26,000年サイクル by ザ・グループ

534576_464957873548213_1261455960_n

光の灯台 ~ Reminders from Home

2014-12-16

26,000年サイクル 

新しい地球のあり方

 Steve Rother

 

こんにちは、皆さん。

 

故郷からご挨拶します。私たちは遠くから地球の皆さんをずっと見ています。皆さんの許可のある時に、そちらの世界に手を伸ばします。でも、そうやって場を開けてくれた時は、どちらに進むかなどは教えません。一番近道を通って次に停まるところを指示したりはしません。ただ私たちは皆さんが思い出せるように励ますだけです。思い出すことが重要な一つです。以前話したことがありますが、今日お話したいことは、更に進めて、今地球で起きていることについてお伝えしたいと思います。前に言いましたが、3月末は、人間にとって非常に重要な時になります。エネルギーが変わるのを強く感じる人がいるでしょう。重たい荷物をやっと降ろすような開放感を感じるかもしれません。しかし殆どの人はそのような感覚を持つことはないでしょう。高いレベルでこの変化を一番感じます。大体の人は普通と変わりませんが、それでもすべてが変わります。実際、変わるのは一日ではありません。大量のエネルギーがこの特別な動きに合わせていきます。では、説明しましょう。

 

2015年3月

地軸が動いていることについて少し知っていると思います。それが大きな周期で動いています。地球にはいろいろなリズムがあります。エルラはいろいろと違ったリズムで皆さんに関わっています。体のリズムには、概日周期、超概日周期、他のリズムがあり、体に影響を与え、周りの世界の動きに合わせて行けるようにします。皆さんは、基本的に月のサイクル、変化する月のリズムを持っており、全員がその影響下にあります。それが本当かどうか疑わしい場合は、満月の時に警察署に行ってみてください。満月が影響していることが分かるでしょう。そのようなリズムで時の移り変わりを経験します。リズムが発生すると、それが直線的な時間上に現れます。3月の終わりに起こることは、ほんの始まりに過ぎません。その変化に気づけるほど感じなくても、あるレベルでは感じます。誰にとっても、新しいエネルギーが始まります。

 

新たな26,000年のサイクルの開始

12-12-12を通過した時はポータルに入ったのですが,それですべてが変わりました。ポータルの向こう側に出て、自分の埃を払って、そうして仕事に行ったのです。文字通りポータルの出口のエネルギーでやりは始めました。問題は、上手く行かない、少なくても以前と同じように行かないことでした。でも、皆さん、それには理由があります。ポータルを通過した時には、今までにないリズムに入ったのです。そして、また今、そのリズムが変わろうとしています。地軸の移動に関係する大きなリズムがありますが、そのことについてお話します。もう一つ別の2万6千年のサイクルが始まろうとしています。それは一日で始まるのですか? そうではありませんが、2015年3月末にそのサイクルが始まります。本当にそういうことが起こります。ほぼ1年、ざっと300日かけて、完全にこのエネルギーに入ります。だから、その新しいエネルギーを感じ、それが分かるには時間がかかります。その間、いろいろと物事が繋がり、地に足が着けるようにグランディングし、新たなことをすることが出来ます。

 

地球は自立した人間と自立した社会のための場を創っている

地球は自ら変わる準備をしていると何度もお話ししました。実際に変化しています。変化するのはなぜか? 簡単です。自立した人間のためにその場を設けるためです。皆さんは夢から目覚めつつあります。初めて自分の力を思い出し始めています。地球は今、自立した人間と自立した社会がまた地球に戻って来られるようにその場を創っているのです。弧を描くように、3月の終わりに始まります。「弧を描くように」と言っているのは、2万6千年の周期がある特定の日に始まり、それ以降と以前とはっきりした区分けする目印をつけるのはできないからからです。まして、適切なことでもありません。その日に感じない人がいた場合どうなりますか? 私たちは、そのようなことは望んでいません。でも、背中に何らかの風を受ける感じがすれば、それは、非常に大事なことです。皆さんは思っているよりも風の動きに上手く対応しています。殆どの人が生きることに必死だと感じているのは分かります。多くの人がルールが変わってしまったように感じ、この新しいゲームのやり方が分かりません。皆さん、それはリズムが変化しているのです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。