インナーアース~ポータルが開き橋が架かる by アダマ

以下のメッセージのチヤネラーは、ひとつひとつ重なり合いながら導かれるようにしてクライオンのサマーライト・コンファレンスに出た後、ある時、アダマが“やって来て”、それ以降アダマやレムリアのファミリーのチャネリングを始め「レムリアン・アウェイクニング」を設立したという経緯の持ち主です。

アダマ 

インナーアース

ポータルが開き橋が再建される

kata

 

California, Mt Shasta and Highway 

 

マスターの皆さんへ

間もなく皆さんは5次元に着きますが、そこは私たちの文明がある所です。そこからご挨拶します。シャスタ山の地下にある5次元のレムリア都市にいる、テロシアン(テロス人)を代表してご挨拶します。また、インナーアースの現実を代表してご挨拶します。皆さんは地球内部についてもっと聞きたいと思っていますね。長い間閉じられていた扉が開く時がとうとう来ました。多く人が、確かに地球内部の世界があるのを知っていて素晴らしいです。地球内部の世界では、皆さんが、表層意識に欠かせないレベルに到達するよう辛抱強く待っています。その時、私たちの英知は、皆さんが自分で育んだ知識と一つになろうとします。どうかそのような心積もりでいてください。そして簡単には理解出来そうもない知識もその中にあることも理解してください。理解し難いいこと、それは長い間皆さんにはとても理解出来なかったことのことです。しかし、勇敢にも、尊敬に値する英知の守り手が地球表面にいました。彼らは地下に眠る古代の英知を保有し続けました。ホピ族、マヤ、コギ、ナヴァホ、チベット人といった本来の歴史的な知恵の中に入り込むと、その時はいつも地球の中心に通じる道が分かります。

皆さんが地球に長くいる間に、地表は、何度も大洪水や激変に襲われました。非常に危険な期間がありました。その時は地表から逃げる以外ないという時でした。その時の地表からの脱出を準備した所が聖なるポータルとして現在も地球にあります。地球の中心には、最も古い星の住人がおり、人間がそこに住めないようにして、その場所を重要記念地として悠久の宇宙に残し続けています。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

UFOと宇宙の支援 by ダイアナ・クーパー

友人撮影 @犬吠埼 2013-8-13

UFOと宇宙の支援

ダイアナ・クーパー 2015-12

 

地球は僅か20年余りで前代未聞の3次元から5次元に転換するという変化をしているので、あらゆる宇宙の存在がここで起きていることをじっと見ています。ガイアのエネルギーが上昇しながら同時に人間のエネルギーが変わる様子を驚きの目で見ています。自由意思の経験に乗り出した時、人間は勇気があると考えられました。地球はこの宇宙の太陽神経叢でもあり、宇宙の恐怖を引き込み、今度はそれを私たちのエネルギーで変換します。それが、すべてに貢献する行動なのです。だから、じっと注目され、私たちを愛する存在から多くの手助けを受けることは何ら不思議なことではありません。

宇宙船の中でも特にアシュター司令官の艦隊は、私たちに対して非常に注意をしながら見守っています。上空にいる時は大気は問題なく、水分が艦隊の周りに集まります。宇宙船が移動すると、その後には、そこにいた宇宙船の形が残ります(天使の場合も同じです)。

私が見た中で一番のものは、シャスタ山でした。ここは大天使ガブリエルが休む場所です。ここに多くのUFOが集結します。アシュター司令官は、地球の周辺にいる様々な銀河の宇宙船の責任者です。そして、マチュピチュポータルのガーディアンです。彼は、グレートセントラル・サンにも所属し、彼の巨大な艦隊はこの宇宙をパトロールしています。それでも、特に、地球を守ることに尽力しています。

