もっと高い真実をいとも簡単に気づき発見するようになります。人間はいつでもどこでもたった一つの真実しかない、そういう漠然とした考えでいます。真実はたった一つではありません。真実に終わりはない。真実を見つけることは旅であって、終わりはないのです。近い将来、それが考え方の中心となって、もっとそれを大きく引き伸ばす必要があります。周りに反射するあなた自身のスピリットを見つける旅を経験する、それが、なぜここに来たか、という意味です。

再配線

人類の再配線は既に始まっています。今後何年も続きますが、大脳が伝達しあう新しいシナプス経路と新しい方法で、左右の大脳半球の溝が塞がりなくなろうとしています。この両半球の間にベールがあったのです。一方は無限、他方は有限で肉体を維持し、前者は自分の存在を知るあなたのスピリットと関わりがあります。皆さん、この左右の分割は、目的に合っていたのです。そして今一体化し始めています。大脳の二つの葉は今、新しい神経経路が形成されて後頭部が一体化し始めています。10年か20年で医学者によって認めらます。そのことは人類の大きな進歩で、最近始まったばかりです。このような再配線は人類全体が経験していき、そうして物事が違って見えるようになります。肉体にあるスピリットの一部が作動を開始します。またセクシャルエネルギーを作動させます。命の力が人間に入り込み身体に光のエネルギーをもっともたらします。それによって皆さんの光はもっと放たれて、自分の宇宙エネルギーのフィールドに結びつき、何をするにも意図的になります。

このようなライフスタイルは、毎日選択しなければなりません。それをほったらかしにして怠ると、古い考えとかつて経験した塹壕の中に逆戻りします。だから、毎日意図的に選ぶ。毎日選択するのです。自分の考えを見直し、やろうとする際に本当の動機を見直すのです。特に、自分の考えとは正反対の物事に対して、自分がどう反応するのかを吟味してください。自分を評価したくないから、または自分の動機が不十分だと思いたくないから真面目に動機を見ようとしない、そういう時が今までどれくらいありましたか? 自分が幸せになるのではなく、「世間を優先すべきだ、迷惑はかけられない。チョコレートを買わないで世界の飢餓を救わねば、何かしなくては」。

皆さん、片方だけが正しい、そういう偏りがあるからそういう風に見てしまうのです。「すべき」(should)という言葉全体は、トライアリティ(三極性)を経験するにしがたい新しい意味を持ち始めます。全人類が喜びで溢れるために先ずしなければならないことは、自分が喜びに満たされることです。心が本当に豊かになることを選んでください。そういう時が、自分のエネルギー場を築き上げる時なのです。その時、自分の世界全体が変わり始めます。その時が、エネルギーを一杯にして、命を一杯にして、一杯表現しようとして、光りで一杯になったあなたの元に人々が近づいて来る時なのです。自分の光が反射するのを見始めると、幾つもの可能性に興奮して、全く新しい人生がスタートします。このことが、丁度今地球で起きている目覚めです。そのことが、肉体という人間の状態に対する(スピリットの)回答です。皆さんは人間のそういう状態を手放そうとし始めています。

これは練習ではない

重要なことをお話しなくてはなりません。皆さん、これは練習ではありません。練習のお時間は終わりです。これからの2年間、皆さんは自らの進歩について人間全体で非常に大切な決断をすることになります。皆さんはとんでもない進化を辿っているのです。余りに早く進んでいるので、自分の「聖なる計画」を更新せざるを得なくなっています。信じられないほど見事です。ですが、自分の行動が波動に見合っていなくてはならない時です。そのことを見逃してはいけません。とても大きなチャンスなのです。集合波動が、一人残らずだれもがその引き金を引くまでその瞬間を待つことはありません。必要があってライトワーカー達はここに来て光を輝かせることを選びました。そこで今日行動を起こすよう呼ばれています。あなた方の光は今必要とされています。それは今までなかったことです。しかし、何よりも自分の光が身体から発散する時に、身体という存在から輝いていく、そのことに安心感を覚えてください。皆さんはそのような経験をし、人生のあらゆる場でスイッチがオンになると私たちは思っています。

