闇の美しさ by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

 2004年 9月 15日

 

闇の美しさ

From Steve:

今回のメッセージは、カリフォルニア、サン・ディエゴで行った「オーバーライト・スピリチュアル・トレーニング」において公開されました。このトレーニングを利用して、前にザ・グループが語った問題を更にお話ししています。「光と闇」についての見方は変わっています。そうなると、対立から抜けだして、考えを統合していくことが重要になります。「闇の美しさ」を理解し受け入れることによって自分の現実を変えることが出来ます。おそらく、その時に闇を怖れなくなります。

素晴らしい創造を!

スティーブ・ローサー

ザ・グループの広報官

 

故郷からご挨拶

もう一度、この部屋のエネルギーは変化して、故郷の波動を引き入れています。皆さんが大変独特のやり方で始めました。皆さんは新しい道に歩き出し、かわいい肉体をもつ創造者として自分の力を発揮し始めています。歩き回ってはぶつかり合い、故郷に通じる道を探索しようとしています。ここで何をしているのか、それが分かろうとしています。自分は一人ぼっちだと思っています。自分はユニークだと思っています。他の人と離れ離れだと考えています。しかし、違うのです。皆さんは、非常に珍しい状態でお互いの一部になっているばかりか、私たち全体の一部でもあるのです。それが、私たちが皆さんと結びついていることです。それは、言ってみれば、皆さんがこのような所に、詰まり、私たちに惹き付けられ、また自分のハイヤーセルフによっても惹き付けられた、謎なのです。その謎は、皆さん一人一人がハイヤーセルフによって故郷と繋がる、その繋がりの中にあります。それが、故郷と肉体の連結です。

ゲームの変化

途中どこかで、ひらめきました。「ゲームをやろう。有限の幻想の中にいて、過去・現在・未来の直線的な時間という幻想に自分を押し込んで、そこで自分が誰なのかをはっきりさせよう。無限のスピリットの企画制作による、直線の時間で自分を表現する、そのような素晴らしいゲームをやっていこう」。皆さんは、そう言いました。何と面白いゲームでしょうか。で、歩き回って、友達にそのゲームについて話しては、それが大きく拡大して行きました。皆が、これは他にはない、とっておきの考えだと思いました。オムニバース(Omniverse)は、そのようなゲームに満ちています。皆さんは数多く見てきました。ETなどと呼ぶ存在がいますね。皆さんは彼らのゲームを知りませんが、至る所にあります。そのような存在は、どこにでもいます。一つだけはっきりしています。皆さんは宇宙でたった一人ではない、そのことです。今後もっと多くの惑星が‘発見され’ てそれが分かります。

‘オムニバース(Omniverse)’は、多くの宇宙(multiple universes)を包含する、文字通りいろいろな次元の宇宙全体を表しています。同時に数多くのより糸が、お互いに貫通しています。直線的時間が無限であると考えるのは、大きな挑戦です。そうするために、皆さんは、他にはない非常に特異なビジョンを身につけなければなりませんでした。ゲームを始めた当初の考えについて、今日皆さんとお話ししようと思います。ゲームがどのように始まったのかを思い出せば、その独特の考えによって、次の段階のゲームがどういうものか、定義し直すことになるかもしれません。皆さんは、交差点に差し掛かっています。そこで本質的にやり直すことになるでしょう。人類は、かつてと同じこの場所で、文字通り新しいゲームボードを創り直しています。これが、皆さんが今、地球のために創っている“3の地球”という新しいホログラムのことです。皆さんの波動が高まり向上して進化の道に踏み出しているので、それが可能になっています。それは、進化の歩み、というものではなく、意識の飛躍的進化なのです。瞬きする間に起きています。大勢の人が、世界を変えるような出来事が起きて欲しいと、その日を待ちわびていますね。その日を楽しみにしてください。地上天国のユニークな考えや構想を練るためには、願っていることをやるのです。しかし、その日を待つことはありません。その日に起こるようなことは、既に今できます。ですので、有限の中にいる無限の存在のもつパワーに傾倒していくためには、出来ることは何でもやってください。その行動によって、ここ地上においてその無限さが現れるのです。また“第3の地球”に天国の特徴を創り出せます。

無限から有限 光から闇

有限の存在としてそのことを理解した上で、次のような考え方をお伝えします。それでも無限の考えを完全に理解するのは難しいのです。事実は、余りにシンプル過ぎるために理解できません。従って、違いが分かるようなビジョンを幾つかお伝えしましょう。それで無限の存在による選択が可能になることが理解できます。私たちは、キーパー(スティーヴ)を通じて‘ハート(こころ)’という言葉をよく使います。それは、誰もが理解できる言葉です。しかし、皆さんに故郷を示す言葉が他にもあります。‘光’はその一つです。肉体を抜け出す時、光に向かいます。“光に向かいなさい”という言葉はそれ以上の意味があります。この言葉は余りによく使われる言葉なので、導いてくれる光を見たい、という意味や、その光になりたい、などといろんな意味が重なり合っています。実は、それは、人間として考えるような光ではありません。「光」は、無限を表す状態のことです。光は、無限の故郷を実際に代表している、そのことを理解すれば、有限の形で訪れているこの場所が、闇、と呼ばれ得ることが分かると思います。

そこで、と呼ぶものについて、私たちの見方を少々話ししましょう。闇の美しさを理解するのは重要です。過去・現在・未来という有限な時間軸で皆さんは生きていますが、そこでは、光は、闇が存在してはじめてはっきり分かります。ここが、面白いところです。皆さんは、それほどまでに、魔法を使う創造者なのです。頭の中で何かに集中して7秒以上考える度に、考えたものが現実に現れます。それに要するのは、7秒間ですが、今後3年間で、5秒になります。皆さんはそれほど速く進んでいます。生物的泡沫(肉体)でいながらも自分の創造力を取り戻して行くその様子を見ていると、信じられないほど見事です。直線的時間の中でゲームをしながら、無限の力を取り戻し始めています。それは、表現のしようがありません。

