DNAの未来 by クライオン

下記のメッセージは、クライオンライブチャネリング「新しいエネルギーとDNA」(字幕版)を再チャネリングして修正・追加してあります。(Lee Carroll)

DNAの未来

Lee Carroll 2015-8-1

ミネソタ州ミネアポリス

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。パートナーは脇に寄ります。チャネリングする時はそうします。彼はどうなるかを知っており、何度もそうしてやって来ました。それで適切な位置につきます。彼は皆さんと同じように聞いています。ただ、以前彼は言いましたが、気が散ります。それは、皆さんとは違うものです。

彼は、今、話せない状態です。でも、皆さんが何を言っているのか分かるようにするために彼は集中しなければなりません。私は彼が知らないことを話します。また私は、今地球で本当に起きていることを話します。今まで何度も物理やエネルギーの法則について話しましたが、今日はそれは話しません。でも、3次元の現実的かつ物理的、具体的なことを話します。多次元から影響を受けてこの現実が変わるようなことを話します。

先人の多くの予言で地球が転換すると言われた

地球に物理的な変化が到来すると何年も言ってきました。漠然とでしたが、先人たちの予言がそれを明らかにしました。それは、人間の意識が変わるということでした。地球全体が穏やかになるというものでした。私たちは、予想外のこと、ワイルドカードが起こると言いました。それによって皆さんはいろいろなことを手にすると言いました。予想外の発明や行動、愛の意識、優しいエネルギーがやって来ると言いました。非常に素敵な話なので、多くの人が「それは素晴らしい予言だ」と思いますが、でも実際に起きているのです。そのイロハを話しましょう。現実的な話です。

振り返りだと思う人もいますが、そうではありません。今までお話しした断片を繋いで話します。今日これからお話しするテーマは、「DNA」です。DNAは、単なる、体の細胞の中にある化学物質の分子ではありません。それは、命を持つ者の多次元的な一片です。DNAという分子は、まさに銀河全体に見られるものです。それはどこにいても生命であり、生命の存在様式、生命のパターン・幾何学です。地球外生命を確認することが出来る頃、そのことが分かるでしょう。物理的な力によってだけDNAが変わることが出来ます。化学作用をコントロールするのは物理的な力です。DNAは変わろうとしています。

意識の物理学

私が来た26年前のことを振り返ります。パートナーに最初の本を書くように言って、本が出ました。磁気グリッドは変わると言いましたが、変わりました。磁気グリッドは人間の意識作用に連動しているので変わらざるを得ませんでした。人の意識に合わせてグリッドが動きます。はっきり理解してほしいのは、意識は、測れない、目に見えない微かなものではない、ということです。皆さんには分からない物理的作用を持つものなのです。今、多くの実験によって実際に磁場が人間の(共感し賛同する)大集団の意識に合わせて変化することが知られています。はっきりと多次元フィールドを測定できれば、その時には、地球の磁場と人間の意識との間には相関関係のあることが分かるでしょう。したがって、「グリッドが動く時には、同じように人間の意識も動いて変わる」のです。私が「マグネティック・マスター」と呼ばれる所以が分かりますね。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

クオンタム・パターン by クライオン

by the NASA/ESA Hubble Space Telescope.

クオンタム・パターン

Lee Carroll 2016-1-23

テキサス州サン・アントニオ

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。では、パートナーが脇に寄ります。こうしてまた同じことを話すのは、彼がメッセージを出す意識ではないからです。チャネリングは皆さんにはミステリアスで変なことだと思えます。チャネリングでは、人間の知性や教育を受けた知識、声、大人の成熟した意識と思慮分別などを使いますが、メッセージは他の所からやって来ます。パートナーはそれを、直観的思考の着実な流れと称しています。パートナーはここにいますが、ここにいません。「脇に寄る」という時は、文字通り体を開いて、松果体と彼のハイヤーセルフから、メッセージがやって来るのです。だから、彼が話すのではありません。