「それはどうやってするんだ? 何年も仕事をしているんだ。周りの人間はそんな私のことは分からない、光だのエネルギーだのといっても聞きはしないよ。今から仕事に行くんだ、仕事をするんです」。皆さんは、そう言います。しかし、他の人も間もなく波動を上げていくのが分かります。もしそうでなかったら、そこで時間切れです。それまで我慢してきたことに対して我慢できなくなっています。波動が低い時は、不一致は幅広くあります。その食い違いは大きいものです。自分の波動を上げると、波動は狭くなり引き締まってきます。不一致は少なくなります。ここで皆さんの信念が数多く生まれます。

そこで皆さんはまた聞きます。「自分に出来る一番大きなことは何だ? それで全部が動き出してしまう、そんなふうにやれることは何だ?」。皆さんがする慣習的な決まった手順や段取り、その意味、そういう思いつきについてお話しするのはとっても好きですが、単に皆さんの意図がすべてを物語るに過ぎません。手順ならいくらでも皆さんに教えます。瞑想です。それは、自分の内側に入って魔法を映し出す、あなた方の魔法です、私たちのではありません。ツールに魔法はありません、単なる道具です。皆さんが魔法を起こすのです。それが人間が陥っている状態に対する回答です。

時間の真実

地球上で皆さん一人ひとりは、立ち上がりたくて、また自分は真実に相応しくありたい、そういう思いでいる、そんな時がやって来ています。どうか、そのことを理解してください。多くの人がそれが何か、まさに今不思議に思っています。知りませんが、心は知っています。意識レベルでは分からないと思いますが、自分が誰でどこへ行こうとしているのか知っているのです。ハイヤーセルフとの繋がりは日毎に強くなっています。新しい神経経路が繋がってきているせいでもあり、セクシャル・エネルギーが体内に浸透しているからでもあります。身体全体の波動が上がっています。一呼吸ごとに故郷に近づいています。これは阻むことは出来ませんが、人類の集合意識全体としてこの変化がどうなるかは、まだ、決まっていません。決めていなかったのです。というのは、皆さんが今後どうするか、何を起こすかを決めていなかったからです。

今、それは厳しい状況を指すかもしれません。力づくの戦争となるかもしれません。地球規模の災害と気候変動、それもありえます。気分良く通り過ぎる、それもありえます。そういった選択は皆さんがすることです。良いも悪いもありません。人類の進化は始まっており、起こります。これから何を経験していくかはまさにまだ分からない疑問、問題です。皆さん、私たちが時々皆さんを見ていて、痛い思いをしているのを見るのがどんなに辛いことか、それは皆さんが自分が誰か思い出せないからですが、そういう私たちの思いが分かりますか? 皆さんが我を失っているのを目にして、それでも皆さんの中にスピリットの素晴らしさがある、それを知るのがどんなに難しいことか、私たちがそういう思いでいるのを知っていますか? それに皆さん自身が私たちのそういう思いを感じていないことを知っていますか?

皆さんが人間の状態を抜け出して前進すると、人間に共通した状態が現れます。自分の決まりきった考えを手放し始める時に最初にすることは、自分をそのような固まった考えで縛ってきた自分自身がほんの少し離れることです。よく見られる状態とは、一人ひとりが孤独を感じ、自分がここでこうしていてもいいのかどうか、そういうことを感じる状態です。それに対する答えはたった一つ。そこから抜け出して手を伸ばして誰かの腕を掴む方法がそれです。最後どうなるかは重要ではありません。自分といる他の人に手を差し出し、皆それぞれ旅の途上にいることに敬意を示すのです。そこは、どんな旅路であれ、そこにいると光りがその人の中に入っていく、そういう路のことです。手を伸ばし他の人の心に触れてください。自ら抜け出し、外に身を置くのです。傍観しているのではありません。一歩外に出て内なる光りを照らし出すのです。すると、「わたし」という枠から抜け出し、「わたしたち」になるのです。それで人間の状態からヒューマン・エンジェルという状態に変わるのです。そういう不思議な感覚のようなことは毎日起きています。今日、皆さんにはかつてない程もっと多くのことをする機会があります。難しいですが、そうするに違いありません。

