台風の目 by ハトホルサウンド瞑想

遅きに失しましたが、素敵なサウンドです。ダウンロードして聞いてください。

ハトホル

台風の目

世界瞑想

トム・ケニヨン 2017-3-29

 

 

今現在、皆さんの世界が直面している状況を「台風の目」に例えて表現します。

この「台風」という破壊的な威力の中心には、静寂な地点があり、それを「台風の目」と言います。

最近、混乱のノードの強さが増大して、いろいろな原因による混乱と破壊が皆さんの周りで渦を巻いています。それは、台風やハリケーン、サイクロンと同じです。その中に静止ポイントを見つけることが特にこの時期を乗り越えていく上で必要な精神的事項です。

前回の「回復」というメッセージでサウンドの力を借りて静止ポイントに達して自分の肉体や感情、メンタル体、スピリチュアル体を回復できるようにその方法を提供しました。

今回は、「回復」を自分を向上させたいと思う人向けにその立て直しとヒーリングエネルギーを提供する手段に使います。世界瞑想に入る前に、このエネルギーは誰に対して向けられるものなのかについて話しましょう。

仏教用語のサンガ(sangha)は同じ意図を共有する僧侶集団を呼ぶ時に使われます。ある願いに共感する人々が、言わばアルケミーのような力を創り出します。2人以上の人が集まって同じ願いを持つと個々人以上に力強い第3番の力が生まれます。

この世界瞑想では、ヒーリングと回復エネルギーを世界中のサンガに送りますが、このサンガは宗教とは関係ありません。 意識の物理学、物理学に関係しています。

瞑 想

2017年5月27日、回復とヒーリングというグローバルな静止ポイントネクサスポイントを集中的に創ります。 この「静止点」を世界に向け発生させます。それによって調和したエネルギーフィールドが出来ます。その気があれば誰でもこのエネルギーフィールドに繋がるか、その次元意識の中で生きている人が利用できます。このエネルギーは穏やかな風のようで、この世のすべての現象がそうであるように感覚で感じる人もいれば感じない人もいます。 この穏やかな回復の波を深く感じる人は、深いところでこの波に触れると同時に、自然に意識が高まります。どこでも、誰でも、この回復のエネルギーを自分に引き寄せることが出来ます。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

恐怖に負けない by ザ・コレクティブ

ザ・コレクティブ

恐怖に負けない

 

Caroline Oceana Ryan 2017-5-26

 

 

新生地球の建設者の皆さん、こんにちは。また皆さんとお話しが出来る機会が持てて嬉しく思います。

先週、世界中で、個々人で、恐怖を味わい「また同じ苦しみに曝されている」と感じています、

ここでは、「問題」ではなく、「チャレンジ」という言葉を使います。問題は行き詰りという意味合いがありますが、皆さんは行き詰ってはいません。でも、いつどんな時も行き詰っていると感じるかもしれません。チャレンジは問題ではありませんが、自分が生まれついて持っているものやその能力を使って夫大きな自分になってもっと大きな視点から眺めなさいと進められている状況のことです。

それは、もっとパワフルな自分で、ハイヤーセルフだけでなく、最も神聖な側面、魂の中心に居座る自分のことです。

ここ最近の疲労と体と感情の再編を強いる変化の中で、太陽エネルギーを取り入れながら、自分のハイヤーセルフは冬眠に入ったのだろうか、もしくは完全に隠れてしまったのだろうかと思っている人がいます。

私たちにすれば、そう感じても、事実ではないという以外ありません、

もちろん、イギリスでは、先週のその日はとても悲しく辛い日でした。人々が集まって楽しく喜んでいました。肉体の危険と感情のトラウマに晒されるような状況になるとはつゆ知らぬことでした。

そして、確かに、その会場にいた人の中には、遺体を残して地球を離れました。ハイヤーセルフとソウルファミリーにまた出会うか、少なくても向こうに行きました。

こういうことは、ベールがかかった中で生きる人間には極めて過酷なことです、

残された人たちは、殆ど友人や家族が“もっといい場所”に行っただけでなく、この宇宙で最も素晴らしい、すべてがそろったお祝いの席に出かけたことも知る由がありません。

だから、本当は何もなくなってはいないのですが、失った悲しみで途方に暮れます、

先週、地球を離れた人たちはあのような事件や状況に居合わせましたが、新しい環境と状況に順応しているところですし、悲しい思いはありません。彼らは、地球でもう一度生きようと決めた後に残してきたとても大切な人(魂)たちと再会しています。

もちろん、彼らにとっても、死んでも元気でいることが分からない、しかも、死んで離れ離れになってしまったと思い込んでいる遺族がいることは承知しているので、そういう大切な人を残して地球を離れたのは心苦しいことです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

ショート2017-05

5月27日

今週月曜日から風邪で寝込んでいます。日曜日までかかりそうです。

 

5月22日

ツインフレームにおける注意点

Awakening Journey

ツインフレームとアセンションする時の注意点が幾つかあります。ツインフレームとの関係の中では気づかない点、思わぬ落とし穴があります。ツインフレームとの絆は非常に強いので、相手に対してしつこく関わり過ぎるので、お互いに依存し合ってしまいます。

ツインフレームは友人同士が火のついた状態になります。火で遊んでいる状態と言ってもいいです。同じ楽しみ、似たような職業、同じようなミッション、同じ趣味・考え方・信念を持つので、ツインフレーム同士は完全に同一の状態でいて、性的に繋がりたいという思いと情熱が非常に強いのです。