皆さんの周りにはエネルギーがあり、見えないものがいます。今朝、“クライオンの一行”について触れました。一行は、まだここにいます。純粋なエネルギーなので数えることは出来ません。だから、周りで感じ、また見えるものは、エネルギーです。いろいろな多くの形をしています。そのすべてが目撃されて記録されるわけではありません。このメッセージはエネルギーに関するものだと思っているので、よく、人間は、数値や量で表す必要があり、断定する証拠が必要になります。波動を表わす特徴を測定したくなりますが、できません。それは、科学がまだそこまで到達していないためです。科学批判ではなく、もっと学ぶ必要があるという単純な事実です。聞こえなくても音はあります。見えない光があります。

科学のバイアス

今まで質問されてきた問題があります。「エソテリック(不可視・深遠・不可解)な世界は、科学が発達すれば分かるようになるのですか?」。分かります。今は、地球全体がまだその段階に達していないため、もっとよく分かるように物事は切り分けられ、3次元上で分類されています。本当はそうでなくてもそうします。そのことは前にも言いました。地球の最高学府は、すべての研究を分野毎に分けて行いました。専門性と効率性のためですが、高くつきます。

物理、化学、生物学、医学が、まるで個別科学であるかのように扱われています。しかし、関係し合っています。でも、全部を一本化して学べるような“総合ビル”を持つ教育機関はありません。「でも、個別に勉強するカリキュラムは必要なので別個に学ぶことが必要だ。一緒に出来る方法はないよ。個別でなければいけない。それぞれの分野には、多くの知識があり過ぎるので単純に一緒に出来ない」という人がいるでしょう。では言いましょう。一緒にする方法は間違いなくあります。まだ考えたことがない、「統合化」を思いついていないのです。すべてが繋がり合っていることが分かったら、すぐに変える必要があると思うでしょう。「統合化」の手順を考え見直します。でも、そういうことでさえも見過ごされています。

交互に結びついて発見に至りますが、科学の一分野を個別に研究しているので、発見は、しばしば当該分野だけに終わります。化学は化学だけで進みます。しかし、他の分野と結び付けて解決できる研究が個別科学だけの問題になっています。でも。問題は解けずに終わることがよくあり、誰もその周りの分野を見ようとしません。生きるには、地球の磁場が必要だという考え方をするようになったのは、極最近だということを知っていますか? この件については1993年にお話ししました。しかし、自然科学はあらゆる装置を使っても、その証拠を提出できていません。科学全体を分割するという先入観によって多くのことが進みません。物理と生物学を結び付けたくないのです。

全部を統合する方法はいろいろあり、特に物理と化学にはあります。そうする時に、素晴らしい発見が生じるでしょうが、分けている限り起こりません。それぞれの分野には専門家がいます。時には一緒に集まりますが、専門に特化していることについての議論はしません。別個のままで、完全な科学が成立するのでしょうか?

DNAの90%以上がコード化されていない物質であることが発見されるまで20年以上かかりました。すっと「ジャンクDNA」と呼ばれてきました。誤診したわけです。発見には言語学者が必要でした。言語学者は、生体物質ではなく言語の配列だと見たのです。それが、化学者と生物学者だけで未知の複雑な問題を見る時の誤りです。前提にした先入観によって何十年も素晴らしい情報を引き出せないでいました。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

スピリットとのコミュニケーション by クライオン

スピリットとのコミュニケーション

Lee Carroll 2016-1-10

コロラド州ボルダ―

 

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。チャネリングはおかしい、あり得ないと言い続ける人がいます。今までの考えとは合わないというのです。では、聞きますが、「何が真実で何が本当なのですか?」。

私はマグネティック・マスターです。26年前にパートナーの意思で彼に出会いました。彼は、私が実在することについてなかなか信じようとしませんでしたが、その後彼は、その時の経緯について何度も話しをしました。彼が孤独で闇の中にいた時のこと、椅子に腰かけている時に、「あなたがもしいるなら、姿を見せてくれ!」と言ったことについて聞いているかもしれません。その瞬間、彼の表情も頭も心も松果体もすべてひとつになってその証拠を見せて欲しいと言ったのです。このエンジニアは信じていませんでした。が、声にして「知りたい」と言ったのです。