“光”の定義

ゲームの当初、人間は光に引き寄せられました。太陽を全ての源として崇めました。それから、砂の上に自分の影を見ました。怖れました。皆さんが闇を怖れるのと同じです。闇は単なる幻で、光がない状態のことです。それ以外の時に定義付けできません。極性の世界では、光は、闇と対比されなければ感知されません。だから、闇の持つ美しさを認めれば、実際にもっと高い光を見ることが出来ます。有限な世界で無限の自分自身を表現するのがもっと易しくなります。

キーパーの所に来て、「ブードゥー教とか、黒魔術、呪(まじな)いは、本当なの?」、そう聞く人がたくさんいます。その答えは、いつも同じです。勿論そうですよ、と。自分で疑っていることについて聞いている、自信がないからです。どういうことかというと、よく理解していない結果、光が足りずに恐ろしい大きな闇を創り出してしまうということです。怖れないでください。むしろ受け入れてください。自分が経験する光と闇、その両方の美しさを見つけてください。そうすれば、何でも前に進めていけるようになります。皆さんは、今、他の人を手助けする次の段階に入ろうとしています。それは、“ヒューマンエンジェル”という役割に進むことです。これは、‘光‘の新しい表現です。それによって、闇を定義する際に、理解を改め直して、役に立っていきます。皆さんが、‘2の自由意思の惑星’の天使の役割を引き受けるのは、そんなに遠い話ではありません。まあ、その時は面白くなります。私たちは皆さんに関わってきましたが、私たちにはそれはフラストレーションが溜まることでした。それと同じことになるのでしょう。だから、皆さんが肩越しに謎めいた笑い声を聞く時は、私たちが話したことを思い出してください。そこに私たちがいることを思い出してください。皆さんを愛していることを思い出してください。

闇を使って光を表す

そこで、初め何が起きたのか、そのことをお話ししましょう。ゲーム開始当初の様子を理解するのは興味深いことです。皆さんが故郷に帰ることや光に帰ることが分かってくると、光は無限のエネルギーの現れであることを理解しなければなりません。そこで、初めの質問は、「有限の言葉で無限をどのように定義づけるのか?」、ということです。普通に光が存在しないところに、光をどのように創りますか? 有限の世界で光を創る方法は、闇と対比することによってです。ここで皆さんが、否定的なエネルギーを創作しました。ゲームという2極対立の世界で本当に求めていたもの、文字通りその正反対のものを創ったのです。故郷では、ネガティブなエネルギーは存在しません。だから、人間はポジティブなエネルギーを求めようと、ネガティブなエネルギーを喜んで出そうとしました。間もなく皆さんは、闇を使っていろいろと光を定義するようになりました。ゲームの初期の頃が一番驚くべき闇が生まれた時期でした。それで、光も生まれたのです。それで、天国にいる存在が全てゲームを見守り、言ったのです、「うわー、凄い創造だね、そんなこと考えついたことがないよ」と。エネルギーに光がない状態が、否定的なエネルギーです。皆さんは、毎日ネガティブなエネルギーを使って光を生んできました。それは、無限を表現する人間の、見事な方法です。

今、この部屋を明るくしている蛍光灯は、プラスとマイナスのエネルギーが1分間に120回点滅しています。電気という形で、ポジティブとネガティブのエネルギーバランスをとるのです。それは、天国と地球に置き換えることが出来ます。このエネルギーバランスは、最初ニコラ・テスラというクリスタルチャイルドによって実用化されました。進化を続けて行く際に、否定的なエネルギーを使うことはもっと重要になります、また、その見方を変えて、否定的なエネルギーを使い始めます。何もないもの、光さえもないものを思う時、真空を創ります。その真空は、後に何かが入ることになります。そこから、恐怖と悪魔という幻想が生まれるます。初期の頃、実際に自分の影に怯え、その恐怖は次第に大きくなりましたが、その怖れが光の定義(反語)でした。やがて時が経って、皆さんは一番想像的な恐怖の対象を持ってきました。その中に沢山の恐怖を発見したのです。それと同じように、恐怖は愛が欠けた状態です。闇は光が欠けた状態です。皆さんがパラレルな並行する現実を創ってきた、そのことを知るのは重要です。そこでは、光に関わる極性のバランスが取れています。事実、完全な並行宇宙には、皆さんと全く同じく、光と闇のバランスが取れる状態に設計されています。事実、そこから交流電気という考え方がやって来たのです。クリスタルチャイルドとしてテスラは、両方の世界をまたぐ、次元の移動が出来たのです。皆さんが波動を上げると、この平行宇宙を垣間見ていきます。これからはもっと多くのことがやって来ますが、平行宇宙は存在しています。その宇宙では光は闇であり、闇は光なのです。ただ、そのことを知っておいてください。

ルシファーの挑戦

皆さんの発展途上のある地点、人類は、否定的なものや恐怖の幻想にすっかり魅了された時期がありました。それには、天国で、極性の幻想という意識を創ることが必要でした。それは、易しい仕事ではありませんでした。闇は、対立を生み出すからです。また、天国にそれは存在しないからです。しかし、天国の天使界の私たちが、皆さんの素晴らしさを映し出すためには、ベールの反対側に闇という幻想を創る必要がありました。そのようにして、“ルシファーの挑戦”が始まったのです。