ツインフレームのエネルギーは、非常に安心していられ居心地よく、何時間もいつも一緒にいたくなり完全にひとつになりたくなります。二人は同じなのです。情熱は、何時間もいつまでもタントラ的に性的に繋がっていたいとの思いになります。一緒にいるとすべてが心地がいいので、仕事や普段の他のことでも、すぐに相手のすること一つ一つが自分の問題になり必要に深入りします。

感情・精神的・エネルギー的にあまりに強く繋がっているのでそういう時に共依存になります。そうなると、相手との境目がなくなります。でも、人間でいる限り別々なのだと言うことを改めて認識し自覚しないといけません。最近私は、この点について相手のツインフレームと話し合っています宇。

お互いのツインフレームとして、そのような重要な問題についてしみじみと相手を思いやりながら会話をしています。私たちが相手のツインフレームとアセンションして行く場合、ツインフレームであるが故に、他の人ではあり得ないような過度に強くなる傾向を相手と一緒に調整することが必要になります。皆さんがツインフレームと一緒の道を歩けますように。

(Copyright 2017 Awakening Journey with All Rights Reserved)

 

5月20日

ツインフレームとの出会い

Awakening Journey 2017-5-19

 

私の魂の人生は今ある私を準備してきました。私は非常に暗い人生を歩き、私が進歩していることを敢えて分かろうとする人などいないくらいです。でも、この暗さが、奇跡以外何ものでもないツインフレームとの出会いを準備し、この出会いに結び付けたのです。この出会いは、神聖な自分との出会いを求めハイヤーセルフに導かれた後に訪れました。

この暗い人生の間、私は、ドラマや困惑・混乱、痛みに満ちた多くの因縁深い(カルマ的)関係に彩られました。両親、好きな人、パートナー。そういう関係の中で必死に生きて来ました。そのようなカルマの関係の中で、自分を愛することを学び、他の人たちを無条件に愛し、豊かさを引き寄せ、自尊心を養い、自分の目的を発見するようになりました。

この間、私は徐々にツインフレームに近づき始めました。2013年7月、人との関係を求めず、自己発見のスピリチュアルな道だけを歩いていました。その時に、イタリア、チンクエ・テッレ(Cinque Terre)私のツインフレームに出会ったのです。この出会いは、自分を見失い自分探しをしていた時なので、全く予想できない出来事でした。私の魂は捜索しながら、私をツインフレームに引き合わせたのでした。

振り返れば、私はカルマの関係に引き付けられてきました。関わった人たちは自尊心が低く、豊かさに縁遠く、依存心や強迫観念を持つ人たちでした。しかし、そのような問題は私にもあったのです。そのカルマの関係によって私のツインフレームと一緒にその問題を解決するようになりました。ツインフレームと出会った後、2017年1月になって、私たちはこの試練に向き合わざるを得なくなりお互いが持つ共通の問題を分かち合いました。

ツインフレームの旅は、離れた状態で始まり、私たちのスピリチュアルな道で、徐々に相手のツインフレームに近づきます。2013年7月に出会った後でも、私自身の神聖な自己を感じ、魂の目的、自己愛、無条件の愛が見つかるまで、ツインフレームとの出会いの準備が出来ていなかったのです。

(Copyright 2017 Awakening Journey with All Rights Reserved)

5月19日

Oracleオラクル
あなたはそれをするかどうか決めるために来たわけじゃないのよ。
もう決めているんだから。でも、なぜそう決めたのか知りたいのね。

集合意識が世界を変える

 

意識を説明するのは難しいことですが、個人の思考や感情を持ち、外的経験をする時、その時の自分を認知させる意識状態ということです。

 世界はみんなの意識の反映

グローバル意識というものは現実を創ります。下記の「意識が物質的世界を変える」にあるように意識は物質世界に大きな影響を与えます。次のような事例は何を語るのでしょうか?

魚類資源は最大で70%減少し減少傾向に歯止めがかからない。地球の森林資源は50%破壊された。森林伐採によって、毎日植物、動物、昆虫など200種もの生物多様性が失われつつある。絶滅スピードは自然傾向より100倍にも達します。広範な破壊は何千もの自然のエコシステムを一掃してきました。過度な化学毒物の使用によって塩分が失われ乾燥を招き土壌が枯渇しています。世界中の表土の1/3が放牧過剰と貧弱な耕作法によって喪失しました。一方、地下の帯水層は過剰に利用されたために消失しています。

以上のような問題について、一人ひとりは今の生活にあまりに快適さを覚えて、誰かの問題だと思いますか? どうやって解決しますか?