時間軸から経験を外す

最初の頃、魂が地球に入って来られるよう一本の通路が形成されました。それから地球は、やって来ないのがおかしい、と言われるまでになりましたが、その後「地球のゲームは何の変哲もない」そう言われるようになりました。今また同じようにその通路は長い列になっています。皆さんは、肉体でいながらも創造する力を使うチャンスを作ってきました。それは「大いなるすべて」全体に旋風を巻き起こしました。想像だに出来ないことでした。今、沢山の魂が地球にやって来ようと列を成しています。手を出して肉体を手にしようと、たった5分間でもここにいようとして、必要とされるならば自分の痕跡を残し変化を起こそうとしています。明かされようとしている奇跡のためにここにいたいのです。出来る限りそのエネルギーの中にいようとしたいのです。皆さん、自分の歩いて行く道がどこか、そのことを分かろうとしても、自分の中にいたままでは難しいのです。唯一の道は、光を放ち人間の状態にある自分を解き放つのです。そのことが、時間軸(タイムライン)から経験を外すという最も大事な第二のツールを使うことによって起こります

時間軸から物事を外す沢山のツールがあるので、例を挙げてお話しましょう。ツールは、今多次元を十分経験できるよう、あなた方がどこにいるのか、その場所が分かるようにするものです。人生で抱えるすべての問題から始めてください。そして自分に「今経験していることは何だろう」、そう問いかけてみてください。ストレスに満ちた時期を過ごす時、そう問いかける習慣をつくるのです。で、何が起こるかよく見ます。希望の多くは未来にあり、恐れの多くは過去にあります。これは磁力が生み出すものです。未来に疑いや怖れを持つとどうなるか知っていますか? まさしく怖れているものが起こります。思った瞬間それが目の前に現れ、望むものとは正反対のことが起きる(創りあげる)のです。時間から外してください。それが皆さん自身を助ける第二のツールとなるのです。

スペクトラム・ビジョン(広大な視野)

今日の三番目のツールは、「スペクトラム・ビジョン」です。大多数の皆さんが多元的にものを見るようになり始めています。気づいていると思いますが、それはまるで人生を経験するカメラのようです。それをしに皆さんがここにやって来たのです。神を探すことです。人生の広角レンズを使うことが出来る、それが分かってきています。広角レンズで人生全体の景色をもっとずっとそっくり見ることができます。それに慣れ、使い方に習熟すると、自分の経験が多次元的だ、そう分かるようになります。これが、「スペクトラム・ビジョン」というギフトです。スペクトラム・ビジョンは人生、生活で起こるどんなことでも大きな視点で見る、そのように選択するだけです。人生の大きな視点に焦点を合わせる方法です。

一つ、「問題となっているものは殆ど問題ではない。」それが分かります。そう言うとがっかりする人が多くいます。私たちはそのことを知っています。しかし、本当に大きな視野で眺めて見てみると、試練だと考えていた多くのことが、乗越えがたいと考えた多くのことが、そんなに格闘するほどのものではない、そう分かってくるのです。その理由になっていたものは、低い波動に縛られていた信念、凝り固まった考えの数々だったからです。それは、皆さんが新しいものに取り替えようとしている、古いエネルギーに過ぎないのです。そういうものはもう役に立ちません。だから手放してください。

新しいものを自分の生活に招き入れてください。皆さんは、身体の中にはもっと能力があることが分かってきています。皆さんの体は、前進するに従い幾つか変化を経験していきます。全員が慣れていくのは、一つには、体重です。人間は余りに体重のことで頭が一杯になっています。そういう懸念によって益々体重が増えます。私たちはそんなことは考えたことがありませんよ。

人間の皆さんは、時に大変独創的です。人間を装うスピリットとして経験するようになればなるほど、益々光を備えていきます。

3つの簡単な言葉をお伝えして終わりにします。最大の敬意を持って自分の一部である他の人と接してください。お互いを育みあってください。事あるごとに、人生を出来る限り心地のいいものにしてください。すると人生の旅路が楽しくなります。これはゲームであることを覚えておいてください。よく演じてください。

 

Espavo

The group

再配線 by ザ・グループ

photo-3

光の灯台 ~ Re-minders from Home

2006年10月15日

再配線 

人類の再配線

 

From Steve:

ヴァーチャルライト・ブロードキャストで録画したこのメッセージを今座って開いてみると、これは、聞く人に特別なメッセージになると分かりました。このメッセージが正確に何を意味するのか知る由はありませんが、この時期、確かに私たちがどこに向かっているのかを知りました。この間、人類に再配線が進行していることを知ったこと、それは事実です。

過去半年の間に、個人セッションで何人かの人たちに、その人たち自身に進行していることについて説明してきました。ここに腰掛けてそれを知った今、このメッセージを皆に知らせる時だと思いました。

私たち全人類は皆、こうして今までにないスピードで進化していることを知りました。次の段階では、秘密の中へと入っていきます。

Steve Rother

ザ・グループのスポークスマン 

 