彼も艦隊も地球に繋がり、マチュピチュからハロー・アースに行きます。このポータルは、彼が母船を通過させられる唯一のポータルです。彼の母船はガイアと同じくらいの巨大なエネルギーです。彼には1機の母船がありますが、このポータルからいろいろな場所に移動しますが、移動先はその母船の巨大なエネルギーを受け入れることが出来る場所です。ニュージーランドやイギリス西部のエイブリー、オーストラリアのウルル、南米ガテマラ、ヒマラヤ、シャスタ山、米国にあるハロー・アースのポータルなどがそうです。宇宙にとってキー・ステーションになる所はもっとあります。

撮影:ダイアナ・クーパー@フランス 2014

前に、ニュージーランドでアシュターの母船を一目見た時は本当に感激しました。

Cecile Mazewski@ケープタウン

先日カリフォルニアから発射されたロケットは、何千人もの人が見ていました。興味あることです。ロケットは人が作ったものですが、ロケットを取り巻くエネルギーは天使のエネルギーだったのです。放たれた白い光は、大天使ガブリエルのエネルギーと一緒に愛の天使たちでした。ロケットから尾を引く光には、プレアデスの天使たちによるブルーのヒーリングエネルギーが注がれていました。だから、見る人のハートが癒されました。天使的存在が私たちに光を注ぐためにいろいろな現象を起こしているというのは、本当に素晴らしいことです。

レムリア人・イースター島・インナーアース by 大天使メタトロン

後半は特に面白い! クライオン「人間の歴史」!, 「第2のレムリアの物語」(字幕), 「レムリア人との繋がり」, メタトロン「インナーアース・自然霊・レムリア・UFO」 ザ・グループ「ムーの政府」もどうぞ!!!

大天使メタトロン

レムリア人・イースター島・インナーアース

元祖エデンの園

 
James Tyberonn 2012-11-24

地上にいる人の中には、インナー・アースのレムリア人に強く惹かれる人がいますが、それは、地上とインナー・アースの両方に生まれたことがあるからです。ですが、そういう人は少数です。その特別な魂は、両方の世界に対してユニークで尊敬に値する親善大使としての役割を担います。今後、約15世代(450年)後の人類全体のアセンション以降、レムリア人が地上に現れる時に、そういう人達は重要な役割を果たすでしょう。地上への出現は、主な出口のある、イースター島やパタゴニア、アーカンソー、チチカカ(ティワナコ)、アリゾナ州サンフランシスコ山、トルコ、ガテマラ、ユカタン、シャスタ山などです。

多くの皆さんが、今回は地球最後の生涯だと感じています。言っておきますが、2038年以降、2312年にかけて、皆さんの多くはまた戻って来ます。それは、課題を完了するためではなく、お祝いのため、再会を喜ぶためです。

マスターの皆さん、こんにちは! メタトロン、ロード・オブ・ライトです。無条件の愛で一人ひとりにご挨拶します! ここで少しの間、天使とラパ・ヌイ(Rapa Nui )のスピリットに来てもらいます。この場に、ハトホルと古代のムーの者が明るい光を発する渦になって加わりました。少し目を閉じて、私たち全員を感じてください。

ヒューマンエンジェルの皆さん、私たちは個人もグループ全体も皆さん一人ひとりを優しく抱きしめます。皆さんは双極のフィルターを着けているので、これ以上ないくらいの美しい自分が見えなくなっています。アセンションに代表されるように、自分がやり遂げたその壮大な成果さえ知りません。人の姿になった天使、自分がアセンションをもたらした事実を理解できる人もいません。しかし、皆さんがやったのです。その信じられないような尽力の結果、卒業という本当に驚くべき地点にもうすぐ達するところまでやって来ています。本当に素晴らしい!