 目覚めの時

世界全体の意識は自分の利益と快楽のために曇ってきました。今、目覚める時です。

すべては相互に関係し繋がっているという事実についての認識不足、理解不足が苦境の根源になります。挑発して戦争を仕掛けたり、自然資源をコントロールしようとすることが当たり前だと考える時、上のような結果はどんどん進行します。逆に、平和で調和の取れた相互に繋がった社会を創ろうとする時は、その通りになります。世界は成長する場所で、宇宙は利他的で博愛的であるという見方を培うとその通りになります。最終的な選択は私たち次第です。誰も責める必要も審判する必要もありません。世界の問題は私たち全体で起こしているのです。

その際「共感する力」が未来を決めるとジェレミー・リフキン(Jeremy Rifkinエコノミートレンド基金総裁)は言います。

仏陀が言ったように、思いやりと愛、優しさの意識を世界中で高めると違った状況を創り出せます。

臨界点

ここで、一人の男、ヒトラーがそうやって多くのドイツ人に影響を与えたのかが参考になります。彼の権力、そう思われた事実、狂信的は力がプロパガンダや彼の思想と演説と相俟って大衆に影響を与え彼のイデオロギーに賛同させました。

ヒトラーが望むように出来る臨界点というものがありました。

彼がドイツ人の大多数の支持を得られなかったらまた違った形の狂信者になっていたでしょう。 十分な数の人が同じ考えを持つ時、物事に変化が起こり、大きなスケールで頂点に達します。意識が変わってあらゆる所に広がる時、その勢いでそれまでなかったような変化が急激に起こります。

しかし、大多数の意識を変えるにはそれに匹敵する人数は必要ではないというのは興味深い点です。必要なのは、鍵になるような、特定の環境で受け入れられて影響力を持つ力です。

一旦歯車が廻りだすと意識に変化が起こり勢いがついて何でも起こる可能性が生じます。

戦争や対立、苦しみ、貧困、環境保護や不平等をやめさせようと思う人たちは数多くいます。この人たちは集合意識が善の方向へと変わる道筋を作り上げている人たちです。

コミュニケーションとソーシャルネットワークが有効

インターネットとソーシャルメディアは変化を促進してきました。今後共、既存の主要メディアが報じる情報を打破していきます。友人、知人、家族との間でいろいろな記事やニュース、考えをシェアしあうことです。それが、集合意識を変更し、目覚めを誘います。

顕著な世界的出来事や事件が起こると、その時に人々の考えが変わるようなシフトが次々に起こることは数々の研究で分かっています。意識がどれほどの力を持つかはまだ分かっていませんが、人々の考え方が少しでも変わると、大きな変化が起こります。人々の考えが一つにまとまる時どれほどのことが起こるでしょうか? このワンネスに向けて前進しましょう。言葉を発しましょう。

~ Andrew Martin, author of “One – A Survival Guide for the Future…” via Collective Evolution;

http://humansarefree.com/2014/08/

大天使ガブリエル

変転時の新たな基礎

Shanta Gabriel 2017.5.13

 

人生には、自分には大きな力が働いていることを知り、もっと素晴らしいものに尽くすことが必要になる時があります。困難に直面する時には、本当に自分を捧げようとしている対象を思い出し、何をやろうとしているのかを振り返ることが特に重要です。その時に、新たな幸福の基礎固めを始めて、しみじみと心の奥深い所でやりがいを感じ、心の中でその深い意味と目的を感じられるようになります。

外の世界にばかり目を向けていると、あなたの波動はそれに同期します。心の動きがせわしくなり、呼吸も浅く、物事に目移りしながら幸せや穏やかさに繋がらないことをしてしまいます。

このような変動期には、心に目を向けることが大切です。すると、内なる平穏と落ち着きをもたらして自分を育てる状態に戻れます。自分が元に戻ると、人生で必要なことに向き合えるようになり、また新たな可能性に目を開くことが出来ます。

人生の新たな基盤を作り、低位のチャクラの質を上げ、幸福感を広げて行く上で相応しい時に来ています。体の低い所のチャクラは本心に共振し、人生の基礎に相応しいものと共振します。それは、先ず何よりも柔軟な意識です。意識が柔軟になると、自立的になり、自由、愛、豊かさ、平和、調和といった清い性質を基盤に据えることが出来るようになります。

周波数が変わりやすいこの時にこころの基準になるものが変わっている結果、内面の土台の安定感は失われています。したがって、人生の基礎の柱を修正して別の領域にエネルギーを注げるようにしなければなりません。そうできれば、天国から地球の垂直の光の川はますます力強くなり新しいひらめきやアイデアが生まれて様々な面が動き出していきます。

創造主は、行き詰った所や創造主と繋がっていない所に常に新しいライフフォースが流れて問題が解決されるようにと待ち望んでいます。自分の内部から生きる質感を上げることが大切です。関心を広く持った状態で気配りをして静かに注意していると、精神的にもっと安定します。

すると奇跡のゲートが開いて、必要なことすべてが楽々と満たされます。そして、そうなります。

 

~Archangel Gabriel

Shanta Gabriel

 

5月11日

 

5月10日

最高到達点に達したシューマン共鳴

Jenny Schiltz 2017.5.9

 

本当にエネルギーが連打してシューマン共鳴120にも達しました!

この高い周波数でも体が伸び伸びする人は、行動する時になり、創造の時です。アイデアが溢れて来ます。あなたがそうなら、受け取ったことを書いて、計画を立ててください。反対に体に負担の出る人もいて、不眠や疲労、頭痛、もうろうとしたり、関節痛になる人もいます。

それは、高山病に例えることが出来、体は新しい場にうまく順応できず、めまいや頭が回らない、疲れやすく、イラついたり腹が立ったりします。頭全体が痛むと脱水症状になり、慣れるまでの間ミネラルが不足します。治すには、時間と水分、必須ミネラル分の摂取(塩<海かヒマラヤ塩>、マグネシウム、カリウム、ビタミンC&D)。

このように強い周波数に襲われる時の最大の問題は、グランディングできず落ち着かないということです。十分体の中にいられない場合、泥の中を転げまわってもまだ落ち着きません。時間をかけて意識的に体に繋がるようにするといいでしょう。