故郷からのご挨拶

 

皆さん、皆さんはここに、とても不可思議な惑星にいます。皆さんは特別な時にここにいますが、実は何か大切なことをしようとまさにこの瞬間ここにいるために、一列に並んでいたのです。あなた方は大変困難な状況に置かれるよう要求しました。それは、ヒーラーや教師など、自分が果たす役割を計画して、その情報と資格を手に入れるためにそのような難しいプロセスが必要だったのです。今やその聖なる契約は実行されています。ある人はスタートを切り始め、一方、別の人にはまだ明らかになっていません。しかし、皆さんは、いずれにしてもその道を進んでいます。

時代:人間のサイクル

革命的な時期が人類史には数多くあります。その時期をあなた方は経験してきました。サイクル、と呼んでもいいでしょう。このサイクルは大変初期にスタートしましたが、それは皆さんが知っている歴史を遥かに超えています。皆さんの知っている歴史というものは約200万年程ですが、魂としての皆さんは想像できない位その先にまで遡れます。

太古の昔、惑星が熱くガスに覆われていて、今のような物質的な形になっていなかった時代、皆さんはスピリチュアルな存在として、エーテル体として身体を持たずにここに存在していました。物質的な形を取り肉体を纏うようになったのはそれから何十億年も後のことです。エーテル体から物質的な生体になるというその革命的な出来事は、巨大なシフト(移行)でした。地球の歴史の教科書が伝える所によると、たくさんのほかの進化のサイクルや、小さな進化があり、猿からホモ・エレクトス、ホモ・サピエンス、クロマニヨン人、という進化もその一つです。しかし、そんなものではありません。では、そういったサイクルの最後はどうなったのですか。これは大きな問題です。何が起こったのですか。皆さんはそれについて理解しようとしています。あなた方はそういう時代のサイクルの一つの終わりに今いるのです。

再配線-12DNA

このように地球上で一人ひとりに何かが起きています。非常に短い期間でそのことが分かるでしょう。人間に、再配線が進行しているのです。自分でやっているのです。人間の自然な姿、進化するプロセスです。でも、怖がることはありません。宇宙船が降りて来て皆さんに何かを植え付けるわけではありません。起きていることは、12の二重螺旋のDNAが再び繋がり始めるところにまで進化している、そういうことです。皆さんがまだ知らない他のチャクラの幾つかが活性化できる地点、そこまで来ているということです。エネルギー構造が変わろうとしているのです。地球もまたそうです。

地球を見れば、熱くなっているのが分かります。地球の温暖化と呼んでいますね。しかし、それ以上のことなんです。温室効果ガスのスピードはそのプロセスを劇的に速めてきましたが、それは自然な進化のサイクルなのです。太古では、大変熱くガスが充満していましたし、波動は大変高かったのです。冷え込むと凝縮し、人間の肉体という凝縮した形を取らざるを得なかったのです。それから長い間そのままの状態が続き、今また角を曲がり始めているのです。熱くなりだしているのです。おかしいことですね。皆さんが選択をすれば怖くなります。しかし、怖れというものはこの状況では不要です。そのことを理解してください。地球は新しい寒冷期に入りつつあります。その事は前にお話しましたが、本当です。それでも皆さんは見事にやっていきます。全生命が地球を去って行く、という意味ではありません。皆さんは進化していく、という意味です。皆さんが考える氷河期とは違います。実は、地球が冷えていくということです。地球のエネルギー配給が変わるという自然な進化のサイクルなのです。それは、地球が再配線されている、と言えます。同じように皆さんもそうなのです。

大脳の両半球は一つに配線される

最近人間の再配線が開始されています。極性の世界という幻想を生み出すために分離が必要だった大脳半球が一緒になりつつあるのです。小さくなるのではなく、半球同士に架かるシナプスの経路が、皆さんが進化するにつれ一つになるのです。幻想とベールは実際に大脳半球間に存在しています。左半球は時間のマーカー(刻むもの)です。極性と言う幻想と、直線的な時間と言う幻想を生み出しています。それが人間が従う通路です。人間として演じるためにスピリットはゲームを与えられています。右脳はすべての創造でいかなる時間の観念も持っていません。右脳は左脳と違って、全て物事を脳内に詰めようとしません、脳という箱につめるのは左脳です。この二つが再配線によって強くなり始めているのです。それは、両半球の、単に新しい、または改良されたシナプスの経路というだけではありません。動物としての人間がスピリットの高い波動を持ち込むようになると二つが融合するのです。進化しているのは人間ではなく、スピリットが進化しているのです。それで、人間の殻、肉体の変化を促し進化させているのです。そのことが今起きています。ベールの私たちの側から大いに予想できることなのです。

