クオンタム・パターン by クライオン

by the NASA/ESA Hubble Space Telescope.

クオンタム・パターン

Lee Carroll 2016-1-23

テキサス州サン・アントニオ

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。では、パートナーが脇に寄ります。こうしてまた同じことを話すのは、彼がメッセージを出す意識ではないからです。チャネリングは皆さんにはミステリアスで変なことだと思えます。チャネリングでは、人間の知性や教育を受けた知識、声、大人の成熟した意識と思慮分別などを使いますが、メッセージは他の所からやって来ます。パートナーはそれを、直観的思考の着実な流れと称しています。パートナーはここにいますが、ここにいません。「脇に寄る」という時は、文字通り体を開いて、松果体と彼のハイヤーセルフから、メッセージがやって来るのです。だから、彼が話すのではありません。

皆さんの周りにはエネルギーがあり、見えないものがいます。今朝、“クライオンの一行”について触れました。一行は、まだここにいます。純粋なエネルギーなので数えることは出来ません。だから、周りで感じ、また見えるものは、エネルギーです。いろいろな多くの形をしています。そのすべてが目撃されて記録されるわけではありません。このメッセージはエネルギーに関するものだと思っているので、よく、人間は、数値や量で表す必要があり、断定する証拠が必要になります。波動を表わす特徴を測定したくなりますが、できません。それは、科学がまだそこまで到達していないためです。科学批判ではなく、もっと学ぶ必要があるという単純な事実です。聞こえなくても音はあります。見えない光があります。

科学のバイアス

今まで質問されてきた問題があります。「エソテリック(不可視・深遠・不可解)な世界は、科学が発達すれば分かるようになるのですか?」。分かります。今は、地球全体がまだその段階に達していないため、もっとよく分かるように物事は切り分けられ、3次元上で分類されています。本当はそうでなくてもそうします。そのことは前にも言いました。地球の最高学府は、すべての研究を分野毎に分けて行いました。専門性と効率性のためですが、高くつきます。

物理、化学、生物学、医学が、まるで個別科学であるかのように扱われています。しかし、関係し合っています。でも、全部を一本化して学べるような“総合ビル”を持つ教育機関はありません。「でも、個別に勉強するカリキュラムは必要なので別個に学ぶことが必要だ。一緒に出来る方法はないよ。個別でなければいけない。それぞれの分野には、多くの知識があり過ぎるので単純に一緒に出来ない」という人がいるでしょう。では言いましょう。一緒にする方法は間違いなくあります。まだ考えたことがない、「統合化」を思いついていないのです。すべてが繋がり合っていることが分かったら、すぐに変える必要があると思うでしょう。「統合化」の手順を考え見直します。でも、そういうことでさえも見過ごされています。

交互に結びついて発見に至りますが、科学の一分野を個別に研究しているので、発見は、しばしば当該分野だけに終わります。化学は化学だけで進みます。しかし、他の分野と結び付けて解決できる研究が個別科学だけの問題になっています。でも。問題は解けずに終わることがよくあり、誰もその周りの分野を見ようとしません。生きるには、地球の磁場が必要だという考え方をするようになったのは、極最近だということを知っていますか? この件については1993年にお話ししました。しかし、自然科学はあらゆる装置を使っても、その証拠を提出できていません。科学全体を分割するという先入観によって多くのことが進みません。物理と生物学を結び付けたくないのです。

全部を統合する方法はいろいろあり、特に物理と化学にはあります。そうする時に、素晴らしい発見が生じるでしょうが、分けている限り起こりません。それぞれの分野には専門家がいます。時には一緒に集まりますが、専門に特化していることについての議論はしません。別個のままで、完全な科学が成立するのでしょうか?

DNAの90%以上がコード化されていない物質であることが発見されるまで20年以上かかりました。すっと「ジャンクDNA」と呼ばれてきました。誤診したわけです。発見には言語学者が必要でした。言語学者は、生体物質ではなく言語の配列だと見たのです。それが、化学者と生物学者だけで未知の複雑な問題を見る時の誤りです。前提にした先入観によって何十年も素晴らしい情報を引き出せないでいました。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

2011について by クライオン

illumination_26

2011について

Lee Carroll 2011-6-11

アリゾナ州 セドナ

 

こんにちは、皆さん、クライオン・マグネティックサービスです。ここいるのはコアになる人たちですね。それにオールドソウルたちが沢山います。座っている人全員がそうではありませんが、オールドソウルです、ほとんどそうです。オールドソウルの性質は、何度も何度も地球に生まれ変わって来てその都度違う生き方をし違う力を表現をしてきた人たちです。椅子に座りながら、心の中でそのことを知っています。物事がどうなっているのか知っています。心の中で、賢い人間はそれを知っていると感じています。