皆さん、地球は広大でパワフル、思っているよりももっと広がりを持つ太陽系の中にあります。天体としての物質の地球が1個ありますが、現実は一つではなくそれ以上存在します。もっと多くの地球バージョンがあるのです。地球は多くの目的に貢献してきましたし、これからも貢献していきます。地球の上下、地球内外には特殊な地点があり、複数の次元や周波数の入り口が生まれます。地球内部には数多くの洞窟があり、そこから他のリアリティに入り、皆さんとは違う経験をする存在のいる世界に通じています。

以前、他の存在・種族が皆さんとオムニアースを共有していると話しました。違った時期にやって来ては去った存在が数多くいます。彼らの殆どは、皆さんが経験する地球とは全く別の地球を知っています。地球は初めから多くの種族の故郷でした。その彼らは地球と月の内外に住もうと決めました。彼らはお互いに知っている場合も知らない場合もあります。時空、次元、目的によって分かれています。地球は独特の形で共生が成り立つ場所です。ある者には仮の住処であり、人間には自明のホームグランドです。しかし、地球内外を訪れる者は全員がラパ・ヌイを知っています。そこは、極めて強いエネルギーがあり、特異的にアークトゥルスに繋がるスターゲートなので知っているのです。地球にやって来る者は、全員、まず初めにこのアークトゥルスのゲートから入ります。

では、ラパ・ヌイ、イースター島について話します。

 

メガポータル

事実、ラパ・ヌイは地球上で最もパワフルでユニークなポータルの一つです。何千にもわたって知られていました。本当に強力で愛のある“地球の臍”です。そこには、地球と元素の世界、それと人間にバランスをもたらし、人間を優しく育むダイナミックなエネルギーがあります。

そこは、かつて巨人やハトホル、シリウスの生きたクジラ目の拠点、故郷でした。レムリア人の神殿のあった所です。殆どの人には想像もつきません。そこに、普通にはない調和のとれた重要なゲートウェーがあります。2013年初め、それが極めて重要な役割を発揮します。だから、チヤネラーに地球のキーパーたちをラパ・ヌイに連れて来て、コードを受け取ってアンカーするようにお願いしました。それは、クラリオンコールです!

ポータルは、普通、地球外に抜けるワームホールスターゲートとして考えられています。イースター島にある驚くべきポータルは、2つの八面体です。2つのゲートが八面体になっており、一つは地球の上下に通じる入り口になる垂直方向のポータル、もう一つは水平方向のポータルで直線的時間上で他のホログラムと繋がるポータルの2つです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

時間の本質 by 大天使メタトロン

NYX

大天使メタトロン

時間の本質~クオンタム意識

James Tyberonn 2010-10-18

 

地球のある場所は、タイムホログラムと多次元的な性質にもっと楽に近づける場所です。アーカンソーとシャスタ山は、北アメリカで最も強力な場所です。地球全体では、・・・・富士山など最も強力な場所です。

個人の問題や障害は、過去の適切な進化が行き詰まり、自然に進化しない時に表面化します。あるシナリオでは、深刻な神経症が確かに発生します。それは、過去を変えていないからです。例えば、破滅的な出来事が起きて心的外傷を伴って命を落とすといった人生の場合です。成長するいろいろな理由があってそうなったのかもしれません。

自己嫌悪や不安、怒り、罪悪感、憤りなどの否定的思考を抑え込むだけでは不十分です。そういう感情はまた再発して直面し、置き換わることになります。自分の考えと感情を深く見つめて、自分の感情面がどのように誤った考え方に結び付いているのかを確かめることが出来ます。実際、因果の試行錯誤の本質は、最終的にクリアされるようにあなたを案内します。遅かれ早かれ、もっと良くなります。だから、否定的な感情が浮上した時には、その流れやパターンを認識するようにしてください。それから、すぐに幸せで楽しい気持ちに置き換えてください。

こんにちは。メタトロン、ロード・オブ・ライトです。無限空間からご挨拶します。無条件の愛で皆さんを歓迎します。

二極性の世界は、合目的幻想です。皆さんは、人間の夢を見ています。皆さんはフィルターを身につけたスピリチュアルな存在です。創造主の神聖なスパークです。そうして地球の大学に出席しています。だからそれは真実として受け入れる必要があります。そして、皆さんの立場から、物質的な見方を超えたもっと大きなリアリティがあることを理解してください。たくさんあります。また、愛は、その重要な要素、すべての核心となる“DNA”です。