目を閉じて「頭のてっぺんからつま先まで体を感じます」と言ってから足の親指に意識をやり、そこから地球の中に入っていきます。私の場合は、ハートに入ってそこで感謝と愛が溢れるのを感じると、落ち着きます。

こんなにエネルギーが高くなると、非常に感情的になります。不愉快ですが、それもいいことです。高い周波数に合わないものを知るからですが、それが分かれば癒しと許しと和解を進めてください。良きにつけ悪しきにつけ自分の中にあるものは何でも自分のものだと思い、自分をそういう自分を愛おしむと、手放せて深いレベルで癒すことが出来ます。根深い隠れたところは、愛の光に照らすまではだんだん大声を上げて行きます。愛のこころになることが変容させることが出来、自分の中核でいられます。それ以外は人としての経験に過ぎません。乗り越えて自分の自然な状態に戻る時です。

持ちこたえて自分にも他の人にも優しくなってください。私たちは周波数の上昇を感じながらうまく対処できないこともあります。でも、自分も人も思いやって気遣うだけで十分です。❤

Jenny

 

5月9日

matt-hummel

可能性に目を開く

セラシア(カウンシル12) 2014-7-4

既に感じている通り、この人生は通常の人生とは違います。そのひとつは、完全に目覚めるようにDNAのコードが積極的に働いていることです。この人生で「ON」になり何のために生まれたか、何をするために生まれたかを思い出させようとしており、絶えずスピリチュアルな向上を目指そうとさせるのです。

 このエネルギーのコードは目覚まし時計と少し似ています。この人生の重要な時に鳴るように既にプログラムされています。魂の目的に気づかせ、聖なる変革者としての役割を思い出せるようにするのです。

 重要な時期

人生を振り返った時に、Uターンや全く変わってしまうような重要な時期が間違いなくありました。その時にはそれがなぜなのかははっきりとは理解できませんでしたが、深いところでは何かが変わらなければならなかったということを知っていました。そしてすぐにそうならざるをえなかったのです。この「すぐに」というのが緊急事態を知らせます。

最近もいろいろな緊急事態があったと感じてきたかもしれません。そう感じながら、その時が大切な人との関係や、生活の糧、今後の人生等色々なことを見つめるきっかけになった人もいるでしょう。そういう時には、自分らしい個性や能力を発揮しているだろうか、他の人にはできないことをして役に立っているだろうかと思います。

 繰り返される疑問

上のような思いは、絶えず相応しいところを歩いているかどうか、大事なことを見落としていないかどうかを見直すきっかけを与えてくれます。疑問に思う時は一歩下がってください。そのように繰り返し思う時に、次の点を考えてください。

(1) それは自分に満足できない、常に何かを欲しがる、求める自分のエゴの言うことなのか?

(2) あるいは、無視されているインナー・チャイルドか?

(3) スピリットが見過ごしているものをよく見るようという注意なのか、決まりきったことに目を奪われないでもっと大きな目的に向かうようにというスピリットの注意なのか?

 あなたが発する疑問にもっと注意しながらじっと心を研ぎ澄ませるとたくさんのことが分かるということを信頼してください。繰り返し起こる疑問というのは、考えてみなさいという後押しと同じです。例えば、生活のためにしていることや自分の強みを発揮できているかどうかなどについて疑問に思う時には、完全に魂の目的に沿う後押しになります。耳を澄ませてハートの中心を感じてください。そのようなプロセスでいろいろな手助けがあります。

 宇宙的文脈

あなたは人間ですが、同時に永遠で大きな多次元の存在でもあります。あなたはこの宇宙的な文脈の中、数多くの人生で数えきれない役に立つ能力や優れた特質を身につけました。その有益なエネルギーは今のあなたの中に、DNAの中に備わっています。使わない時があったとしてもその能力がなくなることはありません。

 この人生でのあなたの魂の目的は過去や過去生にそのルーツがあります。それが基になって、この前代未聞の時にあなたの才能を役立たてられる舞台を用意したのです。

 苦手な上司であれ辛い思いをさせられたパートナーであれ、人生の中で出会う人達は、もっとあなたの魂の目的に向かうように促す引き金の役目をしていることがよくあります。その人たちは、過去生でもあなたと一緒だったことがしばしばあります!

 点と点を繋ぐ

夢や瞑想の時に、また人生で起きた出来事を通じて、過去と現在、未来という点と点を繋げるものに気づいてください。そのタイムラインは永遠の中では全体の中の一つです。一つ一つを深く洞察すると、自分を理解するために必要な鍵が見つかって大きな気づきが起こります。

Copyright 2014 by Selacia – author of Earth’s Pivotal Years, healer, and teacher * All Rights Reserved * http://www.Selacia.com *

 

5月8日

マスター・クートフーミ

6月21日夏至

 

ミッシェル・マンダース 2012-6-17

 

皆さんの体のチャクラは6時間毎に修正が加えられています。チャクラから放つ周波数の幾何学図形は12日間毎に変わっています。流動的な宇宙から引き寄せるコードはチャクラの中に入り、体の細胞に入り込みます。さらにDNAに浸透しますが、そのコードは非常に速い速度で72時間毎に変化を起こしています。今、実際に見え、聞こえ、感じ、匂い、味わうことの出来ないところで何が進行しているのか分かる人は殆どいません。皆さんの世界は急速に発展してきましたが、だから結果を期待する低いエゴに拘らない事が非常に重要です。結果は10回のうち8回は期待とは違うものになるでしょう。従って、何事も結果に執着することは意識を固定させることを意味します。でも、今、流れるような意識の中にいます。液体のような流動的なものの中で生きるのに慣れてください。