そこでまた、「生まれつき」ということについてお話しましょう。細胞の知性は生まれつきのものですが、よく、皆さんから離れたところにあります。知っていますね。生まれ持っているというのは、筋反射テストキネシオロジーのようなことをやろうとする時に確かにそうだと思えるものです。先天的というのは、DNAの中にあるものです。それが知性です。先験的なものはこう言います。「前にもここにいたことがある」。だから「ここにいたことがあるんだろか? 本当に?」と思う時、ぞくぞくしたり、感謝の気持ちが湧いたり、紛れもなくそうだったと喜んだりします。こういうものは内側から来る確信で、こんなふうに言っています。「あなたは大計画の中にいたんですよ、でも今ここではそれが何か分かりません。あなたは地球でいろいろな出来事が起こる舞台を設定しました。人類の意識が何千年も夢に描いたものだったんです。そして、ここにいます」。

皆さんは、ここに座りながら勉強中です。今起きているエネルギーについてもっと知りたいと勉強中です。意図してこのような学校という劇場に座っています。一人が大勢に話をし、大勢が一人に話をします。誰がここにいて、なぜいるのか、スピリットにいろいろ話しかけます。ここで娯楽に興じる人は殆どいません。私たちは誰がここにいるのかを知っています。隣りにいるからです。皆さんの中にシャーマンがいるのは分かっています。オールドソウルがいるのを知っています。レムリア人もいます。チベット出身の人が2,3人、インド出身の人が数人。

私はここである知恵を見ています。その知恵は、今日この集りで、これから賢明なオールドソウルに授けられようとしているものです。賢いオールドソウルを育てるために食べ物を上げようとしているのではなく、簡単なものを差し出そうというのでもありません。だから、複雑な話になります。そのために皆さんはここに集まったのですね。今日は、システムとシステムにないものについてお話しましょう。物事がどういう意味を持つのか、それを話して、古代の歴史を思い出して欲しいと思います。難解の中の非常に難解な話に踏み込みます。

更に数秘学について

『12』という本(DNAの12のレイヤー)を詳しく説明して始めたいと思います。その本にもっと情報を付け加えたいと思います。付け足した情報は活字になります。今経験している地球のエネルギーについてもっと知ることが出来ます。数秘学について始めましょう。ここにいる人を知っています。ここで勉強している人を知っています。今夜は怒らせるようなことを言うつもりは全くありません。古代の数字のシステムを勉強した人は、それがどんなに複雑か知っています。20分くらいで分かるものではないと思っています。でもそのようなことはしません。私たちはそのプロセスを検証します。2011に適用します。その数字にメッセージがありますか? 多分ありますね。では、数秘学から行きましょう。

数秘学は数字のエネルギー研究です。分からない人がいます。数字からエネルギーを何も感じないのです。勉強して理解することが必要です。それは必ずしも皆さんの3次元的性質ではありません。スピリチュアルなことは何でも3次元を超えています。それがまさしく数秘学のエッセンスです。次元のことを考えないでください。数字のエネルギーがあるのだということを信用してください。

それがお話したいことなのです。数秘学はシステムではありません。物理学を勉強し数字を扱いますが、物理学はシステムではありません。地図です。創造主が世界を動かしている数式の地図です。目の前に立てかけてある地図です。それを一旦理解すると、その地図をシステム化して、火星にロケットを打ち上げることが出来ます。だから、物理の地図を使ったシステムで火星に行くことができます。このように考えると、数秘学は難解なエネルギーの地図で、用途に応じてシステムを開発することが出来ます。だから、皆さんが理解したいというのは地図のことです。地図は地球でもっと楽に生きられるように役に立つものです。

地図は、どんなものでも、行き先を強いるものではありません。ただそこに広げてあるものです。地図を研究したいというその程度が、自由意志なのです。もっと勉強していくともっと人生が分かって役に立ちます。簡単な説明ですが、それで2011年の数秘学的な側面を見て行きましょう。

一番簡単なもの、オリジナルな古代のものを使いましょう。2011の数字をそれぞれ足してエネルギーがどうなるか。でも、数秘学を勉強していて分かる人もいますね。単純に一つ一つの数字だけをみるのではなく、すぐ足し算しようとします。それはいいのですが、適切ではありません。そこで、2、0、1、1を見る必要があります。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

時間の本質 by 大天使メタトロン

NYX

大天使メタトロン

時間の本質~クオンタム意識

James Tyberonn 2010-10-18

 