ルシファーは偉大な天使でした。愛の天使で、彼のエネルギーは大きく、彼は、何かを否定的なエネルギーという幻想に変えることが出来ました。彼は、天国で一人、闇を抱えることが出来た、力強い天使でした。地球の全てがあなたを嫌って、その嫌われ役を利用して自分たちを活気づける、そうだとしたら、どうですか? そんな風に想像してください。事実、彼は、進んでそういう役を引き受けて、光を定義づけた天使だったのです。恐怖という否定的なエネルギーが彼に入り込んだ時、彼は、それを、皆さんが闇と呼ぶ、一番美しい愛でもって表現できたのです。また彼は、そのことを自己犠牲でやったのではなく、このエネルギーは、地球の全てにとって変換されていくと、完全に知っていてやったのです。また、彼は崇められることはなく、逆に、憎まれ怖れられることも知っていました。何という賜物でしょうか。何という闇の美しさでしょうか。このようにして彼は、かつても、また今でも、闇の王子と言われています。闇という賜物で、天国と地球の溝が埋められました。皆さんのゲームボードでは、長く、ルシファーの挑戦という幻想が継続する必要がありました。ルシファーの闇というギフトによって、皆さんは、はっきりと光を見ることが可能になったのです。人間の進歩は、毎日少しずつ進んでいきましたが、光を見る速度は非常にゆっくりとしていました。しかし、今は、それは変わりました。皆さんが、飛躍的な進歩を遂げ、進化に向かい出したからです。皆さんは、自分の足で立ち始め、エンパワーメントの第2に踏み出しています。そうすると、全てが変わって、ルシファーの仕事も完了します。全てのエネルギーは、今、光の表現として測定されています。そのことを理解すると、皆さんは光について、大いなるすべて、天国の世界という土俵で定義づけたのです。以前何度もお話ししたように、ルシファーは故郷に戻りました。彼は、雷のような拍手で迎えられ、ヒーローとして両手で歓迎されました。ルシファーの挑戦は、成功を治めました。別の宇宙では、彼は、はっきり光の天使として見られています。

そのようなゲームは最早、演じられることはありません。もうルシファーの挑戦は必要ないのです。そのことによって、天国には今地球と分かち合える愛があります。それによって、新しい能力が可能なのです。そのギフトによって、良い悪いという対立を持たずにゲームを演じることが出来ます。しかし、皆さんがそのような考えで世界を創ったので、それでも簡単ではありません。それでも、地球に天国を創るためには、対立は必要です。そのような極性の考え方は、その幻影が生んだ人間の考え方であって、天国にはないものですから当面必要です。皆さんは、光を、新しい、独特の考えで定義しようとしています。

お帰りなさい。

 

水 ~ エネルギー

では、もう一つ秘密をお伝えしましょう。それは今後、故郷の記憶としても、もっと話す機会があることと思います。ネガティブとポジティブのエネルギーバランスの取れたシンプルなエネルギーがあります。日常生活で使うもので、一つのエネルギーです。全てのものと光の全次元を貫通する、宇宙エネルギーに似ています。それは、です。水はエネルギーの一形態でバランスを取ります。中性にする性質があります。自然の状態において、それは無限であってプラスもマイナスもありません。したがって、水によってバランスが取り戻せます。それは、命のエネルギーです、命あるものは全て利用しています。キーパーが座っている椅子でさえ、今の形で存在するためには水が必要です。全てを結びつけるのも水です。ですから、誰かが行き詰まったり、自分もネガティブな状態になって、否定的な感情や、考え、経験、または鬱に入ったりした時は、先ず最初に水に注目してください。澄んだ水が身体に流れると、エネルギーがすぐに中性になっていきます。

水を摂取する時に、魔法の願いを込めてください。すると力が出てきます。水を使って儀式をするのもいいです。それで効果も上がります。他の全てのエネルギーと結びついて、水だけがその形態を変えます。実は、この水は、恐竜たちが飲んでいた水と同じです。ですから、水は、エネルギーを繰り返し何度も変えてきました。水は故郷と繋がると考えてください。スピリチュアルなコミュニケーションをしようとする時、皆さんは、雨に遭います。繋がりとは、そういうことです。皿を洗ったり、洗濯をしたりする時にスピリチュアルなコミュニケーションが起こります。ええ、トイレにいる時もです。水のある所、起こります。水のあるところは、エネルギーが一番綺麗に中性化して、スピリットが皆さんに入るのです。(訳注:神社の手水)

近い将来、水の中の、あるエネルギーが発見されます。1センチ四方の水のエネルギーを解放すると、それで、3年間大都市を明るくできるのです。そういうことが分かってきます。それがそちらにあります。水は有限と無限の接点です。探してください。水と遊んでください。水で儀式をしてください。水の使い道を考えてください、皆さんは創造者です。私たちは皆さんに可能性や、潜在的に見えることをお伝えしています。どこを曲がったらよいかなどとは言いません。それは仕事ではありません。私たちの仕事は、皆さんの背後でやんわりと“オーバーライト”(2004年1月「時間を後ろ向きに歩く」参照)して、皆さんに、今後の道筋にある多くの潜在的なことを見せるだけです。この濡れた場所を歩く時はいつでもそのことを思い出します。

光と闇の間

光から闇に至る範囲には、144以上基本色があります。皆さんはそれを光線と考えてきました。皆さんは、その144色の一つに相当する範囲内で振動します。で、遠からず、表現できないものを見始めるようになります。皆さんの世界は4原色で構成されていますね、ですが、もっと沢山あるのです。これからそれが見えるようになります。皆さんはもっと高い波動域に入ろうとしており、肉体が適応しようとしているので、今後そのようなことが起こります。新しい物事を経験しようとするのと同じく、新しい色を見始めようとしています。あらゆる変化の中を進んでいく際に直ぐ生じることがもう一つありますが、耳が変化することです。耳鳴りがする人がいます。それは波動の刷り込みです。そう考えてください。それは、別の新しいリアリティと調和する時の皆さんの振動です。別のリアリティはすぐ側にあります。また、その別の現実と接触しようとしていることを表しています。このような沢山の時間軸は、隣り合って同時にありますが、それが互いに交差していきます。それも皆さんが設定したことですが、その日がやって来ます。その魔法の場で、それぞれの時間軸が交差して、永遠の刷り込みをして離れていきます。近い将来、沢山の時間が一つになる時があります。それが、皆さんが言う、アセンションです。既に進行しています。アセンションの時に見るものは、その多くが今ここにあります。その使い道を探して、自分の美しい闇に持ってきてください。