バランスを保つー与える

直接この結果を知ることになります。今後5年間、以前と比べられないほどこの地球に早産の子供たちがやってきます。なぜなら、この確かなプロセスを経験するためにここに大挙して押し寄せるからです。そのことを注意してみてください。また、グローバルな変化がたくさん起こります。しかし、それは皆さんの力で変更可能です。この変化を多易く移行するかもしれませんし、難しい移行となるかもしれません。それをどう乗越えるかではなく、皆さんが他の人をどう手助けするかということが面白いところです。それが、皆さん自身と聖なる契約にそうするように迫るからです。皆さんだけが乗越えていく唯一の人間ではないのです。大脳半球同士の結合、その再配線の過程そのものは、皆さんがお互いに皆この地球の一部であることに気づかせ、誰も一人ではないことに気づかせるようになります。それでも、そこに行くために極性の世界を経験しなければなりません。極性に引張られる必要があります。周りを見渡すとかつてない程地球上に不況が広がっていることが分かります。それはこの再配線のプロセスが原因であり、だからお互いに助け合うのです。正しいタイミングで助け合ってその先に行くのです。悩みから抜け出すためにできる一番立派なことは、人の役に立つこと、そのことなのです。

かつてこの惑星上には金儲けやものすごい金融のからくりを作った天才がいました。そういう人達は、「金が欲しければ他人が金儲けできるようにするのが一番簡単な方法だよ」と言いました。私たちは同じことを申し上げましょう。この惑星で素晴らしい経験をしたければ、他の人にそういう経験が出来る方法を教えるのです。それですべての人が繋がりを受取るからです。それで、再配線のプロセスを受取るのはあなた方ばかりでなく、地球自身も受取ることになるのです。

先頭に出る

そうです、混乱や騒乱が起こります。変化に直面すると人間は常に騒乱を起しました。だから、皆さんはここにいるのです。変化する惑星に静けさをもたらす、そのようなことが出来る知識を持って行動を起こすように集合をかけられているのです。又、今日が砂の上に描いた一本の線のように、今日を境目と見なして言います。何年もの間この再配線のプロセスを経験してきた方が数多くいます。特に、多くの人が自分で「ライトワーカー」と呼んできました。このゲームの先頭に立っていることに誇りを持っている人もいます。早くスピリチュアルな競争の場に居合わせたいから、殆どそれを怖れ(緊張し)てもいます。そのスピリチュアルな競争の場で周りに自分を理解する人が誰もいないのは大変意気阻喪することです。ここで言いたいのは、多くの皆さんがもう5年以上この状態を経験してきました。それで、ベールの向こう側に着いたらどうなりますか? 何がありますか? そのことがあなた方が知りたいことですね。終点は何だろうと。とりわけ、私たちが示している旅がそんなに綺麗ではないのでそう思うのです。すべては旅なのです、終点はないのですよ。

12のあなた

私たちは、皆さんがこれから起こる変化の一つが経験できるよう、準備してきました。その1つである多次元は面白いもので、皆さんは実用的な魔法として日常生活で使い始めます。でも、実はそこにもっと魔法があるんです。あなたはこの惑星の一個人であり、それがすべてだと思っているとしても、しかし、実際、科学は、あなた方は他の時空の11次元に存在すると言っています。それは、皆さん、12次元です。なぜなら、認識の一つの次元が実際にまだあるからです。だから、地球上には12の違った「あなた(達)」がいて、一つの魂としてちょっとばかり違った経験をしているのです。このことを1列の椅子に例えると、「それは、 ‘あなた’ の一つです」と言い、そこの椅子の並びを別の ‘あなた’、と言い、同一の魂が違った時間軸上に違った風に存在する、と言うことができます。それがすべて同時に起きているのです。だから直線的な時間は幻想なのです。直線的な時間は左脳が生み出す幻想であり、演じるべきゲームボードを生み出しているのです。魂がこの次元を飛び越えて、問題を解決できる視点や知識をつかんでまた戻ってきたなら、それはどんな風に見えるでしょうか。それが多次元です。あなた方は、そのようなことをもっと経験しようとしているのです。今までそんなことはありませんでした。皆さんは、人生の難局に遭遇して生涯ずっと納得の行く答えが見つからずに言い訳をして来ましたが、その難局を今度は魂の別の見方で見直すことができ、新しく新鮮で、生き生きとした、多次元の見方で見られるようになる、そんなふうになったとしたら、そんな素晴らしいことはないじゃありませんか、皆さん。そのことが人間に起ころうとしているのです。面白いことは、人間として困難と思えることが、困難ではないのです。その困難は、自分のために目の前に広げた旅路なのです。皆さんがドアから自分を押し出したプロセスなのです。そういう多くのことが起きて皆さんの思考パターンは新たに適応していきます。