その時、私にやって来てよいと許可したのですが、彼は期待していませんでした。椅子に腰かけている時、彼は泣きました。感情がこみ上げて涙が頬に流れましたが、急に立ち上がりました! 彼は怒りだしました! 嫌だったのです! 「コントロールしようとした」と彼は言いました。動揺させないでくれと彼は言いました。でも、感情的にならざるを得ませんでした。彼は、また何度も同じことを言いました。その訳は、彼自身の中の似非科学者が、説明のつかない説明をしようとしたからです。だから、また言いました。言葉も、メッセージも、アドバイスも何も伝えず、感情だけがその場にありました。皆さん、この時に彼のハートが輝き始め、本当の自分に繋がったのです。その時、彼の頭ではなく、自分の本心を見ることが出来たのです。彼に起きていることで不安にならず安心し、最終的に、そうなるようになっていたことを悟るには何年もかかりました。

パートナーは、神はますます大きくなると他の人たちに話します。「宇宙の物理のマスターは神です」という言い方をします。科学を学ぶほど、創造主について知り、物理とスピリチュアリティには壁はないことがパートナーは分かりました。威厳ある神と自分を分けるのは、自分がそう考えて決めつける男女です。

ではここで、真実のリアリティについて検証します。このメッセージが本当かどうか信じる人も信じない人も、私が誰かいろいろと詮索しています。私はあなたの一部だとしたら? 椅子に腰かけているあなたは、聞いているよりももっと大きな存在だとしたら? 皆さんの考えでは、私は、手の届かない、普通ではありえないほどの1個のエンティティ(存在)に違いないと思います。私に近づいて肌や翼、名前を付け、一人の天使にしたいと思う人がいます。皆さん自身が自分は“1個”なので、私も“1個”だというわけですが、実際には、そうではありません。いわゆる「自分の魂」のエッセンスを見ることが出来れば、「自分」の中に多くの自分がいることが分かるでしょう。神は1個ではないからです。創造主と思うものは、一人でも1個でもありません。量子になった、神聖なエネルギーと愛のスープなのです。定量化したり限定したりできません。それは、大いなるすべてのエッセンスであり、皆さんもそうです! 皆さんが見ている見かけ上のものは、自分一人という3次元の見方です。

朝起きると鏡を見て、そこに一つの顔があります。長年そうやって来ました。それは皮肉です。限られた次元によるトリックです。皆さんは、そんなものではありません、もっと大きいのです! しかし、地球でこの試験を経験するためには、そうでなければなりません。3次元のベールがあるにせよ、多くの皆さんがもっと大きい真実を理解し始めています。真実が大きくなると、真実はもっと素晴らしく愛に溢れて行きます。私は今まで、皆さんが地球にいて変化してきたこと、元々の状態を話しながら、皆さんのしていることに対して賛辞を送り、愛を伝えてきました。それ以外のことを話したことはありません。

だから、皆さんを批判したり、こういう人間にならなければならない、そこにいてはいけないなどと話したことはありません。自らの意思で蓋を開ければ人生が変わってしまうような自由に使える道具箱があると話したばかりです。やろうと思えば、何年も話してきたツールをリストアアップできますが、その中の最大のものは、愛を感じる力です。すぐに怒らない力です。人としての性質を変えられる能力です。自分を癒す能力です。予想よりも長くこの人生を生きられる能力です。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

地球のワイルドカード by クライオン

人間の憎しみを電気に変換できれば、世界全体が煌々と明るくなるだろう。

二コラ・テスラ

地球のワイルドカード

Lee Carroll 2016-11-19

ノースカロライナ州ウイルミントン

 

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。

今日はワイルドカードについて話したいと思います。それがどういうものだったのか、誰だったのか説明しましょう。しかし、それを心から素晴らしいと理解して受け入れられるように説明するには、皆さん自身が何かの振りをしなければなりません。

聞く態度を改める

もしあなたが人間の歴史を見るために他の惑星から来た科学者だと仮定した場合、感情や先入観なしに観察する必要があります。ワイルドカードについて皆さんの祖父や皆さんにそのストーリーを語れますが、聞く方は、感情とか予断が入ることがよくあります。そのために、あることを話すと、皆さんは別の解釈をします。皆さん、これから話すメッセージは、そういう風にして理解することはできません。