地球のある場所は、タイムホログラムと多次元的な性質にもっと楽に近づける場所です。アーカンソーとシャスタ山は、北アメリカで最も強力な場所です。地球全体では、・・・・富士山など最も強力な場所です。

個人の問題や障害は、過去の適切な進化が行き詰まり、自然に進化しない時に表面化します。あるシナリオでは、深刻な神経症が確かに発生します。それは、過去を変えていないからです。例えば、破滅的な出来事が起きて心的外傷を伴って命を落とすといった人生の場合です。成長するいろいろな理由があってそうなったのかもしれません。

自己嫌悪や不安、怒り、罪悪感、憤りなどの否定的思考を抑え込むだけでは不十分です。そういう感情はまた再発して直面し、置き換わることになります。自分の考えと感情を深く見つめて、自分の感情面がどのように誤った考え方に結び付いているのかを確かめることが出来ます。実際、因果の試行錯誤の本質は、最終的にクリアされるようにあなたを案内します。遅かれ早かれ、もっと良くなります。だから、否定的な感情が浮上した時には、その流れやパターンを認識するようにしてください。それから、すぐに幸せで楽しい気持ちに置き換えてください。

こんにちは。メタトロン、ロード・オブ・ライトです。無限空間からご挨拶します。無条件の愛で皆さんを歓迎します。

二極性の世界は、合目的幻想です。皆さんは、人間の夢を見ています。皆さんはフィルターを身につけたスピリチュアルな存在です。創造主の神聖なスパークです。そうして地球の大学に出席しています。だからそれは真実として受け入れる必要があります。そして、皆さんの立場から、物質的な見方を超えたもっと大きなリアリティがあることを理解してください。たくさんあります。また、愛は、その重要な要素、すべての核心となる“DNA”です。

 

時間の本質

時間と空間は同じメカニズムです。言葉で表現すると、空間は、二極性内のマトリックス運動様式で捉えられた凝縮時間です。二極性によって分離が生じ、連続した時間という意図的な幻想プログラムが働きます。従って、時間は空間の逆であり、ダイナミックで自由な流れです。どちらも、ブラックホールとホワイトホール経由で物質と反物質が内と外に正反対に向かって振動するというメカニズムにより、意識ユニットの高周波の閃光によって生じます。

内と外に向かう高周波(ハーモニック)の閃光は、時間と空間が同質の泡で融け合うポイントであるだけでなく、意識ユニットが点滅して同時にある各人生のどこに意識を向けさせるかの比率でもあります。このことが、プランク定数という魔法の比率で起こります。正確に1秒間に10×-34の力で起こります。この時、時間と空間は融合し非直線になり、トーラス状に動き始めます。空間はそれ自体の逆方向に折り返し、時間のユニットは、非直線的連続の量子化した過去、現在未来というプールの中に漂います。

オムニアース

分離した“生涯”はホログラフィックなオムニアースに繋がり、「時間分離」プログラムにインストールされています。発達した人間は、マカナ(ライトボディ)からオーバーソウル(ハイヤーセルフ)の中心に入ることが出来ます。そこで、連続した生涯が車輪のスポークのようにして繋がっています。このスポークはまるでファイバースコープのようです。あなたはコントロールパネルの中心にいて、その中心からどんな人生のどんな時も、非直線的な「今」を探求し変えることができるのです。

集団の時間プログラム(文明や時代)は、特別な地点・場所でオムニアースにアンカーしていますが(よく多次元が変則的に出現する場所と言われる)、そのような場所を訪問して、地上の時間の交点に入る必要はありません。むしろクオンタム意識によって入れます。このプロセスはメタトロニック・キーで説明しています。

 

Q 地球には、時間が歪む場所はありますか?

メタトロン: 確かにあります。前のメッセージでもこのことはお話しました。時間はある意味コンピュータープログラムに例えられます。皆さんの使う「Windows」はプログラムに歪みを起こす時があり、サブプログラムが絡み合った状態になってシステム全体を変形させてしまいます。このように、時間と空間は、地球のグリッドのリアリティが投影した直線的なサブ・プログラムだと言えます。ホログラムのプログラムがインストールされているために、量子的オムニアースは同時にある今からきちんと切り離されて、独立した人生という旅に見えるのです。

ウィンドウズが別の独立したプログラムを変形させるように、直線的時間のホログラム的地球のマトリックスのプログラムは、混在したり歪みを起こすような流れを持っています。幾つかのレベルでそのような歪みが生じます。先ずそれは、特定の地域で規則的に生じる、あるいは猛威を振るう波を起こす重力波が原因です。そうなると、まさに重力の歪みは、その地域の時空連続体に影響を与え、極地で起こるのと非常に似た次元の穴を開けます。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