 

時間の本質

時間と空間は同じメカニズムです。言葉で表現すると、空間は、二極性内のマトリックス運動様式で捉えられた凝縮時間です。二極性によって分離が生じ、連続した時間という意図的な幻想プログラムが働きます。従って、時間は空間の逆であり、ダイナミックで自由な流れです。どちらも、ブラックホールとホワイトホール経由で物質と反物質が内と外に正反対に向かって振動するというメカニズムにより、意識ユニットの高周波の閃光によって生じます。

内と外に向かう高周波(ハーモニック)の閃光は、時間と空間が同質の泡で融け合うポイントであるだけでなく、意識ユニットが点滅して同時にある各人生のどこに意識を向けさせるかの比率でもあります。このことが、プランク定数という魔法の比率で起こります。正確に1秒間に10×-34の力で起こります。この時、時間と空間は融合し非直線になり、トーラス状に動き始めます。空間はそれ自体の逆方向に折り返し、時間のユニットは、非直線的連続の量子化した過去、現在未来というプールの中に漂います。

オムニアース

分離した“生涯”はホログラフィックなオムニアースに繋がり、「時間分離」プログラムにインストールされています。発達した人間は、マカナ(ライトボディ)からオーバーソウル(ハイヤーセルフ)の中心に入ることが出来ます。そこで、連続した生涯が車輪のスポークのようにして繋がっています。このスポークはまるでファイバースコープのようです。あなたはコントロールパネルの中心にいて、その中心からどんな人生のどんな時も、非直線的な「今」を探求し変えることができるのです。

集団の時間プログラム(文明や時代)は、特別な地点・場所でオムニアースにアンカーしていますが(よく多次元が変則的に出現する場所と言われる)、そのような場所を訪問して、地上の時間の交点に入る必要はありません。むしろクオンタム意識によって入れます。このプロセスはメタトロニック・キーで説明しています。

 

Q 地球には、時間が歪む場所はありますか?

メタトロン: 確かにあります。前のメッセージでもこのことはお話しました。時間はある意味コンピュータープログラムに例えられます。皆さんの使う「Windows」はプログラムに歪みを起こす時があり、サブプログラムが絡み合った状態になってシステム全体を変形させてしまいます。このように、時間と空間は、地球のグリッドのリアリティが投影した直線的なサブ・プログラムだと言えます。ホログラムのプログラムがインストールされているために、量子的オムニアースは同時にある今からきちんと切り離されて、独立した人生という旅に見えるのです。

ウィンドウズが別の独立したプログラムを変形させるように、直線的時間のホログラム的地球のマトリックスのプログラムは、混在したり歪みを起こすような流れを持っています。幾つかのレベルでそのような歪みが生じます。先ずそれは、特定の地域で規則的に生じる、あるいは猛威を振るう波を起こす重力波が原因です。そうなると、まさに重力の歪みは、その地域の時空連続体に影響を与え、極地で起こるのと非常に似た次元の穴を開けます。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

シャスタ山の体験 by クライオン

sunrise_on_mount_shasta

シャスタ山の体験

Lee Carroll 2003-06

カリフォルニア州 シャスタ山

 

 

こんにちは、皆さん、クライオン・マグネティックサービスです。

ここのエネルギーは強いですね。私のパートナーが思うよりももっと高いエネルギーを出す場所と時間を選びました。彼には落ち着くようにお願いしています。今日は、本当にゆっくりやりましょう。彼が聞いたこともない知識や名前をお話しします。これからお伝えする内容は、このような場所でしか聞くことが出来ません。レムリア人のエネルギーのある場所です。