インディゴとクリスタル

しかし、そういうことがずっと簡単になろうとしています。皆さんの波動が急速に進化しているのでクリスタル・チルドレンがこの惑星に生まれてきます。しかし、生まれてくる子供たちはもっと高い波動なのです。そしてインディゴとクリスタル・チルドレンは同時に地球に長い間存在することになり、高い波動に適応するのを助けます。かれらは皆さんに多次元の扱い方を教えてくれるでしょう。たくさんそういうことがあります。とにかく現実はどうなるのでしょう。それは認知以上の何物でもありません。皆さんの脳の中にカメラがあるとして向こうに焦点を合わせると、そこが現実になります。現実を変えたければ、焦点を変えれば意図も簡単に変わります。ただ単に角度を変えればいいことです。多次元の状態でいるともっと容易く出来ます。現実はそういうものだと分かろうとしています。皆さんの信念はこのようなツールを使うことを阻んできました。だから他の人に使うのです。困難に遭っている他の人を助けるのです。違った視点から見られるように手助けするのです。このことが、人類が再配線のプロセスの扉を開けるカギとなるのです。

再配線の中断

このことについてもっと分かりやすく説明しましょう。肉体がグランディングを必要とする時があります。物理的世界にだけ存在する肉体は常に新しく生まれ変わる必要があります。それが肉体の特性です。水を必要とし、食べ物を必要とし、日光が必要です。抱き合う(ハグ)ことが必要です。親密さとセックス、養育、他の人との接触が必要です。地球の物理的境界内に皆さんを留め置くためのグランディングが必要です。もし魂が、再配線のプロセスを経験するに当たって適切にグランディングしていないか、十分でないとすると、そのプロセスで肉体は負荷がかかりすぎて中断されます。この重大な段階でプロセスが中断されると、視床下部から過分泌を起こし一連のサイクルが始まります。グラウンディングしていない体はエネルギーの疾患を起こすサイクルに陥ります。それは、線維筋痛症や慢性疲労症候群、筋痛脳脊髄炎や他のエネルギーの機能不全を起こします。この現象は、大多数の人ではなく、波動の先端のもっと近くで生きて波動を導く人達の間では一般的に見られてきました。エネルギーの機能不全の発生率は時の経過と共に増加していきます。多次元の経験は最初、グラウンディングの喪失を引き起こしエネルギー次元の間で行き詰まり、この機能不全のプロセスが起こります。ハイヤーセルフがこの状態を選ぶ理由が何度もあります。そのような出来事が起こる時には、この病気というギフトを目一杯経験するまでは治癒に向かうことはありません。その時は、皆さんが適切なグラウンディングとエネルギーテクニックを使って人々を手助けしてグランディングさせ、もう一度再配線のプロセスを開始することが出来ます。

(訳注) 「線維筋痛症」「慢性疲労症候群」:2006年12月「光の使徒」参照

 

無限を定義する

今やベールが薄くなろうとしています。どうか学ぶことを止めないでください。学ぶことが神の定義だからです。なぜ皆さんはここにいるのですか。神を定義するためにここにいるのです。神を見ようとしてこのゲームをしているのです。無限の状態では、神は自分自身を知ることはありません。定義できないのです。始めも終わりもない。この物質的身体に入って皆さんが実際に定義しているのです。それは見事です。問題は、自分でそれを信用していないことです。勿論、皆さんが神であることについて話そうとする時、皆さんが最初に考えることは「私は神である。何でも出来る」ということです。心に留めておいてほしいのは、あなた方が唯一の神ではない、ことです。この惑星には多くのあなた方が、神の火花として存在するのです。その火花は、その小さな閃光の中に創造主のすべての力を運ぶ能力がある、創造主の火花なのです。皆さんは有限な形を取りました。回転盤から出るのと同じようなその火花は、全体の中に再度戻る前にほんのちょっとの間だけ光るのです。それが変化しようとしています。この再配線の過程で、皆さんの正体であるエネルギーがその光の煌きの中にもっとたくさん表れようとしているのです。