故郷の愛は、皆さん一人一人と一緒にあります。皆さんは、最も魔法を使う創造者です、そのことを分かってください。「なぜ、ここにいるんだ、何のためにここに来たんだ、何か目的があるに違いない」、一人座ってそう呟く時があっても、私たちは皆さんを見ていることを知ってください。皆さんの後ろに来て、翼で皆さんを包むのです。自分が誰かを思い出させます。自分を見失っている時でもそうします。しかし、皆さんの波動がどんどん高くなっているので、皆さんの世界に入っていくことは出来ません。だから、天使の介入を求めないでください。もう、皆さん自身の中の天使と十分繋がっているのですから。それが、十分出来るようになっているのです。“愛の織物”は活性化して心を全部繋ぎます。自分でそうしているのです。そうすると、時々エネルギーが引っ張られるのを感じます。まるでそれをネット(網)のように感じます。そのネットは、他の人はそれに繋がっていないのですが、緩くしてあります。それで、他の誰かが闇を怖れると、それが引っ張れるようになっています。そのネットは、常時、愛のエネルギーの大きな貯水池になるでしょう。それが、今日利用できます。今あります。それを使うと、ハイヤーセルフと‘大いなるすべて’との繋がりが強くなります。天国は、今日ここにあります。皆さんは、それをここに持って来ている天使です。一体何人のライトワーカーが地球の光を灯すのでしょうか? 一人は、あなたですね。闇を怖がらないでください。愛で闇を満たしてください。出来る限りその闇を一番美しくしてください。それが、故郷を創ることです。それが、あなた方がここに来てすることです。驚くような仕事をしています。皆さんが大変誇りです。

一人一人特別な任務があります。心のどこかでそのことを知っていますね。皆さんはまさしくその道にいます。かつてベールの反対側で、地球に戻るために大勢の前に座って列を成していました。それが地球に生まれる前でした。沢山の人が戻る準備が出来ていて、「もうそろそろだね、皆、行こう、今だ」、そう言っていました。何か変化を起こそうと考える人たち全員が、列を成して肉体に宿ろうと位置に着いていたのです。それから、魔法が起こりました。このことは前に話しましたが、なおも思い出してください。最前列の人が振り向いて、直ぐ後ろにいる人に向かって言いました。「君は、私より何か出来るチャンスがありそうだ。私はどいて上げるから、先頭に出ていいよ」。ベールの向こう側では、あなたはバラバラで対立し合うことはありません。同じ一つです。それからその魂は脇にどいて、後ろにいた一人が前に進めるようになりました。そして、一人、また一人と脇に寄って、地球に天国を創る最も輝かしい可能性が最前列に移動できたのです。そして、ここに皆さんがいます。皆さんがそうしたのです。皆さんがその者たちであることを思い出してもらうのが私たちの仕事です。皆さんは、故郷の魔法のような存在です。誰もがどいて、皆さんがやって来られるようにしたのです。皆さんは、脇に退いた人たち全員に対して、最高の、一番ベストな自分になる責任があります。今、よくやっています。

Espavo, 皆さん, Espavo.

ゲームボードの魔法使いの皆さんにこころからお願いします。尊敬の念を持ってお互いに接してください。お互いを育み、よく演じ合ってください。

Espavo

The group

地球のワイルドカード by クライオン

人間の憎しみを電気に変換できれば、世界全体が煌々と明るくなるだろう。

二コラ・テスラ

地球のワイルドカード

Lee Carroll 2016-11-19

ノースカロライナ州ウイルミントン

 

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。

今日はワイルドカードについて話したいと思います。それがどういうものだったのか、誰だったのか説明しましょう。しかし、それを心から素晴らしいと理解して受け入れられるように説明するには、皆さん自身が何かの振りをしなければなりません。

聞く態度を改める

もしあなたが人間の歴史を見るために他の惑星から来た科学者だと仮定した場合、感情や先入観なしに観察する必要があります。ワイルドカードについて皆さんの祖父や皆さんにそのストーリーを語れますが、聞く方は、感情とか予断が入ることがよくあります。そのために、あることを話すと、皆さんは別の解釈をします。皆さん、これから話すメッセージは、そういう風にして理解することはできません。

注 意

これから話すことは、皆さんが知っていることや、皆さんが想定する感じや今までに知っている出来事、あるいは、歴史的なことだと感じるようなこととは関係ありません。この科学者の喩え話では、皆さんは、起きたことを学ぶために他の惑星からやって来た宇宙人なのです。そのことを念頭においてください。あなたは科学者という仮定ですので、地球の人間ではありません。宇宙人の皆さんとは別の種族の歴史が語られます。そういうことで、聞く話に拘るものは何もありません。そのような聞き方が、今日の話を理解する唯一の方法です。そのような聞き方をすると必要な時にスピリチュアルな仕組みが皆さんの背中を押してくれて、その素晴らしさが分かり始めます。

実証済みのワイルドカード

スピリチュアルな意味で使うワイルドカードは、定義づけることは難しいです。ワイルドカードは、出来事でもあるし発明のことでもあるし、一人か数人の人間のことを指すこと場合もあります。多くのことに共通する一つのことがあり、一つのことの中の多くの意味合いがありますが、時間軸に沿って起こります。ここで過去で起きた事例と、皆さんには意外な特徴を話しましょう。