これからお話していきますが、3日前にここに着いた“一行”(随行団)が皆さんの間に割って入っています。皆さんの中にこんなことを言いたげな人がいます。「どうなるんだろう? 本当に深いな話が聞けるんだろうか? 証拠を見せてくれるんだろうか?」。それにはこうお答えしましょう。今晩のメッセージは、おそらくパートナーが聞いた中で最も難解中の難解な話になります。証拠については分かるまで何年もかかるでしょう。でなければ、その場で直感を信じていけばいいのです。隣りにいる“一行”にも聞けますよ。そしたら、見分けられるように手伝ってくれます(そうして見えない者たちに語りかけています)。

今夜はパートナーにとっていつもとかなり違います。何年もチャネリングしてきましたが、今回は違います。パートナーは、前にチャネリングする前、不安でいっぱいになったことがありましたが、あの時のようになるんじゃないですか? パートナーは何が起こるのか知りませんでした。それが神の愛のやり方というものです。そんなふうにして、「今」があります。

私たちはここにいて、皆さんはここで私たちを感じる。皆さんの前にここに到着した者たちはたった一つの目的があります。人間をサポートすることです。よく皆さんに言っていますが、皆さんは一人きりではありません。皆さんが持っている神聖なギフトについてもよくお話してきました。でも、多くの人が「私が? 私は普通の人間ですよ」と言います。極性で見えなくなっているのです。全部! 自分が神聖である証拠は、いつになっても分かりませんね。鏡を見て「確かに、神聖な顔をしています」、などと分かる時は来ません。常に極性が働いており、自分が誰か、行きつ戻りつ、そんなことがあるのだろうかといつも思っています。

一番悟った人、一番高いレベルで振動する人でさえ、「スピリット(神様)、私は一人きりじゃないと言いましたね。でも、今日は一人ぼっちで寂しい!」、そう言う時があります。私たちは、皆さんが一番暗い時の声を聞きます、悲しみの時です。喜んで有頂天になっている時の声も聞きます。光の中で踊る時も、暗闇の中で泣く時も皆さんを誉めるために一緒にいました。だから、ここでパートナーを通してチャネリングをしながら、話題は、皆さんは本当に愛されています、そういう風になるのです。どんな秤を持ってしても計れないほど愛されているのです。ファミリーの皆さん。皆さんの素晴らしさは本当に隠れてしまっています。

クライオンのテーマは、皆さんは地球の現実を変えたということです。常にそうでしたし、また今後ともそうです。その中で皆さんはある状況を可能にしました。その状況は皆さんを待っていました。磁気グリッドが変わる最後の時に、クライオンの仕事が本当に始まる、そう言いましたね。過去12年間のマグネティック・マスターとしての私の仕事はグリッドを変えることでした。が、今グリッドを変えることではなくなっています。グリッドが変わった後、次にどうするかです。では、そのことをお話しましょう。

皆さんに、今起きていることについて十分伝えようとするなら、慎重に進めなければなりません。特に今夜のメッセージについてはそうです。そこで、最初の話です。前に磁気グリッドとクリスタライングリッドについてお話しました。地球の2つのグリッドは、互いに平行しているとお話しました。また、3つ目のグリッドについて、それは人間の意識であることもお話しました。人間の意識のグリッドは、クリスタラインと一緒に動きます。

(訳注)クリスタライン・グリッド:地球や人間の歴史、行動など人間に関する情報すべてを蓄え刻印する、ガイアの一部。地表を覆う毛布のような不可視のグリッド(2010年9月「アカシックシステム」)。ネットワーク上で地球のサーバーの役割を果たしている。

皆さんが地球の現実を変える許可をした時に、一つのグリッドが最初に動いて、2つ目と3つ目が、今動いています。12年前、地球の磁気グリッドが完了するだろうと言いました。で、そうなっています。変化の時期と変わるエネルギーについてお話しました。そしてそうなりました。地質学者でさえ分かりますし、地球のナビゲーションシステムはその通り反応します。