注 意

これから話すことは、皆さんが知っていることや、皆さんが想定する感じや今までに知っている出来事、あるいは、歴史的なことだと感じるようなこととは関係ありません。この科学者の喩え話では、皆さんは、起きたことを学ぶために他の惑星からやって来た宇宙人なのです。そのことを念頭においてください。あなたは科学者という仮定ですので、地球の人間ではありません。宇宙人の皆さんとは別の種族の歴史が語られます。そういうことで、聞く話に拘るものは何もありません。そのような聞き方が、今日の話を理解する唯一の方法です。そのような聞き方をすると必要な時にスピリチュアルな仕組みが皆さんの背中を押してくれて、その素晴らしさが分かり始めます。

実証済みのワイルドカード

スピリチュアルな意味で使うワイルドカードは、定義づけることは難しいです。ワイルドカードは、出来事でもあるし発明のことでもあるし、一人か数人の人間のことを指すこと場合もあります。多くのことに共通する一つのことがあり、一つのことの中の多くの意味合いがありますが、時間軸に沿って起こります。ここで過去で起きた事例と、皆さんには意外な特徴を話しましょう。

どんな種類のワイルドカードでも、その基本は驚くような出来事である点です。ショックを受けることもよくあります。話の中で数秘学についても触れます。また、数秘学的観点からエネルギーを見て、ワイルドカードに伴う特別なエネルギーについてもっとはっきりと理解できるように説明します。

数秘学は、何かに関係するエネルギーを特定しやすくするシステムです。例えば、ひとつの出来事でああっても、数秘学はそれにまつわるストーリーを説明してくれます。ワイルドカード周辺に同じ数字が重なる場合、それは偶然ではないということです。

「クライオン、スピリット(神)が地球のためにワイルドカードを起こすのですか?」と思うでしょう。答えは、違います。皆さんが起こすのです。ある時点での皆さんの意識が、ワイルドカードを生み出す余地を与えます。スピリットが、あるワイルドカードのシナリオを強化することもあれば、しないこともあります。しかし人間の意識とエネルギーによって起こります。

ワイルドカードが人の場合もあれば、発明や物事、出来事、地球を変える新たなシステムや価値観や考え方であったりもします。それは、予測がつかずにびっくりさせ、しばしば、その影響は劇的です。発明の場合は、科学が進歩し予想通り起きた発展の結果起こる、通常の起こり方の枠を超えています。しばしば、世界が変わってしまいます。一人の人間で起こることが普通です。それに出会うと、それがワイルドカードだと分かるでしょう。必ずしもたった一人の発明とは限らず、集団のケースもありますが、どのワイルドカードも誰もがあっと驚くので分かります。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

何を予想しますか?(字幕)by クライオン

2016-12-4@ニューポートビーチ

聞きますが、地平線にあるものを感じませんか? 光がやって来るのを感じませんか、見えませんか? 苦しみが終わろうとしているのを感じませんか? それは、いわゆる、偶然にも、気の動転や心配事が続く、苦労とも言えます。計画したものではなく、同時多発的に起こるものです。そういう状態になって引っ掻き回されます。

だから、心に素晴らしく優しい神のこころをもつあなたは、2017年、日の当たるところに出ることが出来ます。喩えで言えばそうなります。自分でやることは済んだ、今度は地球と一緒にやろう、と思います。

皆さんが、ここにいる理由について言いましょう。自分という小さな世界で悪戦苦闘するためにいるのではありません。これから地球に起こることは、皆さんが何を予想するかにかかっています。それが、ライトワーカーのもつパワーなのです。皆さんは、そのようにパワフルなのです。地球の命運は、皆さん全員の手と考えの中にあります。

ローレンツという人(エドワード;気象学者)がいますが、今夜、また彼について話します。彼は、蝶々の羽ばたきについて深いことを語りました。2,3週間蝶々が羽ばたくとハリケーンが発生すると。自分では知りませんでしたが、彼は、そこでシンクロニシティやエネルギー、意識について言っていたのです。どんなに小さな変化でも皆さんが起こすと、時間経過とともにそれが、大きな変化を生み出すのです。蝶々の皆さん、どんな注文をしますか? 一つだけですか、それとも地球の大きなエネルギー変化ですか? 皆さんはこの次にどういうことを予想していますか?