どんな種類のワイルドカードでも、その基本は驚くような出来事である点です。ショックを受けることもよくあります。話の中で数秘学についても触れます。また、数秘学的観点からエネルギーを見て、ワイルドカードに伴う特別なエネルギーについてもっとはっきりと理解できるように説明します。

数秘学は、何かに関係するエネルギーを特定しやすくするシステムです。例えば、ひとつの出来事でああっても、数秘学はそれにまつわるストーリーを説明してくれます。ワイルドカード周辺に同じ数字が重なる場合、それは偶然ではないということです。

「クライオン、スピリット(神)が地球のためにワイルドカードを起こすのですか?」と思うでしょう。答えは、違います。皆さんが起こすのです。ある時点での皆さんの意識が、ワイルドカードを生み出す余地を与えます。スピリットが、あるワイルドカードのシナリオを強化することもあれば、しないこともあります。しかし人間の意識とエネルギーによって起こります。

ワイルドカードが人の場合もあれば、発明や物事、出来事、地球を変える新たなシステムや価値観や考え方であったりもします。それは、予測がつかずにびっくりさせ、しばしば、その影響は劇的です。発明の場合は、科学が進歩し予想通り起きた発展の結果起こる、通常の起こり方の枠を超えています。しばしば、世界が変わってしまいます。一人の人間で起こることが普通です。それに出会うと、それがワイルドカードだと分かるでしょう。必ずしもたった一人の発明とは限らず、集団のケースもありますが、どのワイルドカードも誰もがあっと驚くので分かります。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

意識が世界を変える10の科学的研究

意識が物質世界を変える10の科学的研究

Arjun Walia 2014-3-8

ニコラ・テスラは言いました。「科学が非物質的現象を研究し始める時、これまでの何世紀に及ぶ研究を10年で凌ぐ成果が得られるだろう」と。宇宙の本質を理解するには、エネルギーや周波数、波動について無視することは出来ません。インドのスワミ・ヴィべカナンドはテスラに影響を与えました。

科学は自然と調和する時にその力を発揮します。科学と自然がともになって地球の意識が受け入れようとする時、フリー・エネルギーのような素晴らしいテクノロジーが発見されます。

ここでの目的は、思考や意図、祈りなどの思いが直接物質世界に影響を与えることを示そうとすることです。意識は地球に大きな変化を起こす重要な要因になります。愛や癒し、祈り、善意などを送ると、その思いの対象に力強い影響を与えることが出来ます。

例えば、福島。大量の人が水に善意を送ると、事態を沈静化できるようになります。一度に誰もが同じ思いや意図を持つ時、個人の問題だけでなく大きな問題に対しても効力を発揮するのです。同じ意識や意図、同じ目で見始める時、周りの世界を変え始めます。私は現在、そのように信じています。

ここ最近、物理学者は人の意識と物質との関係について研究してきました。ニュートンの世界観では物質宇宙が物資的世界の基盤でした。しかし、宇宙のすべてはエネルギーで出来ていると理解され始めると、ニュートン的世界観は一変しました。量子物理学者は、原子はエネルギーのヴォルテックスから成り、このヴォルテックスは常に回転し振動していることを発見しました。観察できるどんな小さな物質でもエネルギーです。そして人の意識はそのエネルギーに結びついており、人の意識がそのエネルギーに影響を与え、再構築することも出来るのです。

本当だと思うものは、 “本当” だと思われないもので出来ている」(ニールス・ボーア

現代科学は、物質を現実の基盤と見る所から始まり、この現実は空間の広がったものと見なしています。したがって宇宙の広がりは現在の科学で捉えきれません。科学はもちろん物質に内在する宇宙エネルギーの根源を捉えることもできないし、変化し振舞う物質の根源について説明することも出来ません。それが、物質的現象を基盤にする現代科学の限界です。宇宙エネルギーと物質の起源に答えることが出来なければ、生きる者に明確に存在する意識意識の動きをどうやって説明できるのでしょうか?

宇宙は決して物質が寄り集まったものではなく、非物質的なエネルギーの波の絡み合いであるというのは、アインシュタインやマックス・プランク、ハイゼンベルグ、他の主張です。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

新しいアース・エンジェル by ザ・グループ

光の灯台 ~ Re-minders from Home

2011 -11-15

 

光輝く場 

新しいアース・エンジェル

136209589006209b4eaa518c633291e9

From Steve:

ザ・グループは、今回、特別な人について話しました。アースエンジェル(地球の天使)です。この人たちは非常に明るい光を放ち、大変な苦労をして地球にいます。早く燃え尽きることがよくありますが、人類に強烈な印象を残し続けます。マリリン・モンロー、パブロ・ピカソ、アルバート・アインシュタイン、ニコラ・テスラ、などまだまだ沢山います。今回、ザ・グループは私たちに簡単な質問をしています。「もし明日、もっと光を持つことになったら、人生にどんな影響がありますか?」。その次の質問は、「あなたの光を照らす場所はありますか?」。

皆さん、素晴らしい11-11-11をお過ごしだったと思います。では、ステップアップの準備はいいですか?

ビッグ・ハグ、素晴らしい月を!