皆さん、間違いなくこの世界を前進していき、次元や宇宙を調和して楽々と速く進めるのが、この意識とマインド、意図と創造力の液体の流れなのです。

2012年は曲がり角です。2012のアセンションの波は目の前にあります。この人生、心穏やかでいてください。この夏至は宇宙のスターゲートを開けて愛の液体宇宙に入ります。流れるような輝きの旅が待っています。流れるような覚醒と自分自身の理解が流れるように進みます。この入口はこのエネルギーを支える地球の特定の場所で開きます。地球のすべての大都市、ライトワーカーが住む大きな都市部になるでしょう。ライトワーカーたちはこの時、ただ委ねて信頼するよう強い感覚に襲われます。

この時、人生を素晴らしく輝く、流動的で自立した自己という目に見えない力に任せて進むことが求められます。だから魂の流れ、ハイヤーセルフの流れをせき止めないで、導かれるままにさせてください。

私はクートフーミです。愛と叡智のゴールデン・レイ。愛を持って皆さんに感謝します。アドナイ。

 

Michelle Manders ©All Rights Reserved.

https://www.facebook.com/michelle.manders.14

5月3日

ブッダ

静けさは平穏無事を知っている

Susan Leland  2015.4.28 

私たち、輝けるもの全ての存在の、その光の中でご挨拶します。私は、皆さんの知るブッダです。私はその輝きで知られています。それは、私のハート、ハートの光そのものから放射されます。私は常に愛の光が私の全体に流れるようにしており、それで余りある輝きを発します。

私には多くのポータルがあります。少なくともそのように描かれています。頭の上を見ればいろいろな螺旋があります。それがポータルのエネルギーであり開いています。そうやってもっと多くの光をもたらし広めることが出来ます。しかし、送くること、または受け取ることどちらかによる一方通行ではありません。両方なのです。私は常に受け取ると同時に送り出しています!

私が生きていた時、いわゆる普通の人間、生身の人間として人生を開始しましたが、私は悟りを得て“光輝き”ました。高次の道を追求して、見つけたのです! どうか、私と一緒に「光の道」を歩き続けてほしいと思います。私と一緒に、光の所持者全員、マスター、それに自分が単なる肉体でないことを知っている皆さんをウエサク谷へお連れします。

私は沈思黙考、瞑想者として知られています。その時にはどこかに行ってしまうのではありません。それが、全てであり、どこにでもいるのです! その時には、いわゆる天国と繋がります。静けさは愛に基づく自分の状態のことです。静けさは慶びです。音楽や他の方法で祝いが行われます。しかし、静けさは、自分の中、自分の世界至るところ順調である事を知る所から生まれるものです。

なので、もっと愛と光に溢れて祝ってください。自分の穏やかさ、静けさに集中してください。静けさは、今まで経験したことのない所に到達することです。他の人にも同じように勧めてください。その人たちも輝けるものです。相手は静けさを知らないかもしれないし、感じないかもしれません。それでもあなたの光で教えてください。手を伸ばして愛を伝え、本当の穏やかさと平和、静寂を伝え、その人もあなたがそうであるように、全てが順調であることを伝えてください。

ナマステ

~ Susan Leland

大天使ミカエル

間違えない結果になる

今日は、人生の契約を成就する道を進んでいることに気がつく、知ることについてです。役に立つ話です。それについて新しい言葉を使いたいと思っていました。皆さんが使っている意味合いとこれからお話する意味合いとは必ずしも同じではありません。

この人生の契約とは、条文のようなものではありません。契約が終了する時に成就、実現する内容のことです。そして今、人生が順調に進んであなた自身の内外の状況が変わる時に、その契約が変わったり、質を上げたりしようとしています。今まで呼ばれてきた名称のカウンシルという所でこの契約が了承されますが、カウンシルは常に、常に話し合いを行っています。知らなかったとしても皆さんも定期的に出席しています。

私たちが考えるように、もう間もなく皆さんは今後そのことについてだんだん知っていくようになります。そして、これが運命だと押し付けられていた感覚は、知るに連れて消えていきます。勿論何も押し付けられていませんし、そうなっていませんでした。皆さんには常に自由意志があり、神聖な存在です。周りの環境や条件は、いつも皆さんの選択に一致していました。しかし、そう選択した理由については、様々な課題を学ぶために記憶から隠されていたのです。それが明らかになって果たし終えたことが分かる時は、もう歓喜でしょう。また、いわゆる「目覚め」が益々地球人の意識に浸透していくのはそう遠くありません。

日々皆さんは意識が向上しています。そうなることがだんだんはっきりして行きます。今までどおりにやって進んでください。私たちもまたいろいろな方法で愛のサポートをさせて頂きます。
では今日は以上です。友人の皆さん、好い日を。

– Ron Head 2013.5.2

 

グランドマザー・カウンシルは、1996年に初めてシャロン・マカレーンが犬を散歩している時に表れました。彼らは言いました。「世界は危険を孕んでいる。私たちは破壊は許さない。あまりに長い間、男性の陽のエネルギーが地球上の生命を支配し、女性エネルギーを弱体化してきた。私たちは完全に美しく力のある陰のエネルギーを回復し、世界に調和を戻すためにやって来ました。その役目を引き受けてください」。

グランドマザー(s)

靄が重く垂れこめている

Sharon McErlane 2017-5-2

 

否定的エネルギーが地球を猛襲し続けています。このようなメッセージを繰り返し伝えることで自分自身を追い込んでいることは承知です。しかし、時は危険を孕んでいるので、皆さんには私たちのサポートが必要です。したがって、私たちはリスクを引き受けていきます。

残虐行為、暴力、混乱が地球で広がっており、ますますエスカレートして行くでしょう。だから、皆さんは強くなり動揺しないことが求められています。世界がクレージーになればなるほど、落ち着く必要があります。そうするにはどうしますか?