新しい様式(方法)

このことが分かる教える方法があるのでしょうか。はい。毎日この惑星で飛び出てくる新しい様式(方法)があります。それが好いニュースです。悪いニュースはそのどれが自分に合っているかを探さなければならないということです。この再配線を促進できる方法があるでしょうか。一番大きな方法は、自分の意図です。一番大きな方法は、どんなものであろうと、聖なる契約に足を踏み入れることです。心がどこへ導こうと、そこで情熱は違った振動をするのです。違った振動をするにつれ周りの人達は皆同じその振動数になり始めます。皆さんは自分の波動に一致するよう周りの波動を上げます。怖れることはありません。人類の再配線についてもっとお話しすることがありますが、皆さんの再配線は開始したばかりで、地球規模で起きています。自分の諸々の能力を見ていくにつれ、このプロセスをもっと理解します。大脳半球同士が、一体化し始めています。

こういった能力が地球上で姿を現すときはいつでも怖れがありました。ただ、気を引き締め、怖れは影に過ぎないということを知ってください。知らないことを怖れることができるなんて、面白いことだとは思いませんか。一端見逃していた情報を恐れという虚空に押し込んだら、もうそれ以上恐れることは出来なくなります。そうやってください。人間は進化しているんだという事実を両手に抱えてください。興奮する時です。皆さんは、だからまさにちょうど今ここにいることを選んだのです。この地球にもっと多くの魂が許容限度を超えて入ってこようとしています。彼らの多くは、選ばれた魂(あなた方)が地球に入れるよう脇に一歩退いた者たちです。そして、ここに今皆さんが座っています。そのような皆さんのために両脇に引いた存在たちは、ベールのあちらの側から声援を送っています。

今までないほど、この再配線のプロセスは地球上のヒーラー達を活性化していきます。その時です。私たちは皆さんが必要なのです。呼び声を聴いてください、皆さん。聖なる契約に入るのです。皆さんはお互いに助け合うことが出来ます。皆さんはヒューマン・エンジェルなのですから。故郷に帰ったとき、皆さんは最終的に私たちが見るのと同じように自分自身を見るでしょう。

たとえ皆さんがたくさんの時間をかけて、自分は何もしていない、鏡を見て自分は誰であるか思い出すことが出来ない、または自分は孤独だ、などと考えても、あなた方はどう偉大であるのか、そのことを理解し始めるでしょう。私たちの視点で自分を見ていきます。皆さんが多次元になるにつれ、皆さん自身が私たちの目の中にシフトする(ザ・グループの見方をする)機会が訪れるでしょう。私たちは偉大な中の最も偉大なるものを見るからです。この時期に大事なことをするために一番高い波動だけが惑星地球にやってきました。そして皆さんがいます。

旅を楽しんでください、皆さん。

3つの簡単なことをお伝えしてこの場を下がります。尊敬の念を持ってお互いに接してください。事ある毎にお互いを大切にし育んでください。それが自分を大切にすることになります。これは美しいゲームであることを覚えておいてください。よく演じ合ってください。

 

Espavo .

The group

人間の新しいテンプレート by ザ・グループ

new-human-template

「テンプレート」については字幕ニュー・ボディテンプレート」「古いテンプレートを解放する」参照。

光の灯台 ~ Re-minders from Home

2010年6月15日

新しい人間のテンプレート

生と死の境界が希薄になる

 

From Steve:

今月、ザ・グループは方向を変えて人間の身体と目前にある人間の変化に的を絞っています。セクシャル・エネルギーの注入が、今この時期、惑星地球で猛威を振るっていることに言及しています。普段の人々の行動を見れば分かります。しっかりしていた、揺るがないと思えたことが、いろいろな方向に動き出しています。

今回のメッセージで指摘している大きな点の一つが、肉体に関することでした。肉体の再配線が次の段階に向け進行しており、そのことによって、これまでの古い人間のテンプレートが、体から外れていきます。先ず、古いテンプレートが外されると、人間の肉体のエネルギーは傷つき易くなります。事実、この時期に人間は故郷にもっと近づき、生と死の境を簡単に越える、とザ・グループは言っています。 