Steve

 

故郷からのご挨拶

皆さん、今日は非常にユニークな日です。皆さんは今までなかったものを創りました。本当に魔法のような扉を開けました。エネルギーは皆さんが次の段階に進めるように造られてきました。もう既にいろいろな所で始まりました。でも、皆さんが目を開けてこの新しい日に挨拶をすると、その都度違うレベルが生まれては始まるのです。そのひとつひとつが新たなレベルの幕開けになっているのです。今後のことについてお話ししましょう。これからお話するようなことをすぐ経験する人がいます。

「明るい光」

これまで地球では様々な明るい光が輝いて来ました。そういう人たちは故郷の光をもたらし生物的泡沫(肉体)で光り輝きます。非常に明るいために、自分自身や故郷の光を楽に見ることができます。そういう存在たちは鮮やか過ぎるくらいの光を持っていることがいつも分かりました。余りに明るいので、まるで目で人の注意や関心を全部集めているかのようです。その人たちは、大変創造的なので彼らが触っただけで魔法が起こります。しかし、彼らの波動は余りに高いので、地球で、低い波動で生きるのは難しいのです。多くの人がそのような明るい光を見てきましたが、私たちはそれを アースエンジェル” と呼んでいます。その人たちは多くの才能を持ち異才を放ち、自由にやって臆することはありません。時には個人的なことを犠牲にしてでも才能を発揮しています。その代償は極めて重いことがよくあります。それでも、彼らが残した贈り物は非常に大きく、人類全員の進歩を手助けします。音楽家などの有名なアーティストにもそういう人たちがいますが、若くして亡くなり、消しがたい刻印を残しました。何人かのアースエンジェルたちの人生は、地球で生きる人として、極めて多難に満ちていました。これまで地球では、そのように非常に輝いて、隠すことのできないくらい明るい光を持つ人たちの数は限られていました。皆さん、あなた方もまた、そういう光を持とうとしているのです。お願いしたいことは、次のことです。

今日あなたの光が輝きだしたとしたら、今すぐ自分の光が輝く場がありますか? 

そんな光があったらさぞかし素晴らしい、そんなに強く直接故郷に繋がって生きられたらどんなに素晴らしいだろう、そう思うでしょう。しかし、大勢の皆さんには、そのような場がまだありません。皆さんは、毎日の生活で、望むことや喜べるもの、情熱を感じることをして人生を築いて来ました。しかし、突然皆さんがアースエンジェルたちのように光り輝いたとしたらどうなりますか? そのことを考えてみる時です。人生を見直してみてください。どこにいようと関係ありません。人間関係や仕事、毎日していることについて改めて考えなおしている人たちが大勢います。それが、極めて重要になりつつあります。なぜなら、皆さんは理由があってここにやってきたからです。皆さんは、故郷の光の一部を持っています。皆さんだからこそ地球に持って来られるのです。魂は何度も何度も生まれ変わって来ました。そうやって故郷の光を持ってきて表すことが出来ました。そして皆さんは、ここにこうしています。これから自分の光を怖がる人がいるでしょう。他の人に反射するのがますます怖くなるのです。しかし、今、皆さんは魂に自信がつき、故郷のエネルギーを持てるレベルに達しているのです。しかし、そういう段階になりましたが、これまでの地球の歴史上、そのレベルに達することができたのは、地球のこちらで一人、裏側で一人という具合だったのです。この光を持っている人達には地理的に大きな隔たりがあったのですが、今や皆さん全員がその同じ光を持てるのです。

光の中で踊る

殆どの人は教師やヒーラーの配線になっていて、先ず自分がドアを開けて、それから他の人のためにドアを開けておくことを選びましたが、行動を起こすよう呼びかけが掛かっています。お願いしたいことは、どうか自分の光を怖がらないでください。喜んで自分の明るい光を迎え、どういう形であっても喜んで欲しいのです。他の人達は、形になる前にあなたの光を見るでしょう。でも、皆さんは最終的に夢から目覚めています。自分の力を全部手にして地球の上を歩くことが最大の願いでしたね。今そうなっています。夢で見た通りになっています。こころとエネルギーが動き出しました。その光の中でダンスをしてください。その歌を歌ってください。本を書いてください。出来る方法で光を降ろしてください。すると夢で見たよりももっと光が輝く場が出来上がります。そして、自分の美しさにますます満足するようになります。殆どの人はその美しさに恐れをなすほどです。自分は人間だと思うのは、それで結構です。自分が不完全な人間だと思っているなら、それで結構ですよ、皆さん、そういうものを捨てるようにしてください。とても理解出来ない魔法を創り出しています。

今まで何度もお話ししてきましたね、今、宇宙のすべての目が地球に集まっています。地球は、ルールが何もない唯一の自由意志の惑星です。そして、そこで進化の新たな段階を意識的に作っています。ゲームに勝利したのです。故郷に帰れます。全部やったと決めることができます。地球を終了しましたから。ですが、ここにきて、もっと自分にできることは何ですか、と聞いています。今何ができますか? どう進んで、どうやってそこに入れますか? そう聞いています。自分の光を歓迎してください。それが皆さんにできることです。周りの世界が変わっていきます。その中に進む勇気を持ってください。当事者になってください。皆さんはこれまでの数々の人生でそういうことを何度もやって来ました。またそうするに相応しい人たちです。今まさに、目の前にその機会があります。喜んで進んでください、意識して進んでください。他の時空にいる何百万という存在がいます。ETとか訪問者と呼んでいますね。でも彼らは、皆さんと同じ光の存在なのです。光の存在には、光り方や香りの違うものがあります。とてつもなく遥かに進んだテクノロジーを持っている者もいますし、心のエネルギー、あるいは精神性が極めて高い存在もいます。宇宙には信じられないほど発達した者がいる場所があり、彼らは多次元に繋がることができます。誰でもできます。しかし、皆さんのように、意図的に進化の段階を進む者はどこにもいません。

一時代の終焉

皆さんは大いなるすべて” の歴史を作っています。この廊下を歩いて右手のメインの扉を開け、それから左手の3つめのドアを開けたら、そこは故郷ですよ。そのように言わせてください。事実皆さんは、一呼吸毎に新しい道を切り開いて創っています。この現実を新しく創っているのです。夢は、完全に実現する前に、もうどんどん大きくなっています。魔法の日に向かっています。2012年12月21です。何が起こるか、沢山の予言があります。混乱する人もいますが、2012年に起こることについて、皆さんは誰も混乱しません。元々2012年では、時代の終わりを区分する線が引かれました。でも皆さんは、それまで待てなかったので、もう既にその線を手前に手繰り寄せてきました。もうその前に新しいことを始め、今は時間の空白域に入っています。このような新たなエネルギーに進んでも、なおも自分に影響をおよぼすような新しいルール創ろうとしています。そして周りには軋轢が生じています。皆さんは一人ぼっちではないことを知っておいてください。あなたの街にこの道を進む人は他にもいます。明るい光を持っている人はあなただけではありません。互いに理解し合えるやり方で助け合えるのです。そういう段階に来ました。皆さんが新たにやったことです。

