目覚めの徴候と症状 (1/2) by Annarita

give&take

目覚めの徴候と症状 51 

 Annarita

 

1.  睡眠パターンの変化

不眠、足が熱い、夜中に、2,3回起きてしまうなど。

起きてからまだ眠いとか一日中眠気が去らない。いわゆる睡眠の三連パターン(訳注:ザ・グループとスティーヴ・ローサーは “新午前3(or 4)時クラブ”と言っています)2,3時間寝て、起きる、また2,3時間寝る、起きてまた寝るというパターン。多くの人に起きています。他の場合、睡眠時間が少なくて済む場合です。最近私は、大きなエネルギーがクラウンチャクラから身体の中に入りました。いい感じでしたが、長く寝かせてくれません、その後だんだんなくなりました。

アドバイス:慣れること。慌てないで穏やかにしている、睡眠が取れないことを心配し続けると、不眠になる怖れもある。必要なことはちゃんと揃ってできるという考えでいれば元に戻っていく。また、ハイヤーセルフに今休憩をください、ぐっすり眠れるようにしてください、とお願いをするのです。すぐに眠れない場合、少しの間起きていて瞑想をするとか心休まる詩を読むとか、日記をつける、月を眺めるなどしてください。新しいパターンに身体が慣れて行きます。

 

2. 頭のてっぺんが動く

刺すような痛み、かゆみ、ひりひりする、むずむずするような異様な感覚などが頭丁部や背骨に感じる。

頭のてっぺんでエネルギーが振動する感覚。エネルギーのシャワーを浴びるように頭から崩れ落ちてきる感覚。逆にエネルギーが頭のてっぺんに入ってくるようで、「撒き散らされている」という感覚。クラウンのところに圧力を感じます。だれかが指で頭の真ん中を押しているように感じます。前に言いましたが、私は巨大なエネルギーが頭にダウロードしたような経験があります。前には、大きな圧力、万力で抑えられるような圧力感覚です。髪の毛が逆立って、全身が総毛立つ感覚を味わった人もいます。

(訳注)締め付けられるような感じや誰かに触られている感覚が取り上げられていません。頭を撫でられる感覚は私もワイフもよくありました。これはクラウンチャクラが開いている徴候と言うにのが一般的です。撫でられているのは頭だけではありません。足や腕を何度も撫でられました。また、私の頭はかなりゆがんでデコボコしてきましたが、デニスに言わせると “再配線” だそうです!!

アドバイス: 警告ではありません。経験していることは、クラウンチャクラが開いているのです。そのような感覚は聖なるエネルギーを受け取ろうとしていることです。

 

3.  突発的な感情のうねり

帽子が落ちたといっては泣く。些細なことで突然怒ったり、泣いたりする。わけもなく気持ちが塞ぎ込む、感情がジェットコースターのように落ちたり感激したり興奮したりを繰り返す。ハートチャクラが抑えられたり、感情が凝縮するような感じになったりする。これは心臓の問題とは違います、心臓はハートチャクラの少し左に位置します。

アドバイス:感情が来るに任せ、やり過ごすこと。ハートチャクラを感じて感情を感じてみる。自分のエネルギーの外にそれを広げて深く腹式呼吸をして胸の上まで空気を入れる。そのときの感じを味わい、蒸発させ消えていかせる。その感情を他の人に向けてはいけない。その時過去をきれいにしているのです。誰かの助けが必要な時は、声に出して古い問題を全部手放します、と言い、高い力に手伝ってもらいます。また、楽に手放せるようエロヒムに頼んでもいいです。そういう古い感情を手放せることに感謝し、内に閉じ込めないことです。閉じ込めると害になります。鬱は、人や仕事との関係を手放すことに結びついていると源は言っています。

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。