地球上には重い霞がかかっています。光以外に通りません。自分の光を手にしてハートを光の網に繋げて自分の光をこの時空に流して広げることが出来ます。知っていてもいなくても、あなたは闇の時代の光の灯台です。

この地球を窒息させるような脅威を与える恐怖の重い波動を取り除くには、あなたの波動を上げてください。清い歌を歌い、祈り、チャンティングしてやってください。光の網を使って役に立ってください。そういう行為で恐怖は消えて行きます。チャンティングを繰り返し、何度も祈り歌を歌うと、闇のベールが消失します。繰り返し神の名を唱え、ホポノポノを繰り返してください。呼吸のように自然になるまで繰り返してください。

助けを必要としている人に時間とエネルギーを使ってください。役に立ちながらも初めてすることを嫌がらないでください。今です! 役に立つことによって、他の人を助けるだけでなく、人間同士を分断するバリアを消すことが出来ます。勇気を出してください。役に立つことをして自分の波動も地球の波動も上げてください。皆さんの力が必要とされています。どうか、前に進んでください。

5月1日

プレアデス ~バーバラ・マーシニアック

今地球上で最も興奮することの一つは、皆さんのDNAが再編されつつあることです。宇宙光線が地球に到達して、身体の中に変化の波が広がり再編成されようとしています。「生きた図書館」の歴史と意識を持つ散らばったデータが揃い始めているのです。

DNAは進化しています。光が入った繊維(フィラメント)がひとつの束になり、新しい螺旋、新しい鎖が形成されようとしています。創造主から放たれる電磁気エネルギーによって散らばったデータが体の中で一つになろうとしています。私たちは、皆さんを手助けし、共に進化するためにここで皆さんに起きていることをじっと見ています。

この再構築、再編成が統合すると、もっと進化した神経系になり、もっと多量の情報が意識に入り込みます。皆さんは今まで眠っていた数多くの脳細胞を目覚めさせていきます。そして、今までは機能してきた比率は小さいものでしたが、今後脳細胞はフル稼働に入っていきます。

そのような変化が起こると、地球のどの場所もそれに影響を受けます。「光のキーパー」の人たち、またこの現実を完全に変えたいと願い、違った選択肢を提案する人たちは、変化する周波数を根付かせて地に降ろしています。そういう意識が理解されず根付かなければ、カオス状態になります。だから、グランディングすることが必要です。

カオスは適切に活かされる時には再編が起こります。時間は崩壊し、混乱したエネルギーはだんだん大きくなります。皆さんはそのエネルギーを真っ先に使おうとしてここにやってきた人たちです。身体の中にエネルギーを引き入れて意識の道筋を創っていきます。他の人は皆さんが経験したのと同じ経験をせず済みます。皆さんはそうやって他の人を手助けしていくのです。

多くの人は、心の準備をしないままにこのエネルギーの変化を突然感じていきます。皆さんは、データであり情報でもある光を地球に引き入れますが、そうする時に意識が自由に動き回れる新しい神経経路を創りだすのです。

意識の新しい経路は新しい現実を創りあげ、新しい選択肢、新しい生き方が生まれます。だから、それまでの社会の崩壊が避けられないのです。古い社会が光を保有することは出来ません。多次元の可能性を引き付けることはできません。皆さんを縛り付け、それで皆さんは疲れ果てます。

= The Pleiadians =

by Barbara Marciniak

 

大天使ガブリエル

不安は、今現在地球上で非常に多くの人たちが感じているエネルギーです。不安や心配は、今ではなく、まだ分からない未来のことを気にし過ぎるために生じます。また、きちんと信じることにしっかり足を乗せていないために生じることです。あるいは、共同創造者としての自分本来の力を発揮する前の段階で起こることもあります。ハンドルのない車に乗っているとしたらどうでしょうか? 間違いなく不安になります。

不安になった時は先ず深呼吸をして今に立ち返ってください。周りの状況と今の自分をよく見てください。そして自分が安全で大丈夫だということを確認してください。それから、「今、神は私を導いてくださってる」というようなアファーメーションで高い存在の力を呼んでください。親近感を感じる存在であれば誰を呼んでも構いません。そのようなリクエストがあれば、必ず答えがやって来ます。そのことを覚えておいてください。お願いするのに良い悪いはありません。間違うことを心配しないでください。すぐにしなければならないことがたくさんある時は、1回で1つのことに集中してください。「今の瞬間」必要のあることを優先してやってください。山が立ちはだかるかのように感じてうろたえないでください。