これは予言されたことではありません。地球が始まった時、可能性としてもありませんでした。皆さんがやったことなのです、素晴らしい。私たちは、皆さんがベールを持ち上げるのを見、夢から覚めるのを見、力を手にするのを見ています。皆さんには分かりませんが、魔法です。愛するにはどうすればいいのかを宇宙全体に教えているのです。それを推し進め、自分たちの最も重要な第一司令として実行する限り、最も大きな夢を超えた、別次元のようなエネルギーを創りだすことになります。そこで、質問です。その光になる用意はいいですか? そういう段階に来ています。やることは、笑顔になることです。すると故郷の光が何でも、誰をも、どこにいても意図的に見つめる相手を照らし出します。周りの闇の中に、そのように輝くところを見つけてください。そして自分の光でそういう人たちを照らし出してください。皆さんは、その光の先駆者です。他の人が安全でいられるようにしているガーディアンたちです。もう始まっています。私たちは、今地球で皆さんがしていることが本当に嬉しくて喜んでいます。

大きな視点

私たちは皆さんの後ろにいて、一歩一歩を見ています。可能な時は手助けしようとします。これから直面する道筋や、曲がり角、障害物などについてお話しようとします。でも、皆さんは私たちを必要としていません。導きは必要ではありません。そのことを分かっておいてください。自分のエネルギーを手にして、それがエンパワーメントなんだと感じてください。いつもそうだったのですが、その創造的な存在に戻ろうとしています。やがて肉体に調整が生じて2つの大脳半球は完全に一緒に機能していきます。今まで目にしたことがないくらいに天国と地球のバランスが取れていき、分離分裂は消えていきます。皆さんが全部そうしたのです。そこまでやったんだと褒めることが大切です。皆さん、誇りをもち、胸を張って歩いてください。それを故郷に持ち帰ってください。自分が創造者であることを認めることが重要なのです。自分が進む現実を自分で創りました。皆さんに気づいた点や今後の概要、これから役に立つ考え方などをお話しして手助けするためにここにいます。本当に見事な道を歩いています。今後始まることを見逃すことは決してありません。

楽しんでください、皆さん。自分の光が輝く場を人生に創ってください。すると、誰もがきちんと宇宙と繋がります。

この時にお話ができて本当に光栄です。皆さんのハートの中で私たちのハートが脈打つのを感じ、繋がっていることが分かります。どうか、故郷の真実がハートに入るのを感じてください。愛に答えがあります。愛によって次の段階へと進むことができます。私たちは後ろで皆さんを応援しています。一歩一歩進む度に歓声を上げています。エンジョイ!

事ある毎にお互いを育み合ってください。その時、相手が旅の次の行程に進める手助けをしているのです。それで皆さんは自分の旅がもっと楽になっていきます。皆さんは新しいゲームを考案しているのだということを知っておいてください。よく演じ合ってください。

Espavo

The group

okmqqsdg

プロセス by クライオン

c31cd3817de856bca49251b240ce422b

プロセス

Lee Carroll 2011-12-4

カリフォルニア州 ラグナ・ヒルズ

 

皆さんこんにちは、クライオン・マグネティックサービスです。人がここにこうしてやってきて座っているのは、何がそうさせるのですか? ちょっと考えてください。ベールの向こう側からの言葉を聞いて多次元になれるのですか? バカげているという人が確かにいます。オールドソウルの皆さんにその答えをお教えしましょう。教義ではありません。信念のことでもありません。神の愛についての完全な知識のことです。そこに故郷があります。真実のことです。決して拒むことのできない、皆さんの内側にある知識のことで、神のスパークです。地球上の85%の人は、来世を信じると専門家が言っています。そうだとしたら、もしそうなら、それが直感だとしても、本望以上のことですね。

死ぬ時はどうなりますか? オールドソウルの皆さん、その答えは、これまで死んだ時と同じ事が起こります。本当のことは、隠れて見えません。そうなるべくしてなっています。秘密は、あくまで秘密であるように本当のことは分かりません。自分が誰かという答えを探しだすことが皆さんの試験です。いつもそうなっていました。皮肉なことに、オールドソウルはこの真実を探すのですが、いつも捉えどころがなく、答えが逃げてしまうのです。

 ですから、今日、その所に橋をかけましょう。直面することについて少々お話しし、皆さんの中にある創造主の顔に触れるプロセスについて多少お話ししましょう。

 その前に、はっきりしたことをお話ししたいと思います。この集まりが催され、皆さんの時間の中で話をしていますが、今、2012年の先端にいます。まだ、このシフトの、来年の半ばまでにもなっていませんが、皆さんがお祝いをする冬至もまだですね(この公演は12月4日に行われたもの)。ですから、これを聴いたり読んだりするオールドソウルにおめでとうと挨拶するにはちょうどいい頃です。

前にもこの部屋ですわってお話ししましたね! 自分のアカシャを覗いてくださいと言いました。ここに来た理由をアカシャで感じてくださいと言いました。簡単に言いましょう。オールドソウルの皆さん、ここに生まれた経験がどんなに数多くあろうと、この人生でさえも皆さんは古いエネルギーを打破しなければならなかったのです。私の言っていることが分かりますよね。容易いことではありませんでした。皆さんが信じたことが原因で、友人や家族、同僚たちを失いました。あなたの元を去りました。 自分で“内なる神” がいると言ったので、3次元的な話については興味がなくなりました、3次元的な知識は自分と畏敬の念や信念、愛を抑えこみました。皆さんはそうせずに、自分のいる狭い領域を大きく広げて、「私は神です。宇宙の星にいる私がいます。それが、私というものです」、そう言ったのです。その結果、問題が起きて、私たちがここにいます。