ホピ・ロック

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

アトランティス効果 by モニカ・ムレイ二―

ascension-from

アトランティス・シンドローム

オールドソウルのアトランティスの記憶は不正確です。アトランティスは、住んでいた島が沈んだり崩壊したりした結果の総称に過ぎません。殆どの島々が海に囲まれていたのは相応の理由がありました。今言ったように、その多くは火山でした。軟弱な島もあり、地震や津波が起きるとすぐに浸水しました。水には1500年から2000年のサイクルがあるので浸水が起きたでしょう。レムリア人はそういう所にいたと考えてください! そう思ったことはありますか? でもだからと言って、アトランティスそのものを軽視するつもりではありませんが、多くの人がそういう島々にいて沈み、それが大事件という思いとしてDNAの中に張り付いているのです。

高度なテクノロジーに関して、皆さんが“覚えている”高度なテクノロジーが何か、それを言いましょう。アトランティスのテクノロジーは今とは違います。それは、高度なマインド意識による思考のことです。それが当時のハイテクでした。レムリア時代と同じように島では皆が集まり島の波動を上げました。でも、機械や点滅する光を使うのではなく、意識によって物理現象を変えることが出来たのです。

~ クライオン「漠然としたアカシャ」

 

 アトランティス効果

Monika Muranyi

 

殆どの人はアトランティスは架空の大陸で、ギリシャ神の逆鱗に触れて海に沈んだと思っています。でも、それは違います。しかも、一度の出来事ではありません。そんなはずはない? いえ、大いにあるのです!

ローマ帝国やギリシャ、インカ、エジプト文明などの古代文明は農業や建築物や都市など今でもみられる風景を残しました。それとは反対に、アトランティスはレジェンドとして映画や文学のみに存在しています。でも、この神秘的な島がそんなにも素晴らしい社会文化を生み出し、非常に多くの人たちが自分はアトランティスにいたと思っている理由はどうしてでしょうか? 単なる思い込みではない、何かが他にあるのでしょうか? その答えは、もちろん、「そうです」。

多くのスピリチュアルな社会学者によれば、歴史上人類が自滅したのは4回です(現在は5回目の挑戦)。その間、実際に“アトランティス”で起きたような出来事が数回ありました。クライオンはアトランティスについてはっきりと説明していますが、見方が変わるかもしれません。

アトランティスを理解する際に重要なのは、レムリアという場所について知ることです。レムリアは地球で最初の文明だったと言われています。レムリア人が何千人もの人間の中にアカシャの種を蒔いた目的と理由は、また将来目覚められる日が来ると思っていたからです。地球でのカシャが定まり、レムリア社会の目的は達成され完了しました。そして、この島国を基盤にした社会が沈んだ後に、自然災害が続きました。

レムリア人に生まれた多くの人には共通する特徴があります。かつてレムリア人だった人たちは同じような考え方をする人たちと一緒になり、隔離した社会を創ろうとしました。かつてレムリア人だった人たちは、覚醒した都市を何度も何度も再建しようと挑戦しました。その度に、アトランティスという呼び名を思い出しました。直線状の人間の思考様式によって、様々なアトランティスの名は、私たちのアカシックレコードでは「1回だけのストーリー」と思われています。1回の出来事が細胞に刻まれるようになったのですが、それが「アトランティス効果」と言われるものです。 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

新しい人間の5つの課題 by クライオン

divine-mother2

新しい人間の5つの課題

Lee Carroll 2016-2-7

カナダ, アルバータ州レッドディア市

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。また、言いますが、マグネティックサービスというのは、喩えです。地球の磁気グリッドには、いわゆる意識の構えというものがあります。磁気グリッドなくして皆さんは地球で生きられないと前にお話ししました。地球の磁気的性質は、皆さんの意識がシフトすると変わらざるを得ないと前に言いました。そうやってすべてがやって来るものに備えるためでした。元々、それが私の奉仕の目的でしたが、私のグリッドグループがそれを達成した今、私はメッセンジャーに過ぎません。

「じゃあ、クライオン、あなたは本当はどこから来たの?」と今まで言われてきました。今朝、私は何らかの存在(エンティティ)ではない、一人ではないと言いました。たった一つからメッセージがやって来ると考えるのが、人間の考え方の癖です。そうではなく、私の源は、皆さんと同じように創造主です。私は、純粋な愛と共感を代弁し、この椅子に座る人間を通して話をします。