ガイアの刷新 by クライオン

maxresdefault

ガイアの刷新

Lee Carroll 2012-3-18

オーストラリア メルンボルン

 

こんにちは皆さん、クライオン・マグネティックサービスです。目の前のファミリーの皆さんのことは知っています。だからもう一度言いますが、誰がここに座り、誰がこのメッセージを聞き、誰が読むことになるかに関して何も謎に包まれたようなことはありません。皆さんとっては今という現実しかありませんが、全部が時間のない状態にあるのです。私は時間のないクォンタム状態にいて、そこでは誰がこれを聞き、読むのか、その可能性が詰まっています。だから皆さんには今この会場ににいるように思えても、私には全部が今なのです。

皆さんを何千年も前にお連れできたらと思います。ゆっくりと時間が戻り、ビルが消えていき、すべて粉々になり、先住民が姿を現します。その時に先住民のしていることを見ると、2つの重要なことを言っており、それは彼らにとって大切なことです。1つ目は、先祖を大切にすること、2つ目はガイアを大切にすることです。

先住民のエネルギーは土地に向いていました。食料や水をくれる土地ではなく、地球の大地のエネルギーそのものです。彼らの生活について知っている人は私が何を言っているのかが分かると思います。世界中の先住民に違いはありません。それは、彼らがガイアは母なる地球というエネルギーであることを直感的に知っているということなのです。そしてガイアが人間社会に繋がっていました。ただ今のように複雑なものではありませんでした。彼らは圧倒的なエネルギーを地球と繋がり、亡くなった先祖のエネルギーとも繋がっていました。

今日、そのような協調関係はまだ生きており、変りつつあるということをお話したいので先ほど触れました。彼らのしかたことについては分からないかも知れませんが、いまだにいろいろな点で協調関係が続いています。皆さんには不可解です。それが分かるようにその全体像、システムとそれがどう働いているのかをお話したいと思います。なので、人の分子レベルから始めても驚かないでください。

ガイアと人の結びつき

こういう前提があります。「意識が通用する所に、ガイアあり。ガイアが通用する所に、DNAあり」。皆さんが思う以上の関係があります。先住民は雨乞いをしませんでした。収穫の祈りをしませんでした。神を崇めませんでした。彼らの現実では地球を感じ、自分と同じだ、繋がっていると知っていました。それがすべてでした。だからいつも地球とひとつでした。雨も実りもガイアとの共同によるものでした。繋がる儀式を行いましたが、お願いの祈りはしませんでした。欲しい物が手に入らないと、繋がっていないことを知りました。現代の人は、そのような傾向を失っています。しかし、この繋がりは今だに生きており、働いています。(クライオン字幕「アファーメーションのパワー」参照)

では、DNAについてまたお話しましょう。DNA分子はユニークです。人のDNAはすべてに対してユニークです。動物が持たない、神聖さを補完します。ある特定の動物はたくさんのものが備わっています。動物でさえ転生するようになっており、人間という皆さんのために生まれてきます。しかし、動物の魂は皆さんの魂とは違います。皆さんのような神聖なスパークは持っていません。動物のサイクルは皆さんを助ける愛のサイクルです。

ペットの生まれ変わり ~ガイアのシステム

めったに話したことのないことをここでお話します。知っておいてください。地球の全システムは皆さんを軸にして巡っているのです。これは、人間のすることにガイアが反応する際、人間がより良く生きやすくするためのサポートシステムです。動物が好きな人は、その生命は非常に短いことを知っています。このチャネリングが本物であると思っている人は、次のことを信じてください。皆さんが愛着を持つ動物たちはまたあなたのところに戻ってきます。その魂は、あなたが求めればまさに愛の物語を続けて、また皆さんの目に止まります。それが、慈悲のサポートシステムで、人の中にある神聖さを大事にするのです。人間のDNAには私たちが何年もお話してきたようなクオンタムな性質があります。知っていますか? 私のパートナーはそのことについて昨日話したばかりです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

進化の高速路線 by クライオン

Planet

進化の高速路線

Lee Carroll 2014-6-14 

カリフォルニア州シャスタ山

 

皆さん、こんにちは。クライオン・マグネティックサービスです。チャネリングの時には、パートナーが脇に寄り、純粋な直感がリアルタイムで松果体というポータルに通ります。それがチャネリングです。その時に重要なことは、パートナーの思惑を脇に置くことです。