過去数年、過去数ヶ月、大きなシフトが起きて来ました。それは地球のグリッドが、これまでになく皆さんのエネルギーに繋がり足並みを揃える変化でした。そう願ってきましたね。ライトワーカーとしていつも願ってきました。

直感的に、地球に高い可能性が現れることを知っていました。そのエネルギーが隅のほうで動き出す時が来ると知っていました。ゆっくり、政府のトップが考え方を変えはじめるのを見ることができる。ゆっくりと、他の国々でその要求が高まる。ゆっくりと、金融経済がそれまでと違う動きを始める。そうやってゆっくりと起きていくと。それを待ってきた人たちにおめでとうと言いましょう。これは、素晴らしいエネルギーで、何かを起こします。これまでのよりももっと良くなります。

始める前のアドバイス

そこで、課題を始める前に、お話しすることがあります。捨てたものは何ですか? やろうとして上手くいかなかったものは何ですか? 情熱は何でしたか、心で思いながらも脇に置いたままにしていたもの、つまり、上手くいかない、時期じゃない、そんなふうに考えていたものです。それをする時が、今、です!

この部屋の深いところに知識の泉があります。私の前にいる人や、これを読んでいる人、聞いている人皆さん全員のアカシックレコードのことです。そこには、今まで生きてきた数々の人生や習得した知識などが書かれています。経験してきたことすべてがそこにあります。それが、今、浮上して、地球のアカシャ(地球の現実の一部)の一部になろうとしています。

それらすべてが、私たちの言うハイヤーセルフに配置されようとしています。だから皆さんはここで、知っていることや実際に実現しようとしたことの結果を出そうとしているのです。オールドソウルの皆さん、言っておきますが、だから、0.5%の皆さんがこうしてライトワーカーになって、地球に変化を生み出そうとしているのです。今日、その種が蒔かれようとしています。もう「私がやるんですか?」などという時ではありません。しなければなりません。しなければ。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

知識の刷新 by クライオン

human history

知識の刷新

Lee Carroll 2012-1-14

コロラド州ボルダー

 

こんにちは、皆さん、クライオン・マグネティックサービスです。

私がいるここには3次元の時間はありません。3次元の現実にシンクロする(一致する)メッセージを皆さんや私のパートナーにお話するのは難しいことです。そうせずに、ここにあってこのタイムラインには存在しないエネルギーや今後の可能性についてお話しして行きましょう。

2,3お話しします。でも、ゆっくりと、正確にお話しようと思います。私のパートナーの知らないことです。そこで彼には直感的にビジョンを見せて、それから彼はそれを受け取って実際の時間上で翻訳します。彼の聞く声や受取る意識、また彼の周りのエネルギーは、クオンタムにスピリットと溶け合える力です。そうやって彼はいわゆるリアルタイムで、まだ知らないメッセージを伝えます。彼は脇に一歩引いて、次に何が起こるのかを好奇の目で聞くのです。だから彼を乗っ取っているのではありません。

この椅子に腰掛けている男の人と私は了解してやっています。彼とは余り了解事項について話し合ったことはありません。何年も前に彼に言いました。「こうやってチャネリングをやっていこう」。そしたら彼は、「乗っ取られるのはゴメンだね」と言いました。そうではなくて彼には混ざり合うだけでいいと言いました。「私と話す時間、混ざり合えば、永遠に混ざり合った状態でいる日が来るよ」と言いました。そして彼は了解したのです。で、彼は私に「混ざり合うのは異常なことなのですか?」と聞いてきたので、私は普通だよ、と答えました。人間は誰でも出来るのです。人前に出てこうして座ってチャネリングするのではなくて、直接創造主につながるポータルになれば出来ます。普通のことです。実際に、地球のすべての人間が直感的に感じることは、人が求める、故郷との繋がりなのです。

以前から人間はこういうことを何度もやって来ました。昔もやっていました。昔もやっていました。うまく混ざり合うと、そのうちそれで創造主に繋がり、人間でいることをやめます。言葉にするとそういう表現になります。

この地球に種を蒔いた人たちは、今日、ここを歩いています、彼らは不死です。クオンタム状態でいます。行きたいところはどこにでも行けます。地球ではシャスタ山やハワイなどポータルのある特定の場所に住んでいます。このメッセージを読んでいる人は私の話していることが分かると思います。そのようなことは、地球どこにでも起こります。地球上が変化して、その時に決定的な地点を越えて、また新しい変化・プロセスを始めると起こります。3次元の現実から新しいパラダイムに変わると起こります。

謎めいたコミュニケーション

私は謎めかないようにしています。私はまた、皆さんがまだ知らないようなことは個別具体的に話しません。スピリットは皆さんと約束しています。今は自由意志なので、人間にヒントを与えることはできません」。皆さんに伝えるのは、人間が考えられることでなければなりません。発明はすべて、人の心の中にある芽でなければなりません。そうでなければ、お話しません。皆さんが自分で試していく過程と、自分でやっていることを尊重します。それが私たちとの契約です。

多分、今、チャネラーからまだ形になっていないことは言わないということを聞くのは初めてでしょう。本当に初めてです。しかし、人間が何か、つまり、発明であれ、可能性のことや哲学的思考であれ、新しいものを創造してから大多数の人が耳にするようになるには、決まって10年以上か、もっとかかります。だから今日は、既に始まっている可能性のいくつかをお話ししましょう。占いではありません。地球にすでに存在している話です。そこで駆け足でお話しして行きましょう。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。