それは、あまりに突飛すぎますか? イエスという人間が死んでから30年後、異教徒への伝道者が監獄にいました。そういう境遇でしたが、彼の名はパウロで、彼は、いつか聖書になるものを書き記していました。一人腰かけるこの男は、喜びに包まれ、涙が頬を伝わって落ち、ほの暗い独房の中で、彼は言葉を刻んでいます。後に何百万人がそれを読むことになります。人々はそれを、神の言葉と呼びますが、そうではありません。それは、神の感化を受けた、パウロの素晴らしい言葉です。それが、チャネリングです。彼は、神の素晴らしさ、不思議さについて、地球で起きたこと、愛のマスターについて、直接情報を得ています。

しかし、現代人が椅子に腰かけて創造主から大転換について最新情報を伝えると、多くの人が異議を唱えて「不可能だ!」と言います。それも皆さんの判断ですので、良い悪いはありません。でも、見定めてください。少なくともこの状況を考えて感じてください。今聞いているエネルギーを見定めてください。今、言葉を聞きながら、その内容が分かりますか? それとも、感じますか? 皆さんに対する愛と気遣う心を感じるようにしてください。しかし、もう、そんなことはあり得ないと決めつけていますか? 

オールドソウルの質問

今日は、目覚めたオールドソウルがよくする質問に答えていきましょう。「クライオン、スピリット、神様、この新たなエネルギーでは、オールドソウルは、この流れを高めるだけでなく自分に役立つようにするには、どんなことをすればいいのですか? これからどんなことが起こりますか? 私たちは何が出来るのですか? 何をすることになっているのですか?」。

皆さん、この質問に答えると、その答えは時間とともに進化して変わるということをお話ししました。可能性は変わります。だから、皆さんはそれまで経験したことのない現実の中で生きています。初めて経験しながら生きています。まるで、昨日、一昨日のことのよう感じますが、潜在的な力によってすべてが変わってしまっています。皆さんが個人的に思うような変化は、まだ起きていないかもしれませんが、それでももっとよくなっています。状況は常にダイナミックで流動的です。一定のスケジュールにしたがってまとまったことが起こるわけではありません。皆さんの意識がいつも人生の可能性を変えます。素晴らしいです。

これから以下のことをお話しします。他の世界で皆さんの経験と同じようなことが起こりました。皆さんの中には、既に経験している人もいます。そのほかの世界に皆さんはいたのです。アカシャが言っています。「また同じような状況だ。どうしたらいいか知ってるよ。前に経験してるからね」。だから、今回が初めてではありません。今、地球では、人間が大きく変わろうとする寸前です。この今のエネルギーに結び付くために何が出来ますか?

5つのコンセプト(課題)

今日は、5つのコンセプトについて話します。簡単なことではありません。皆さんの達成項目ではありません。個別具体的な項目ではありません。それは、むしろ、課題、コンセプト、心の持ち方で、最初のコンセプトは、この問題について話す度に登場します。

1番目

経験することを知っている。知っているとは、英語でざっくりと、信念を固めるという意味があります。例えば、生まれた時から経験的に知っているので重力は存在すると信じています。目には見えませんが、強く信じているので疑うことも考え直すこともしません。ただ、“ある”だけです。皆さんは重力を知っています。でも、例えばそれは、子供の頃の「抜け歯の妖精」(訳注:抜けた乳歯をコインに換えてくれる妖精)のようなものを信じるのとは訳が違います。重力は知っており、重力は最後に息を引き取るまで自分に繋がり、離れません。皆さんは重力を信じています。

これから皆さんが向かうエネルギーは、これまで経験したものとは大きく違うと信じ、知ってほしいと思います。それが、1番目で、第一の基本です。そのことを強固な信念にしてこれからすることをニュー・ノーマルとして新しいエネルギーを認めるようにしなければなりません。それは、過去に戻ることではなく、新しいプランです。例えるなら、一度死んでからそれまでよりも少ない重力を持って戻って来て、もっと多くのことが出来るようになるようなものです。それが永遠に続くので、そのように認識する必要があります。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。