私たちはサポートを続けていきますが、やりたいことに意識を向けて、意識的に私たちと一緒に人生を創り上げていってください。そしてその後のことや結果については手を付けないでいてください。瞑想や自然の中を歩くこと、ヨガなど楽しめて、気分が軽快になりスッキリすることに時間を使ってください。非常に落ち着きがでてきて、自分自身でいられます。エネルギー・ヒーリングやバランシングなども非常に有効です。

大切な地球のエネルギーが加速しているために、人類の不安の記録は更新しています。それには素晴らしい目的があります。いつもそうですが、人が同じ状態にいることが嫌になると自立しようと変化を求めます。

~Archangel Gabriel thru Shelley Young 

大天使ガブリエル

人間の皆さん、皆さんは必要以上に物事を複雑にする傾向があります。一日の始まりは何もない真っ白な状態で、その上に新たなエネルギーを創り上げ、経験することが出来ます。起きだして何かを考えるまでの起きる間際の瞬間は本当に素晴らしい時間です。

殆どの人の場合、そこから脳で問題処理が始まります。疼くところや痛いところを探し、病気かどうチェックし始めます。すぐにその日一日のことを考えると、やりたくないことが何度も頭をよぎります。地面に足を付ける前に、その日のことで不安や心配になり、したくないことでエネルギーが消耗します。

朝起きた時には、一呼吸おいて、今あること、生きていることに感謝してみてはどうですか? それからその日が素晴らしくなるように何か意図をはっきりさせてください。その日は一番いいことになると知って、一日が楽で優雅に、楽しく流れるようにスタートし、その流れに任せてください。

そのように意図して委ねることがその日の奇跡を生み出す仕掛けだと考えてください。数分の間、エネルギーのスイッチを素晴らしいものに設定するのです。そうすると、素晴らしいエネルギー全部を引き寄せるスイッチを押したことになります。そして、その日経験したいことことに調子を合わせるのです。

皆さんはそのような力を持っています。その日のエネルギーを過去のことやしたくないことで濁すことを止めれば、もっと緩やかに流れていきます! 可能性がどこまでも続き楽しく喜べるのだと思って毎日新たなスタートが切れる自分を好きになってください。

~Archangel Gabriel thru Shelley Young

感情的残留物 by 大天使ミカエル

大天使ミカエル

感情的残留物

 

Asara  2017-5-20

 

この今、愛と光の祝福を皆さんに送ります。心開いて聞いてください。

現在皆さんは、皆さんのアセンションのために地球にエネルギーが届きますが、それは時に穏やか、時に強いエネルギーです。

そのエネルギーによって、幅広い感情が起きています。

そのような感情は、何が原因か分からないで起こることもあります。

しかし、感情が表面化するには理由があるのです。

今、低い感情的なリアリティが崩壊して、それに代わって高い次元のリアリティが現れる場が生まれつつあります。

その過程で低い次元のリアリティから感情的なカスが浮上しているのです。

それが、移行の副作用、というものです。

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

人間は地球で進化したのではない?! by エリス・シルバー博士

ザ・グループが「皆さんは火星にいました」、また、クライオンは20万年から10万年前にかけて現在のたった1種類の人類になったと言いました。ある科学者の見解を短く載せます。

 

人間は地球で進化したのではない!

EWAO(Earth WE ARE ONE) 2017-5-12

 

 

研究者や科学者が人間の進化について議論した興味深い話題がいくつかあります。何人かの研究者は、人間は地球上で進化していない可能性があると主張していますが、尤もです。

私たちは、一体どこから来たのか、いつも疑問に思っています。 その問題は存在するすべての宗教の出発点です。人間はどこから来たのか、なぜ地球にいたのか、目的は何だったのか? しかし、私たちは、なぜ、ここで何をすることになっていたのかについてはほとんど分かっていません。科学者たちは、私たちがどこから来たのかについて興味深い考察をしました。

火星で発見された鉱物によって、科学者たちは人間の生命の起源は、火星だったのではないかと言っています。 火星の隕石の中に鉱物が発見されました。鉱物は生命の起源に不可欠であると考えられています。アメリカのエコロジー学者エリス・シルバー(Ellis Silver)博士は、自分の本の中でこの問題を取り上げています。 彼は、人の精緻な生理機能を持ち出して自分の論点を議論しています。シルバーは環境保護主義者であり、現在は太平洋からのプラスチックや瓦礫の撤去と洗浄に取り組んでいます。

シルバー博士はヤフーのニュースとのインタビューで語りました。「地球は種としての人間のニーズをほぼ満たしはするが、最初に人間をここに連れて来た人が考えていたほど、完全には合致してはいかもしれない」。

「人類はおそらく地球上で最も高度に発達した種ですが、太陽光による日焼け、自然発生した食物に対する嫌悪感、恐ろしいほどの慢性疾患罹患率の高さなど、他にもありますが、地球環境には不向きで装備が不十分です」。

エリス博士は、人間が(本来よりも)弱めの重力の世界で進化した結果腰痛に苦しむのかもしれないと言っています。また、赤ん坊の頭がとても大きく、女性の出産を困難にしており、母親と乳幼児の死のリスクがあるのは奇妙なことだとも言います。

 

失われた環www.activist-news.com/evolution-debunked/

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

プラネット・アース by ザ・グループ

 光の灯台 ~ Reminders from Home

2017-5-15

 

プラネット・アース

Steve Rother

 

 