それから、皆さんに次の変化、クリスタライン・グリッドについてもっと沢山情報を出す者が現れる、そう言いましたね。その人たちはその通りやっています。皆さんには、新たな摂理、 “責任の摂理” があると言いました。それは、数字の “8” というエネルギーです。 “8” は多次元の数字です。これから皆さんが進んでいこうとしているエネルギーに相応しいものです。(8を横向きにすると、無限 “” を表します)今まで話してきた中で一番大きな概念が、人間の多次元DNAでした。何度もこの意味をチャネリングしてきました。またやりましょう。

クリスタライン・グリッドがシフトしつつあります。皆さんは、多分、「本当はどんな意味ですか? 大変化は何ですか?」そう聞くでしょう。それは、情報と地球のエネルギーの変化です。結晶構造を持つものを思い浮かべてみてください。例えば、皆さんが好きな水晶です。水晶にはエネルギーがありますね。それ以上に、情報を持っています。クリスタライン・グリッドが持っている最大の地球の情報とはどんなことでしょうか? それは、皆さんと皆さんの歴史の記録です。皆さんがしたことを映す鏡です。クリスタライン・グリッド内に、言うなれば、この惑星と全人類の過去の記録があるのです。クリスタライン・グリッドにはまた、皆さんが誰か、どういう人だったか、今何をしているのか、そういう記録も納められています。過去から未来を生じさせる媒介をします。それ自体は時間は認識しません。エネルギーを記録し、それからそれが「今」に現れます。多次元で膨大な情報量を蓄積することが出来るので、人間の現実を創り、現実化を促進します。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

人間の歴史 by クライオン

human history

地球に生きたすべてのレムリア人は、今、人間の体になってまた戻って生きています! 地球上のあちこちにいます。この会場にもたくさんいます。私は今その彼らを見ています。皆さん、だからここにいるのです。だから、皆さんはこのメッセージを読んでいるのです。自分の波動は高くなっているのだろうかと思っていますね。自分の体とクライオンに何か繋がりがあるのだろうかと思っていますね。あります、新しいエネルギーにいるオールドソウル、皆さんはレムリア人なのですよ。

地球の波動を変えるためには、少なくとも地球の0.5%(3500万人)が目覚めなくてはいけません。これから2012年の新しい波動に入ります。70億人の0.5%が目覚める必要があります。それほどの数ではありません。事実、3億5000万のレムリア人の内の10%(3500万人)が戻って生きています。非常に理に適った数字です。

144,000。直感に訴えかける数字で、皆さんは知っています。それは、144,000年というテスト期間を表わします。144,000年が経ち、その最後のテストが終了する時に、皆さんは彼らのようになるでしょう。地球がグレート・セントラルサンの特徴を持った惑星、光り輝く惑星になります。<笑顔のクライオン>

人間の歴史

Lee Carroll 2007-08 / 09

第8回 西地中海クルーズ

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。これから行うことについてパートナーに少し話をしています。それで彼は緊張しています。このような新しい情報を伝える時は、正確に伝えることが重要であると彼に伝えて来ました。この場所はユニークです。皆さんは海に乗り出して地球に浮かんでいます。普段の状況とは違うため、伝える方も聞く方ももっと大きく捉えることが出来ます。したがって、こういう時に、今まで伝えなかったことを話したいと思うことがよくあります。

これから地球の歴史上、人間の始まりについてお話したいと思います。時間を追ってどうなったのかお話しして行きます。ここ数年、その幾つかは部分的にお話して来ましたが、今回は、初めてそれをまとめてみます。更には、メタフィジカルな情報も追加します。

地球の基本計画は、皆さんの中で直感的に知ることが出来ます。この19年間そういうふうにお話して来ました。しかし、地球の歴史の中でどれ位の時間を生きて、それくらいの時間が経ったのかについては言いませんでした。人間は地球にどのくらいの時間いるのでしょうか? 計画の始まりは何だったのでしょうか? 今、その歴史のどのあたりでしょう? どうやって始まったのでしょう? 修正はあったのでしょうか? 歴史を変えた人類の自由意志とは何だったのでしょうか? そのようなことをお話ししましょう。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。