この期間、地球の多くの人が新しい位置につくために、人間は想像以上に死に近づくと言っています。彼らの言っている意味が、正確には分かりませんが、このチャネリングで一つ気づいたことは、ブリタニー・マーフィーと彼女の夫のことです。二人とも殆ど何の前触れもなく他界したのです。生と死の境は、思う以上に接近しているのです。そこで選択があります。そのことを心配し怖れるか、あるいは今日が最後だと考えて生きるか、です。しかし、別の理由で私たちは目的に向かっています。

素晴らしい月を、「光」を沢山広げてください!

ビッグ・ハグ

 

(訳注)ブリタニー・マーフィー:米国女優、2009年12月没、32歳。撮影途中の作品が多くあり、風邪が引き金になったと考えられる突然の死。夫も5ヵ月後に突然自宅で死亡。

 

故郷からご挨拶

 

人間の進化の境界地点

今日は、ヒトという動物の発達と進化において、特別な時です。生きとし生けるものの進化のサイクルには、すべて大きな時代の変化があります。勿論、人間は、生きて呼吸しているものの中には、実際には生きてはいないものが多い、そう考えています。周りにあるものは、ある意味で生きており、呼吸しているのですよ、皆さん。生きていないものがたくさんあると考えていますね。浜辺で貝殻を拾って、命のエネルギーが宿っていないと言います。が、生きているのです、皆さんはそのエネルギーを感じようとはしないだけです。もしそれが、死んでいて進化していなければ、この世界に合う波動域内には存在しません。

皆さん、そういうわけで、今日は特にこの境界についてお話したいと思います。ここが、皆さんの体が変わろうとしている地点なのです。人間の再配線について前に言いました。皆さん一人ひとりは、これまでなかったほど地球で光を備えるために、エネルギー的な再配線が進行しています。その意味するとことは簡単です。魂と完全に一体ですが、魂の小さな部分だけが肉体の中にあります。皆さん自身のハイヤーセルフを通して、魂のすべてに接触しています。ハイヤーセルフが、肉体という小さな一部をこじ開けて、本当の自分という大きな全体に繋げているのです。その繋がり方が、変わろうとしています。

テンプレートを外す

このことは以前お話しましたが、このプロセス全体を理解するのは重要なことなので、改めてここで触れたいと思います。人間は、肉体を持たないで地球の旅を始めました。皆さんは、天使の体と言ってもいいのですが、物質的な密度のないエーテル体でここにやって来ました。繋がりを保てなくなる時が来ました。自分のスピリットを宿すために密度のある状態にしなければなりませんでした。この時、初めて、地球で肉体を持ったのです。皆さんは、地球と繋がり、地球も皆さんと繋がっています。皆さんは、この惑星と長く関わっているのです。

前にお話ししたように、皆さんがエーテル体から密度のある物質に変わるには、長い期間かかり、進化しました。その時、波動を下げましたが、人類にとっても、地球に起きた出来事としても、それはとてつもない進化だったのです。皆さんは、今まさに、同じくらいの進化を経験しようとしているのです。隠すことではありませんよ、皆さん、あなた方の波動が高くなっているのです。しかし、進化の途上、肉体でいるために波動を下げる必要がありました。そういう時がありました。肉体に入り込もう、故郷を探そうと、出来ることは何でもやろうとしました。自分の外に、内側に感じるものを見つけようとしました。それは、自分のスピリットをその密度のある生物的泡沫(肉体)を通して輝かせようとするためでした。今、皆さんは、そのことを開始し、肉体はそれ自体進化しようとしています。その肉体は、いずれ行く行くはライト・ボディに帰っていきますが、それも正直に言いましょう。その時、最早肉体の密度が不要になります。皆さんが、今経験し始めようとしている移行の数々は、規模の大きいものなのです。

地球に来た当初、肉体を持つものだと思っていましたが、それは僅か500体しかありませんでした。何十億もの魂が地球にいましたが、肉体を持てたのは、たった500の魂だけで、その魂が今のようなゲームをする決心をしたのです。だから、人間の肉体の原型は500しか造られなかったのです。その時から人間は、その原型となるテンプレートに制限されてきました。それが今、変わろうとしており、シフトし始めています。最早皆さんは、そのようなテンプレートは要らなくなります。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。