こんにちは、皆さん

ザ・グループとしてご挨拶します。キーパーの言うザ・グループの中の一人ではなく、まとまってお話しします。極めて重要なことを話します。何でも季節、循環があります。何につけ、時期というものがあります。今起きていることは私たちの方から見ていて本当に素晴らしいことです。無限の魂たちは、基本的に無限の素晴らしさがほんの束の間有限という光の断片になって生き続けます。皆さんは、生物的泡沫を身に纏って、人間の振りをしながらゲームをしています。

皆さんはそのことを非常に上手くやって来ました。皆さんには、全体のサイクルだけでなくグループとして経験する独自のサイクルがあります。それはまた、地球自身とも関係しています。彼女は、レムリア時代から3回目の26,000年を終了しました。文字通り物事は極めて変わりました。サイクル、男性エネルギーvs女性エネルギー、権力vs力のエネルギーの転換について話してきました。でも、「vs」を取りましょう。両者ともに何かしら調和できるのです。はっきり言うと、男性側のエネルギーが必要な時代というものがあり、他方で女性側が必要な時代もあります。でも、ずっと男性優位で来たのは問題でした。

 

変えるために重大な時代にやって来たEファミリー

事実、地球自身にはサイクルがあります。今、人々が火星とそこで昔起きたことについて話しているのは、本当に凄いことです。幾つかの出来事が起きた結果、火星は磁気圏、惑星の周囲の磁殻を失いました。磁気圏によって太陽の放射や太陽風を防いで住める状態になります。地球の科学は、そのことについて分かりつつありますが、今後もっと明らかになります。ある時点で人間とは違う生命体を火星で発見するでしょう。皆さんは、そこにいたのです。皆さんはそういうことを何度もやって来ました。

惑星にやって来て、人々が集まり、有限の経験の中で故郷のものをグランディングします。難しいことですが、皆さんはその分野のエキスパートです。皆さんは何度も何度もそういうことをしてきました。今また、大勢でここに来ています。以前マーリアがEのファミリーとして、かつて起きたことを話しました。当初、Eファミリーは僅か20の魂だけでした。それほど前ではありませんが、それから大体人口の0.1%になりました。が、今、世界の人口の1%に近い所です。で、Eファミリーとは何か?

Eファミリーは、いろいろな姿になって重大な時代に宇宙に出かけて行って変化を起こしたスピリットのことです。彼らは、臨界地点で期待されていた通りに社会のルールを変えて来ました。皆さんは何度もそういうことをしてきました。皆さんの理念の殆どが、人間の権利、もしくは事実上、スピリットの権利に関するものでした。実際のところ、そういう理念が皆さんのあり方なのです。それが、今ここにいるに当たって、その重要な訳、なぜ、Eファミリーがこの一つの惑星に大挙して集まっているのかを話しましょう。物事が変わりシフトしています。何事も理由があります。地球自身にとっても理由があります。

 

衰弱する地球

皆さん、地球は衰弱しつつあります。こんなことは軽々しくは言えません。地球は文字通り衰退に向かっています。最近皆さんは後戻りできない地点を通過しました。どういうことになったのか、今後どうなるのか、どうしてそうなったのかを話しましょう。皆さん、仮に地球が死んだとしても皆さんは死にません、そのことを理解してください。皆さんは完全に地球の一部ですが、それは小さな部分に過ぎません。以前にもそういうことがあり、経験しています。新しいゲームに進んだ時は、多くの人が一生懸命になって社会に尽くして素晴らしい社会に変えて来ました。そこで、今どうなっているのか? 温暖化の問題は議論の余地はありません。全く本当のことであり今後も続きます。皆さんは史上最も暑い年に入りました。それは隠すことではありません。既に、そういう時が3回ありましたし、しばらく続きます。氷河、アイスキャップは今後50年以内に完全になくなります。この時点で地球が終わりに向かっていなくても、何でも周期とシーズンはあります。しかし、その結果は、人間が地球のバランスを考慮することなく勝手気ままに利用してきたので大気汚染と不調に大きく関係しています。結果地球に損失をもたらして急速に幾つかの問題が起ころうとしています。その問題になる出来事は、予想していたよりも早くやって来ます。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

神聖幾何学のパワー by メルキゼデク

by Gary Martin

 

ロード・メルキゼデク

神聖幾何学のパワー

 

ビクトリア・コクレーン 2017.5.13

 

 

神聖幾何学は良くも悪くも強力な武器です。宇宙エネルギーの力を利用して他ではできない、エネルギーの増幅に使用できます。上の画像は光で出来ており、非常に速く変換できるのでエネルギーを強力に変えることが出来ます。光の速さについてはよく知られていますが、その波動は、と結びついた時に分かります。

次元のパターンは至る所にあります。子供たちは皆さんの世界を形作る2次元3次元の形について勉強しますが、形やパターンは、現実を変えるために使用される時には、もっと複雑な次元構造になります。神聖幾何学は長い間闇の勢力と自分のエゴの目的に合うように現実を創り変える者によって利用されてきました。そして多くの点で地球を恐怖の地にする上で成功させて来ました。しかし、光に尽くす者も神聖幾何学を使って高次元のリアリティを創り上げ、そのことで、地球を絶滅から救っています。高次元意識の周波数は、創造主、大いなる源ワンネスと無条件の愛のエネルギーに直に繋がります。神聖幾何学図形が人間の意識に使用される時は、思考は光と音が一緒になったスピードよりも速く世界に伝わります。非常に素晴らしいことや酷い惨事がどうなるかを考えればそのことが分かると思います。

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。