その思惑というフィルターは、正しくしようとか判断などを交えることを言い、それがチャネリングなどのメッセージを偏向させます。そうやって彼は25年間練習して、自分の思考の偏りを極めて小さくさせることが出来るようになりました。つまり、人としての自分を脇にやって純粋なメッセージに変更を加えず流せるようになるということなのです。この会場にはこの過程でメッセージが本物であるかどうかが分かる人がいると思います。私たちはそこに期待感を持っています。つまり、このような場にいるライトワーカーの人たちは、嘘か真かの違いを知っており、私のメッセージに偽りのない真実を感じ取ってくれるだろうと考えています。この人たちは、ここで話され、ここで起こることは楽しく喜びである以外に余計な問題はないと思う、そういう人たちです。

今朝、宿命というようなものはありませんとお話しました。人間には選択する幅が広く開けていると言いました。この日、科学的研究と世界で起こる出来事についてのプレゼンテーションは、まさにこのことを繰り返し言っています。人間は歴史上互いに征服し合い憎しみ合うという古い世界を克服する選択が出来るのでしょうか? 文字通り人間の性質を変える選択はできるのでしょうか? そのことがずっと前提にありました。今日皆さんは、コンファレンスの席上でチャネラーではなく科学者からそのことを聞いていました。一体、人間の体は皆さんがこのような見えない力を利用するようになるのを待っているのでしょうか? そう思いますか? この質問をするのは初めてではありませんが、それについてもっとお話ししようと思います。

この3週間、光明に至る高速路線という支援システムについて話をしてきました。その路線は、今日皆さんが聞いた、人間のフィールド内にある様々な可能性に関する幾つもの路線のことです。以前聞いたことがあるかもしれませんが、シャスタ山の山陰でそのことをまとめてお話します。なので、今日、直接それが分かります。

人間の皆さん、簡潔に言えば、4つの性質をもつ支援システムというものは、これから皆さんが利用できる、新しいものです。2012年大きな時間の目印を通過しました。その後で、ここ2,3年、皆さんは、他の惑星が越えることができなかった意思決定の地点に座っています。オールドソウルの皆さんは慎重にそれを確かめて、今、じっとそのことを見ています。雪だるまが転がることをお話したことがありますが、それです。地球の高い意識という雪だるまです。私たちは、その行く末、可能性を大きな視点で見ることができます。皆さん一人ひとりには分かりません。そのために、次にどうなるかという予言を皆さんに伝える私たちの動機になっていました。

進化の高速路線システムについてお話します。今までよりも信じる力がもっと強くなるようなことはありませんか? いわゆるマインドから生み出されるこの見えない力によって、体だけでなく、周りが大きく変わるようなきっかけが生まれることがありますね? 詮索しないでください。そういう時は常にありますね。ここで皆さんには、今まで知っていたことや聞いたことをすべて脇に置いて欲しいと思います。では、先ず、先天性についてお話します。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。
12レベルのアセンション by Jasmuheen

12レベルのアセンション by Jasmuheen

paige-bradley3

12レベルのアセンション

Jasmuheen

 

私たちは皆光を吸収して進化しています。この変化を意識的に進める人はすぐに変容を起こしますが、光を吸収しながらもそれに気づかず、直接地球全体の変化の関わりの中で変わる人もいます。この転換をレベル毎にまとめることが出来ます。

 

第1レベル

身体から密度が抜け落ちていくと、通常とは異なる風邪や頭痛、下痢、発疹、筋肉・関節痛などに見舞われます。ほとんどの風邪の流行は実際には光が蔓延していることなのです! 大脳の化学反応が変化し、左右の脳機能が融合し、脳下垂体と松果体の大きさが変わります。DNAの構造と化学的組成が変わり始め、さらに多くの水素原子と化学物質を取り込みます。それは細胞が未分化の高次の光を必要としておりDNAをコード化する光を使用しようとしているためなのです。

 

第2レベル

エーテル体のブループリントに光が溢れカルマ的な諸々の経験を放出します。風邪のような症状を訴えるだけでなく方向感覚を失ったようになります。多くの人が「なぜここにいるのか」という問いを発します。エーテル状のブループリントの光は4次元のフレーム(型枠)を放出して感情体、メンタル、スピリチュアル体の幾何学形状を回転させます。急速に変化が起こり始めリ多くの人が疲労を覚えます。

 

 第3レベル

肉体の感覚が益々鋭くなります。各ボディは変化するために光を吸収するだけでなく高次の光エネルギーを変換・解読して地球全体に広める役割を果たします。最大に引き伸ばされたゴムバンドが弾けて元に戻るように、この段階で息を吸う過程(アセンションの開始)は後戻り出来なくなります。

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。